40代におすすめの個人年金保険|選び方や必要性を徹底解説!

40代におすすめの個人年金保険|選び方や必要性を徹底解説!

読者
40代になるので、そろそろ老後生活の資金の準備をしなくてはと考えています。

読者
65歳になるまであと20年はあるとしても、できるだけ十分な老後資金を貯めておきたいですよね。

ほけんのぜんぶ
老後資金の準備方法にはいくつかありますが、その中に「個人年金保険への加入」があります。

40代から加入を検討する方もいると思いますが、どのような保険に加入すればいいか迷ってしまいますね。

そこで今回は、40代におすすめの個人年金保険とはどういったものなのか、加入する必要性はあるのか、また、選び方のポイントなどについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 40代におすすめの個人年金保険は、一人ひとりの置かれた状況によって異なります。
  • 手堅く老後資金を準備したい方は「円建て個人年金保険」を、多少のリスクは覚悟できるという方は「外貨建て個人年金保険」がおすすめできます。
  • 個人年金保険は老後資金の準備に有効的な手段のひとつですが、他にもiDeCoやつみたてNISAなどの方法もありますので、いくつかの方法を組み合わせて準備することもおすすめです。
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

40代におすすめの個人年金保険の特長

40代の方におすすめの個人年金保険には、以下のような特長があります。

  • 「個人年金保険料控除」を受けられる
  • 月払いでも高い返戻率が期待できる
  • 無理なく計画的に老後資金を準備できる

特長を理解することで、より効果的に個人年金保険を活用することができますので、ひとつずつ詳しく確認していきましょう。

1.「個人年金保険料控除」を受けられる

年末調整や確定申告の際に、「生命保険料控除」を申告すると所得控除を受けることができますが、個人年金保険料も控除の対象になり、「個人年金保険料控除」として申請することができます。これにより、所得税や住民税の負担を軽減することができ、節税対策に役立ちます。

個人年金保険は、契約日により「新契約(平成2411日以降に契約したもの)」と「旧契約(平成231231日までに契約したもの)」に分けられ、個人年金保険料控除額は新契約で最高4万円まで、旧契約で最高5万円までとなります。

ただし、すべての個人年金保険が控除を受けられるというわけではなく、以下の条件をすべて満たした契約が対象になります。

  • 「個人年金保険料税制適格特約」が付いた個人年金保険契約である
  • 年金受取人は契約者または契約者の配偶者である
  • 年金受取人と被契約者が同一人である
  • 保険料払込期間が10年以上で定期的に支払う契約である
  • 年金受取開始年齢が60歳以降で受取期間が10年間以上ある

個人年金保険へは、これらの条件をすべて満たせる内容で加入を検討することをおすすめします。

2.月払いでも高い返戻率が期待できる

個人年金保険の返戻率を上げるには一括払いが最も効果的ですが、40代は子どもの教育費や住宅ローンの返済などにお金がかかることが多く、一括で保険料を支払うのは難しいでしょう。家計への負担を考えると、月払いが最も計画的に支払いを続けていける方法だといえます。

一般的に、月払いは十分な返戻率を期待できませんが、40代のうちに加入すれば保険料払込期間が20年は確保できるため、50代などで加入するよりも返戻率に期待が持てます。

また、払込期間が短くなると月々の保険料も高額になってしまうため、50代になってから加入すると支払い負担が大きくなってしまいます。

このように、月払いでも返戻金に期待が持て、無理のない保険料額に設定できるという点も、40代で個人年金保険に加入するメリットのひとつとなっています。

3.無理なく計画的に老後資金を準備できる

老後資金を貯める方法には、預貯金や投資信託といった方法もあります。

預貯貯金は金融機関にお金を預け入れるだけなので手続きも簡単ですが、すぐに解約できてしまうというデメリットがあります。

お金を引き出すつもりはなくても、急にお金が必要になったときに解約手続きをとれば、その日のうちにお金が引き出せてしまうので、貯蓄という観点からみると不安な面があります。

一方、個人年金保険は中途解約するとほとんどのケースで元本割れしてしまうため、それは「もったいない」という思いから中途解約を思いとどまれる可能性があります。また、解約をしてもすぐにはお金が引き出せず、数日はかかることが多いので、その点も解約をストップできる要素となっています。

投資信託は、個人年金保険よりも返戻率を高くできる可能性がありますが、運用次第では元本割れリスクもあり、着実に資金を貯めるという点においては不安が残ります。

ハイリターンは魅力的ではありますが、ハイリスクがつきものなので、老後資金をリスクの高い商品で準備することは慎重に検討するべきといえます。

40代で個人年金保険が必要な人はこんな人!

読者
40代になり老後資金の準備を始めたいのですが、個人年金保険は不要ではないかと考えています。

ほけんのぜんぶ
こでは、個人年金保険はどのような方に必要で、どのような方には不要なのか、それぞれに該当するタイプの方を確認していきましょう。

40代で個人年金保険の加入が必要なのは以下のような方です。

個人年金保険が必要な人の特徴
  • 早めに老後資金を準備したい方
  • 貯金が苦手な方
  • 節税対策を取りたい方

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

早めに老後資金を準備したい方

老後資金を準備し始める時期は早ければ早いほど有利です。

 ポイント

というのも、貯蓄高が多くなることもさることながら、運用に回す期間が長いのでそれだけ返戻率を上げることができるためです。

読者
40代から個人年金保険に加入すると、加入期間は20年から25年ほど確保できるので、余裕をもって備えることができるんですね!

また、個人年金保険は年末調整や確定申告の際に「個人年金保険料控除」を受けることができますが、控除を受けられる条件のひとつに「保険料の払込期間が10年以上あること」があります。

50代以降に加入した場合、保険料払込期間が10年未満となってしまう可能性もあるため、個人年金保険料控除を受ける場合には40代までの加入がおすすめなのです。

ほけんのぜんぶ
なお、「個人年金保険料控除」については後程詳しく解説します。
個人年金保険の無料資料請求は保険市場で!

貯金が苦手な方

老後資金を貯めたいけれど貯金が苦手な方は、個人年金保険に加入して保険料を口座振替にすることで、毎月自動的に保険料が引き落とされるので、半強制的に老後資金を貯めることができます。

ただし、保険料の振替日の前日までに保険料分の金額を入金しておくことは忘れないようにしましょう。

読者
でも、個人年金保険ではなくても、銀行に毎月定額ずつ積み立てておけばいいのではないでしょうか?

たしかに、金融機関には「積立定期預金」といって毎月決まった金額を積立てていく預金の種類があります。
しかし、急にまとまったお金が必要になったときなど、解約すれば基本的には即日資金化できてしまうため、簡単に解約してしまう可能性があります。

ほけんのぜんぶ
一方、個人年金保険であれば解約手続きを取るためには保険会社に連絡し、資金化されるまでに数日かかることが多いため、解約を思いとどまることができる可能性があります。

節税対策を取りたい方

先ほども少し触れましたが、個人年金保険に加入している方は、年末調整や確定申告の際に「個人年金保険料控除」を受けることができます。

個人年金保険料控除のような生命保険料控除は、課税所得(所得税の課税対象となる所得)から直接控除されるので、所得税や住民税の節税効果が期待できます。

個人年金保険控除を年間8万円以上支払っている場合、所得から最大4万円を差し引くことができますが、個人年金保険料控除を受けるには、以下の条件を満たした契約内容である必要があります。

  • 「個人年金保険税制適格特約」が付いている
  • 年金受取人が契約者または配偶者である
  • 受取人と契約者が同一である
  • 保険料払込期間が10年以上ある
  • 年金受取開始年齢が60歳以降で10年以上ある

なお、一年間の個人年金保険料が8万円以上ある場合、所得から最大4万円を控除することができます。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

40代で個人年金保険が不要な人はこんな人!

一方、次のような方は40代で個人年金保険に加入する必要性は低いといえます。

個人年金保険が不要な人の特徴
  • 十分な預貯金がある方
  • 個人年金以外の方法で老後資金を準備している方

では順番に確認していきましょう。

十分な預貯金がある方

すでに老後資金の準備を始めていて十分な預貯金がある方や、公的年金や退職金などで老後の生活費をカバーできるような方は個人年金保険に加入する必要性は低いでしょう。

ほけんのぜんぶ
もし、まとまった資金を金融機関に寝かせてある場合は、その一部を国債などの元本割れしない投資商品に充てるのも良いでしょう。

個人年金以外の方法で老後資金を準備している方

老後資金を準備する方法には、個人年金保険以外にも以下のような方法があります。

個人年金保険以外の準備方法
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • つみたてNISA
  • 財形年金貯蓄 など

すでにこういった方法で貯蓄をすすめている方は、個人年金保険への加入が必要ないといえます。

個人年金保険の加入率

個人年金保険の加入が必要な方と不要な方をご紹介してきましたが、実際にはどのくらいの方が加入しているのでしょうか?

「生命保険文化センター」の「生命保険に関する全国実態調査」では、世帯ごとの個人年金保険への加入率についての調査結果がありますのでご紹介します。

【個人年金保険の世帯加入率(全生保)[世帯主年齢別・平成30年]】

年齢 世帯加入率(%)
全  体 21.9
29歳以下 15.3
30~34歳 18.6
35~39歳 20.0
40~44歳 23.1
45~49歳 27.9
50~54歳 31.9
55~59歳 28.5
60~64歳 26.5
65~69歳 22.1
70~74歳 16.4
75~79歳 14.2
80~84歳 10.7
85~89歳 10.5
90歳以上 17.9

平成30年において、個人年金保険へ加入している世帯は全体の約22%で、加入率は35歳から54歳にかけて上昇し、55歳以降は減少していくことがわかります。

参考:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」

個人年金保険の無料資料請求は保険市場で!

40代の個人年金保険の選び方ポイント

40代の方が個人年金保険を選ぶ際のポイントとなる点は以下の通りです。

40代の個人年金保険の選び方ポイント
  • 「円建てor外貨建て」を決める
  • 「定額or変額」を決める
  • 「終身/確定/有期」を決める
  • 受取年金額を決める

ではそれぞれのポイントについて見ていきましょう。

「円建てor外貨建て」を決める

「既婚の方におすすめの個人年金保険」でも触れましたが、個人年金保険には「円建て個人年金保険」と「外貨建て個人年金保険」とがあります。

 ポイント

●円建て個人年金保険…保険料の支払いは「円」で、年金の受け取りも「円」となる商品

●外貨建て個人年金保険…年金の支払いは「外貨」で行い、年金原資も外貨で計算され、受取時に「円」に両替する商品

円建てに比べて運用益が出ることが多いですが、円への換金時に為替差損が出る可能性があります。

ほけんのぜんぶ
元本割れせずに手堅く貯めたい方は円建て個人年金保険を、リスクはあってもより大きなリターンを得たい方は外貨建て個人年金保険を選ぶと良いでしょう。
個人年金保険の無料資料請求は保険市場で!

「定額or変額」を決める

将来受け取る年金額は、「定額個人年金保険」と「変額個人年金保険」とで異なります。

定額個人年金保険

定額個人年金保険とは?
定額個人年金保険とは、保険会社が運用の責任を持ち、運用の成果に関係なく、契約時に将来受け取れる年金額が確定します。

なお、予定利率が一定期間ごとに見直されるタイプもありますが、年金額には最低保証があるので安心です。

将来の年金額が確定しているので老後資金の計画が立てやすく、一定の条件を満たすことで「個人年金保険料控除」を受けられるというメリットがあります。

 注意

ただし、予定利率の低いときに契約してしまうと、効率的に運用できないというデメリットがあります。

変額個人年金保険

変額個人年金保険とは?
変額個人年金保険とは、契約者自身が一定の投資信託などの運用商品の中から自らの判断で選択し運用していきます。

そのため、将来受け取れる年金額は、運用次第で払い込んだ保険料よりも高額な年金や一時金を受け取れる可能性があります。

ほけんのぜんぶ
しかし、定額個人年金保険のように受け取る年金額の最低保証がないというリスクを伴います。

「終身/確定/有期」を決める

将来、個人年金保険を受け取る期間によって、「終身年金」「確定年金」「有期年金」の中から選びます。

終身年金

終身年金とは?
終身年金とは、生存している限り年金を受け取ることができる商品です。

近年、平均寿命が長くなっており、老後資金が足りなくなる可能性がある「長生きリスク」に不安を感じる方もいます。

読者
終身年金に加入することで、一生涯年金を受け取ることができるので安心ですね。

読者
でも、早くに死亡してしまったら損をしてしまうのではないでしょうか?

ほけんのぜんぶ
その場合は「保証期間付き終身年金保険」に加入することで、生死にかかわらず年金を受け取れる「保証期間」を付けることができます。

被保険者(本人)が亡くなった後も、家族等が保証期間内の残りの年金を受け取ることができるのです。

確定年金

確定年金とは?
確定年金とは、あらかじめ定められた一定期間に年金を受け取ることができる商品です。

たとえ被保険者が年金受給期間に死亡してしまったとしても、残りの年金は家族等が受け取ることができます。

読者
被保険者の生死にかかわらず年金が受け取れるので、保険料の支払い損といったことにならないのですね!

有期年金

有期年金とは?
有期年金とは、あらかじめ定められた一定期間に年金を受け取れる商品ですが、被保険者が生存していることが条件になります。

そのため、受取期間中に被保険者が死亡してしまうと、その時点で年金の受け取りはストップします。

ほけんのぜんぶ
「それでは保険料がもったいない」という方は、終身年金と同様に「保証期間」を付けることで、保証期間内に被保険者が亡くなったとしても、保証期間内の残りの期間に相当する年金を家族等が受け取ることができます。

受取年金額を決める

契約時には、将来受け取る年金額を決める必要もあります。
どのくらいの金額に設定すればいいのか悩む方は多いと思いますので、参考までに公益財団法人「生命保険文化センター」の「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」による、「世帯ごとの基本年金年額」をご紹介します。

 ポイント

この調査によると、個人年金保険に加入している世帯が1年間に受け取れる年金額(世帯主と配偶者の合計)は平均102.5万円となっており、世帯員別にみると、世帯主が平均89.4万円、配偶者が平均71.5万円という結果となっています。

ほけんのぜんぶ
世帯平均額の102.5万円の場合、月額にすると8.5万円ほど受け取ることができます。

年金額の各世帯割合は以下の通りです。

基本年金年額 世帯割合(%)
36万円未満 17.3
36~48万円未満 7.6
48~60万円未満 9.2
60~72万円未満 12.9
72~84万円未満 6.5
84~96万円未満 3.1
96~108万円未満 6.0
108万円以上 21.7
不明 15.7

世帯年金額が最も多いのは「108万円以上」で21.7%、次いで「36万円未満」が17.3%となっています。
年金額を決める際の参考にしてみてください。

参考:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査

個人年金保険の無料資料請求は保険市場で!
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談窓口保険のぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どこの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

まとめ

40代におすすめの個人年金保険は、一人ひとりの置かれた状況によって異なりますが、手堅く老後資金を準備したい方は「円建て個人年金保険」を、多少のリスクは覚悟できるという方は「外貨建て個人年金保険」に加入してはいかがでしょうか。

また、個人年金保険は老後資金の準備に有効的な手段のひとつですが、他にもiDeCoやつみたてNISAなどの方法もありますので、いくつかの方法を組み合わせ準備することもおすすめです。

さらに、個人年金保険に加入する場合は、「個人年金保険料控除」が受けられるよう条件を満たす内容で契約すると節税効果が期待できます。

個人年金保険の無料資料請求は保険市場で!

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!