カードローン金利の仕組み!利息の計算方法と金利を下げるコツ

カードローンを利用する際、気をつけたいのが金利です。ちょっとした金利の違いは、返済総額や毎月の返済額に大きく影響します。

カードローンを賢く利用し無理なく借金を返済するには、金利を知ることが必要不可欠です。

この記事では、カードローンの金利について解説。金利から利息を計算する方法や金利を下げるコツを紹介しています。

カードローンを利用している方はもちん、利用を検討している方もぜひ参考にしてみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

そもそも金利とは?利息や実質年率との違いを確認

カードローンの利用規約には「金利」「利息」「実質年利」などの言葉が並びます。

 賢くカードローンを利用するには、まず「金利」「利息」「実質年利」といった言葉を正しく理解することが大切です。

ここでは、カードローンを利用する上で知っておきたい「金利」「利息」「実質年率」の意味をまとめています。

それぞれの違いに気をつけながら、目を通してみてください。

金利について

金利とは

借りたお金とは別にプラスで支払うお金の割合のこと

金利が高いとういことは、借りたお金にプラスで支払うお金も高くなるということです。

そのため、同額の借金であっても金利次第で返済総額は変わります。

少しでも借金の負担を減らすには、金利が低い借入先を選びましょう。

利息について

利息とは

借りたお金とは別に支払うお金のこと

支払う利息は金利によって決まります。金利が高ければ高いほど、支払う利息の額も高額になります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

実質年率について

実質年率とは

借りたお金に諸費用を加算した実際の金利のこと
 カードローン会社に返済するお金には、借金(元本)や利息の他に、手数料や保証料が含まれているケースがあります。

手数料や保証料といった諸経費なども「利息」に含めて計算したものが、実質年率です。

実質年率が分かれば、自分が支払う必要のある借金総額を正確に把握できます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

カードローンの金利には上限がある

借金の返済総額を左右する「金利」。金利が高いと利息の支払いも増えるため、経済的な負担は大きくなります。

そのため、カードローンの金利がどの程度なのか知りたいという方も多いでしょう。

カードローンの金利は利息制限法により上限が定められています。

カードローンの上限金利

借入金額 金利
10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

利息制限法上の上限金利は借入金額が増えるごとに下がります。

カードローンで借り入れる額の上限金利をあらかじめ確認しておきましょう。

また、金利は借入先によっても異なります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借入先別:金利上限の平均

銀行 年14〜15%程度
消費者金融 年17〜18%程度

消費者金融のカードローンに比べて、銀行のカードローンの方が金利は低い傾向にあります。

もちろん消費者金融同士・銀行同士でも、金利は店舗によって異なります。カードローンを利用する際はよく確認してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

カードローンの金利で分かる!利息の計算方法

カードローンの金利が分かれば、利息を計算したり返済シミュレーションを行なったりできます。

 利息の計算や返済シミュレーションは、無理のない返済計画を立てる際、ぜひ活用したい方法です。

そこで、ここでは金利を使った利息の計算方法を解説。金利別の返済シミュレーション例も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

1利息の計算方法

カードローンの金利が分かれば利息が計算できます。

利息の計算式
元金×金利(年利)÷365(ローンによってはうるう年は366として計算)×借入日数=利息

各項目に数字を当てはめるだけで、利息を求めることが可能です。

利息の計算例:金利(年利)12%のカードローンで200万円借りた場合

50日で返済する場合
2,000,000×0.12÷365×50≒32,876円
100日で返済する場合
2,000,000×0.12÷365×100≒65,753円

ぜひ、計算式を参考にカードローンの金利から利息を算出してみてください。

「金利(年利)」さえ分かれば、「借金」と「借入日数」を式に当てはめることで、支払う利息の総額は簡単に求められます。

借入日数に応じて利息を正確に把握し、無理のない返済計画を立てることが大切です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2金利別!利息・返済シミュレーション

次に金利別の利息と返済シミュレーションを確認してみましょう。

 具体例を見ることで、カードローン返済のイメージを持ちやすくなります。

また、金利がいかにカードローンの返済に影響を与えるか実感できるはずです。ぜひ目を通してみてください。

例1:50万円を借りて毎月1万5千円ずつ返済した場合

金利(年利) 完済までの期間(利息の合計)
18% 3年 11ヶ月間(198,327円)
15% 3年8ヶ月間(150,823円)
12% 3年5ヶ月間(111,224円)
10% 3年4ヶ月間(88,185円)

例2:100万円を借りて毎月3万円ずつ返済した場合

金利(年利) 完済までの期間(利息の合計)
15% 3年8ヶ月間(301,674円)
12% 3年5ヶ月間(222,473円)
10% 3年4ヶ月間(176,396円)
7% 3年2ヶ月間(115,237円)

借金と毎月の返済額が同じであっても、金利が少し違うだけで完済までの期間や支払う利息は大きく変化します。

金利がちょっと高いくらい問題ないだろう……

と金利を軽く捉えてしまうと、返済の負担は大幅に増加します。

カードローンを利用する際は、必ず金利を確認・比較して、少しでも金利の低いカードローンに申し込むようにしましょう

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

カードローンの金利を下げる方法

カードローンをすでに利用している方の中には、金利の高い借入先からお金を借りてしまったという方も多いのではないでしょうか。

金利は借金の返済総額や返済期間に大きく影響する要素。それだけに、たとえ少しでも金利を下げたいものです。

実は、カードローンをすでに契約している場合でも金利は下げることが期待できます。

ここでは、カードローンの金利を下げる方法を紹介。すぐに実践できる方法ですので、ぜひ活用してみてください。

1借り換えを行う

カードローンの金利を下げる1つめの方法は、借り換えを行うことです。

借り換えとは

現在利用しているカードローンから、別のカードローンに乗り換えること

より金利の低いカードローンに借り換えることで、月々の返済額や返済総額を減らせます。

  • Aローン(金利18%)→Bローン(金利15%)

金利が少しでも変われば借金による負担は大きく異なります。

たとえ金利が1%しか変わらなくとも借り換えを検討する価値は十分です。

とくに借入総額が高額なほど、借り換えによる金利低下のメリットも大きくなります。

ただし、カードローンの借り換えには別途審査が必要です。審査を通過しないことには借り換えはできません。

カードローン借り換えの審査では

  • 安定した収入
  • 借金総額
  • 遅延や延滞の履歴

などがチェックされると考えられます。

カードローンの借り換え審査は甘くないので、必ずしも借り換えられるとは限らない「ハードルの高さ」がデメリットです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2おまとめローンを利用する

カードローンの金利を下げる2つめの方法は、おまとめローンです。

おまとめローンとは

複数のローンをひとつにまとめること

借金のローンをいま借り入れている金利よりも低い金利の1つのローンにまとめてしまいます。

現在 おまとめローン利用後
Aローン50万円(金利17%)
Bローン40万円(金利18%)
Cローン30万円(金利17.5%)
Dローン120万円(金利15%)
 複数借入先がある場合、1つのローンあたりの返済額は少額でも、トータルの返済額が高額になっているケースも少なくありません。

金利は借金が少額なほど高くなる傾向にあるのが特徴。少額の借金をまとめて高額にすることで、金利を下げることができます。

金利が下がれば毎月の返済額が減るので、借金の負担も軽減されます。

おまとめローンにも審査は必要ですが、複数借入先がある方はぜひ検討したい手段です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3弁護士に相談する

カードローンの返済負担を軽減するのであれば、弁護士に相談することもおすすめです。

その理由は?

弁護士には借金問題も取り扱っている先生が多く、問題解決に向けて具体的なアドバイスや行動が取れます。

カードローンを利用している場合、まず行いたいのが過払金返還請求です。

過払金返還請求とは

過去に払いすぎた利息を取り戻す手続きのこと

法律の改正により昔と今では利息の上限が異なります。

 2010年以前に借金をしていた場合、今の利息の上限に当てはめると余分に利息を払いすぎている可能性があります。

弁護士に依頼すれば、時効にかかっているなどの事情がなければ払いすぎた利息分の返還請求を代理してくれます

お金が戻ってきて借金が0円になったというケースも珍しくありません。

そのほか、合法的に借金を減額・免除できる債務整理も行っている法律事務所。

カードローンの返済負担を軽減したい……

という方は、一度弁護士へ相談してみてください。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

カードローンの金利が少し違うだけで「借金の返済総額」「毎月の返済額」に大きく影響します。

カードローンを利用する際は、金利が低い借入先を選ぶのはもちろん、利息を計算して無理のない返済計画を立てることが大切です。

すでにカードローンを利用している方は

  • 借りかえ
  • おまとめローン

を利用することでカードローンの金利を下げることが望めます。審査は難しいですが、検討してみる価値は十分あるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、生活に負担がない範囲で賢くカードローンを利用してみてください。

↓当サイト一番人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事