リボ払いや生活費が借金地獄の原因?実話ブログに学ぶ抜け出し方

生活費やパチンコなど、借金をする理由は様々。
返済できる範囲なら問題ありませんが、中には借金地獄に陥ってしまい「どうしたら良いか分からない……」という人もいます。

そこでこの記事では、借金地獄に陥る原因と抜け出すためのアプローチの方法をまとめてみました。

借金地獄の体験談を綴った実話ブログも紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

借金がさらに膨らむ前に!無料で診断↓

いま借金を抱えている方は、その借金を減額できるかもしれません。いくら減額できそうか知りたい場合は、借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

響の借金減額診断

借金減額診断をした方がいい理由
  • 借金がいくら減らせるかどうかがすぐわかる!
  • 無料・匿名で診断可能
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ

無料ですぐに診断できるので、借金がある方はぜひ一度試してみてくださいね。

\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金地獄とは?

借金地獄の明確な定義はありませんが、借金を返済してもいっこうに完済できず、解決の糸口すらつかめずに心身共に激しく疲弊しいてる状態であれば、借金地獄に陥っていると言って良いでしょう。

本項では、借金地獄に陥りやすい人の特徴や、なぜ40代が借金地獄に陥りやすいと言われているのか、その理由について見解も含めて解説していきます。

借金地獄に陥りやすい人の特徴

うつむく人

借金地獄に陥りやすい人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

借金地獄に陥りやすい人の特徴
  • 何かに精神的に依存しやすい
  • 浪費癖がある
  • お金の価値を認識していない
  • 借金問題の解決方法を知らない

何かに精神的に依存してしまう人は借金を作りやすい傾向にあります。

娯楽やギャンブル、恋人等依存の対象は人それぞれですが、中には家計状況を考慮せず衝動的に商品やサービスにお金を投資してしまう「買い物依存症」に陥っている人も存在します。

買物依存症に陥ると、ストレスを解消するために高額な商品を購入したり、精神的な充足感を得るためにブランド品を大量に購入してしまったりすることがあるようです。

 重要なのは、買い物に依存する根本的な心理の一つに「日常生活に退屈している」「何をしても心が満たされない」等のネガティブな感情から解放されたいといった願望が含まれていることです。

買物依存症に陥っている人の多くは、商品やサービスに執着しているのではなく、お金を使うことによって得られる快楽に依存していると考えられることもあります。

そのため、お金がなくても自分の心を満たすために買い物を繰り返し、やがて資金不足になり借金に手を出してしまうといった負の連鎖を辿る懸念があるのです。

また、浪費癖も借金地獄に陥る一因となります。浪費癖は、必要以上にお金を使ってしまう癖のことです。

浪費癖がある人は、「お金の価値を認識していない」ケースが多いと考えられています。

正確には、お金に価値があると理解していても、労働の対価として得た報酬という認識が薄いために自身の経済能力に見合わないお金の使い方をしてしまうのです。

このように買い物依や浪費によってお金が無くなり実際に借金をしてしまっても、借金の解消方法を理解していれば特段問題はないでしょう。

しかし、借金を解消するための具体的な手段を知らなければ、根本的な心の問題を改善できない限り、借金に借金を重ね気づけば借金地獄に陥っているといったことが往々にして起こり得るのです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金地獄に陥りやすい年代は40代!その理由は?

茶色いはてな

40代が借金地獄に陥りやすい年代だと考えられる理由としては、以下のようなものが挙げられます。

40代は、ある程度キャリアを積み重ねており収入も十分に得ているケースが多いことから、金融機関からお金を借りるだけの社会的使用力を有している年代と言えます。

40代が借金地獄に陥りやすい理由
  • お金を借りるだけの信用力がある
  • 教育費や医療費が嵩みやすい
  • リストラされる可能性がある

必要な時にお金を借りられる信用力を有していることが裏目に出て、借金地獄に陥る恐れがあるのです。

「教育費」や「医療費」が嵩みやすい側面があるのも40代の特徴です。

例えば、25歳で子供を産んだとすれば、子供が高校や大学に進学するのは自身が40代前半から40代半ばを迎えた頃です。

高校や大学の入学金や進学のための学習塾代等を合計すれば、100万円単位の教育費が発生する場合もあるでしょう。

また、これまで大きな病気を経験したことがなくても、40代になればガンや脳血管疾患等を患う人も多くなります。万が一、深刻な病気を患い長期間の入院や手術が必要になれば、医療費が嵩むうえに仕事が制限され収入が得にくくなります

 このように40代では、収入以上の出費が必要となり借金に頼らざるを得なくなる可能性があるのです。

また、年功序列が終わり実力主義の会社が増えている今日では、40代でもリストラにあうリスクは十分に考えられます。

出費がいっき増える40代で職を失えば、生活を維持するために借金が必要になることもあるはずです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

※出典:日本生命グループ 大樹生命

借金地獄に陥る8つの原因

借金地獄に陥ってしまうのには、必ず何かしらの原因があります。まずは、借金地獄に陥る代表的な4つの原因をみていきましょう。

ポイント

借金地獄に陥る原因が分れば、前もって対策を立てることが可能です。
ぜひ参考にしてみてください。

1低収入・収入の減少による生活の困窮

金融庁・消費者庁・厚生労働省・法務省が発表した『多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向 (H30.6) 』によると、借金の理由として最も多いのが低収入・収入の減少です。

借金のきっかけ 人数
低収入・収入の減少 1956人
買い物 919人
事業資金 652人
病気・けが 531人
住宅ローン等の借金の返済 496人
ギャンブル等 323人
 「借金=浪費」のイメージが強いですが、実際には低収入・収入の減少で生活が回らなくなり、止むを得ず借金をする人が大半を占めています。

借金地獄に陥る原因①低収入・収入の減少による生活の困窮

会社員やパート労働の場合、収入が短期間で上がるケースは多くありません。

そのため、借金なしではなかなか生活が成り立たず、生活費を賄うために借金をすることで、借金地獄にハマってしまうのですね。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

新型コロナウイルス感染症の影響で借金地獄に陥る方も

大きな人型の影

新型コロナウイルスの影響で休業や自粛を余儀なくされ、収入が大きく減少した人も少なくないでしょう。

新型コロナウイルスによる収入減に対応するために借金を選択し、結果的にそれが裏目に出て借金地獄に陥ってしまった人もいるかもしれません。

新型コロナウイルス感染症が招いた窮状を脱するためには、救済措置を利用するのが効果的です。

例えば、新型コロナウイルス感染症の影響で借金が返済できなくなった場合には、自然災害債務整理ガイドラインのコロナ特則を活用し、弁護士の無償支援を受けながら債務整理を実施できる可能性があります。

自然災害債務整理ガイドラインのコロナ特則とは?

自然災害の影響で借金を返済できなくなった人が債務整理する場合のガイドラインに、新型コロナウイルスの影響を受けて借金が返済できなくなった人が債務整理する場合の特則を追加したもの。

正式名称は【「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」を新型コロナウイルス感染症に適用する場合の特則】

特定の要件を満たし特則を用いて債務整理する場合には、信用情報に事故情報が登録されることはありません。

出典:一般社団法人自然災害被災者債務整理ガイドライン運営機関 

2パチンコ・競艇・カジノ・競馬などのギャンブル依存

ギャンブルも、借金地獄にハマりやすい特徴の一つです。

厚生労働省が行なった「ギャンブル依存症の実態を把握する調査 (H29) 」によると、生涯で依存症が疑われる状態になったことのある人は3.6%。

借金地獄に陥る原因②パチンコや競艇などのギャンブル依存

国勢調査のデータに当てはめると、約320万人にギャンブル依存症の疑いがあることが分かっています。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

多くの人が患う「ギャンブル依存症」って?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルを自分の意思で制御できなくなる状態のこと。

 ギャンブル依存症になると、ギャンブルをするための借金に歯止めがきかなくなり、借金地獄に転落してしまうケースも少なくありません。

借金地獄に陥りやすいギャンブル依存症とは

パチンコや競艇などのギャンブルをすることは決して悪くありませんが、ギャンブルを理由とした借金は、借金地獄への第一歩です。

ギャンブルは、経済的に負担のない範囲で嗜みましょう。

3生活資金を株などの投資に回す

残しておくべき生活資金を株などの投資に回してしまったことがきっかけで、借金地獄に陥る場合もあります。

とはいえ、株を現金で購入する「現物取引」であれば、株価が暴落してしまいリターンが受けられなくなる可能性はあっても、株に投資した金額以上の資産を失うことはありません。

例えば、40万円で購入した株の価値が2分の1になった場合、20万円の損失を被りますが負債を抱えることはありません。数カ月分の生活費を株に回さない限り、借金が必要になる可能性は低いと言えます。

 一方、現金や株式、投資信託を担保に証券会社からお金を借りて株の取引をする「信用取引」には注意が必要です。

信用取引を利用すれば、証券会社に担保として預けた現金や株式等の約3.3倍の金額で取引できます。

株価が上昇すれば、運用した自己資金が現物取引と同じ金額でも得られる利益は3.3倍になります。しかし、株価が下落した場合、損失額も3.3倍になるのが信用取引の怖さです。

先ほどの例で挙げた金額同様、自己資金40万円を担保に信用取引を行えば、132万円(40万円×3.3)を運用できますが、株価が2分の1になった場合、66万円(132万円×0.5)の損失を被るのです。

つまりこのケースでは、40万円を株に投資した結果26万円の負債が発生したことになります。

株に回した生活費が無くなり、そのうえ多額の負債が残ってしまえば、借金せざるを得なくなる恐れがあります。

4クレジットカードの使いすぎ

クレジットカードの使いすぎにより、借金地獄に陥るケースも多くあります。

JCBが発表した「クレジットカードに関する総合調査 (H30) 」によると、クレジットカードの保有率は84%社会人の多くが、クレジットカードを使用して買い物を行っています。

借金地獄に陥る原因③クレジットカードの使いすぎ

クレジットカードは簡単に支払いができる反面、手元にお金がなくても、物やサービスを購入できるのが特徴です。

 そのため、自分の支払い能力以上にお金を使ってしまい、借金を返済できなくなってしまう人も珍しくありません。

複数枚のクレジットカードを使用している場合は、とくに要注意。

各カードの利用額を合算すると、返済能力を大きく超えており、借金地獄に陥ってしまう可能性があります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

5クレジットカードのキャッシングの利用

キャッシングとは、クレジットカードを利用して限度額の範囲内でコンビニや銀行のATMからお金を引き出せるサービスです。

お金を引き出すといっても、キャッシングはクレジットカード会社からの借金です。

しかしキャッシングはカードローン等とは異なり、あくまでクレジットカードに付帯する機能の一つです。キャッシング機能のついたクレジットカードさえあれば、借り入れの際に審査が行われることはありません。

 必要な時に、ATMでの簡単な操作で資金を作れるのがキャッシングのメリットとも言えますが、この手軽さが借金地獄に陥る決定的な原因になり得るのも事実です。

本当にお金が必要な時のみキャッシングを利用していれば、借金問題が深刻化するリスクはそれほど高くありませんが、日常的にキャッシングを利用している場合には注意が必要です。

いつのまにか、簡単には返済できないほど借り入れ金額が膨れ上がっているなんてことも。

さらに危険なのは、キャッシングを返済するために他社のカードでキャッシングをすることです。借金が返済できなくなると一般的に金融機関からの新たな借金は困難になりますが、キャッシングは限度額が残っていれば即座に借り入れ可能です。

それ故に、キャッシングを返済するための方法としても利用可能ですが、新たにキャッシングをすればその分利息負担が大きくなり返済はますます困難になっていきます。

6リボ払いの利用

借金地獄に陥る原因として、注意したいのがリボ払いです。

リボ払いとは

使った金額に対して、手数料とともに毎月一定額の返済をしていくもの。

高額商品を購入したり多額のキャッシングをしたりしても、毎月の返済額は一定になるため、手元にお金が無くても返済しやすいのが特徴です。

借金地獄に陥る原因④リボ払いの利用

 しかし、リボ払いを選択すると一括払いに比べて支払額が高くなります。その理由は、毎月返済額に対して手数料が発生するからです。

毎月一定額を支払えばいいリボ払いですが、返済が長期化するほど支払う手数料も多くなり、支払う総額も増えてしまいます。

その結果、返しても返しても残高がなかなか減らず、借金地獄に陥ってしまうことがあります。

\リボ払いをしている人は必見!!/
借金&リボ払い減らせるか診断
(無料)

7車などの高額なローンを組んでいる

身の丈に合わない車等の高額なローンを組んでしまったことから、借金地獄に転落してしまう人もいます。自動車ローンを組む際は、一般的に車両価格の20~30%程の金額で頭金を用意する必要がありますす。

頭金を多く支払えば、ローンによる借入額を抑えることが可能です。

しかし、支払能力が不足しているために頭金が少なくなれば、ローンの借入額が大きくなるに伴い返済期間が長期化し、その分元本に対して発生する利息負担も増えます。

 これが原因で毎月の返済額を工面できなくなり、車を維持するために借金してしまう人もいるのです。

とはいえ、頭金を多く支払えなくても毎月の返済額を低く設定する手段は存在します。代表的なのは、「残価設定型」の自動車ローンを組む方法です。

残価設定型のローンを利用すれば、数年後の下取り価格として想定される金額を購入価格から差し引き月々の返済額を抑えることができます。

しかし留意するべきは、ローンを満了した際の査定額が想定した下取り価格に達しなければ、差額を支払わなくてはならないことです。借金地獄に陥らないためには、支払能力の範囲内でローンを組むのが無難です。

8農家や飲食店経営などへの転職

農家や飲食店経営などへ転職し、失敗してしまった場合には多額の負債を抱え借金地獄に陥る可能性があります。

この二つの分野に共通する借金地獄に陥ってしまう要因は、膨大な初期投資が必要でありそれを回収するのが容易ではないことです。

農家を始めるには、ビニールハウスやトラクター、作業場等様々な設備を用意しなくてはなりません。農業器具を十分に確保するために、数百~数千万単位での設備投資が必要になる場合もあります。

 貯蓄の中から初期費用を出せる場合は例外ですが、農協等からの多額の借金を抱えた状態で農家を開始することになるケースも珍しくありません。

農家を開始できたら、作物を出荷し収入を得る必要があります。しかし、天候や価格変動の影響を受けやすい農業の性質上、収入を安定させ、さらに多額の借金を解消して利益を出し続けることは、決して簡単ではないのです。

飲食店経営についても、内装工事や商品仕入、採用・広告宣伝費等を合計すると1000万円程の資金が必要になるケースが多いです。

いざ飲食店を開業しても客が来が来なければ収益を出すことはできず、流行り廃りの激しい飲食業界では、数年で閉店せざるを得ない状況に追い込まれる例も少なくありません。

このように、一念発起して農家や飲食店経営を始めたものの、初期投資を回収できずに負債だけが残り借金地獄に陥る場合があります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金地獄になるとどうなる?その末路とは

ここまで、借金地獄の原因や陥りやすい人の特徴や、借金地獄に陥る原因について解説してきました。

では、借金地獄に陥るとどのような末路が待っているのでしょうか。

ここでは、借金地獄から抜け出せなった場合には何が起こるのか、どのような生活を強いられるのかについて解説します。

借金地獄の末路
  • 財産が強制的に差し押さえられる
  • 闇金からの取り立てに苦しむ日々
  • 借金問題の解消が分からず社会的再生が困難になる

それでは、見ていきましょう。

財産が強制的に差し押さえられる

借金が返済できなくなれば、債権者から返済を催促されるようになります。それでも借金を延滞し続ければ、債権者に裁判を起こされる可能性があるのです。

裁判を起こされると、裁判所から訴えの内容や裁判の日程が記された訴状が送られてきます。いわゆる裁判所からの呼び出し通知です。裁判は、債権者が借金を回収するための最終手段と言えます。

 訴状を無視した場合には敗訴が確定し、法律上の手続きに則り、給与やマイホーム、車等の財産が強制的に差し押さえられてしまいます。

そのため、裁判には出席する必要がありますが、借金を滞納し続けた債務者が裁判で勝訴する確率は極めて低いのが現実です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

闇金からの取り立てに苦しむ日々

前述したのは、健全な貸金業者からの借金を踏み倒した場合の末路です。

闇金に手を出してしまい借金地獄に陥った場合には、さらに惨憺たる末路が待っています。ここで言う闇金とは、都知事または財務局長の登録を受けずに貸金業を行う違法業者のことです。

闇金は、法廷金利をはるかに超える高金利で貸し付けを行うため、一度借金してしまえば返済できなくなるケースが大半です。

闇金との契約に法的拘束力はないため、返済の義務はありません。

しかし、暴悪な取り立て行為によって精神的圧迫をかけられ、返済するしかない状況に追い込まれてしまうリスクは非常に高いです。

職場や実家まで押し寄せてきた闇金業者に罵詈雑言を浴びせられ、時に暴力を振られることもある日々は、借金地獄の最悪の末路と言って良いでしょう。

借金問題の解消方法が分からず社会的再生が困難になる

借金を抱えても解消方法さえ認識していれば、上記のような最悪の事態は避けられる可能性があります。しかし、解消方法が分からず借金問題を放置していると、状況は悪化の一途を辿ることとなります。

 みるみる負債が膨れ上がり、借金の催促を受け続ければ、精神に異常をきたす可能性があることも否めません。

慢性的な抑うつ状態に陥り社会生活を営む気力がそがれたり、社会的再生が不可能になったりする前に、弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【実話】借金地獄の体験談を綴ったブログ3選

「借金地獄から抜け出す」「借金地獄に陥らない」ためには、実話から学ぶことも有効な手段です。

ポイント

借金地獄を体験した人の実話には、問題解決・問題防止のヒントがたくさん詰まっています。

【実話】借金地獄の体験談を綴ったブログ3選

そこで、実際に起きた借金地獄の体験談を綴ったブログを紹介。

借金地獄の実話やブログを探している方はもちろん、借金地獄から抜け出したいという方も目を通してみてください。

1100万円のリボ払いで借金地獄に陥った話

まず一つ目は『ミニマリストあつしのブログ』

同ブログは、リボ払いにより100万円以上の借金をしてしまった男性が、借金完済までの記録を綴ったブログです。

ブログ内ではリボ払いによる借金地獄の恐ろしさや、完済までのエピソードが詳細に語られています。多くの人が気になる、

  • 借金の金額
  • 当時の生活と今の生活
  • 労働時間

なども具体的に記されており、完済までのイメージが湧きやすい実話ブログです。

2多重債務の夫と見つめ合う主婦のブログ

女性でも、借金地獄に悩まされている方はいます。
次に紹介するのは、ある日突然夫から、

7社から合計500万円以上の借金がある

と伝えられた主婦の”私”が綴る『多重債務の夫と見つめ合う私』というブログです。

借金地獄に陥った主婦のブログを紹介

同ブログでは、借金地獄となった日々の生活や、葛藤が赤裸々に語られています。

また、完済したというエピソードではなく、借金返済の過程を現在進行形で公開していることが最大のポイント。

ネガティブな感情や状況も正直に吐露されており、同じように借金地獄で悩んでいる人に勇気を与える内容です。

3ギャンブル(パチンコ)が原因で自己破産した体験談ブログ

最後に紹介するのは『借金&自己破産体験談ブログ』。筆者は、

18歳でパチンコにハマり20代で借金650万まで膨れ上がり、30代で借金返せなくなり自己破産を経験した

体験談を包み隠さず語っています。

パチンコが原因で自己破産した体験談ブログを紹介

パチンコをはじめとするギャンブルのリスク。自己破産に至るまでの経緯が語られています。

また、自己破産後の逆転人生エピソードにも注目。借金地獄からお金持ちになった成功例を探している人にもおすすめの内容です。

借金地獄から抜け出す6つの方法

借金地獄から抜け出すためには、主に6つの方法が考えられます。

借金地獄から抜け出す方法

正しい対策や方法を知ることで、借金地獄の現状は好転するかもしれません。

借金地獄から抜け出すための方法を解説していますので、ぜひ活用してみてください。

\弁護士に無料で相談も可能/

1返済計画を立てる

借金地獄から抜け出すためには、まず返済計画を立てましょう。返済計画を立てる際のポイントは主に次の3つです。

  • 今ある借金の総額を正確に把握する
  • 支出を見直す
  • 収入を上げるために行動する

返済計画を立てる際は、事実の把握が何より大切。

借金地獄から抜け出す方法①返済計画を立てる

借金の総額・支出の内訳を確認し、お金の流れをできるだけ正確に把握しましょう。

おすすめは、いちど紙に書き出してみることです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

例:手取り25万円の場合

ではここで、手取り月収25万円の場合を例に、支出を書き出してみます。

支出内訳 支出額
食費 5万円
光熱費 1.5万円
通信費 1.5万円
交際費 3万円
そのほか
(日用品・娯楽費・医療費など)
8万円
返済に当てられるお金 6万円

このように支出の見直しを行うだけでも、

  • 無駄なお金
  • 毎月借金の返済に当てられるお金

がハッキリします。

ポイント

毎月の返済額を算出できれば、返済がいつ終わるのか明確になるため、精神的な負担も軽減されるはずです。

余裕ができれば、副業やスキルアップなど収入を上げるための行動を取り、より早期の返済を目指しましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2返済方法を見直す

返済方法を見直すことも、借金地獄から抜け出すために有効です。

例えば毎月定額で返済している場合、お金に余裕がある月は毎月支払う額より多めに返済(繰り上げ返済)するようにします。

ポイント

繰り上げ返済することで、支払う利息の総額が減り、借金の早期完済が可能です。

借金地獄から抜け出す方法②返済方法を見直す

そのほか、借金を一本化する「おまとめローン」も効果的な方法のひとつ。

例えば、年利17%の条件で3つのローンからお金を借りている場合、おまとめローンを利用し、1つのローンとして年利15%の条件でお金を借りたとします。

その結果、利息が軽減されるのはもちろん、返済日が1日になるため借金の管理も楽になります

 ただし、返済期間を長く指定したときなど、場合によってはおまとめローンを使用したほうが返済する総額が増えてしまうこともあるので十分注意しましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3借金の一本化をする

多くの借り入れ先から借金をしていると、返済日が複数回になり、少なからず借金の管理が煩雑化します。

そうなれば、期日までに借金を返済するのが困難になる恐れがあります。返済が期日に遅れた場合、遅延損害金が発生し支払総額が大きくなるため、状況はさらに悪くなっていきます。

このような事態を回避するためは、借金を一本化することがおすすめです。

借金の一本化とは、端的に言えば複数社からの借金を新たな1社からの借り入れによって清算し、借り入れ先を1社にまとめることを言います。

借金一本化の手段としては、以下のようなものがあります。

借金一本化の方法
  • おまとめローン
  • 限度額の高いカードローン
  • 不動産担保ローン

借金一本化の手段として最もよく知られているのが、前述した銀行等が提供する「おまとめローン」専用の商品を契約することです。

 現在よりも金利が低いおまとめローン商品を利用すれば、借入日を一日にまとめられるだけでなく、利息負担を軽減し支払総額を減額することもできます。

そのほか、限度額の高いカードローンや、不動産を担保にお金を借りる不動産担保ローンを活用し、現在の借金を完済することで、借り入れ先を1社にまとめるのも効果的な手段です。

4過払い金請求をする

過払い金請求とは、法廷金利を超過する金利に基づいて債権者に返済した過払い金」の返還を請求する手続きです。

返還された過払い金は、借金の返済に充当できるので借金地獄から抜け出すための効果的な手段の一つと言えます。

ただし、過払い金請求する際には主に2つの注意点があります。

一つは、債務履行中の貸金業者に過払い金請求し、返還されたお金を借金返済分に充当しても借金が残る場合には後述する任意整理として扱われ、約5年間信用情報に事故情報が登録されることです。

事故情報が登録されている期間は、信用力がほとんど皆無になることで社会生活に不自由が生じてしまいます。

もっとも、借金を滞納している場合には、滞納が数カ月に及んだ時点で事故情報が登録されている可能性が高いでしょう。

 二つ目は、過払い金が時効は時効を迎えていれば返還請求できないことです。

債権者との最後の取引が終了した時点から10年経過すると過払い金は時効を迎えます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

5債務整理をする

借金地獄から自力で抜け出せない場合、検討したいのが債務整理です。

債務整理とは

法的に正式に認められている、借金減額・借金免除の救済制度のこと。

債務整理には、以下3つの方法があります。

任意整理 【メリット】
・裁判所を通さず手続きできる
・将来の利息をカットすることが望める
【デメリット】
・5年程度借入ができなくなることがある
個人再生 【メリット】
・借金が大幅に減額されることが期待できる
【デメリット】
・5年程度借入ができなくなることがある
・裁判所を通しての手続きが必要
自己破産 【メリット】
・成功すれば借金が0円になる
【デメリット】
・5年程度借入ができなくなることがある
・裁判所を通して手続きが必要
・一部職業への就業に規制がかかる

債務整理は、いずれも合法的な借金減額・免除の方法。借金地獄から抜け出すのが困難な方は、一人で問題を抱え込まず制度の利用を検討しましょう。

\弁護士に無料で相談も可能/
 ただし債務整理を行うと、5年程度借入ができなくなるデメリットを被ることがあります。

債務整理の方法によって、メリット・デメリットは異なるので、自分に合った方法を検討してみてください。

ポイント

債務整理や借金地獄で悩んでいる方は、まずは弁護士に無料相談することがおすすめです。

法的な観点から、自分に適した方法についてのアドバイスが得られます。借金地獄から大きく前進できる可能性があるので、気軽に無料相談を利用しましょう。

6弁護士・司法書士に相談する

借金問題が泥沼化し、ほとんど解決が不可能な状態になる前に弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。弁護士や司法書士に相談すれば、借金の金額や借入先の数等に応じて、最も効果的な解決策を提案してもらえます。

法律の知識に富んだ弁護士・司法書士であれば、自身では思いつかなかった方法で借金問題を解決に導いてくれます。

また、弁護士・司法書士に債務整理を依頼することになれば、手続き終了まで債権者からの催促を止めることが可能です。

これは、弁護士・司法書士が債務整理に着手した際に、債権者宛てに発送される受任通知の効力によるものです。貸金業法では、受任通知を受けた貸金業者の債務者への直接連絡や借金催促を禁止しています。

催促が止めば精神的な圧迫感が軽減され、冷静に借金問題に対処できるようになるでしょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付
サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。
借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。
サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。
経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数
東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。 借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。
一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。
相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。
スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00 土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所

おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績
ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。 ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます
相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。
スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

4弁護士法人・響

法律事務所 響

おすすめポイント
  • 相談料無料! →24時間365日全国からの相談を受付
  • 依頼後は借金の督促を迅速にストップ!
  • 方針の提案や費用の説明が丁寧かつわかりやすい →費用の分割払いにも対応
  • 豊富な実績と響ならではのノウハウ →徹底的に問題解決に取り組む
  • 多数のメディア出演もあり
弁護士法人・響は、状況によって最適な債務整理方法を提案してもらえる弁護士法人です。相談料は0円で、24時間365日相談することができます。
 依頼後は、速やかに借入先の金融会社に介入通知を送ってもらえるため、借金の督促をストップすることが可能です。
下記のようなお悩みをお持ちの方は、弁護士法人・響に相談がおすすめです。
  • 何社もある借金がなかなか減らない
  • 金融会社からの取り立てを止めたい
  • 債務整理したいけど費用が不安
  • 過払い金の請求をしたい
安心と納得を第一に寄り添った解決を目指します。また、進捗報告のために、こまめな連絡がもらえ安心して頼ることができるでしょう。
スタッフ
依頼前に費用や追加料金の可能性についても詳しい説明があります。
\無料・匿名でいくら減らせるかわかる/
所在地
  • 西新宿オフィス:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
  • 大阪オフィス:541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
  • 福岡オフィス:810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10 オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
  • 那覇オフィス:900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング3階
など
対象地域 日本全国
主な対応業務 任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産 など
対応時間 24時間365日(web)
任意整理
費用(税込)
着手金:55,000円〜
報酬金:11,000円〜
無料相談 可能
\無料・匿名でいくら減らせるかわかる/

5もりた法務事務所

もりた法律事務所

おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料!匿名もOK →無料の減額診断もできる
  • 24時間365日webからの相談受付中 →わかりやすい説明と回答が期待できる 迅速な対応と早期着手をしてもらえる
  • 家庭や仕事の事情を加味して最適な解決方法を提案
  • 駅から徒歩2分の好立地
もりた法律事務所は、相談が何度でも無料の債務整理に特化した法律事務所です。またWebからなら、24時間365日問い合わせることが可能です。
 家庭や仕事の事情も加味して、迅速な対応と最善の解決方法を提案してもらえます。
無料で借金が減らせるか調べられる借金減額診断も行っています。診断は匿名ででき、かかる時間は1〜2分程度です。
スタッフ
借金完済までサポートしてくれるので、万が一返済できなくても再交渉してくれます。
所在地 〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-29-17 第10下川ビル607号
対象地域 日本全国
主な対応業務 任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産
対応時間 24時間365日(web)
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円〜
報酬金:11,000円〜
無料相談 可能
 

6はたの法務事務所

はたの法務事務所

おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能
はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。 はたの法務事務所の大きな特徴は、
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。 相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。
スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時 WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

7アース法律事務所

アース法律事務所

おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所
アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。 アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。
はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。 相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。
スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

8新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所

おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)
新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。 借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。
また、
業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。 ※公式サイトの文言によります。 料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。
スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

9債務Lady

債務Lady

おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円
債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。
過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。
スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00 土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

もりた法律事務所

もりた法律事務所

費用のポイント

着手金 11,000円〜 基本報酬 11,000円〜
減額報酬 11% 分割払い -

もりた法律事務所は、債務整理に特化している法律事務所です。借金返済で苦しい状況を解決へと導いてもらえます。また、迅速な対応と早期着手してもらえるため、お急ぎの方におすすめです。

相談のポイント

無料相談 回数 何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 -

もりた法律事務所では、匿名での相談が何度でも無料です。さらに、24時間365日webから相談することができます。

家庭や仕事の事情を加味して、一人ひとりに最適な解決方法を提案してもらえるでしょう。

 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

まとめ

借金地獄から抜け出すためには、適切な計画と行動が大切です。自力での返済が困難な場合、借金を減額・免除することが望める「債務整理」という手段もあります。

ポイント

債務整理は合法的な救済制度ですので、借金問題を抱え込んでしまうようであれば、無理せず活用しましょう。

借金地獄でどうしたら良いか分からないという人は、一度弁護士に相談してみて下さい。

話を聞いてもらうだけでも、借金地獄から抜け出すヒントが見つかるかもしれません。

↓当サイト一番人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事