借金一本化の審査は甘い?メリット・デメリットを債務整理と比較

「借金の返済に追われていて、どうにか返済額を減額したい…」そんな人を助けるのが、借金の一本化です。

一本化のほかに、借金を減額する方法として”債務整理”がありますが、どちらを利用した方がお得なのでしょうか?

この記事では、借金を一本化するメリット・デメリットを解説。気になる審査のポイントも紹介していきます。

借金の一本化を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金をまとめて一本化!おまとめローンとは?

複数の借入先から貸し付けている借金は、返済先をひとつにまとめることが可能です。

このことを「借金の一本化」と言います。

借金の一本化とは

借金を一本化する具体的な方法が「おまとめローン」の利用です。

おまとめローンとは
金融機関が提供する、複数の借入先から貸付を受けた借金を、借り換えによって一本化するサービスのこと。

おまとめローンは、借り換え目的でのみ融資を受けることが可能。

カードローンに比べて低金利のケースが多く、借入先もひとつにまとめられるため、返済の負担を減らせます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金を一本化するメリット

では、借金を一本化するメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、借金を一本化することで得られる3つのメリットをご紹介します。

1借金の金利が低くなる

借金を一本化する1つめのメリットは、金利が低くなることです。

借金は少額であるほど、高金利になるのが一般的です。
 そのため、少額ずつ複数の借入先から借金していると、それぞれの借金が高金利状態。高い金利を払い続けないといけません。

借金の上限金利は?

具体的に借入額によって、金利はどれくらい違うのか見ていきましょう。

借入額 金利
10万円未満 上限年20%
10万円〜100万円未満 上限年18%
100万円以上 上限年15%

このように借金の金利は、借入額によって異なってきます。

10万円未満の借金を複数の借入先から貸付している方は少ないかと思いますが、例えば50万円を3社から借金している場合。

この場合は各3社に、元金+高金利の利息を支払うことになってしまいますね。

借金を一本化するメリット

それなら借金を一本化して、新規の金融機関に新たに貸付を受け、金利を15%に下げた方が月々の返済額が抑えられます

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

一本化後の返済シミュレーションはこちら>>

2返済にかかる負担が楽になる

借金を一本化してまとめる2つめのメリットは、返済にかかる負担が楽になることです。

複数借入先がある場合、大変なことのひとつが返済管理ですよね。

そのワケは、借入先によって返済日は異なっているケースが殆どだから。そのため、借金や支出の管理がしずらいのです。

 借入先が複数あると、仕事で多忙な時などついつい返済を忘れてしまい、高金利な遅延損害金が発生してしまうリスクもあります。

借金を一本化すると返済負担が減る

借金を一本化すれば、返済は毎月1回だけ。
返済にかかる負担がグッと軽減され、精神的に楽になることもメリットです。

3月々の返済額が減る

借金を一本化してまとめる3つめのメリットは、月々の返済額が減ることです。

複数借入先がある場合、それぞれの返済額を利息を含めて合計すると、毎月の返済額が高額になることも少なくありません。

借金を一本化すると月の返済額が減る

借金を1本化すれば、返済先は低金利の1社のみ。
複数借入がある場合と比較して、毎月の返済額も少なくて済むケースが大半をしめます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

例:おまとめローンを利用した場合

例えば、現在3社から借り入れをしている人が、おまとめローンを利用した場合を例に挙げてみます。

現在の返済状況 おまとめローン利用後
A社→1万円 D社→2万円
B社→1万円
C社→1万円

このようにおまとめローンを利用すると、月々の返済額が減るので、経済的な負担を軽減できていますね。

新たな返済先となるD社には、今まで借りていたところよりも金利が低い金融機関を選ぶのが一般的です。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

借金を一本化するデメリット

複数のメリットがある借金の一本化ですが、デメリットもあります。

 デメリットを知っておけば、一本化したあとに後悔することを防ぐことが可能です。

ここでは、借金をまとめるデメリットを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1借金完済までの期間が伸びる

借金を一本化でまとめる1つめのデメリットは、完済までの期間が伸びることです。

 借金を一本化することで、毎月の返済額は軽減されますが、同時に完済までにかかる期間は長くなってしまいます。

借金をまとめる際は、返済が長期化することも視野に入れましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2借金の総額が増える可能性がある

借金を一本化でまとめる2つめのデメリットは、借金の総額が増える可能性があることです。

その理由は?

借金を一本化すると完済までの期間が長期化するため、長くなればなるほど支払う利息も多くなります。

借金を一本化するデメリット

おまとめローンを利用して月の返済額が低くなったとしても、利息を含めた借入総額は高くなるケースも多々。

総額が増える可能性があることは、借金を一本化する際とくに気をつけたいデメリットです。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3新たに借金をしてしまう危険がある

借金を一本化したら「これまで貸付を受けていた借入先には完済した」ことになります。

借金を一本化するデメリット

また、基本借金は自身の年収の3分の1までしかできませんが、おまとめローンにはその総量規制が適用されないことも。

 となると、年収300万円の人がこれまで複数の借入先から、総量規制ギリギリの計100万円を借金していたとしても、一本化をすることで新たに借入ができるように。
借金の一本化をして借入枠が増えたからと言って、新たにまた借金をしては意味がありません。

特にこれまで、借金に依存していた方などは注意しましょう。

4過払い金の請求ができない

最後に紹介する借金の一本化のデメリットは、過払い金が取り戻せないこと。

借金を一本化すると過払い金が取り戻せない

先述したように借金の一本化をすると、元の借入先には完済することになります。たとえ、そこで過払い金が発生していたとしても、契約上の利息を含めて完済しなければいけません

過払い金とは

利息制限法に規定されている利息より、多く支払ったお金のこと。

もし過払い金を取り戻しつつ、借金を減額したい場合は債務整理を検討してみましょう。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

借金を一本化(おまとめローン)できる金融機関

借金の一本化(おまとめローン)は金融機関で利用できますが、金利は店舗によって大きく異なります。

金融機関 金利
ろうきん
(労働金庫)
年6.3%〜6.5%程度
銀行 年3.9%~14.9%程度
消費者金融 年6.3%~17.8%程度

この表で紹介している金利は、あくまで一つの目安として参考にしてみて下さい。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金を一本化するなら低金利なろうきんがおすすめ!

おまとめローンの金利が最も低いのは、ろうきんです。次いで、銀行→消費者金融が最も高い金利となっています。

借金を一本化するならろうきんがおすすめ

 金利が低いほど返済の負担も軽減されるので、できる限りろうきんや銀行のおまとめローンを利用しましょう。

借金の一本化(おまとめローン)の利用/申込方法は?

借金の一本化(及びおまとめローンの利用)は、各金融機関の公式サイトなどから申し込めます

各サイトの「おまとめローン」のページに、金利や融資金額について書いてあることがほとんどです。

ろうきんのおまとめ名人

例えば、消費者金融「アコム」の借換え専用ローンを利用する場合、以下の流れで借金を一本化することができます。

  1. フリーコールに連絡
  2. 指定書類を持参の上、店舗窓口または自動契約機(むじんくん)へ
  3. その場で審査
  4. ご融資

このように借金の一本化をするには、審査に通らなければいけません

「アコム」では、その場ですぐ審査結果が出るのは魅力ですね。

アコムのおまとめローン

次に、おまとめローンの審査で重視されるポイントを見ていきましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金一本化の審査は甘い?審査で重視されるポイント

借金一本化を行う際、もっとも気になるのが「審査は甘いのか、厳しいのか」といった審査の難易度です。

借金の一本化の審査ポイント

実は、おまとめローンの審査は、通常の審査に比べて難しい傾向にあります。

そこで確認しておきたいのが、おまとめローンの審査で重視される項目。借金の一本化を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1借入残高

借金一本化審査で重視される1つめのポイントは、借入残高です。

借入残高が少ないほど、審査は甘く通りやすくなります

その理由は?

借入残高が少ないほど返済される可能性が高く、万が一返済されなかった場合に受ける被害も少なくて済むからです。

借入残高

審査が甘くなる金額に明確な基準はありませんが、一般的には年収の3分の1以下が目安とされています。

その理由は?

総量規制(貸金業者は年収の3分の1までしかお金を貸せないと定めた法律)があるため。

銀行系おまとめローンは総量規制の対象外ですが、年々審査は厳しくなっており、年収にしめる借金の割合は低いに越したことはありません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2過去の返済履歴

借金一本化審査で重視される2つめのポイントは、過去の返済履歴です。

 返済履歴でチェックされるのは、返済期日に遅れることなく借金が返済されているかどうか
審査ポイント
きちんと返済している人=信用できる人

過去の返済履歴は、審査項目の中でもとくに重要なポイント。過去に延滞や未納があるほど、審査通過は難しくなります。

3安定した収入

借金一本化審査で重視される3つめのポイントは、安定した収入です。

借金の返済には安定した収入が欠かせません。収入が安定しているほど、一本化の審査は甘くなります。

借金の一本化の審査ポイント

収入に関する審査では、とうぜん収入額を判断されますが、収入額以上に大事なのが勤続年数です。

 基本的には勤続年数が長ければ長いほど、安定して返済できる能力があると判断されます。

対して高収入な正社員であっても、入社して数ヶ月などの場合は審査になかなか通りません。

4多重申し込み履歴

借金一本化審査で重視される4つめのポイントは、多重申し込みの履歴です。

多重申し込みとは
短期間に複数の金融サービス(おまとめローン・クレジットカード・キャシングなど)に申し込むこと。

過去の申し込み履歴は、金融情報機関に登録されています。もし多重申し込みの履歴があると、審査は厳しくなるのが一般的です。

借金の一本化の審査

すでに複数金融機関へ申し込みをしてしまったという方は、できれば半年以上あけるのが無難。数を絞って再度申し込みをしてみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金の返済・減額には債務整理も有効

借金の返済負担を減らす方法は、借金の一本化(おまとめローン)だけではありません。

借金の減額・借金問題の解決には、債務整理も検討したい方法です。

債務整理に強い弁護士

おまとめローンでは、毎月の返済額を減らすことが可能でした。しかし、返済が長引いたり借金総額が増えたりするデメリットもあります。

債務整理のメリット

一方、債務整理では、合法的に借金そのものの減額・免除が可能。根本的な借金問題解決につながります。

借金の減額を考えている方は、ぜひ債務整理も視野に入れてみてください。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

まとめ

ここまで、借金の一本化について解説してきました。

借金をまとめることで、毎月の返済額が減る・金利が下がる・返済管理が楽になるといったメリットがあります。

 しかしその反面、借金完済までの期間が長期化したり借金総額が増えてしまったりすることも少なくありません。

そこで借金そのものを減額するには、債務整理がおすすめです。

債務整理のメリットまとめ
  • 借金が減額される
  • 過払い金が戻ってくるケースもあり
  • 過払い金によって借金が0になる場合も!

債務整理やおまとめローンを上手く活用して、借金問題解決に一歩前進しましょう。
↓当サイト一番人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事