借金まみれからの逆転方法!親が借金まみれの対処法も解説

借金に関する悩みは、なかなか人に相談しずらいものですよね。

そのため、借金まみれになっているものの「どうしたら良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、借金まみれから抜け出す具体的な方法を紹介。親が借金まみれの場合の適切な対応も解説していきます。

 借金まみれで悩んでいる人は必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。
借金がさらに膨らむ前に!無料で診断↓

いま借金を抱えている方は、その借金を減額できるかもしれません。いくら減額できそうか知りたい場合は、借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

響の借金減額診断

借金減額診断をした方がいい理由
  • 借金がいくら減らせるかどうかがすぐわかる!
  • 無料・匿名で診断可能
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ

無料ですぐに診断できるので、借金がある方はぜひ一度試してみてくださいね。

\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金まみれになりやすい人の特徴

コインの上に座る男性

借金まみれになりやすい人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

借金まみれになりやすい人の特徴
  • 計画性がない
  • ギャンブルに依存している
  • 浪費癖がある
  • 収入が低い
  • 借金する癖がついている

それでは、一つずつ見ていきましょう。

計画性がない

計画性が無い人は、毎月の収支を考えてお金を使うのが苦手な傾向にあります。

一月にいくらまで使えるのかを計算せずに、行き当たりばったりで買い物してしまい、月末になってお金が足りなくなることもあるかもしれません。

例えば、月収17万円にもかかわらず月初めに10万円単位の買い物をしてしまえば、貯金が無い限り生活費が足りなくなるのは一目瞭然です。

 しかし、計画性がない人は「今月は○○円の生活費が必要だから、今買い物をするのはやめておこう」等と逆算的に物事を考えることができません。

無計画に日々を過ごした結果、借金が必須になっているといったケースも珍しくないのです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

ギャンブルに依存している

燃える紙幣

ギャンブルに依存していれば、基本的にお金が貯まることはありません。ギャンブルの性質上お金をどれだけつぎ込んでもリターンが受けられる確証はなく、損失を被るケースが大半であるからです。

一般的な感覚を持っている人は、ギャンブルの生産性の低さを理解しており、我を忘れてのめり込むことはありません。

ところが、ギャンブルに依存している人は、賭け続ければお金を失うことが分かっていても、「投資した金額が数倍になった時の快感」や「勝つか負けるか分からない不確実性がもたらす高揚感」にハマり、ギャンブルを辞められなくなってしまうのです。

ギャンブルに明け暮れた挙句借金まみれになるのは、何ら不思議な事ではないでしょう。

浪費癖がある

浪費癖も借金まみれになる大きな要因の一つです。浪費癖があると必要以上にお金を使ってしまうため、収入があってもお金が足りなくなることがあります。

人によって浪費の度合いは異なりますが、半ば衝動的にお金があるだけ浪費してしまう人もいるようです。浪費癖が原因で将来に向けた貯金ができず、必要な時にお金が足りなくなる可能性は十分に考えられます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

収入が低い

財布と紙幣を持つ人

収入が少なければ、生活に余裕がなくなり借金せざる得ない状況が発生することも想定されます。

収入が低くても切り詰めれば何とか生活していけるかもしれませんが、たまたま予定が重なったり、トラブルに巻き込まれたりして急遽お金が必要になることもあるはずです。

そういった時に、収入が低く貯金も無ければ他人に頼るしかありません。

家族や友人に迷惑をかけたくない一心から借金し、返済が困難になってしまう人も少なくないでしょう。

借金する癖がついている

借金を繰り返しているとしだいに借金への抵抗感が薄れていき、「生活費が足りなくなっても借金すれば問題ないだろう」といった感覚が強くなってしまいます。

 借金することで生活が成り立ったとしてもそれは一時的なものでしかなく、いずれ返済しなくてはならない時がきます。

しかし借金に慣れてしまうと、自分の収入から返済するのではなく、返済額を工面するために新たに借金をしてしまいがちです。

このように、自転車操業で日々をやり過ごすようになれば、借金まみれの状態に陥るのは時間の問題と言わざるを得ません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金まみれから逆転・復活する方法

電卓をうつ人

借金まみれから逆転・復活するための効果的な手段としては、以下のようなものが考えられます。

借金まみれからの逆転・復活する方法
  • 返済計画を立てる
  • 借金の一本化を利用する
  • 借り換えローンを利用する
  • 過払い金請求する

一つずつ見ていきましょう。

返済計画を立てる

借金まみれの状態から復活するには、しっかりとした返済計画を立てることが重要です。

返済計画を立てるためには、「借金の契約内容・債務状況」、「毎月の収支」、「毎月の返済に充てられる金額」などを把握する必要があります。

借金の契約内容・債務状況については、最低限以下の項目は明確にしておきましょう。

明確にする項目
  • 債務残高
  • 金利率
  • 金利タイプ
  • 借入開始日
  • 毎月の返済日
  • 毎月の返済金額
  • 遅延損害金の発生有無

特に、複数社から借金している場合には1社ごとの契約内容・債務状況が分かりにくくなるので、1度上記の項目を紙などに書き出し整理するのがおすすめです。

 これらを確認するには、債権者(お金を借りた金融機関)に、取引履歴の開示請求をするのが効果的です。

取引履歴には、文字通り金融機関とのこれまでの取引の履歴や契約内容などが全て記載されています。

契約内容・債務状況を確認し毎月返済するべき金額を把握できたら、改めて一月あたりの収支を確認し、毎月の返済に充てられる金額を計算しましょう。

毎月返済可能な金額が返済するべき金額を下回っている場合には、以下で説明するような手段を用いて利息の減額を試みてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金の一本化を利用する

コインから生える新芽

借金の一本化とは、複数社からの借金を新たな1社からの借入によって完済し、借入先を1社にまとめることをいいます。

 金融機関などが提供する「おまとめローン」を契約することが借金一本化の代表的な手段です。

借金の1本化によって期待できる効果は、「借金の管理が簡単になること」「利息を減額できること」主にこの2つです。

複数社から借金をしていれば返済日が複数日になることは避けらず、借金の管理が複雑化しますが、借金を1本化すれば返済日を1日に抑えられます。

借金の管理に手を煩わせることはなくなるはずです。

さらに、現在の借入先よりも金利が低い金融機関から借入をすれば、利息負担を軽減し支払総額を減額できます。

ただし、1社からの借入額が増える分、月々の返済金額を低く設定していると支払期間が長期化し、かえって利息負担と支払総額が増えるケースもあるため注意しなくてはなりません。

ローンの借り換えを利用する

ローンの借り換えとは、現在よりも金利が低い金融機関から新たに借入をして、現在の借金を清算することで借入先を変更することです。

前述した借金の一本化と似ていますが、ローンの借り換えは1社の借入先を変更する際に用いられる手段です。金利が低くなればその分利息負担を軽減できます。

 ただし、金利タイプが定期的に利率を見直す「変動金利型」であれば、返済期間中に契約当初よりも利率が高くなる可能性があることを留意しておきましょう。

利息負担の軽減が目的なら、利率が固定される「固定金利型」を選択するのが無難です。

過払い金請求をする

積まれたコイン

過払い金請求とは、法廷金利を超過する金利帯で債権者に返済した過払い金」の返還を請求する手続きです。返還された過払い金は、他の貸金業者からの借金返済に充てることも、生活費に充てることもできます。

過払い金請求する際は、はじめに債権者に対して前述した「取引履歴の開示請求」を行い契約内容・債務状況を確認します。

次に、法廷金利を超過した金利で債権者に返済した金額①を明らかにしたうえで、法廷金利で返済した場合の金額②を計算します。これを利息の引き直し計算と言い、①と②の差額が過払い金にあたります。

このようにして過払い金額を計算したうえで、債権者に返還交渉するのが過払い金請求の通常の流れです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金まみれになったら見直すべき3つのポイント

借金まみれから抜け出すためには、3つのポイントがあります。

借金まみれでどうしたらいいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

1借金の返済方法

借金まみれになったら、いちど借金の返済方法を見直しましょう

借金の返済方法を見直す2つのポイント
  1. 借金を一本化する
  2. 借金の繰上げ返済をする

借金の一本化とは?

複数借入先がある借金を、ひとまとめにすること。

借入先を1社にすることで、金利が低下。毎月の返済額も少なくなります。

借金の繰上げ返済とは?

毎月返済する金額より、多めにお金を返していくこと。

繰上げ返済を行うことで借金を早く完済できるのはもちろん、トータルで支払う利息額を下げられます。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2お金の管理

借金まみれから逆転するために必須なのが、お金の管理の見直しです。

 現在のお金の流れを把握することで、借金は計画的に返済できます。

まず行うのが、毎月の収支を紙に書き出すこと。

収入 いつ・何円お金が入ってくるのか
支出 何に・何円お金を使っているのか
借金 いつ・何円の返済が必要なのか

収支を正確に把握できれば、無駄なお金や必要なお金が分かります。

家賃・光熱費・通信費・医療費・保険料・教育費・交通費・交際費・日用品費・貯金などの予算をそれぞれ計算し、毎月借金の返済に当てられる金額を明確にしましょう。

 お金の管理を行うことで「お金が足りるだろうか」という漠然とした不安もなくなります。

借金まみれから抜け出すために、ぜひ実践してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3収入を増やすための時間

借金まみれから逆転するため、ぜひ確保したいのが収入を増やすための時間です。

借金まみれから早く抜け出す方法は、

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす

の2つに大別されます。

支出を減らすことが前提ですが、逆転を狙うのであれば収入をあげる努力も大切です。

休日を利用して副業を行ったり、帰宅後にスキルアップの時間を作ったりしましょう。

ただし、借金まみれで精神的に辛い場合、無理は禁物です。

余裕があればで構いませんので、自分が可能な範囲で取り組んでみてください。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

親や家族が借金まみれ!知っておきたい4つの知識

借金について調べている方の中には、親が借金まみれという方もいるのではないでしょうか?

ここからは、親が借金まみれの場合にぜひ知っておきたい知識をまとめています。

正しい知識があれば、適切な対策を取れます。ぜひ目を通してみてください。

1子供に親の借金を返済する義務はない

まず一つ目は、子どもに親の借金の返済義務はありません。

 その理由は?

借金問題に関係するのは「債務者」「債権者」「保証人」のみです。
債務者(借主) お金を借りている人
債権者(貸主) お金を貸している人(消費者金融、銀行 など)
保証人 債務者が返済できない場合、代わりに返済する人

親が借金まみれであっても、基本的には親個人と債権者の問題。保証人になっている場合を除き、家族や子どもは関係ありません。

yellow family sign

親が借金まみれである場合、前提として子どもに返済義務がないことを覚えておきましょう。
 また、親が借金を返済できなかったからといって、子どもに支払い請求が行くことはありません。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2親の借金の保証人・連帯保証人になっている場合は返済の義務が生じる

紙幣を持つ人

基本的には、借金まみれになった家族のかわりに借金を返済する必要はありません。

しかし、親や兄弟などの保証人・連帯保証人になっていて、主債務者が借金を返済できなくなった場合には自身にも返済義務が生じます

 保証人・連帯保証人は、主債務者が債務履行できなくなった、あるいは返済義務を放棄した場合等に代わりに借金を返済する必要があるためです。

ただし、保証人と連帯保証人では有する権利が少し異なります。

保証人は、主債務者の返済が滞っていることを理由に返済を請求された場合、「まずは主債務者に請求してください」と反論できます。一方、連帯保証人は返済を請求された場合には従わなくてはなりません。

連帯保証人の方が課せられる責任が重いのです。

もっとも、親や兄弟を含む自分以外の人間の保証人・連帯保証人になっていれば、自分で借金をしていなくても、突然膨大な負債を背負うリスクがある点は共通しているので注意が必要です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3親の借金は相続される

ここまで紹介した通り、基本的に親の借金を支払う義務は子どもにありません。

しかし親が亡くなると、借金を支払う必要が出てきます。

 その理由は?

遺産相続においては、借金も相続の対象です。
 そのため、借金を残したまま親が亡くなってしまうと、財産のひとつとして借金までが子どもに引き継がれます。

ただし、手続き次第では親の借金を引き継がないことも可能です。具体的な方法については、次の項目で解説していきます。

4親の借金を引き継がないための相続対策がある

親の借金を引き継がないための相続対策は、以下2つです。

  1. 相続放棄
  2. 限定承認

それぞれ解説していきます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

相続放棄とは?

相続する権利を全て放棄すること。

相続放棄の手続きは家庭裁判所で行います。相続放棄が認められると、借金を含む遺産全ての放棄が可能です。

プラスとなる遺産を借金が大幅に上回っている場合は、相続放棄を検討しましょう。

限定承認とは?

プラス財産を超えない範囲で、借金を引き継ぐ相続方法です。

限定承認は、親の借金の正確な額を把握できない際に、よく用いられます。

例:遺産が300万円・借金は不明の場合

借金の調査結果 相続する借金
(手元に残る遺産)
親の借金が100万円 100万円(200万円)
親の借金が500万円 300万円(0円)

このように借金の調査結果次第で、プラスとなるケースがあります。

遺産はあるものの、借金の正確な額が把握できない場合は限定承認がおすすめです。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

結婚相手が借金まみれの場合どうするべき?子育て生活に役立つ9つの知識

結婚相手に借金があれば、少なからず結婚生活にも影響が生じます。

そこで本項では、結婚相手に借金がありその上で子育てをする場合に使える経済支援制度について、「妊娠中・出産時」「産後」に役立つものを紹介していきます。

妊娠・出産中に役立つ経済支援制度

グラスに入ったコイン

妊娠出産中に役立つ経済支援制度には、以下のようなものがあります。

妊娠・出産中に役立つ経済支援制度
  • 妊婦健康診査費用助成金
  • 高額療養費制度
  • 出産育児一時金
  • 出産手当金

一つずつ見ていきましょう。

妊婦健康診査費用助成金

妊娠検診にかかる費用が助成される制度です。

支給される費用は、都道府県によって異なりますが妊娠検診14回のうち、初診では約10,000円、2回目以降は約5,000円支給されるのが一般的です。

高額療養費制度

医療費が一定水準を超えた場合に超過分の金額が返金される制度です。

重度のつわりや、切迫流産・切迫早産、流産・早産等があれば、同制度が適用される可能性が考えられます。

出産育児一時金

被保険者または被扶養者が出産した際に協会けんぽヘ申請することで、1児につき42万円が支給される制度です。

被保険者または被扶養者が、妊娠85日以上で出産した場合に同制度が適用されます。

出典:子どもが生まれたとき‐全国健康保険協会

出産手当金

出産に伴い会社を休む場合に、会社が加入する健康保険から手当金を受け取れる制度です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

産後に役立つ経済支援制度

赤ちゃんの足

産後に役立つ経済支援制度には以下のようなものがあります。

産後に役立つ経済支援制度
  • 育児休業給付金
  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 医療費控除
  • 乳幼児医療費助成

ひとつずつ見ていきましょう。

育児休業給付金

育児休業中に一定水準以上の給与が支給されない場合に、雇用保険に加入している人が給付金を受けられる制度です。

基本的に給付金を受けられるのは子供が1歳になるまでです。支給対象期間延長要件を満たせば、1歳6カ月、または2歳まで給付が受けられる場合もあります。

出典:厚生労働省 都道府県労働局

児童手当

中学校を卒業する前の子供を養育する親が行政からの手当てを受けられる制度です。

子供が0~3歳未満の場合は一律15,000円、3歳から小学校卒業までの場合は第1子・第2子が10,000円、第3子以降は15,000円、中学生の場合は一律10,000円が支給されます。

出典:児童手当制度の概要- 内閣府 

児童扶養手当

中学校を卒業する前の子供を養育する一人親世帯に給付金が支給される制度です。

万が一配偶者と離婚してしまった場合には、同制度の利用を検討してみてください。

医療費控除

年間医療費の合計が一定水準を超過した場合に、超過分に応じて所得控除が受けられる制度です。

所得控除されると、収入は変わらなくても課税対象となる所得が少なくなるため、所得税や住民税の負担を軽減できます。

乳幼児医療費助成制度

乳幼児が医療機関を受診した場合に、医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。

乳幼児の健全な発育を支えるのが同制度の目的です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金まみれでも借りられる金融機関はある?借入できる条件

1. 借金が年収の3分の1を超えていない

借金まみれでもお金を借りられるかどうかは、借入額によって異なります。目安となるのが、年収の3分の1を超えた借金があるかどうかです。

その理由は?

貸金業者が借せるお金は、年収の3分の1までと貸金業法によって決まっています。

そのため、年収の3分の1を超える借金がある場合、お金を借りるのは困難です。

逆に借金まみれと思っていても、借入が年収の3分の1未満であればお金を借りられる可能性があります。
 ただし、借金が少しでも増えればその分、返済額も大きくなります。借金まみれの現状から脱却したいのであれば、借金は増やさないことが鉄則です。

とくに借金返済のために新たに借金を借りることはおすすめしません。毎月の返済額と借金総額が膨れあがり、ますます事態は悪化します。

借金まみれで困っているのであれば、

  • 弁護士に相談する
  • 債務整理を行う

など、借金を減らすための方法を検討しましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2. 借り入れしている会社が3件以下

紙幣をつまむ人

借金まみれになり借入先が多くなるほど新たな借入は困難になっていきます。多くの金融機関は借入の審査に際して申込者の債務状況を確認するためです。

借入先が多ければいわゆる多重債務に陥っていることを意味し、審査を行う金融機関からすれば「支払能力に不安のある申込者」となるため、審査に通りにくいのです。

ただし、借入先が3社以下であれば審査に通る可能性が全くないわけではありません。

もっとも、借入先が4社以上になれば借金を完済するのは相当に困難となるため、複数社から借金せざるを得ない状況が発生する前に何らかの対策を講じる必要があると言えます。

3. お金を借りられるような担保がある

借金まみれで複数社から借金している状態でも、マイホームや不動産等の価値の高い担保があれば、金融機関からお金を借りられる可能性があります。

金融機関が審査によって取引相手を選別するのは、支払能力に欠ける申込者にお金を貸し、債権を回収できずに損失が発生するのを未然に防ぐためです。

 したがって、前述したように多重債務に陥っていると審査に通りにくくなる訳ですが、裏を返せば「支払能力」さえ示せれば審査に通る可能性があります。

価値の高い担保があれば、ある意味では一定水準以上の支払能力を有しているとアピールすることにも繋がります。

金融機関からしても、債務者が返済できなくなった際には担保を売却することで債権を回収できる可能性があるため、前向きに取引を進められるのです。

もっとも、担保があれば必ずしも審査に通るわけではありません。あくまで担保があれば審査で有利になる可能性があるという話です。

なお、マイホーム等を担保にお金を借りる場合には、返済不可になった時点で担保を失うことも忘れてはなりません。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金まみれで限界なら債務整理も視野に入れよう

借金まみれの人に、おすすめの解決策が債務整理です。

ここでは、借金問題解決の手段である「債務整理」についてまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

債務整理とは?

債務整理とは、借金を減額したり支払いに猶予を持たせたりする手続きのことです。

主な債務整理には、以下の3つがあります。

任意整理 毎月の返済金額を減額して、無理のない範囲での返済を行えるようにする手続き
個人再生 借金が返済困難なことを裁判所が認可し、減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していく手続き
自己破産 財産がなく借金を返済できないことを裁判所が認可し、借金の支払が全額免除される手続き

債務整理は法律で認められた、合法的な借金問題解決の手段です。

債務整理を行うことで、借金まみれの現状からの解放が期待できます。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

債務整理のメリット・デメリット

次に、債務整理のメリット・デメリットをご紹介します。

債務整理のメリット

債務整理のメリットは、借金が減額・免除されることです。

一般的に、債務整理の手続きは弁護士が代理で行います。

 弁護士を通して債務整理の手続きを開始すると、借金の催促がストップし、借入先から電話や通知がくる心配もありません。

また、債務整理を行うことで、過払金が返ってくることもあります。

 過払金とは

払い過ぎた利息のことです。

過払金が返還されることで、借金が減額。返済が長期化している場合など、借金が無くなるケースもあります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットは、信用情報機関に債務整理の履歴が載ることです。

信用情報機関(CIC・JICC・全銀協)に登録される期間は、5~10年程度。

 信用情報機関に登録されると、新たにお金を借りられなくなります。

そのため、クレジットカードの使用や作成ができず、住宅ローン・カーローンなども組めません。

債務整理を行う際は、デメリットがあることも十分理解しておきましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

債務整理するなら弁護士に相談がおすすめ

借金まみれで悩んでいるのであれば、弁護士に相談するのがおすすめです。

その理由は?

弁護士に相談すれば、法律の専門家ならではの的確なアドバイスがもらえます。

弁護士は債務整理も専門に行なっているため、手続きを行い借金を減額・免除してもらうことも可能です。

借金の状況から自分にピッタリの債務整理方法を提案してくれます。借金まみれで悩んでいる方は、まず弁護士の無料相談を活用してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所

おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付
サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。
借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。
サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。
経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数
東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。 借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。
一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。
相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。
スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00 土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所

おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績
ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。 ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます
相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。
スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

4弁護士法人・響

法律事務所 響

おすすめポイント
  • 相談料無料! →24時間365日全国からの相談を受付
  • 依頼後は借金の督促を迅速にストップ!
  • 方針の提案や費用の説明が丁寧かつわかりやすい →費用の分割払いにも対応
  • 豊富な実績と響ならではのノウハウ →徹底的に問題解決に取り組む
  • 多数のメディア出演もあり
弁護士法人・響は、状況によって最適な債務整理方法を提案してもらえる弁護士法人です。相談料は0円で、24時間365日相談することができます。
 依頼後は、速やかに借入先の金融会社に介入通知を送ってもらえるため、借金の督促をストップすることが可能です。
下記のようなお悩みをお持ちの方は、弁護士法人・響に相談がおすすめです。
  • 何社もある借金がなかなか減らない
  • 金融会社からの取り立てを止めたい
  • 債務整理したいけど費用が不安
  • 過払い金の請求をしたい
安心と納得を第一に寄り添った解決を目指します。また、進捗報告のために、こまめな連絡がもらえ安心して頼ることができるでしょう。
スタッフ
依頼前に費用や追加料金の可能性についても詳しい説明があります。
\無料・匿名でいくら減らせるかわかる/
所在地
  • 西新宿オフィス:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
  • 大阪オフィス:541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
  • 福岡オフィス:810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10 オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
  • 那覇オフィス:900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング3階
など
対象地域 日本全国
主な対応業務 任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産 など
対応時間 24時間365日(web)
任意整理
費用(税込)
着手金:55,000円〜
報酬金:11,000円〜
無料相談 可能
\無料・匿名でいくら減らせるかわかる/

5もりた法務事務所

もりた法律事務所

おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料!匿名もOK →無料の減額診断もできる
  • 24時間365日webからの相談受付中 →わかりやすい説明と回答が期待できる 迅速な対応と早期着手をしてもらえる
  • 家庭や仕事の事情を加味して最適な解決方法を提案
  • 駅から徒歩2分の好立地
もりた法律事務所は、相談が何度でも無料の債務整理に特化した法律事務所です。またWebからなら、24時間365日問い合わせることが可能です。
 家庭や仕事の事情も加味して、迅速な対応と最善の解決方法を提案してもらえます。
無料で借金が減らせるか調べられる借金減額診断も行っています。診断は匿名ででき、かかる時間は1〜2分程度です。
スタッフ
借金完済までサポートしてくれるので、万が一返済できなくても再交渉してくれます。
所在地 〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-29-17 第10下川ビル607号
対象地域 日本全国
主な対応業務 任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産
対応時間 24時間365日(web)
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円〜
報酬金:11,000円〜
無料相談 可能
 

6はたの法務事務所

はたの法務事務所

おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能
はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。 はたの法務事務所の大きな特徴は、
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。 相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。
スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時 WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

7アース法律事務所

アース法律事務所

おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所
アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。 アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。
はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。 相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。
スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

8新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所

おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)
新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。 借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。
また、
業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。 ※公式サイトの文言によります。 料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。
スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

9債務Lady

債務Lady

おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円
債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。
過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。
スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00 土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

もりた法律事務所

もりた法律事務所

費用のポイント

着手金 11,000円〜 基本報酬 11,000円〜
減額報酬 11% 分割払い -

もりた法律事務所は、債務整理に特化している法律事務所です。借金返済で苦しい状況を解決へと導いてもらえます。また、迅速な対応と早期着手してもらえるため、お急ぎの方におすすめです。

相談のポイント

無料相談 回数 何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 -

もりた法律事務所では、匿名での相談が何度でも無料です。さらに、24時間365日webから相談することができます。

家庭や仕事の事情を加味して、一人ひとりに最適な解決方法を提案してもらえるでしょう。

 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

人生崩壊?借金まみれになった人の末路

顔を手でふさぐ人

ここまで借金まみれになりやすい人の特徴や、借金まみれから脱出する方法等について解説してきました。

ここでは、借金問題を解消できなかった場合にどのような末路が待っているのかについて解説します。

借金問題を解消できない場合におきること
  • 債権者に訴えられ財産を差し押さえる
  • 社会生活におけるハンディキャップを背負う
  • 借金の催促に精神が蝕まれる

借金まみれになり返済が困難になれば、債権者から返済を催促されるようになります。催促に応じずに返済できない期間が続いた場合には、借金を回収するための裁判を債権者に起こされる可能性があります。

万が一債権者から裁判を起こされれば、それ以上借金問題を先送りにはできません。

債権者の意向に従わずに出廷を拒めば自動的に敗訴の扱いとなり、裁判所の判断によっては、給与やマイホーム、車等の財産が強制的に差し押さえられる恐れがあります。

もっとも、裁判に出たとしても勝訴する確率は極めて低く、いずれ財産の差押えが執行される可能性は高いのが実情です。

また、多額の借金をしていることで、社会生活におけるハンディキャップを背負ってしまうのは避けられません。

まず借金を長期間滞納した時点で信用情報に事故情報が登録され、約5年間クレジットカードの利用や発行、ローン契約、金融機関からの融資を受けること等が原則不可能となります。

 このように、借金まみれになるとしばらくの間一般的な社会生活を送れなくなる恐れがあるのです。

これが原因で恋愛にも不利になり、婚期を逃してしまう可能性も否定できません。

さらに、借金完済の見通しが全く立たない状態で電話や手紙等による催促を受け続ければ精神的に追い込まれていき、最悪の場合生きる気力を喪失してしまうリスクも考えられます。

まとめ

現在、借金まみれでも適切な対応を行えば、十分逆転できます。

もし、親が借金まみれで悩んでいる方は、基本的に子どもに支払い義務はないので抱え込まずに大丈夫です。

 借金まみれで「どうしようもない」という方には、債務整理という救済制度もあります。

債務整理は合法的に認められた、借金の減額・免除制度です。借金まみれの生活から解放される可能性が高いので、利用を検討しましょう。

ぜひこの記事を参考に借金まみれの現状から一歩踏み出してみてください。

↓当サイト一番人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事