借金返済の方法とコツ!完済シミュレーションのポイントも解説

借金は、なかなか人に相談しづらい問題ですよね。
そのため「借金返済で悩んでいる……」という方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、借金返済の方法やコツを解説していきます。

 借金返済の方法やコツを知ることで、よりスムーズな完済が可能です。
また、借金返済できない場合の対処法も紹介していますので、少しでも借金がある方は目を通してみてください。

借金がさらに膨らむ前に!無料で診断↓

いま借金を抱えている方は、その借金を減額できるかもしれません。いくら減額できそうか知りたい場合は、借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

響の借金減額診断

借金減額診断をした方がいい理由
  • 借金がいくら減らせるかどうかがすぐわかる!
  • 無料・匿名で診断可能
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ

無料ですぐに診断できるので、借金がある方はぜひ一度試してみてくださいね。

\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金返済の方法!完済までの3ステップ

借金返済には、正しい方法と返済計画が欠かせません。
しかし実際には、

何から手をつけたら良いか分からない……

という方も多いでしょう。

借金返済の方法!完済までの3ステップ

そこでまずは、借金返済方法の3つのステップを解説していきます。

見通しが立てば、不安や悩みが軽減される可能性が高いので、ぜひ一緒に取り組んでみて下さい。

1今ある借金を正確に把握する

まず最初に、今ある借金の総額を把握しましょう。

借金返済の方法!完済までの3ステップ

その理由は?

借金の総額を正確に把握できれば、落ち着いて必要な対策が立てられます。

とくに複数の金融機関から借り入れがあったり、返済が長引いていたりすると、今ある借金の総額が分かりにくくなるケースも少なくありません。

借金の現状については、各金融機関のマイページ(会員専用ページ)で確認できる場合がほとんどです。

 もしネットから情報が分からない場合は、借り入れ先の会社に電話で問い合わせてみてください。
現状を正確に把握することが、借金返済への第一歩です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2収入と支出を可視化する

次に、自分の収入と支出を見える形にします。
「現在の収入」「毎月の支出」を紙に書き出してみましょう。

借金返済の方法!完済までの3ステップ

その理由は

収入と支出を明確にすることでお金の流れが分かり、毎月返済できる金額がハッキリします。

ここでのポイントは、具体的にリアルな数字を記載することです。

家賃・通信費・光熱費・保険料・食費・交通費・娯楽費・交際費……など、細かく分類し現在「何に」「いくら」お金がかかっているのかを把握しましょう。

借金返済の方法!完済までの3ステップ

できれば、銀行の入出金明細を確認するのがおすすめです。

その理由は?

口座への入金・出金履歴を見ることで、お金の出入りをより正確に把握できます。

お金の流れを可視化することは、返済計画を立てるのはもちろん、無駄な出費を減らすためにも必要な過程です。

 もしお金の流れを曖昧なままにしてしまうと、なかなか改善点が見えてきません。
少し時間をとって「現在の収入」「現在の支出内訳」をハッキリさせましょう。

\弁護士に無料で相談も可能/

3毎月の借金返済計画を立てる

最後に「借金の総額」と「現在の収入と支出」をもとに、借金の返済計画を立てます。

借金を完済したいなら返済計画を立てる

まず現状の支出をもとに、今後の支出を考えましょう

もし、無駄な出費(使っていないアプリへの課金・不必要な暴飲暴食など)がある場合は削減します。

毎月かかる支出を整理できたら、現在の収入から差し引いて手元に残る金額を明確にしてみて下さい。

例:月収が25万円な場合の借金返済計画

例えば、毎月の収入が25万円の場合を考えてみます。

支出内訳 支出額
家賃 6万円
光熱費 1万円
通信費 1万円
保険料 2万円
食費 4万円
交通費 1万円
娯楽・交際費 3万円
その他
(日用品・散髪代・被服費など)
2万円
手元に残るお金 5万円

上記のケースだと、毎月借金返済に充てられる金額は5万円です。
支出を考える際のポイントは、無理な数字を設定しないこと。

 極端に食費や交際費を削るなど、無茶な節約は計画倒れの原因となります。あくまで生活に無理のない範囲で、返済金額を算出することが大切です。
借金を完済したいなら返済計画を立てる

また月によっては、急な会食や友人の結婚式など、予想外のイベントが入ってくるケースも珍しくありません。

 少し余裕を持った額を設定しておくと、急な出費にも慌てず対応できます。
毎月返済できる金額が明確になったら、借金の総額から割りましょう。これで、完済までのおおよその期間がわかります。

借金完済期間の算出方法
借金の総額÷毎月返済できる金額=完済期間

借金完済期間の計算方法

ただし、1点だけ注意があります。それは利息を計算に入れることです。

詳しくは、次にご紹介する「借金返済シミュレーションのやり方」で解説していますので、ぜひこのまま読み進めてみて下さい。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金返済シミュレーションのやり方

「借金の総額」と「毎月の返済額」から、完済までの期間をシミュレーションしていきましょう。

借金返済シュミレーションのやり方

先述した通り、借金返済シミュレーションを行うには「利息を計算に入れること」が重要です。

\弁護士に無料でも相談可能/

利息とは?

利息とは、借りたお金とは別に貸主に支払うお金のこと。

利息の出し方は次のとおりです。

利息の計算方法
借入残高×実質年率÷365(金融機関によってはうるう年は366日として算出)×利用日数=利息

例1:借金100万円を月5万円ずつ返済していく場合

では実際に、総額100万円の借金を毎月5万円ずつ返済していくケースを例に、完済シミュレーションをしていきましょう。

借入残高 100万円
毎月返済額 5万円
実質年率 18%(利息制限法で認められた上限金利)

単純計算では20ヶ月で完済となりますが、利息が返済額から差し引かれるため、完済には24ヶ月かかります

利息は、19万7,815円
利息を含めた最終返済額は、119万7,815円です。

 また月々の返済額が少額になれば利用日数が増えるため、利息はより高額になります。
では、全く同じ金額(100万円)を借りてもし毎月の借金返済額が3万円の場合は、どれほど利息が高くなるのでしょうか?

完済シミュレーションをして、見ていきましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

例2:借金100万円を月3万円ずつ返済していく場合

上と同じく、借金総額は100万円・実質年利18%で月々の返済額が3万円の場合、利息はいくらになるのでしょうか?

借金返済シュミレーションのやり方

利息を比較しやすくするためにも、毎月の返済額が

  • 5万円
  • 4万円
  • 3万円

の場合と合わせて見ていきます。

月々の返済額 利息総額
(返済総額/完済期間)
5万円 19万7,815円
(119万7,815円/24ヶ月)
4万円 26万2,777円
(126万2,777円/32ヶ月)
3万円 39万6,689円
(139万6,689円/47ヶ月)

上の表をみてわかる通り、月々の返済額によって利息・支払う総額は大きく異なります

100万円の借金*を、月5万円ずつ返済する場合と3万円ずつ返済する場合の利息の差はいくら?
約20万円です。
*実質年率18%

金融機関によっては、返済シュミレーションを無料で行える所もあるので、一度試してみるのがおすすめです。

利息も含めて、借金完済までに必要な期間と総額を明確にしましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金返済の6つのコツ

借金返済を上手に行うには、いくつかコツがあります。

 借金返済のコツを知っておくだけで、負担を減らし借金をよりスムーズに完済することが可能です。

借金返済の6つのコツ

ここでは、借金返済に役立つ6つのコツを紹介。

すぐ実践できる内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

1毎月の固定費を減らす

借金返済に当てる費用を捻出するためには、まず固定費を削りましょう。

借金返済のコツ①固定費を減らす

固定費とは

生活する際に、定額で必ず発生する費用のこと。家賃・光熱費・通信費・保険料などが該当します。

毎月必ず発生する固定費を削減できれば、継続的にお金を浮かせられます

以下、固定費を削減する方法の一例です。

固定費項目 削減方法
家賃 ・家賃の安い物件に引っ越す
光熱費 ・電気やガスの使い方を見直す
・料金プランを見直す
・安い電力会社、ガス会社に乗り換える
通信費 ・料金プランを見直す
・格安スマホに変更する
保険料 ・不要な保険を解約する
・保険を切り替える

とくに保険料・通信費・光熱費は、今すぐにでも見直し可能な項目

 大手キャリアから格安スマホに変えたり、保険料を見直したりして、固定費を少しでも削減してみてください。
毎月5千円でも固定費を削減できれば、年間6万円も余分にお金を残せますよ。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2変動費の上限を決める

変動費の上限を決めることも、借金返済の負担を減らすコツです。

借金返済のコツ②変動費の上限を決める

変動費とは

月によって使う額が変わるお金のこと。食費・交際費・娯楽費・日用品などが含まれます。

毎月の変動費を抑えられれば、そのぶん借金の返済を早めることができます。

そこで有効なのが、変動費の上限を決めておくこと

  • 食費〇〇円
  • 交際費〇〇円

と毎月使える変動費の上限を、あらかじめ把握しておきます。

その理由は?

毎月使える額を具体的に決めておくだけで、計画的な返済ができるのはもちろん、無駄な出費を減らすことも可能です。
\弁護士に無料で相談も可能/

過剰な上限設定に注意!

しかし、変動費を過剰に抑えることはおすすめしません。
理由は、ストレスに繋がるリスクがあるから。

借金返済のコツ②変動費の上限を決める

食費や交際費を大幅に削ることがストレスにつながり、体調を崩してしまっては本末転倒です。

あくまで生活に無理のない範囲で、変動費の上限を設定しましょう。

3収入を増やす

借金返済を早めるには、収入を増やす行動を考えましょう。お金をつくる方法は、

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす

の2つです。

借金返済のコツ③収入を増やす

時間に余裕がある方は「副業をする」「転職を考える」など、今より収入を増やせないか考えてみましょう。

その理由は?

削減できる支出には限界がありますが、収入を上げることに限界はありません。

時間の使い方を見直し、無駄な時間があれば知識やスキルアップの時間に当ててみるのも良いでしょう。

支出を減らしつつ、収入を増やす行動をとることが借金の早期返済へ繋がります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

4返済する借金に優先順位をつける

借金は、金利の高い借入先から優先的に返済するのがおすすめです。

その理由は?

金利が高いほど余分に支払う金額が多くなるのはもちろん、完済までの期間も長引く傾向にあります。

複数金融機関から借入がある場合は、金利が高い借入先を優先的に返済することで、トータルで支払う額が少なくなるケースも少なくありません。

借金返済のコツ④返済する借金に優先順位をつける

また、借入残高の少ない借入先も優先したい対象です。

その理由は?

借入残高が低くなるほど金利は高くなるので、借入残高の少ない借入先を優先的に完済することで、余分な利息を支払わずに済みます。

複数の返済先がある場合は、このように返済に優先順位をつけておくと、無駄のない完済が可能です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

5借金の返済方法を見直す

借金の返済方法を見直すことで、返済額や返済の負担が減ることがあります。代表的な例が、おまとめローンです。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の借金を一本化すること。

たとえば、金利15%の条件で4つのローンでお金を借りている場合、おまとめローンを金利13%の条件で借りられるならば、利息は大きく軽減されます

返済するローンが1つになることで、返済日が毎月特定の1日になることもメリットです。

借金返済のコツ⑤返済方法を見直す

 ただし、中には通常のローンよりも金利を高く設定していることもあり、借金の総額が増えてしまうリスクもあります。
返済方法を見直す際は、メリット・デメリットの両方を考慮して、慎重に検討しましょう。

\弁護士に無料で相談も可能/

6余裕がある時に多めに返済する

お金に余裕がある月は、借金を多めに返済しましょう。

借金返済のコツ⑥繰り上げ返済をする

その理由は?

余裕があるうちに多めに返済することで、借金を予定より早く完済可能。その結果、支払う利息の総額も通常より少なくて済みます。

ちなみに、毎月の返済額とは別に返済を行うことを「繰上げ返済」といいます。

ボーナス月や支出が少ない月など、お金に余裕がある時は前倒しで返済するのがおすすめです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金が返済できない場合は?弁護士に無料相談しよう

借金の返済がどうしてもできない場合は、弁護士に相談しましょう。

借金返済ができないなら弁護士への相談がおすすめ

その理由は?

弁護士に相談すれば、自分の状況から適した債務整理の方法を提案してもらえます。
\弁護士に無料で相談も可能/

債務整理の方法とは?

債務整理とは借金を返済できない方が、借金の負担を軽減もしくは免除してもらう手段です。

債務整理には、次の3つの方法があります。

任意整理 業者と借金を減らすことに向けて話し合う
自己破産 法的な手続に則って裁判所に借金の支払いを免除してもらう
個人再生 裁判所に借金などを調整してもらう

債務整理を行うと、一定期間借入ができなくなる可能性が考えられるというデメリットがありますが、合法的に借金を減額したり免除したりできます。

また、弁護士に相談することで過払い金を取り戻せる可能性もあります。

過払い金とは

貸金業者に支払い過ぎていた利息のこと。

過払い金の返還請求によって、借金を完済したり、減額したりすることも可能です。

債務整理とは

借金問題は自分ひとりで抱え込んでしまうと、問題解決への糸口が見えづらくなることも少なくありません。

借金に悩んでいる方は、弁護士に一度相談してみるのが良いでしょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

今回は、借金返済の方法とコツを中心に解説してきました。

借金の早期完済を目指すには、まず借金の総額を正確に把握することが大切です。今の支出を見直し、無理のない返済計画を立てましょう。

借金返済の方法とコツ!完済シミュレーションのポイントも解説

計画を立てる際や返済を行う際には、借金返済のコツを知っておくと精神的・経済的な負担の軽減につながります。

もし、それでも借金問題で悩んでしまうという方は、弁護士に一度相談するのがおすすめです。

 借金の減額や免除ができるケースがあるのはもちろんですが、相談するだけでも問題解決の糸口が見えるかもしれません。

ぜひ今回紹介した内容を参考に、借金返済への正しい一歩を踏み出してみてください。

↓弊サイトでも大人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事