借金の利息について解説

借金には利息(利子)が付き物です。ところが、実際は「利息の相場はどうなっているか」「利息はどうやって計算するか」分かっている人は少ないのではないでしょうか?

あなたが借金の利息を理解していないのをいいことに、不当にお金を取り立てる人も、中にはいるかもしれません。

お金に困らないようにするためにも、利息の知識は重要です。そこで今回は、借金の利息の相場利息の計算方法について徹底解説します。

借金この記事を読めば借金の利息についてざっくりと理解できます。
借金を減額したい方必見!
借金を減額できるか気になる方もいるかもしれません。借金を減額できるかどうかわからない場合は借金減額診断を使ってみるといいでしょう。借金減額シミュレーターでは借金が減らせるかどうかが無料でわかります。中でもおすすめなのが「弁護士法人・響」の借金減額診断です。 謝金減額診断_利用手順
響の借金減額診断のおすすめポイント
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ
  • 無料・匿名で診断可能
  • 運営元は実績のある弁護士事務所だから安心
お金をかけずに診断できるので、不安な方はぜひ一度試してみてくださいね。
\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金の利息(利子)の相場は?

借金の利息の相場を知るために、まずは基礎知識として、借金の利息はどうやって決まるのか知る必要があります。

そこで、まずは借金の利息の決まり方を、後に利息の相場について解説していきます。

1利息の決まり方=利息は金利によって決まる

利息とは、借りたお金とは別に支払う手数料のことです。利息は金利によって決まります。

金利とは?

お金を借りる側が、借りたお金に追加して支払う金額の元金に対する割合のことです。

例えば100万円を借りて金利が15%の場合、利息は15万円となります。

つまり、金利は高ければ高いほど、利息も高くなります。金利が高ければ利息が高くなるというのを具体的な数字で見てみましょう。

以下は、100万円借りて毎月3万円ずつ返済するケースです。金利によって最終的な利息は全く違ったものになります。
金利 利息
金利15% 301,674円
金利14% 273,752円
金利13% 247,401円
金利12% 222,473円
金利11% 198,817円
金利10% 176,396円

 

このように、借金では金利のほんの1%の違いが大きな影響を及ぼします。借金をする際は、金利が少しでも低い金融機関を選ぶことが重要です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2利息の相場は法律で決まっている

ここから借金の利息の相場の話に移ります。相場を考える際、重要となるのは金利の上限です。

借金の金利がこの上限に収まっていれば、利息は概ね相場の範囲内ということになります。

 貸金業者は自由に金利を設定できるわけではありません。金利の上限は利息制限法という法律によって定められています。

利息制限法に定められている上限金利は以下の通りです。
10万円未満 20%
10万円〜100万円未満 18%
100万円以上 15%

借金が高額なほど、取り立てができる利息は少なくなっています。

クレジットカード会社であっても消費者金融であっても、利息制限法の上限金利を超えた貸付は禁止されています。

この金利の上限を分かっていれば、変に騙される心配をせずに安心することができます。

3上限を超えた利息は違法

現在、利息制限法(15〜20%)を超えた利息を取ることは、法律で禁止されています。

 しかし、2010年6月17日以前は、法律が未整備の部分があり利息制限法を超える貸付が行われていました。

利息制限法の上限金利を超えたものを「グレーゾーン金利」と言います。

グレーゾーン金利でお金を借りていた場合、貸金業者に利息を払いすぎています。払いすぎた利息は過払い金として請求可能です。
過払い金を請求するためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。
  1. 2010年6月17日以前に借入がある
  2. 借金を完済して10年以内である

過払い金請求の2つの条件に合致している場合、過払い金が戻ってくる可能性があります。過払い金の請求は弁護士に無料で相談できます。

「利息を払いすぎたかも」と少しでも心当たりがある方は、ぜひ弁護士に相談してみてください。

親や友人から!個人間の借金でも利息(利子)が決まっている

社会人であれば、個人間でお金の貸し借りをすることは決して珍しくありません。そのため「個人間で借金する場合の利息」が気になっている方も多いでしょう。

 実は、個人間の借金であっても利息には上限があります。

個人間の借金における金利の上限は、年109.5%です。

個人間の借金における上限金利は、年109.5%です。

年109.5%という上限金利は出資法によって定められています。上限金利を超えた利息を請求すると以下の刑罰が貸主に課されます。

 

5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金

知り合いからお金を借りる際は金利の上限内であるか確認しましょう。

利息(利子)の計算方法

自分で利息を計算できれば、借金の返済計画を立てたり、借金するか判断したりと冷静な対応が可能です。そこで、ここでは利息の計算方法について解説します。

借金の利息は公式で求められる

借金の利息は以下の公式から導けます。

利息の計算式
借入残高×金利÷365(or366)×借入日数=利息

利息の計算は各項目に数字を当てはめるだけです。電卓があれば10秒で計算ができます。

例)100万円を金利15%で借りて2年間で返済する場合
1,000,000×0.15÷365×730=300,000円

ただ後述しますが、借金の利息計算は本来もっと複雑であり、この公式では正確な利息は計算できていません。あくまで目安としての活用を推奨します。

以下で、なぜ公式から正確に借金の利息を計算できないか解説しています。興味のある方はご覧ください。

公式では借金の利息を正確に計算できない

ここで少し公式の意味を考えてみましょう。

 借入残高×金利÷365で求まるのは1日あたりの利息で、この1日あたりの利息を返済日数分払うということになります。

ただ、普通は借金を少しずつ返していくため、借入残高はどんどん少なくなり、1日あたりの利息も少なくなっていきます。

よって、最初の借入残高から算出される利息をずっと払うという計算式では正確な利息は求めることができません。

つまり、実際の利息はこの公式の結果よりも少なくなることがほとんどです。

あくまで公式で求まる利息は、返済までに発生する利息の上限として参考にしましょう。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

借金の利息を正確に計算するならシミュレーターがおすすめ

借金の利息を正確に把握したいという方はシミュレーションツールを使うのがおすすめです。

例えば大手消費者金融のアコムのシミュレーションでは、3つの数値を入れるだけで利息を簡単に算出してくれます。

アコムのシミュレーションで必要な3つの数字
  • 借入希望金額(借入残高)
  • 借入利率(金利)
  • 返済回数

利息(利子)を減らすには任意整理がおすすめ

ここまで確認したように、借金の負担を大きく左右するのが利息です。借入先が複数あったり返済が長期化したりするほど、利息も高額になります。

そのため、返済している借金のほとんどが利息の支払いで、借金が全く減らないという方も多いでしょう。利息で借金が減らない場合、ぜひ検討したいのが「任意整理」です。

任意整理とは?

任意整理は、弁護士が借入先と交渉し、将来発生する利息をカットする手続きのことです。

任意整理は、裁判を介さず行える手軽さが最大の魅力です。

任意整理後は利息を支払う必要がありません。元金のみを3〜5年で返済すればいいため、借金の負担を大幅に減らせます。

任意整理のデメリットは?

裁判を介さずに利息をカットすることが望める任意整理には、もちろんデメリットも伴います。主なデメリットとして、任意整理をすると信用情報機関に「事故情報」が登録されます。

信用情報機関に自己情報が登録されると、一定期間(一般的には5年程度)お金を借りられなくなる可能性があります。

任意整理は借金返済に有効な手段ですが、デメリットもあるので、弁護士に相談して慎重に検討してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

まとめ

ここまで、借金の利息について解説しました。利息は借金の返済額や返済期間を大きく左右します。

まずは利息の決まり方や相場を理解し、お金で損をしないようにしましょう。

利息が高額で借金の返済が苦しいという方は、「任意整理」を検討してみてください。任意整理をすれば利息がカットできるので、借金の返済負担を大きく軽減できます。

ぜひ今回の内容を参考に、利息を正しく理解して、スムーズに借金を返済しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事