借金はいくらから危険なのか解説

借金があってもわざわざ他人に話すことはありません。周りと比べたり相談したりできないため「自分の借金がやばいのか分からない」という方も多いでしょう。

20万円の借金でも若者にとってはやばいと感じますし、逆に100万円、200万円を超える借金でも気にしない人も中にはいるでしょう。

そこで今回は、借金がいくらからやばいのかを中心に解説してきます。「あなたの借金のやばいか」判断する明確な基準が存在しますのでぜひ参考にしてください。

借金がやばい時の対処法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
借金を減額したい方必見!

借金を減額できるか気になる方もいるかもしれません。借金を減額できるかどうかわからない場合は借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

借金減額シミュレーターでは借金が減らせるかどうかが無料でわかります。中でもおすすめなのが「弁護士法人・響」の借金減額診断です。

謝金減額診断_利用手順
響の借金減額診断のおすすめポイント
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ
  • 無料・匿名で診断可能
  • 運営元は実績のある弁護士事務所だから安心
お金をかけずに診断できるので、不安な方はぜひ一度試してみてくださいね。
\まずはどれくらい減額できるかチェック/

結論から述べると、借金がやばいのは年収の3分の1を超えている場合です。その根拠となるのが「総量規制」です。

1. 借金が年収の3分の1を超えているとやばい

総量規制とは

貸金業者を対象に年収の3分の1を超える貸付を原則禁止とすること

総量規制が導入されるまでは、高額な借入れによって破産者が続出していました。

 過度な借入から消費者を守るために生まれたのが「総量規制」です。

つまり、総量規制が定めた年収3分の1は「返済能力を超える貸付け」ラインと言えます。

返済能力を超えた借金は生活を大きく圧迫し、まさに借金の返済がやばい状態です。

借金がやばいか見極める際は、いくらからよりも、まず自分の年収の3分の1を超えていないか確認してみてください。

 いくらであれ、借金総額が年収の3分の1を超えている場合、多重債務に陥っている可能性があります。

まず弁護士に相談したり、債務整理を行ったりして、年収3分の1以下まで借金を減額するのがおすすめです。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2. 借金総額が100万円を超えているとやばい

100万円を超える借金は危険

ここまで解説してきた通り「年収の3分の1」を超えると、借金はやばいと言えます。

ただし、借金がやばいか判断できる目安はもう1つあります。借金が100万円を超えている場合です。100万円を超える借金は負担が大きく、やばい事態に発展する可能性を秘めています。

そこで次に、100万円を超える借金がやばい3つの理由を解説していきます。

借金が100万円を超えている方は、非常にやばい状態です。よく目を通してみてください。

100万円を超える借金がやばい3つの理由

1利息が高額になる

100万円を超える借金がやばい1つめの理由は、利息が高額になることです。借金が100万円を超えると、高額の利息が発生します。

利息とは

借金とは別に支払う手数料のこと

利息は毎月の返済額によって異なるのが特徴です。毎月の返済額が少ないほど利息は高額になります。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

100万円(金利15%)の借金で発生する利息

毎月の返済額 利息の合計
60,000円 128,396円
50,000円 157,936円
40,000円 206,514円
30,000円 301,674円
20,000円 579,052円
15,000円 1,163,337円

100万円の借金がある場合、毎月6万円を返済に当てたとしても、約13万円の利息が発生します。

しかし、毎月6万円の返済は大きな出費です。収入や生活費との兼ね合いから、毎月6万円を借金返済にあてられる人はそう多くありません。

実際には、毎月3万円程度ずつ返済している人が大半です。毎月3万円ずつの返済では、なんと約30万円を超える利息が発生します。

つまり100万円の借金を毎月3万円ずつ返済することは、100万円で130万円を購入しているようなものです。

毎月の返済額によっては、利息が100万円を超えることもあります。

とくに平均年収が少ない若い世代ほど、100万円の借金と利息は生活の大きな負担となるはずです。

利息を減らすには、毎月の返済額を上げるしかありませんが、収入が少ないと返済額はどうしても少なくなってしまいます。

結果として、高額の利息が発生してしまう悪循環に陥ってしまいます。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2返済が長期化する

借金の返済が長期化する

100万円を超える借金がやばい2つめの理由は、返済が長期化することです。

ここまでお伝えした通り、100万円の借金は高額の利息を生み出します。借金完済には100万円+利息を支払う必要があるため、必然的に返済は長期化してしまいます。

100万円(金利15%)の借金の完済期間

毎月の返済額 完済期間
60,000円 1年7ヶ月間
50,000円 2年間
40,000円 2年7ヶ月間
30,000円 3年8ヶ月間
20,000円 6年7ヶ月間
15,000円 12年1ヶ月間

仮に毎月5〜6万円ずつ返済したとしても、約2年間は借金生活を送ることになります。

毎月3万円ずつの返済となると、借金生活は約4年間にも及びます。

長期間に及ぶ借金生活は、経済的負担が大きいのはもちろん、その精神的負担も計り知れません。

返済が長期化することで怖いのは、経済的な負担と共に精神的に追い詰められることです。

借金が原因でうつ病になったり、仕事やプライベートが崩れてしまったりする人がいるのも事実です。

 たった100万円の借金と甘く見てしまうと、本当にやばい状態から抜け出せなくなります。

少しでも「やばい」と感じたら債務整理をして借金を減額するなど、早めに対策することが大切です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3金銭感覚がおかしくなる

金銭感覚がおかしくなる

100万円を超える借金がやばい3つめの理由は、金銭感覚がおかしくなることです。

人間は金額が大きくなるほど感覚が鈍くなる生き物です。この性質を行動経済学では、「感応度逓減性(かんのうどていげんせい)」と言います。

例えば、300万円の車が隣町の店舗で299万円で売られていても、わざわざ隣町まで行かず近隣の店舗で購入します。

しかし、近隣の店舗で2万円の加湿器が隣町の店舗で1万円で売られていた場合、多くの人は隣町の店舗で加湿器を購入します。

上の例の差額はどちらも1万円です。同じ1万円でも元の金額が大きいだけで、人間の行動は簡単に変わってしまいます。

100万円という高額の借金があると、借金そのものを冷静に判断できなくなります

  • どうせ借入残高は減らないし、今月は借入可能額から娯楽費を工面しよう
  • 毎月の返済額を1万円増やしたところで、返済期間や利息はたいして変わらないだろう
  • 利息だけ支払っておいて、お金が稼げるようになったら一気に返済しよう

など、考えていたらとくに要注意です。このままやばい借金地獄にハマってしまいかねません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

4借入状況が把握できなくなる

借金が100万円を超えていれば、複数社から借金している場合もあるでしょう。

 借金が高額で、かつ複数社から借金しているとなれば借入状況を把握するのが困難になっていきます。

借入状況が分からなくなれば、現実的な返済計画を作成することもできなくなり、借金完済を阻害する大きな要因となります。

5借金の返済ができなくなる可能性が高い

負債が100万円を超えてくると借金が返済できなくなる可能性が高くなっていきます。前述したように、借金が高額になり借入状況が把握できなくなれば、支払期日までに返済するのが困難になります。

万が一、一日でも支払期日に遅れれば遅延損害金が発生することで支払総額が増え、ますます完済が遠のいてしまうのです。

遅延損害金は、以下の計算式で算出されます。

遅延損害金=借入残高×遅延損害金利率÷365×延滞日数

留意するべきは、遅延損害金は遅延分を返済するまで加算され続け、遅延期間が延びるほどに金額が大きくなる性質を有していることです。

借金を返済せずに放置していたら、予想以上に支払総額が膨れ上がっていたといった状況も起こり得ます。

遅延損害金利率は、借入額に応じて決まる上限利率の1.46倍の範囲内で設定されます。

元本に応じた、上限利率の変化は以下の通りです。

元本 10万円未満 10~100万円 100万円以上
上限金利 20% 18% 15%
遅延損害金 29.2% 26.28% 21.29%

このように、遅延損害金の上限金利は比較的高めに設定されますが、消費者金融等から借金をしている場合には上限利率は20%となり超過分は無効化されます。

では、数カ月間借金を延滞した場合にはどの程度遅延損害金が発生するのでしょうか。

例えば、消費者金融Aからの計100万円の借金を3カ月間滞納し、遅延損害金利率15%で遅延損害金が発生しているとします。

この場合、(100万円×0.15÷365×90日)約36,986円もの遅延損害金が発生します。

 通常の返済金額に加えて4万円近くの遅延損害金が発生するのは、決して小さな負担とは言えません。

一度の滞納を機に、借金が雪だるま式に膨れ上がっていき返済が不可能になるケースは珍しくありません。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

出典:上限金利を超えた場合の契約について徹底解説‐はたの法務事務所 

20万円でも危険!少額でもやばい7つの借金

借金のやばさは金額の多寡によりません。総量規制から解釈すると、あなたの返済能力が高ければ多少高額な借金をしても大丈夫ということになります。

ただ、中には少額でも危険な借金も世の中には存在します。

1クレジットカードのリボ払い

リボ払いは毎月の支払いを定額にする代わりに元金に加えて利息を支払う仕組みです。リボ払いではいくらお金を使っても、毎月定額が引き落とされていくため、お金の流れを把握しづらくなります。

リボ払いを不用意に利用していると、知らない間に高額の借金を抱えている危険性があります。

リボ払いが常態化し、借金の実態がわからなくなっていると危険というわけです。

闇金からの借金

闇金からの借金は危険

闇金とは違法な貸金業者のことを指します。ヤミ金からの借金は利息が法外に高額であり、借入は数万円でも返済が難しくなってしまう場合があります。

闇金の利息は出資法で定める年利20%を超え、文字通り法外な利息を取り立ててきます。

借金の返済期限に間に合わせるために一時的に利用した結果、抜け出せなくなってしまった事例もありますので注意しましょう。

3複数の貸金業者からの借金

複数社からの借金がなぜやばいのか、それは借金の管理が煩雑化することが主な理由です。複数社から借金していれば、一月に複数の返済日が訪れる状況が想定されます。

そうなれば返済日にきっちりお金を用意するのが困難になり、しだいに返済できなくなっていく恐れがあります。

万が一返済期日に遅れれば遅延損害金が発生すると述べましたが、例えば3社からの借金を滞納した場合、単純計算で遅延損害金の負担も3倍になります。

それに加え、3社から電話やメール、手紙等様々な手段で支払催促されることになるため、精神的なダメージは大きいでしょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

4借金返済のための借金

紙幣を持つ人

支払期日までに返済額を用意できなければ、遅延損害金発生等のリスクを回避するために、借金返済に充てる金額を借金で補おうと考える人もいるかもしれません。

しかし、金額が少なくても借金返済のための借金は「やばい負債」と言えます。

 返済額を工面するために借金せざるを得ない状況に陥っていれば、借金の額にかかわらず既に自らの支払能力では返済できないほどの負債を抱えていることになります。

一時的な借金であれば特段問題はありませんが、返済日が訪れるたびに新たに借金する習慣がついてしまえば、借金への抵抗が薄れ負債は大きくなる一方です。

恐ろしいことに、借金が当たり前になると「お金が不足した時は再び借金すれば問題ない」といった感覚が強くなってきます。

借金により一時的に資金を得たとしても、それらは全て返済義務のある負債だということを忘れてはいけません。

5長期間完済できていない借金

少額の借金を長期間返済できていないとすれば、基本的に月々の返済金額が少なすぎるか、返済を滞納しているかのどちらかです。

 借金の利息は元本に対して発生するため、前者の場合、借入総額自体は少額でも多額の利息が発生している恐れがあります。

後者の場合、前述した遅延損害金が発生し予想以上に支払総額が膨れ上がっている可能性も否めません。

いずれにしても、長期間返済できていない借金がある場合には返済計画を練り直す必要があります。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

6大学生など学生の借金

20万円程度の借金であっても、大学生など学生の借金である場合もあまり芳しくない状態です。学生の場合、働ける時間が短く、稼げる金額もあまり多くはありません。そのため、少額でも返済が困難になってしまうことがあります。

また、借金があるせいで働く時間が多くなり、学生の本業である学業が疎かになってしまうことも考えられるでしょう。

7パチンコなどのギャンブルによる借金

たとえ少額の借金であっても、パチンコやスロット、競馬などギャンブルによる借金の場合も危険性が高いと言えます。ギャンブルは依存性が高く、気づいたときには借りている金額が膨れ上がっていることもあるからです。

ギャンブル依存症になってしまっている場合には、治療が必要になります。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

借金がやばい時の対処法7選

借金がやばいときの対処法は3つ

ここまで読み進めて「年収の3分の1を超えた借金がある」「借金が100万円を超えている」という方の中には、やばいと危機感を持った方も多いはずです。

そこで、借金がやばい時の対処法7つを紹介します。

適切な対処法を実践することで、借金がやばい状況は改善可能です。ぜひ参考にしてみてください。

1借金を作った原因を把握する

借金がやばいと感じた時には、借金を作ってしまった原因を把握するようにしましょう。

根本的な原因を認識すれば、借金問題を解決する糸口がつかめるかもしれません。

ここでは、借金ができる代表的な理由について紹介していくので、自身にも当てはまるものがあるかチェックしてみてください。

借金ができる代表的な理由
  • 収入が低い
  • 浪費癖がある
  • ギャンブルに依存している
  • 貯金がない

収入が低ければ、生活費が不足し借金が必要になる場合もあるでしょう。中には、新型コロナウイルスの影響を受けて収入が減少してしまい、やむを得ず借金した人もいるのではないでしょうか。

浪費癖やギャンブル依存も借金ができる大きな要因の一つです。

 収入がどれだけあっても浪費癖やギャンブル依存に陥る心理的な要因を改善しない限り、お金を貯めるのは困難です。

自身の収入で日常生活は問題なく過ごせていても、例えば大病を患い入院しなくてはいけなくなった等の予期せぬ事態が発生した際に十分な貯金がなければ、一気に借金地獄に転落するリスクがあります。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2合計いくら借金をしているのか正しく把握する

借金がやばい時の対処法1つめは、借入額を正しく把握することです。

借金問題解決の第一歩は、自分の借金を知ることです。実は、高額な借金を抱えている人ほど、今ある借金の総額を把握できていません。

 借金の総額が分からなければ、必要な対策や返済計画を立てられないため、ますます危険な状態になってしまいます。

取引履歴を見るなどして、まずは借金を調べましょう。

借金の総額が分かったら、毎月の返済額を決めて、返済シミュレーションするのがおすすめです。返済シミュレーションはネットや各金融機関の公式サイトから行えます。

返済シミュレーションをするメリットは、完済までの期間や利息が明確になることです。

完済までの過程がハッキリすることで、借金返済のモチベーションになるのはもちろん、漠然とした不安も解消されます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金の返済計画の立て方

スケジュール

借金返済計画を立てる際には、実現可能性を意識することが大切です。

はじめに現在の状況を整理したうえで、毎月の返済に充てられる金額を計算します。その後、支払総額と完済までの期間を割り出していきます。これが借金返済計画を立てる際の基本的な流れです。

では、整理するべき項目と共に具体的な借金返済計画の立て方を見ていきましょう。

まず、「債務状況」「家計状況」これら二つを明確します。最低でも以下の項目は確認しておくのがおすすめです。

債務状況
  • 借入額
  • 金利
  • 金利タイプ(変動金利型・固定金利型)
  • 遅延損害金利率

金利タイプには、市場の変化に伴い利率が見直される変動金利型と、完済まで利率が変わらない固定金利型があります。

家計状況については、概ね以下の項目を確認し収入と支出の差額を計算しましょう。

家計状況
  • 所得
  • 所得以外の収入
  • 家賃
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • 交際費
  • 交通費
  • その他

仮に収入が25万円、支出が20万円だとすれば毎月5万円を借金の返済に充当できます。

では、借入額100万円、金利15%(固定金利型)遅延損害金発生なしの状況で、毎月5万円返済した場合の、おおよその返済期間と支払総額を計算してみましょう。

まず、借入額100万円に対して利息がどれだけ発生するのか計算します。利息の計算式は以下の通りです。

利息=借入残高×金利÷365×利用日数(返済日から次の返済日)

このケースでは、最初の一月で発生する利息は12,328円(100万円×0.15÷365×30=12,328)です。

次に、毎月の返済可能な金額から返済期間を割り出します。毎月5万円を返済していけば、元本100万円は20カ月で完済できる計算になります。

 しかし、この5万円の中には利息も含まれているため、一月目の元本返済分は約37,672円(50,000-12,328)です。

その後、元本が減るに従い利息負担は少なくなっていきますが、仮に毎月4万円を元本の返済に充てられるとすれば、元本100万円を完済するには約25カ月期間を要することが分かります。

次に、利息の合計金額を計算します。

元本100万円を25カ月間で返済した場合に発生する合計の利息は約170,000円です。(計算が複雑になるため一月あたりの利息計算は割愛します。)

 つまりこのケースでは、債務総額は約117万円であり、返済期間はおよそ2年1カ月(25カ月間)であることが分かります。

このように、債務状況と家計状況を確認し毎月返済可能な金額を計算すれば、おおよその返済期間と利息負担および支払総額を算出できるのです。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

3毎月の固定費など支出を見直す

書類に記入する人

少しでも多く借金返済に回せる金額を確保するためには、毎月の固定費等の支出を見直すのが効果的です。とはいえ、固定費をどのように削ればよいか分からずに悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、見直す余地がある固定費と節約のコツを紹介します。様々な固定費の中でも、特に以下の項目に関しては工夫しだいで節約できる可能性が高いです。

節約可能な固定費
  • 高熱費
  • 通信費
  • 家賃

光熱費(電気代・ガス)代が高くなる理由として考えられる最も大きな要因は、契約しているプランが合っていないことです。

例えば、電気・ガスの使用量が多くないのに高熱費が高い場合には、基本料金が高めのプランを契約しているケースが考えられます。

この場合は、基本料金が安いまたは無料のプランに変更することで料金を抑えることが可能です。プランを変更しても料金があまり変わらない場合には、家電製品自体の省エネ性能が悪い可能性があります。

通信費用に関しても、基本的には高熱費を節約するための考え方と同じです。

「必要以上の通信容量を契約していないか」「無駄なオプションはついていないか」「基本料金は妥当な金額か」等を確認し、自分に合ったプランを契約するだけも節約になります。

 ほとんどLINE通話しかしないのに、かけ放題オプションがついていて無駄に料金が高くなっていた、ということもあるかもしれません。

上記のような方法で固定費の削減を試みても借金が返済できない場合には、家賃を下げることも検討してみてください。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

4収入を増やす

借金の減額を試みても、毎月返済するべき金額が収入を上回っていれば当然借金を完済することはできません。そのため、借金問題を解消するためには収入を増やすことも重要です。

とはいえ、借金の返済に追われている状況で、すぐに給料が高い会社に転職・就職するのは現実的な手段ではありません。その点副業であれば、本業の合間を縫って作業できます。

 インターネットやスマートフォンの急速な普及に伴い様々なビジネスモデルが誕生している昨今、お金の稼ぎ方は多種多様です。

専門的な知見やスキルが必要な副業もあれば、手軽にできる作業系の副業も存在します。

おすすめの副業をいくつか紹介します。

おすすめの副業
  • アンケート回答
  • 口コミ提供
  • ポイントアプリの活用
  • ホームページ作成業務

アンケート回答や口コミ提供業務は、スマートフォンさえあれば数十分で簡単にお金を稼げるものが多いです。高額な報酬は期待できませんが、すきま時間を有効活用できるのがメリットと言えます。

アプリ内での商品購入など特定の条件を満たした場合に、現金に変換可能なポイントが溜まるポイントアプリを活用するのも効果的です。

専門的な知識や経験が必要な分野で言えば、代表的なのがホームページ作成業務です。

高いスキルがあれば、本業以上の収入が得られるケースも少なくありません。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

5信頼できる人に相談する

相談する女性

借金完済の目途が全く立たない場合には、思い切って家族や友人に相談するのも一つの手です。

親しい間柄だからこそ打ち明けるのも簡単ではありませんが、多額の負債を抱え困り果てていることを正直に伝えれば、金銭的な援助をしてくれるかもしれません。

ただし、友人や家族からお金を借りる場合にも、借用書を作成し最低限以下の項目は明確にしておきましょう。

借用書を作成し明確にするべき項目
  • 借入開始日
  • 借入金額
  • 返済期日
  • 利息有無
  • 遅延損害金有無

口約束でお金を借りると、債務状況が曖昧になりお金を貸してくれた相手に迷惑がかかるだけでなく、信頼関係の崩壊にも繋がりかねません。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

6おまとめローンを利用して借金を一本化する

おまとめローンとは、新たな借り入れ先から融資されたお金で複数社分の借金を全て完済し、借り入れ先を1社にまとめることです。

より金利の低い金融機関に借入先を変更することで利息の減額を図る「ローンの借り換え」と似ていますが、おまとめローンは、複数社からの借り入れを一本化する場合に利用される手段です。

おまとめローンを利用して借金を一本化する主なメリットは、「利息を減額できる可能性がある」「借金の管理が簡単になる」これら2つです。

 おまとめローンを利用し借り入れ先を1社にまとめることで、返済日が1日に減り借金の管理が簡単になります。

また、現在の借入先よりも金利が低い金融機関から融資を受ければ、その分利息が減額され支払総額を少なくすることが可能です。

ただし、あくまで負担を軽減できるのは利息のみであり元本が減額されることはありません。

注意しなくてはならないのは、借金の1本化をすれば必然的に1社からの借入額が増えるため、月々の返済額によっては支払期間の長期化を招き、最終的な利息負担が大きくなる可能性があることです。

金利や月々の返済金額にのみ着目するのではなく、支払総額がどう変化するかも事前に確認しておくことが重要です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

7借金の救済制度を利用する(債務整理)

借金がやばいときは合法的な借金救済制度である債務整理の検討もしてみましょう。

債務整理とは、合法的に借金を減額・免除することを目的とした手続きのこと。主に、以下3つの種類があります。

任意整理 借金を減額
個人再生 借金を大幅減額
自己破産 借金を全額免除 

任意整理とは?

任意整理とは、借金の返済が困難になった場合に債権者に直接交渉し、借金の減額あるいは借金返済スケジュールの調整を試みる手続です。

後述する個人再生や自己破産のように裁判を実施する必要がない分、短期間かつ少ない費用で手続きできるのがメリットと言えます。

 ただし、債権者との交渉を軸に手続きが進行し法的な強制力が働かないことから、多額の借金を減額するのには適していない側面があります。

あくまで目安ですが、借金が200万~300万円ある場合には、個人再生や自己破産を検討するのが無難です。

借金が100万円の場合には、任意整理によって利息を減額し、さらに長期分割返済に対応してもらえれば完済できる見込みは十分にあるでしょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

個人再生とは?

個人再生とは、債務履行が困難になった場合に、返済可能な金額や返済期間を記載した再生計画案を裁判所に提出し認可を受けて借金を減額する手続きです。

手続きが成功すれば約5~10分の1まで借金を減額でき、その後再生計画案に沿って返済を開始することになります。

裁判費用は発生しますが、任意整理よりも大幅に借金を減額することが期待できるでしょう。

ただし、一定以上の支払能力を有していると裁判所に認められなければ手続きは不認可になる恐れがあります。

自己破産とは?

自己破産とは、借金の返済が不可能になった場合に裁判所によって保有財産が現金化され債権者に分配される代わりに、借金支払義務が免除となる手続きです。

 任意整理や個人再生とは異なり、債務を履行できる支払能力が完全に欠如している場合にのみ実施できます。

自己破産の最大のメリットは、税金などの特定の債権を除き全ての借金支払義務が免除されることです。

大量の支払催促に頭を悩ませていた日々から解放されます。

 

 借金の返済を滞納し続けると、給与や銀行口座の差し押さえなど、取り返しがつかないほどやばい事態に発展します。

最悪のケースを避けるためには、まず弁護士に相談。ぜひ債務整理を検討してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

まとめ

借金が年収の3分の1を超えると、危ない状態と言えます。

すでに借金が返済能力を超えている可能性が高いため、債務整理で借金を減額するなど、早めの対策が欠かせません。

また、100万円を超える借金も危険な状況です。

100万円を超える借金がやばいと感じたら、以下どちらかの対策を行いましょう。

返済に余裕がある場合 借金の把握と積極的な返済
返済に余裕がない場合 債務整理

借金地獄に落ちていくのは「やばいと気づかなかった時」「やばいと気づいて行動しなかった時」です。

ぜひこの記事を参考に、借金がやばい状況から抜け出してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事