自己破産手続きの費用相場!払えないとき安い金額で行うには?

自己破産の手続きを行う際、ネックなのが「費用」です。

 自己破産手続きでは、平均数十万円程度の費用がかかります。
そうなると、

  • なるべく手続きにかかる費用を抑えたい
  • そもそも手続き費用が払えない…

という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、自己破産手続きの費用について徹底解説。費用が払えないときの、対処法も紹介していきます。

一番費用を安く済ませるにはどうしたらいいのか、一緒に見ていきましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産手続きにかかる費用の内訳

自己破産手続きにかかる費用は、

  1. 裁判所に支払う実費
  2. 専門家への依頼費

の2つがあります。

それぞれいくらくらいになるのでしょうか?各費用の内訳と一緒に見ていきます。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

1裁判所に支払う費用

まず自己破産手続きで裁判所に支払う費用は、以下の通りです。

申し立て手数料(収入印紙代) 約1,500円
郵便切手代 約1,000〜10,000円
官報公告料 約10,000円
予納金 200,000円〜

申し立て手数料

自己破産をするには、始めに裁判所に申し立て書を提出する必要があります。

申し立て手数料とは
申し立て書を提出する際に必要なお金のこと。

収入印紙代金として、1,500円程度がかかります。

郵便切手代

郵便切手代は、裁判手続き費用として必ず発生する料金です。

 具体的な金額は申し立てを行う裁判所によって異なりますが、一般的には数千円程度でおさまる事がほとんどです。

自己破産手続きをする際には、自分が申し立てを行う裁判所に確認しましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

官報公告料

自己破産をすると、名前や住所が官報に掲載されます

官報とは

国が発行している新聞のようなもの。

自己破産では、官報に公告するための費用も自分で支払う必要があります。金額は10,000〜15,000円程度におさまる事がほとんどです。

予納金

自己破産手続きを行う場合、裁判所に支払う費用で最も高額なのが予納金です。

予納金とは

自己破産を申し立てるにあたって裁判所に支払うお金のこと。

裁判所に支払う予納金は、自己破産手続きの種類によって異なるのが特徴です。

自己破産手続きには大きく、

  • 同時廃止事件
  • 管財事件

の2つがあります。

同時廃止事件 20万円を超える財産がない場合に取られる自己破産手続き
管財事件 20万円を超える財産がある場合に取られる自己破産手続き

このように、財産の額によって自己破産の手続きの種類は異なってきます。
自己破産の種類別!予納金の費用

財産を所有していない「同時廃止事件」として自己破産手続きが進む場合、特別な手続きはありません。そのため、費用は安く済みます

同時廃止事件 20,000円〜
管財事件 最低200,000円〜

「管財事件」となった場合は、財産の調査や処分などを破産管財人に依頼する必要があります。

破産管財人とは

裁判所に選任されて財産の処分や調査・債権者への配当などを行う人。
 管財事件では、破産管財人の人件費などを負担しなくてはならないため、最低でも20万円の予納金が必要です。

このように自己破産の裁判費用は、管財事件か同時廃止事件かで、大きく異なります。

車・預金・自宅など、20万円を超える財産をひとつでも所有している場合、ある程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2専門家に支払う費用

自己破産の手続きは、弁護士など専門家に依頼するケースが殆どです。

専門家に手続きを依頼した場合の費用は、以下の通りです。

着手金 約20〜30万円
報酬金 約20〜30万円

着手金

着手金とは、弁護士に自己破産を依頼した際に発生する費用です。

もし自己破産が認められなくても、支払う必要があります。

報酬金

報酬金とは、自己破産が認められた際に支払う費用です。報酬金は、結果に対してのみ発生します。

なのでもし自己破産手続きが失敗した場合は、支払う必要がありません。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

【自己破産の費用相場】弁護士・司法書士・法テラス安いのはどこ?

実際に自己破産を行う際、ぜひ確認しておきたいのが自己破産手続きの費用相場です。

 費用相場が分かれば、予算の見通しが立つのはもちろん、料金トラブルも回避できます。

そこで自己破産手続きの依頼先である、

  1. 弁護士事務所
  2. 司法書士事務所
  3. 法テラス

の費用相場を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1弁護士の費用相場・金額

着手金 約20〜40万円
報酬金 約20〜40万円

弁護士に自己破産手続きを依頼する場合の費用は、トータル50万円程度です。

弁護士の自己破産手続き費用には、一律の明確な決まりがありません。弁護士によって着手金と報酬金の割合はもちろん、価格設定も様々です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

例:弁護士の自己破産費用

A社 着手金0+報酬金50万円=合計50万円
B社 着手金20万円+報酬金25万円=合計45万円
C社 着手金40万円+報酬金0円=合計40万円

弁護士に自己破産手続きを依頼する際は、合計の費用を把握することが大切です。着手金と報酬金あわせて何円なのかを確認しましょう。

 例えば、着手金が0円の事務所であっても報酬金が高額の場合、余計にお金がかかってしまうケースもあります。

少しでも費用を抑えるためには、目先の安さだけに捉われず、長期的な目線で弁護士事務所を選んでみてださい。

自己破産手続きの依頼先として最も一般的なのが弁護士です。しっかり相場を確認しておきましょう。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2司法書士の費用相場・金額

同時廃止事件 約15〜25万円
管財事件 約25〜30万円

司法書士に自己破産手続きを依頼する場合の費用は、約15〜25万円程度です。

自己破産手続きの種類によって若干料金相場が異なりますが、いずれも弁護士に比べて費用は安い傾向にあります。

ただし、司法書士に自己破産手続きを依頼する場合は注意が必要です。

その理由は?

司法書士は法律活動に制限があります。そのため、弁護士のように自己破産手続き全てを代理してくれるわけではありません。
 司法書士が主に行えるのは、書類作成代理人として申立て書を作成すること。代理人として裁判所に自己破産の申立てを行うことは法律上禁止されています。

司法書士は費用を安く抑えられますが、サポート面を考えると弁護士に依頼するのが無難です。

司法書士に依頼した場合、自分で行う手続きが増えるので、時間や労力を消耗しかねません。

弁護士であれば法律業務全般はもちろん、すべての裁判に対応できます。自己破産手続き中に何かトラブルがあっても安心です。

もし費用を安く抑える理由で司法書士に依頼する際には、デメリットがあることも覚えておきましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3法テラスの費用相場・金額

実費 約20〜25万円
着手金 約10〜20万円

自己破産手続きを法テラスに依頼する場合の費用は、合計35〜45万円程度です。

法テラスとは

国が設立した法律問題の支援機関のこと。

法テラスの特徴は、低所得者・経済困窮者向けの支援制度が充実していることです。

法テラスが行なっている支援制度のひとつが「費用の立て替え」です。

 法テラスでは、収入などいくつかの条件を満たす方を対象に、自己破産費用を代わりに負担しています。

立て替えてもらった費用は分割払いで法テラスに返済。手元にお金がなくても自己破産手続きが可能です。

さらに、生活保護を受けている場合は、自己破産手続きの立て替え費用が免除される場合もあります。

経済的に困窮していてどうしようもできない、、、

という方は、一度法テラスに相談してみてください。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

自己破産の費用が払えない!4つの対処法

裁判所への予納金だけでも、平均数十万円以上かかる自己破産。そのため、

自己破産手続きの費用が払えない、、、

という方も多いのではないでしょうか。

しかし、自己破産費用が払えない場合でも対処法はあります。

いま手元にお金がなくても対処次第で自己破産手続きは可能です。

ここでは、自己破産費用が払えない場合の対処法4つを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

1法テラスを利用する

自己破産の費用が払えない時の対処法1つめは、法テラスを利用することです。

法テラスでは、自己破産の費用が払えない方に「民事法律扶助」制度を用意しています。

民事法律扶助とは

経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を実施。弁護士・司法書士の費用等の立替えを行う業務のこと。

収入など一定の条件をクリアすれば、法テラスの民事法律扶助制度を利用可能です。

生活が困窮していて費用が払えない方は、まず法テラスに相談しましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2自分で自己破産手続きをする

自己破産の費用が払えない時の対処法2つめは、自分で手続きを行うことです。

実は、自己破産手続きは自分で行うことも可能です。
「弁護士や司法書士に依頼しなければならない」という決まりはありません。

自分で自己破産の手続きを行えば、弁護士費用分をざっくりカットできます。

 ただし、自己破産の手続きには膨大な書類や準備が必要です。そのため、素人がひとりで手続きを完了させるのは困難を極めます

自分での手続きは、費用を安く抑えられますが、あまり現実的な手段とは言えません。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

3生活保護を検討する

自己破産手続きの費用が払えない時の対処法3つめは、生活保護を検討することです。

生活保護受給者には、制度上優遇措置が取られており自己破産費用を支援してもらえます。

生活保護受給者に対する優遇措置
  • 法テラスによる裁判所への実費立て替え
  • 法テラスによる弁護士費用の支払い免除

自己破産の費用が全く払えないほど生活が困窮しているのであれば、まず生活保護受給を検討するのもひとつの手です。

生活保護を受給した後であれば、優遇制度をうまく活用して自己破産が行えます。

生活保護受給者が自己破産手続きを行う際は、法テラスに相談しましょう。

法テラスが自己破産費用を立て替えたり、免除してくれたりします。

4弁護士に分割払いで支払う

自己破産手続きの費用が払えない時の対処法4つめは、弁護士に分割払いで支払うことです。

弁護士事務所の中には、費用の分割払いに対応している事務所も多くあります。

 自己破産を依頼してくる人の状況についてはよく理解しているので、支払い方法や金額の相談に応じてくれるケースも少なくありません。

そのため、自己破産手続きを検討している方は、一度弁護士に無料相談してみるのがおすすめです。

その際、費用が払えないという主旨を伝えてみてください。柔軟に対応してくる可能性は十分ありますよ。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

まとめ

ここまで、自己破産手続きの費用について解説してきました。

自己破産手続きは「裁判所」「弁護士」それぞれに費用がかかるため、料金も高額になりがちです。
費用が払えないときは、まず法テラスや弁護士に無料相談しましょう

現在の状況を聞いたうえで、手続きできる方法を提案してくれるはずです。

ぜひこの記事を参考に、自己破産にかかる費用を概算しスムーズに手続きをすすめてみてください。

↓当サイト一番人気↓

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事