自己破産の家族への影響を解説!カードや連帯保証人はどうなる?

自己破産する際、気になるのが「家族への影響」です。

「家族に連帯保証人がいる」「家族にバレないか心配」「家族のカードにも影響が出るのだろうか」など、家族に関する悩みを持っている方も多いでしょう。

そこで今回は、自己破産による家族への影響を解説。自己破産すると家族はどうなるのかをまとめています。

少しでも自己破産を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

まず、自己破産が家族に与える影響を確認していきます。

自己破産が家族に与える3つのデメリットを紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。

1住宅や車が無くなる

自己破産すると、高確率で住宅と車が処分されます。

住宅や車が自分名義の場合は、半強制的に処分が決定。没収され借金の返済にあてられます。

 たとえ家族が住宅や車を使用していても、自己破産での処分は免れません。

家族と一緒に同居している場合、住宅や車が無くなることは大きなデメリットでしょう。

ただし、個別のケースにより例外的に車や住宅を手放さずに済む可能性もあります。

たとえば、介護などで車がどうしても必要だったり、住宅や車の時価が20万円未満だったりした場合です。

自己破産で住宅や車がどうなるのか心配という方は、事前に弁護士に相談しましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2財産・貯金が処分される

自己破産では、原則として全財産が処分の対象です。自己破産で処分される財産には、貯金も含まれます。

自己破産における、財産の定義は時価20万円以上かどうか。時価換算して20万円以上と判断されれば、モノの種類にかかわらず処分されます。

自己破産で処分されるもの
  • 時価20万円以上のモノ(車・家具・住宅・家電・土地・嗜好品など)
  • 20万円以上の預貯金

財産や貯金の大半を失うことで、どうしても家族への影響は避けられません。

ただし、自己破産しても生活に必要なものは全て手元に残ります

自己破産しても手元に残るもの
  • 生活必需品(衣類・家具・家電・寝具など)
  • 99万円以下の現金
  • 20万円未満の預貯金
  • 20万円未満のモノ
  • 仕事に必要なもの

生活必需品が残るのはもちろん、20万円未満のモノは全て手元に残るため、そこまで家族に影響が出ないケースもあります。

お金も「99万円以下の現金」と「20万円未満の預貯金」は没収されません。

仕事に必要なものも処分の対象外となるため、自己破産して生活をやり直すことは十分可能です。

3ローンが組めなくなる

自己破産すると、ローンが組めなくなります。

 自己破産後5〜10年間は、新たにお金が借りられません。そのため、教育ローンや住宅ローン、自動車ローンが組めなくなります。

家族にお子さんがいる場合や家族で住宅の購入を検討している場合、ローンが組めないことはデメリットです。

自己破産後は、クレジットカードも利用できなくなるため、基本的に現金やデビットカードでの生活になります。

ただし、自己破産から5〜10年経過すれば、これまで通りローンが組めます。

住宅ローンや教育ローンを組むことも可能です。自己破産後、ローンが組めずに家族へ影響が出るのは一定期間だけと覚えておきましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産で家族が連帯保証人になっている場合の影響は?

家族が連帯保証人となっている借金がある場合、自己破産すると家族に借金の返済義務が発生します

自己破産では、全ての借金が債務整理の対象です。保証人が付いている借金だけ自己破産の対象から外すことはできません。

例えば、5つの金融機関から借入があった場合、5つ全ての金融機関に対して債務整理が実行されます。

自己破産する際は、連帯保証人となっている家族に影響が出ることを頭に入れておきましょう。

 とくに「住宅ローン」「奨学金」などは、家族が連帯保証人となっているケースが大半です。

自己破産する際は、家族が連帯保証人となっている借金がないか事前に確認してみてください。

連帯保証人への影響なく借金減額するには「任意整理」がおすすめです。

任意整理とは

弁護士が借入先の金融機関と交渉し将来発生する利息をカットする手続きのこと

任意整理では、債務整理する借金が指定できます。家族が連帯保証人になっている借金だけ債務整理から外すことが可能です。

 任意整理は家族への影響が一切なく借金減額できる手続きです。

任意整理後は、減額した借金(元金のみ)を3〜5年で返済します。元金だけなら3〜5年で返済できるという方は、ぜひ任意整理を検討してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産しても家族に影響が無いこと

自己破産を考えている方の中には「自己破産すると家族に迷惑がかかる」と考えている方も多いかもしれません。

しかし、実際には自己破産しても家族に影響が出ない事も多々あります。

ここでは、自己破産しても家族に影響が無いことをまとめています。

正しい知識を理解することで、自己破産すべきか冷静に判断可能です。ぜひ参考にしてみてください。

\無料で弁護士に相談/

1信用や個人情報

自己破産しても家族の信用や個人情報には、一切キズがつきません。

自己破産すると、信用情報機関に事故情報が登録されます。事故情報が登録されている期間は、新たにお金が借りられません。

しかし、信用情報機関に事故情報が登録されるのは、自己破産した本人のみです。家族への影響は全くありません。

また、自己破産すると官報に名前と住所が掲載されますが、掲載されるのは自己破産者本人のみです。

官報とは

国が発行している機関紙のこと

住民票や戸籍謄本などに自己破産に関する情報が残ることもありません。

自己破産しても家族の信用情報や個人情報には、一切関係ないと覚えておきましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2家族名義の貯金・通帳

自己破産では、20万円以上の預貯金が処分対象です。

しかし、処分の対象となるのは、本人名義の通帳のみ。自己破産しても、基本的に家族名義の通帳への影響はありません。

自己破産して、家族の銀行口座が止まったり、貯金が減ったりすることはありませんので安心しましょう。

3カードやローンの審査

自己破産しても、家族のカード審査やローン審査には影響しません。

 自己破産後、信用情報に事故情報が登録されるのは本人のみです。

自己破産したことによって、家族がクレジットカードを発行できなくなったり、ローンを組めなくなったり不利益を被ることはありません。

\無料で弁護士に相談/

4職業や結婚

自己破産と、家族の職業や結婚は一切関係がありません。

自己破産しても「職業選択の自由」や「結婚」など、全ての権利は守られます。

自分が自己破産したことで、家族の「権利」にまで影響が及ぶことは決してありません。家族は自己破産後もこれまで通り生活できます

ただし、自己破産した本人は一部職業制限がかかるケースがあります。
自己破産で職業制限がかかる仕事
  • 弁護士
  • 税理士
  • 質屋
  • 生命保険募集人
  • 不動産鑑定士 など

職業制限がかかるのは、自己破産の手続き中のみ。自己破産の裁判が終われば、これまで通り自由に働けます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産は家族や兄弟にバレる?

自己破産が家族や兄弟にバレるか心配という方は多いでしょう。

そこで、自己破産が家族や兄弟にバレるのか解説していきます。

家族と同居している場合・別居している場合、自分が該当するシチュエーションに目を通してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

家族と同居している場合

家族と同居している場合、自己破産は高確率でバレます

自己破産では、個人名義の財産が処分の対象です。個人名義の財産が自宅にある場合、強制的に処分されるので、家族に知られてしまいます。

また、自己破産には配偶者の収入証明書も必要です。自己破産後は5〜10年間、クレジットカードを使ったりローンを組んだりできません。

これらの理由から、生活を一緒にしている家族に自己破産を隠し通すのは困難でしょう。

家族と別居している場合

家族と別居している場合、自己破産がバレる可能性は低いと言えます。

自己破産は、債務者(破産者本人)と債権者(借金がある金融機関)の問題です。自己破産の通知が別居している家族に届くことはありません

 自己破産手続き中、自己破産に必要なやり取りは弁護士と本人間で行われます。そのため、自己破産を別居している家族が知る手段はありません。

もし自己破産が別居中の家族にバレるとしたら、以下2つが理由です。

  1. 家族が官報を確認した
  2. 家族が連帯保証人になっていた

自己破産の事実は官報に掲載されます。官報は一般の人でも入手できるため、別居中の家族が官報で自己破産を知るケースが0とは言えません。

しかし、実際のところ官報に目を通している人はごくごく一部のみです。

官報をきっかけに自己破産が家族にバレるケースは、皆無と言っても過言ではないでしょう。

もし家族に連帯保証人がいた場合、自己破産がバレる可能性は100%です。自己破産すると、連帯保証人に借金の返済義務が発生します。

たとえ家族が別居中であれ、連帯保証人となっている家族に自己破産がバレるのを防ぐ手段はありません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産は弁護士に相談

自己破産を検討している方は、まず弁護士に相談しましょう。

弁護士は自己破産など債務整理の専門家。個別の状況から、自己破産に関するあらゆる疑問に答えてくれます。

自己破産で家族への影響が心配

という方は、ぜひ弁護士に相談してみてください。

一人で悩んでいても問題解決には前進しません。話を聞いてもらうだけで悩みが解決。不安がスッキリすることもあります。

この記事では、債務整理に強い弁護士事務所も紹介しています。どこも相談無料ですので、ぜひこの機会に活用してみてください。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

ここまで、自己破産が家族に与える影響をまとめてきました。

自己破産では、個人名義の財産が没収されるため、住宅や車・貯金が無くなるなど家族への影響は避けられません。

しかし、自己破産で直接的な影響が出るのは自己破産した本人のみです。

 もし自己破産に関する不安があれば、まず弁護士に相談してみてください。弁護士に相談すれば、状況次第で自己破産せずに済む可能性もあります。

ぜひこの記事を参考に、自己破産が家族に与える影響を正しく理解し、ベストな決断をしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事