自己破産をしてローンを組めない期間は?審査に通るための対策も解説

自己破産の手続きをすると、日々の生活に何かしらの支障をきたしてしまいます。しかし、借金問題を解決するうえで欠かせないものでもあるため検討する人は少なくありません。

そこで今回は、自己破産をしてローンを組めない期間は何年になるか、そして自己破産後にローンを組むための対策などを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士に相談するにあたって、なぜおすすめなのかメリットなども紹介するため要チェックです。
\自己破産できるか無料診断/

新たなローンを組めなくなる?自己破産のデメリットとは

落ち込む人の後ろ姿

自己破産とは、さまざまな理由により借金の返済が見込めないとき、裁判所から支払い不能であることを認められた場合に支払い義務が免除される制度です。

 借金の理由は関係なく、浪費・事業資金・住宅など人によってさまざまです。自己破産の手続きは、弁護士などに相談することで進められます。

自己破産をすると借金をゼロにできるため「今後借金に追われる心配がない」「収入を自由に使うことができる」といった点はメリットです。

\自己破産できるか無料診断/

自己破産のデメリット

自己破産は借金から逃れられるというメリットだけでなく、手続きをすることでデメリットもあり、代表的なものではブラックリストに載ってしまうことが挙げられます。

 自己破産は金融事故となるため、個人信用情報機関に登録されるためブラックリストとなります。

ブラックリストの登録されると社会的信用を著しく欠いてしまうため、クレジットカードや各種ローンなどの審査にはほぼ通りません。

身近なもので言うとスマートフォンの分割ローンも組めなくなる可能性がゼロではないため、私生活に支障をきたしかねないと理解しておきましょう。

借金の返済義務が免除されることを踏まえた場合、ブラックリスト入りするデメリットがあっても検討する価値はあるかもしれません。

その他のデメリット

うつむいた女性

自己破産をすることで各種ローンを組めないというデメリットの他にも、以下の注意すべき点があります。

自己破産のデメリット
  • 価値ある所有物を失う
  • 官報に情報が掲載される
  • 職業制限がある

価値ある所有物を失う

自己破産をすると、価値ある所有物を失ってしまいます。価値ある所有物とは、99万円以下の現金・20万円以下の預貯金残高・ローン残高が一定未満の不動産などです。

なお、比較的少額で今後の生活に最低限必要とされる財産に関しては、手元に残すことができます。

官報に情報が掲載される

印刷される新聞

自己破産をすれば、官報という国が発行する新聞に名前が載ってしまいます。家族や友人に知られたくないということも、自己破産に踏み切れない大きな理由の一つでしょう。

 自分の知り合いなどが仮に官報をチェックした場合、自己破産をしたことは知られてしまう恐れがあります。

しかし、官報を定期的に確認している人は割合的に少ないため、官報がきっかけで自己破産が知られてしまう可能性は低いと言えるでしょう。

職業制限がある

自己破産が認められると、手続きが完了するまで特定の職業に就くことに制限がかかります。

弁護士や司法書士などの法律関係者をはじめ、生命保険募集人・宅地建物取引主任者などの金融商品に関わる職業などには就くことができません。

職業制限に該当しない仕事に就いていれば大きな影響はないかもしれませんが、手続きを始めると免責許可が決定するまでの間は働けないため、自己破産をする際は要注意です。

働けない期間に収入がストップすることで生活が成り立たない場合は、自己破産以外の方法も検討する必要があります。
\自己破産できるか無料診断/

自己破産をしてローンを組めない期間は何年?

頭を抱える男性

自己破産のデメリットとして、代表的なものにブラックリストとなるため、金融サービスに関するものなど各種ローンを組めない点が挙げられます。

自己破産によってローンが組めない期間は正確に定められているわけではなく、パターンによって異なるため把握しておくことが大切です。

支払いを延滞した場合

クレジットカードなどの支払いを延滞したことが理由であれば、目安は延滞料金を完済してから5年ほどになります。

もし債務整理を行った場合、任意整理は5年・個人再生や自己破産は長くて10年ほどが目安です。

自己破産をしてからローンが組めるまで、新たに金融事故に該当せずスムーズにローン組が解除となったパターンの期間となります。

新たな借金を重ねた場合

紙幣を見せる人物

自己破産後、ブラックリストに載っている間にも借金を重ねたり返済遅延を起こしたりした場合、ローンを組めるまでの期間は遠のいてしまいます。

 ローンを組むためは、個人信用情報機関に「金融事故を起こす人」という登録が無い状態にしなければいけません。

ローンを組めるまでの期間は、ブラックリストを外れた状態から数えます。

個人信用情報機関の事故情報が消えていても、借入先のローン会社で自己破産をした場合、社内情報として手続きの履歴が残っている可能性はゼロではありません。

この場合、そのローン会社でローンを組もうとしても、審査に落ちる可能性が高いと理解しておきましょう。

自分がブラックリストに載っているかを把握するには、各信用情報機関へ問い合わせることで確認できます。
\自己破産できるか無料診断/

自己破産後、ローンを組む前にするべきこと

書類とペン

ローンを組まなくても生活できないか検討する

自己破産後にブラックリスト登録期間を終えローンを組める状態になったとしても、「ローンを組む=借金を作ること」であると強く理解しなくてはいけません。

 ローンを組むことにより返済で生活が圧迫し、再び金融事故を起こしブラックリスト入りする可能性があるリスクを念頭に置いておきましょう。

本当にローンを組まなくてはいけない状況か、仮に利用しても遅延なく返せる計画が立てれているかなどを踏まえ、慎重に考えなければいけません。

手持ちの現金で支払いができないか・数年間は資金を貯める期間に充てられないか・ローンを組むまでの買い物かなど、安易な考え方でなく一度立ち止まることが大切です。

事故情報が消えていることを確認する

スマートフォンとパソコンを操作する人

ローンを組むには、個人信用情報機関から事故情報が消えていることが条件です。ローンを組む前に、事故情報が消えていることを確認しましょう。

なお、個人信用情報機関は以下3つがあるため、それぞれに問い合わせる必要があります。

個人信用情報機関
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • クレジット系機関(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)

事故情報が消えるのは、金融事故が解消されてからです。例えば、クレジットカード利用分を完済してから、数年後に事故情報がなくなります。

ブラックリスト入りしてからも返済が残ったままでは、事故情報は消えないため注意が必要です。

問い合わせの際、情報開示には手数料が必要となります。
\自己破産できるか無料診断/

返済に苦しまないようできるだけ資金を貯めておく

紙幣を両手で広げる人

借金をする一因は、手持ちの現金が少ないことです。現金が足りない分だけを借りようとしているうちに、必要以上の借金を作る癖が付いてしまう危険があります。

借金は多額になるほど額が膨らむ速度も上がる傾向にあるため、返済に苦しまないよう出来る限り資金は貯めておきましょう。

手持ちの現金がそれなりに用意できていれば、ローンを組まずに対応できる可能性はゼロではありません。

資金はローンや借金ではなく、自分のお金で作ることが心がけとして大切です。

【車・住宅など】自己破産後にローン審査に通るための対策

お金とペン

頭金を多めに用意する

自己破産の有無に関わらず、頭金の用意が多いほど審査には通りやすくなる傾向にあります。

 頭金が多いと、ローンを組む金額を下げられることが理由です。

自己破産をすると、返済義務を免れるため借金苦から解放されるメリットがあります。そのため、頭金を多く用意するためにゼロからコツコツと貯めておきましょう。

なお、自己破産の手続き時に借金免責と引き換えに価値ある財産も失った状態となるため、個人信用情報機関から事故情報が消えるまでの約5年~10年間での貯金をおすすめします。

\自己破産できるか無料診断/

返済能力が高いとされる属性になるよう意識する

紙幣を広げて持つ人

ローンを組むには、返済能力は高い方が有利です。返済能力については、主に以下の観点から判断されます。

主な返済能力の判断基準例
  • 年収
  • 職業
  • 金融事故の有無

年収が多いほど返済能力は高いと判断されやすいです。きちんと毎月返済できるだけの資金力があることから、ローンを組める額も高くなる傾向にあります。

また、返済能力の有無を判断するにあたって職業も重要です。返済し続けることが可能かを判断するため、今の年収が高くても継続して収入をが見込めない場合は不利になります。

 フリーランスや投資家など、収入が変動しやすい職業は返済できない月があるのではないかと判断されやすく、審査落ちのリスクもあります。

また、年収や職業に加えて金融に関する信用についても欠かせません。ローンを組む段階で返済遅延がある場合などは、審査に通過できる可能性は低いです。

ある程度のカード利用履歴などを作る

パソコンの上に置かれたクレジットカード

返済能力が高い属性とは、金融機関に「必ず期限内の返済を守る人」と認識される必要があります。

このような認識をされるためには、クレジットカードを利用して期限内の返済を行ったという履歴を残すことが大切です。

返済遅延をしないためにクレジットカードを数年間一切利用していないと、逆に「スーパーホワイト」といい履歴がないため、返済能力の有無を判断できない状態となります。

 スーパーホワイトとは、クレジットカードの利用履歴(返済履歴含む)が全くないため、返済に対する信用もないことを意味します。

スーパーホワイトの状態では、「もしかしたら自己破産しているかも」と勘繰られローンを断られてしまう可能性もあるため、利用履歴を作ることは審査通過において重要です。

\自己破産できるか無料診断/

自己破産で免除になった金融機関は避ける

信用情報機関とは別に、金融機関自体の社内情報として自分の事故情報が残っている場合があります。その場合、ローンを組むことは断られてしまう可能性が高いです。

ローンを組む際は、自己破産で借金を免除された金融機関は避けた方が無難かもしれません。

ローンが残っているときに自己破産をするとどうなる?

頭を抱えてソファに座る男性

自己破産するタイミングは人それぞれです。では、仮にローンで商品を購入し、ローンが残っている状態で自己破産をするとどのような流れになるのでしょうか。

これについては、原則としてローンを支払い終わるまでは購入したものの所有権はローン会社にあります。

 ローンを完済する前に自己破産をした場合、購入したものはローン会社に渡さなければなりません。

ローン会社へ渡すかどうかは、ローンで購入したものの金額によって異なり、ボーダーラインは20万円となります。

ローンで購入したものの査定額が20万円以上であれば、債権者の返済に回されます。例えば、手放さなければいけないものの例は以下です。

手放す可能性が高いもの一例

車や住宅は20万円以上の査定となる可能性が高いため、ローン途中で自己破産した場合は手離さなければなりません。

一方で、ローンで購入したものが少額である場合は、商品の所有権は金融機関にありますが、処分の対象外になるかもしれません。

車であっても査定額が20万円未満であれば、債権者の返済に充てる価値があるとみなされないのです。
\自己破産できるか無料診断/

自己破産に悩んだときは弁護士への相談がおすすめ

女性

自己破産やローンで悩んでいる場合は、一人で抱え込まずに弁護士への相談がおすすめです。

 弁護士は法律のプロであるため、ローンを組むにはどうしたらいいか、金融事故を起こしてどう対応していいかわからないといった問題解決の強い味方です。

自己破産は借金を免除する代わりに、財産を手離す恐れもある大きな出来事と言えます。知識や経験のない間違った判断で、その後の人生を大きく変えてしまうかもしれません。

そのようなリスクを避けるためにも、自己破産について悩んでいる場合は早めに弁護士の力を借りて対応することをおすすめします。

相談料無料で、さまざまな疑問や悩みを引き受けてくれる事務所も少なくありません。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

自己破産に関するよくある質問

自己破産の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所は?
東京ロータス法律事務所、ひばり(名村)法律事務所、はたの法務事務所、アース法律事務所、新大阪法務司法書士事務所、債務Ldayがおすすめです。いずれも経験豊富な弁護士や司法書士が、借金問題の早期解決に向けて真摯にサポートしてくれます。
自己破産のデメリットとは?

自己破産をすると、個人信用情報機関に金融事故として登録され、ブラックリストに載ってしまいます。情報が載っている期間について、クレジットカードの発行や利用に制限がかかったりローンを組めなくなったりするペナルティがあるため注意が必要です。

自己破産をしてローンを組めない期間は何年?

クレジットカードなどの支払いの延滞であれば、目安は延滞料金を完済してから5年ほどです。しかし、自己破産をしてからブラックリストに載っている間にも借金を重ねたり、返済遅延を起こしたりした場合は、ローンを組めるまでの期間は遠のいてしまいます。

自己破産後、ローンを組む前にするべきことは?

ローンを組まなくても生活できないかを検討しましょう。どうしても必要であれば、個人信用情報機関から事故情報が消え、ローン審査対象になっていることを確認したうえで利用してください。また、返済に苦しまないよう、出来る限り資金は貯めておくことが大切です。

自己破産後にローン審査に通るための対策は?

自己破産の有無に関わらず、頭金が多いほど審査には通りやすくなります。ローンを組むうえで返済能力の有無は極めて重要なため、既に準備できているお金は多い方が有利です。また、安定して高い収入が見込める職業に就き、金融事故の無い状態にしておく、クレジットカードを返済遅延なく利用し、信用を積み上げておくことも大切です。

返済能力が高いとされる属性とは?

返済能力は、「返済のためのお金を作っていく力があるか」という視点から判断されます。そのため、現在年収が高くても継続して収入が見込めない職業は不利になるかもしれません。さらに、ローンを組む段階で返済遅延がある場合などは、審査が通る可能性は低いです。安定して稼げる正社員であることは、審査通過において望ましいです。

ローンが残っているときに自己破産をするとどうなる?

原則として、ローンを支払い終わるまで購入物の所有権はローン会社にあります。そのため、ローンを完済する前に自己破産をした場合、購入物はローン会社に渡さなければなりません。しかし、20万円以下の財産であれば返済のために充てられる対象からは外れるため、自分の手元に残すことが可能です。

自己破産に悩んだときは弁護士への相談がおすすめな理由は?
弁護士は法律の専門家であるため、さまざまな状況に応じて適切な判断のうえ、解決へと導いてくれます。手続きを代行してくれることから、スムーズに進められることもメリットです。

まとめ

この記事では、自己破産をしてローンを組めない期間は何年になるか、そして自己破産後にローンを組むための対策などを解説しました。

ローンを組めない期間はケースにもよりますが、約5年~10年といったところです。

自己破産後にローンを組むためには、事故情報が消えていることを確認する、返済に苦しまないようなるべく資金を貯めておくなどの対策を講じましょう。

頭金を多く用意する、返済能力が高いとされる属性を意識するなどの対策もあるため念頭に置いておきましょう。
\相談は何回しても無料!!/
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。