自己破産のメリットやデメリットについて

自己破産と聞くと、ネガティブなイメージが大きく、不安ですよね。

多額の借金も帳消しになるメリットの大きさを考えると、デメリットも多いのではないかと誰でも心配になります。

  • 人生が終わりなのではないか
  • 仕事に影響が出るのではないか
  • 財産が全て没収されるのではないか
  • 怖い手続きなのではないか

自己破産の経験がない人にとっては未知の領域ですから、怖いのは当然。

ただ、結論から言うと、自己破産は新しい人生をスタートさせる究極の救済制度で、正しい情報を知って前向きに検討するべきです。

世間で言われる自己破産のデメリットには、誤解やウソも含まれており、本当のリスクが見えてきません。自己破産を体験した人の中には「自己破産はメリットしかない」といった声もあります。

今回は、自己破産のメリット・デメリット・注意点をまとめました。正確な情報を知ることで、自分が自己破産すべきかどうか、冷静に判断できることでしょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産のメリット

自己破産することのメリットについて

自己破産は、借金生活から抜け出し、新たな生活をスタートさせる究極の救済手段と言われ、享受できるメリットが大きいです。

破産法の第1条には、自己破産の目的は『経済生活の再生の機会の確保』と書かれています。

以下、自己破産のメリット4点を解説します。

1借金・債務が免責になる

自己破産の最大のメリットは、借金が免責になること。

免責というのは「責任が免除される」という意味ですから、借金の支払い義務がなくなるということです。

  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードの滞納
  • 住宅ローン
  • オートローン
  • 知人からの借金

このような全ての債務がゼロになります。

上限金額はないため、数百~数千万円の借金がある人でも、免責許可がおりれば帳消しになります。自己破産が「究極の救済制度」と呼ばれる所以です。

ちなみに、任意整理や個人再生といった債務整理の場合、借金の減額や利息の軽減はできますが、借金ゼロになるわけではありません。
\自己破産できるか無料診断/

2取り立てや督促がなくなる

自己破産にはメリットしかない?

貸金業者からの督促がすぐに止まるのも、自己破産の大きなメリットのひとつ。

弁護士に依頼し、介入通知が送付された段階で、債権者からの請求はすべてなくなります。自己破産手続が始まる前から、督促を停止させる効力があります。

借金の返済に悩んでいる時は、取り立てや督促の連絡におびえて精神的に参ってしまう人が多いです。毎日のように電話や郵便物が届いたり、玄関まで取り立てに来たりすると、怖いですよね。

督促のストレスから解放されることで、冷静に現実と向き合うことができるようになります。

\自己破産できるか無料診断/

3給料の差し押さえ(強制執行)が停止できる

給料の差し押さえが停止できるのも、自己破産のメリットになります。

破産手続きが開始されると、債権者の個別の強制執行手続きは取り消しとなります。ただし、既に貸金業者に支払われた過去の給料を取り戻すことはできません。

4収入がなくても申請できる

自己破産に関するメリットとは?

自己破産は、安定収入がなくても申請可能な制度です。

借金が「支払い不能」状態にある人であれば、収入がない方であっても手続きできます。

一定の収入が前提となっている任意整理や個人再生が利用できない人でも、自己破産なら利用できるのです。
\自己破産できるか無料診断/

自己破産のデメリット

自己破産におけるデメリットとは

自己破産には大きなデメリットがあると一般的には考えられています。確かに注意点はありますが、実はほとんど該当しないという人もいます。

以下、デメリット5点を具体的に紹介していきます。

1財産が処分され、資産が没収される

自己破産にはメリットとデメリットがある

自己破産の最大のデメリットは「破産手続」にあります。手放さなければならない財産は、以下の通りです。

  • 20万円以上の価値がある資産
  • 99万円を超える現金

時価で20万円以上の価値がある財産は破産管財人によって処分され、借金の返済に充当されます。

最も大きな資産となるのは、マイホームや土地などの不動産。当然ながら、持ち家は20万円以上の価値があるため、没収され競売にかけられるのは避けられません。

車については、新車で購入してから数年が経過していれば中古査定が20万円以下になることも多いです。また、生活必需品として認められ、没収にならないケースもあります。

さらに意外に思われた方もいると思いますが、99万円までなら、自由財産として処分対象になりません。

借金返済のために全て充当されるわけではなく、必要最低限の財産は残せます。

もちろん、ほとんどの家具や家電は20万円以下だと思いますので、全て残すことができます。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2ブラックリストに登録され、借入できなくなる

自己破産におけるクレジットカードのデメリット

自己破産をすると、数年間に渡って借り入れができなくなります。

JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録され、5~10年間はローンが組めません。またクレジットカードは解約となり新規発行もできません

これは確かに自己破産のデメリットですが、考え方を少し変えてみましょう。

自己破産を考えている時点で、おそらく返済の延滞・滞納があると思います。その延滞の事実は既にブラックリストに登録されている可能性があり、今後の借入審査に影響を与えます。

自己破産後にクレジットカードが使えないことを恐れて生活再建が遅れれば遅れるほど、事故情報は継続的に残ってしまいます。

しかし、自己破産で借金問題を一度帳消しにすれば、5~10年後には何の問題もなく借入れが可能なのです。

つまり、ズルズルと延滞を繰り返すより、早めに自己破産で生活再建した方が、結果的に将来のローン利用がしやすくなる可能性があるということです。

ちなみに、自己破産後にクレジットカードは利用不可能ですが、デビットカードは使えます

\無料で弁護士に相談/

3官報に氏名が掲載される

官報に載る自己破産のデメリット

自己破産手続きをすると、国が発行する「官報」に掲載されてしまいます。

  • 氏名
  • 住所
  • 手続きした裁判所
  • 自己破産の事実

上記のような個人情報が掲載されると、周囲にバレるのではないかと心配ですよね。

しかし、官報ってどこかで売っているのを見たことがありますでしょうか?

実は、特別な機関紙なので、コンビニや書店では売っていません。内容を確認しているのは、金融業者・信用情報機関・市区町村の税担当者などのごく一部の人々だけです。

ほぼ毎日発行され、購読料もかかるため、めったに一般の人が見ることはありません。自分から話さない限り、自己破産したことが周りにバレることはないでしょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

4保証人に請求が向かってしまう

自己破産と保証人

自己破産をすると、本人の支払い義務は無くなりますが、連帯保証人にはその効果はありません

借金の中に、保証人付きのものがある場合、残額の一括請求が届いてしまい、迷惑をかけることになります。

自己破産を決意した際には、あらかじめ事情や今後の対応について話し合い、謝罪をしておきましょう。

特に奨学金などの債務は、家族が連帯保証人になっている場合がほとんどなので、注意が必要です。

\無料で弁護士に相談/

5職業や資格に制限がかかる(手続き中のみ)

自己破産の職業制限はデメリット?

自己破産の手続き中は、一部の職業・資格に制限がかかります。一時的に仕事をやめるか、資格を使わずに仕事をする必要があります。

主な制限対象は、以下の通りです。

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 不動産鑑定士
  • 宅地建物取引士
  • 質屋
  • 古物商
  • 生命保険募集員
  • 警備業者
  • 警備員
  • 建設業者など

自己破産手続きの完了には、資産のない人で3~4カ月程度、資産のある人は半年~1年程度かかります。

自己破産手続き完了後は、職業・資格の制限が解除されます。

自己破産に関する誤解やうわさ

自己破産には噂や誤解がある

「自己破産したら人生終わりだ」と言う人がいますが、実は多くの誤解があります。

  • 選挙権が無くなる
  • 戸籍に記載される
  • 会社に解雇される
  • 年金が受給できなくなる
  • 賃貸住宅が借りられなくなる
  • 海外旅行に行けなくなる
  • 周りの人にバレる

これらのデメリットは、全て誤解(ウソ)です。

自己破産手続き中は、海外旅行に制限がありますが、完了後は何の制限もありませんし、アパートだって借りられます。

うわさ話や誤解に惑わされることなく、正しい知識を持って、検討しましょう。

\自己破産できるか無料診断/

自己破産の注意点

自己破産をするメリットや注意点は?

自己破産をするには、デメリット以外にも注意すべきことがあります。ここでは4つの注意点を事前に確認しておきましょう。

1非免責債権(免除にならない借金)

最も大きな注意点は、非免責債権についてです。自己破産が完了しても、以下のような債権は免除になりません

  • 税金
  • 国民保険料
  • 国民年金の保険料
  • 子供の養育費
  • 損害賠償や弁済義務
  • 人を雇っていた場合の給与

これらのお金については、自分の手元に残った財産や、その後の収入で支払いを続けていく必要があります。

難しい場合は、支払期限の延長や、分割払いの相談をしてみましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2賃貸物件への影響

賃貸に関する自己破産のデメリット

賃貸物件に住んでいても、不動産会社や大家が自己破産について知ることはありません。

ただし、家賃の滞納がある場合、支払い免除になると同時に部屋を引き渡すように言われる可能性があります。

新しい賃貸物件に引っ越す際は、保証会社の審査に通らないこともあり得ますので、事前に弁護士に相談しておくのがおすすめです。

\無料で弁護士に相談/

3積立型保険が解約になる可能性

自己破産での保険に関するメリット・デメリット

自己破産をすると、20万円以上の資産が没収・処分されると紹介しました。

そのため、解約すると払い戻される解約返戻金が20万円以上になる場合は、積み立て型の保険が解約になる可能性があります。

年齢や病歴など、解約すると再加入できない時には、弁護士に相談するのがよいでしょう。

4携帯電話やネットの契約が解約

携帯電話やモバイルWiFiの利用料金を滞納している場合、自己破産により契約解除になる可能性が高いです。

通話や通信の手段がないと困るので、新たな契約を結ぶ必要がありますが、格安のキャリアが多数出てきていますので、問題ないかと思います。

\自己破産できるか無料診断/

自己破産は合法的な借金問題の解決方法

自己破産は合法的な借金救済制度

自己破産は、借金に苦しむ人のために国が用意した、正当な借金救済の手段です。

  • 利用すると負けたような気がする
  • 貸してくれた人に悪い
  • 自己責任なので死ぬまで頑張る

このような考え方をするのは、責任感がある証拠かもしれません。

しかし、頑張って、苦しんで、それでもなかなか改善しない現状があるのではないでしょうか?

誰でも、借金をすることはありますし、様々な事情で年間7万人もの人が自己破産をしています。合法的な借金問題の解決方法です。

借金苦を理由に、健康被害が出たり、最悪の場合、自殺に追い込まれるケースも少なくありません。悲しい事件や事故が起こることを防ぐ目的もあるのです。

自己破産して生活を再スタートさせ、そこから恩返しをしていく気持ちで、まずは自分の自転車操業を解決させましょう。

\無料で弁護士に相談/

自己破産を考えたらまずは弁護士と無料相談

自己破産のメリット・デメリットと弁護士相談

自己破産のメリット・デメリット・注意点を見てきましたが、実は個別事情も考慮してくれる制度です。

一人一人、案件によって注意点も変わってきます

自己破産の経験が豊富な弁護士事務所では、無料相談を行っているところもあります。

自己破についてネットで情報収集するのも良いですが、限界があるでしょう。

匿名相談も可能なので、まずは専門家の意見も聞いてみるのがおすすめです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

今回の記事では、自己破産のメリット・デメリット・注意点についての情報をまとめました。

自己破産という言葉自体に、ネガティブなイメージがあることは確かです。

しかし、不動産の売却が必要なこと、借入れができなくなること等のデメリットは、新生活を迎えるにあたって必要な清算と考えれば、借金帳消しのメリットに勝るものはないはずです。

手続きにあたり大小さまざまなデメリットはありますが、免責許可がおりれば新しい人生がスタートします。

自己破産をしていいものか、誰しもが不安に思います。一人で悩みを抱え込まず、まずは専門家との無料相談をしてみるのはいかがでしょうか。

この記事が、参考になっていたら幸いです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事