自己破産と賃貸について

自己破産は、返済することができないほどの借金を抱えてしまった人にとって、通常の生活に戻るためにはなくてはならない法的な制度になります。

ただ、実際に自己破産に踏み切るには、大きなハードルがあるのも事実です。

現在、自己破産を考えている人にとって、最も大きな気がかりとなっているのは、賃貸物件(アパートやマンション)のことではないでしょうか。

そこで、この記事では「自己破産すると賃貸物件を追い出されるのかとともに「自己破産後の賃貸契約は可能かについて解説します。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産したら賃貸物件を追い出される?

自己破産で賃貸はどうなる?

自己破産というと、抱えている借金が免責されるというメリットがありますが、その一方で信用情報が傷ついてしまうというデメリットもあります。

具体的には、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報が掲載されることにより、次のとおり5~10年の長期にわたってクレジットカードやカードローンを利用できなくなります

  • シーアイシー(CIC)及び日本信用情報機構(JICC):5年
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC):10年

更に車や住宅などの財産を差し押さえられたりするデメリットもあることから、自己破産に負のイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

そのため、自己破産したら、現在住んでいる賃貸物件(アパートやマンション)から追い出されるのではないかと心配している人もいるかもしれません。

結論から言うと、自己破産したからといって、現在住んでいる賃貸物件から必ずしも追い出されるというわけではありません

ただし、場合によっては、現在住んでいる賃貸物件から追い出されることもあります。

自己破産しても賃貸物件から追い出されずに済む場合と、追い出されてしまう場合について、どのような違いがあるのか確認し、さらに自己破産後に新たに賃貸を借りられる可能性について見ていきましょう。

\無料で弁護士に相談/

原則では自己破産で賃貸を追い出されることはない

自己破産で賃貸は追い出されない理由

たとえ自己破産したとしても、原則として現在住んでいる賃貸物件から追い出されることはないと解説しましたが、それはなぜでしょうか。

かつて民法において、借主が自己破産した場合、貸主は賃貸借契約を解除することができました。

そのため、貸主は自己破産を理由として、借主を現在住んでいる賃貸物件から追い出すことが可能とされていたのです(民法旧621条)。

しかし、この民法旧621条の規定は、平成16年の法改正により削除され、貸主による借主の自己破産を理由とした賃貸借契約の解除はできなくなり、借主が賃貸物件から追い出されることはなくなりました

このような法改正がなされたのは、借主が生活していく上で住居が必要不可欠であることなどが考慮されたからです。

また、借主が自己破産したことを理由として、賃貸借契約の更新を拒否されるということもありません

\無料で弁護士に相談/

自己破産で賃貸を追い出される場合

自己破産で賃貸を追い出される理由

原則では自己破産で賃貸物件を追い出されることはありませんが、場合によっては、賃貸物件から追い出されることもあります。

では、借主が自己破産することによって、賃貸物件から追い出される場合とはどんなときでしょうか。

借主が自己破産で賃貸物件を追い出される場合として、次の2つが考えられます。

  • 借主が家賃を滞納している場合
  • 破産管財人が賃貸借契約を解約する場合

では、この2つの場合について、それぞれ詳しく解説します。

借主が家賃を滞納している場合

自己破産で家賃滞納の場合は賃貸契約解除

自己破産するとすべての借金が免責(借金ゼロ)されますが、もし自己破産する前から賃貸料を滞納していた場合はどうなるでしょうか?

この場合、滞納していた家賃も、自己破産による免責の対象に該当することから免責されます。

そして、借主の債務不履行になることから、貸主は賃貸借契約を解除することによって、借主を賃貸物件から追い出すことができるのです。

\無料で弁護士に相談/

破産管財人が賃貸借契約を解約する場合

借主が自己破産をし、現在住んでいる賃貸物件を追い出されるのは、破産管財人が賃貸借契約を解約した場合もあります。

破産管財人

破産手続きにおいて、免責を判断するための調査のほか、財産を換価したり、債権者に配当したりするなどの業務を行う専門家のことで、裁判所によって選任されます。

破産管財人は、自己破産者の生活を管理することになるため、自己破産者の現在の住居の家賃が高すぎると判断したときは、賃貸借契約を解約することができます。

自己破産後に賃貸は借りられる?

自己破産の後に賃貸契約はできる?

ここまで、借主が自己破産した場合に、賃貸物件を追い出される可能性や原因について解説してきました。

結論として、自己破産をしても家賃を滞納していなければ、原則として賃貸から追い出される可能性はないと言えます。

では、借主は自己破産後に賃貸物件を借りることができるのでしょうか。
結論から言うと、自己破産後にも賃貸物件は借りられます

ただし、自己破産者が賃貸物件を借りる場合にも、入居するための審査を受ける必要があります。この審査に落ちる場合もありますので、その時は賃貸物件を借りることができません。

しかし、入居審査に通らなければ、賃貸物件を借りることはできません。

そこで、ここでは自己破産後に賃貸借契約を結ぶための審査について解説するとともに、自己破産者が入居審査を通過するための対処法を解説します。

\無料で弁護士に相談/

自己破産後に賃貸契約するための審査とは

原則では自己破産で賃貸を追い出されることはない

自己破産後に賃貸物件を借りるには、賃貸借契約を結ばなければなりませんが、契約するためには入居審査を受ける必要があります。

一般的に賃貸物件を借りるには、次の2つの審査を受ける必要があります。

  • 貸主(大家さん、不動産会社)による審査
  • 家賃保証会社による審査

これらの2つの審査では、具体的にどのような審査が行われるのかについて、解説します。

1貸主(大家さん、不動産会社)による審査

自己破産の後に賃貸契約するには

貸主による審査は、自己破産したからという理由で審査に落とされることはほぼありません。

なぜなら、貸主による入居審査では、入居後、家賃を支払っていくことができるか、すなわち支払能力があるかないかをチェックされるからです。家賃の支払能力さえあれば、入居審査を通過するができます。

ただし、入居審査のとき、貸主に対してわざわざ自己破産したことを申告するのは避けたほうが無難です。

というのも、貸主は自己破産したことを知らないだけで、もし自己破産したことを知ってしまったら、印象が悪くなる可能性があるため、審査に不利に働くことがあるからです。

\無料で弁護士に相談/

2家賃保証会社による審査

自己破産後の賃貸契約の入居審査

家賃保証会社

賃貸物件を借りる際に必要となる借主の保証人を代行することを業務としている会社のことです。

かつては家族や親戚が保証人になることが一般的でしたが、近年保証人を引き受けてくれる人が少なくなったことから、保証人の代行需要が高まってきました。

借主が家賃を滞納した時、借主に代わって家賃保証会社が家賃を支払うことになることから、家賃保証会社も借主に対して審査を行います

家賃保証会社には、信用情報機関に加盟している家賃保証会社と、民間の家賃保証会社の2種類があります。

信用情報機関に加盟している家賃保証会社の審査は厳しい

自己破産者にとって、入居審査を通過することが厳しいと言われているのは、信用情報機関に加盟している家賃保証会社になります。

信用情報機関に加盟しているということは、自己破産したという情報が伝わってしまうからです。

審査対象者が自己破産したという事実を知られてしまった場合、家賃の支払能力がないと判断されてしまうため、入居審査に通過することはほぼありません

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

賃貸借契約を結ぶための審査への対処法

自己破産後に賃貸を契約するためのポイント

信用情報機関に加盟している家賃保証会社の入居審査を通過することは厳しいと解説しましたが、だからと言って、自己破産者が賃貸物件を借りることができないわけではありません

そこで、ここでは自己破産者が賃貸借契約を結んで、賃貸物件を借りるための審査への対処法を解説します。

1民間の家賃保証会社の審査を受ける

信用情報機関に加盟している家賃保証会社の審査を通過するのが厳しいのなら、民間の家賃保証会社の審査を受ければいいのです。

民間の家賃保証会社であれば、信用情報機関に加盟していないため、自己破産したことを知られることはほとんどないため、入居審査に通過する可能性が高まります

\無料で弁護士に相談/

2家賃保証会社を必要としない賃貸物件を探す

自己破産の後に賃貸を借りるには

賃貸物件の中には家賃保証会社を必要としない物件が存在します。

ただし、家賃保証会社を必要としない賃貸物件の場合、連帯保証人を立てる必要がある可能性があります。

3連帯保証人を立てる

賃貸借契約を結ぶ際は、もともと連帯保証人を立てるのが一般的だったことから、家賃保証会社を利用する代わりに連帯保証人を立てるという手段もあります。

連帯保証人を立てることで、家賃保証会社の審査を受ける必要もなくなるわけですから、自己破産後の借主にとっては、大きなメリットになります。

4公営住宅への入居を検討する

公営住宅

地方自治体などが賃貸している住宅で、低所得者向けの賃貸物件です。

自己破産者でも利用できる可能性が高いことから、入居を検討する価値はあると思われます。

しかし、公営住宅の人気は高いことから、倍率が高く、抽選制が多いので、そう簡単には入居することができないことが障害になります。

\無料で弁護士に相談/

自己破産の相談は弁護士事務所へ

自己破産での賃貸の悩みは弁護士に相談

借金がかさんで生活が苦しいと感じていた人が、自己破産をすることで、精神的に楽になったということが多いです。

もしこの記事を読んでいる人で、借金に苦しんでいる人は、弁護士の無料相談を活用してみましょう。

しかし、弁護士に依頼したことがない初心者にとっては、そのハードルはすごく高いと思います。

そこで、自己破産の相談を弁護士事務所へ依頼する際のメリット・デメリットを挙げておきます。

メリット
  • 弁護士に委任することになるため、借金返済請求が止まり、支払いを止めることができる。
  • 基本的に弁護士が事務処理を行うため、自分自身でやることはほとんどない。
  • ほぼ間違いなく、自己破産の免責許可を受けられる。
デメリット
  • 弁護士費用がかかる。

もし弁護士費用がかかるという理由で、自分自身で自己破産をしようと考えている人がいればおすすめはできません。

債権者への連絡や提出書類作成など、専門知識が必要なすべての事務手続きを自分でやるには多くの手間や時間がかかるためです。

そしてなんといっても、自己破産の免責許可を受けられる可能性が、弁護士に依頼するよりも低くなってしまいます。

弁護士費用については、多くの弁護士事務所では分割払いや後払いに対応しているので、大きな心配はいらないでしょう。

自己破産申請を自分自身でやることは決して現実的ではありませんので、免責の確実性を高めるためにも自己破産手続きは弁護士に依頼することがおすすめです。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

家賃滞納がない限り、自己破産したからといって、現在住んでいる賃貸物件を追い出されることはありません。

自己破産の後でも、今回ご紹介したポイントを押さえておけば、入居審査に引っかからずに賃貸借契約を結ぶことが可能です。

ただし、個人によって借金の状況はそれぞれ異なり、賃貸に関して適用されるケースも各自で変わってくる可能性は大いにあります。疑問や不安があれば、まずは弁護士の無料相談を活用するのが良いでしょう。

自己破産の専門家である弁護士に依頼することは、免責を確実なものにするためにも重要な手段です。借金解決し、新たな生活を始めるための第一歩として、気軽に相談してみましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事