借金300万

借金を抱えていると、気持ち的にも落ち込み前向きにはなれません。ましてやその額が多ければなおさら厳しい現実と向き合うことになるでしょう。

そこで今回は、借金300万は自力で返せるか解説します。知っておくべき返済方法や対策となる債務整理についても紹介するため、途方に暮れて悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

債務整理をする際のメリット・デメリットについても触れていくため、事前に把握しておくことをおすすめします。

借金がさらに膨らむ前に!無料で診断↓

いま借金を抱えている方は、その借金を減額できるかもしれません。いくら減額できそうか知りたい場合は、借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

響の借金減額診断

借金減額診断をした方がいい理由
  • 借金がいくら減らせるかどうかがすぐわかる!
  • 無料・匿名で診断可能
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ

無料ですぐに診断できるので、借金がある方はぜひ一度試してみてくださいね。

\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金300万ができる主な理由

重ねた札束

借金が300万円もの金額に膨らむ理由は何なのでしょうか。まずは、300万円もの借金ができる例を見ていきます。

主な借金例
  • ギャンブル
  • 買い物(浪費)
  • 学費
  • 生活費
  • 事業投資
  • リストラや減給
  • 借金の肩代わり

ギャンブルや生活費のように少額の借金を繰り返していくうちに300万円にまで膨れ上がったり、学費や事業投資のようにまとめて一括で300万円を借りたりといった理由が主です。

また、贅沢のためか生活のためかという違いにも分けられます。300万円という借金は返済が大変であることに違いありませんが、生活のための借金は完済に苦労する傾向にあります。

 借金をしなければ生活が成り立たない状況は、返済と生活の両立が難しいかもしれません。

お金が必要な状況となり借金をした、ただただ浪費として借金をしたなど、その理由は多岐に渡ります。また、場合によっては借り入れしていた利息が膨れ上がったケースもゼロではありません。

300万円もの借金ができると、金銭面だけでなく精神面でも多大なダメージを負うことになります。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金300万は自力で返済可能?

紙幣を両手で広げる人

借金300万円という金額だけを聞くと、自力での返済は難しく感じるかもしれません。しかし、年収・借金の期間によって返済可能かどうかは異なります

原則として、借金は年収の3分の1を超えると返済が厳しいとされています。つまり、借金300万円が返済可能とされている年収は900万円以上です。

 年収が900万円以下の場合は、毎月の返済をしながらの生活は難しいかもしれません。あくまで一つの目安となりますが、ぜひ参考にするため把握しておきましょう。

また、どのくらいの期間に渡って借金を返済しなければいけないかも問題となります。その理由は、借金にかかる利息は金利だけでなく期間によっても異なるからです。

利息の計算式は「元金×金利×借りている日数÷365日」となります。つまり、期間が長くなるほど利息が増えるため一日でも早い返済が求められるのです。

金利による利息例
  • 金利15%で300万円を30日間借りた場合:利息約37,000円
  • 金利15%で300万円を365日間借りた場合:利息約450,000円

利息を含めて完済できる計画がきちんと立てれている場合は、借金300万円でも自力で返済可能と言えます。

しかし、毎月の返済が苦しいうえに元金を減らせていない場合は、自力での返済は厳しいでしょう。

現在借金を返済中の人は、一度元金と利息を把握し返済スケジュールの確認をおすすめします。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金300万を自力で返す方法

紙幣を両手で広げる人

収入を増やして支出を減らす

収入が低いことにより返済と生活の両立が厳しい場合、収入アップのためのアクションを起こす必要があります。

今の職場・仕事を変えない判断をする場合は、昇格や昇級で給料アップを図れるか確認してみてください。

 仮に、今の職場での収入アップが見込めないのであれば、思い切って転職を検討してもいいかもしれません。

ただし、転職のタイミングによっては次の仕事での初任給までの期間が空いてしまう可能性もあるため、返済計画を踏まえての行動が重要になります。

また、今すぐの収入アップを狙うのであれば、副業をすることもおすすめです。

おすすめの副業
  • クラウドソーシング
  • 短期バイト
  • アフィリエイト
  • 投資

本職の終業後や土日の時間を使い短期的にアルバイトをしたり、自宅など好きな場所でクラウドソーシングをしたりと、空いた時間を活用しましょう。

一方で、収入アップを考えるだけでなく支出を減らすことも大切です。どれだけ収入が上がったとしても、支出が高ければ意味がありません

支出を減らすためには、通信費や保険料といった固定費を見直すことが重要です。

不要な契約がないか整理し、月々でいくら節約できるか計算してみてください。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

無駄遣いをしない

紙幣とコイン

コンビニやスーパーでつい気軽に買ってしまうお菓子やジュースなど、日々の細々とした出費もあなどれません。それらが積み重なるとかなりの金額になることも珍しくないのです。

浪費や無駄遣いを減らして浮いたお金を少しでも返済に回すという意識が大事になるため、少しの出費を軽減することは長い目で見ると借金完済の手助けとなります。

おまとめローンや借り換えをして金利を下げる

複数の金融機関から借金をしている人は、おまとめローンや借り換も検討してみてください。借金返済が苦しくなる理由として、高い利息により元金が返せないことが挙げられます。

 おまとめローンや借り換えを利用すると、今よりも利息を下げることができ返済負担を軽減できる可能性があるのです。

利息は原則として借入額が少ないほど高金利となります。そのため、同じ借金総額であっても少額を複数の借入先から借りるより、1社から借りた方が利息を下げられる可能性があるのです。

利息一例
  • 100万円を3社から金利18%で借りた場合:1日あたり493円が3社分で約1,500円弱の利息
  • 300万円を1社から金利15%で借りた場合:利息1,232円

返済が長期に渡れば、利息の差はどんどん大きくなっていくため、おまとめローン等の利用は負担を軽減するうえで非常に有効です。

ただし、おまとめローンや借り換えは必ず利用できるとは限らず、審査に通過する必要があります

審査基準は公表されていないためわかりませんが、普段から遅延なくきちんと利用することが大事です。

現実的な返済計画を立てる

電卓を打つ人

借金300万円は決して少ない額ではないため、完済するには長期化する可能性が否めません。そのため、長い目で考えた現実的な返済計画を立てる必要があります。

 確実に入ってくる給料やボーナスはいくらか、月々必要な最低限の生活費はいくらかなどを算出し、毎月可能な返済額を把握しましょう。

また、「もしかしたら入るかもしれない臨時収入」や「極限まで切りつめた生活を数年間続ける」など、確実性・現実性のない要素は省くことが大切です。

万が一計画にズレが生じた場合でも軌道修正ができるよう、あらゆるケースを想定した返済プランを複数考えておくことをおすすめします。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

お金に余裕があるときは繰上げ返済をする

財布から紙幣を出す人

借金を減らすうえで、元金を減らすことは欠かせません。そのため、お金に余裕があるときは毎月の返済額に加えて繰り上げ返済することをおすすめします。

 元金が減ると利息を軽減することにも繋がるため、完済までの期間を短縮できる可能性が高いです。

ただし、繰り上げ返済ができる状況でも突発的な出費も考慮し、多少の予備費はキープしておく方が良いかもしれません。

借金300万を自力で返済する際の注意点

紙幣を数える人

利息はどれくらいかかるかを計算する

利息の計算方法は「元金×金利×借りている日数÷365日」です。単純な計算なため管理できそうですが、完済前に新たに借金をした場合などは計算が複雑化するため注意しましょう。

なお、計算が難しく利息を算出できない場合は、借入先に問い合わせると今の借金状況を教えてくれます。

返済シミュレーションができるサービスを提供する場合も少なくないため、ぜひ活用してみましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

返済計画に対応できるか判断する

紙幣を広げる人

現状の収支を踏まえた返済計画を立て、きちんと対応できるか判断することが完済を目指すうえで重要です。

完済スケジュールまでに大きな支出予定はないか、リストラや病気になる可能性はないか、収入がストップした際の対策はあるかなど、さまざまなシミュレーションをします。

 計画通りに事がうまく進むとは限らないため、計画を立てるにあたって不測の事態を想定することが大切です。

イレギュラーにも対応できる計画を立てることで、より完済までの目処が立てやすくなります。

そもそも自力で返せるか考える

そもそも、現時点で借金を自力では返済できないかもしれません。借金300万円を抱えた状態で返済が滞っている場合は、すでに返済計画は破綻しています。

自力で返せない場合は家族や友人などに頼る、あるいは債務整理を検討することも視野に入れてください。

借金300万でも住宅ローンは組める?

マンション

結論から言うと、借金があっても住宅ローンの審査に通る可能性はありますただし、住宅ローン以外の借金の有無によって借りられる金額は変わってきます。

 住宅ローンのポイントは、収入に対して返済できる額であるかです。年収に対する返済額には基準が設けられており、超えない範囲でローンを組むよう設定されています。

例えば、住宅ローン以外の借金を抱えていない人が3,000万円のローンを組める場合、借金300万円があれば2,700万円以下の融資となる可能性があります。

また、一般的に年収に対する返済負担率は30%が目安とされているため、借金のトータル額が年収の30%以上ある場合は住宅ローンを組むことは難しいかもしれません。

ローン審査は借金の内容も重要

書類を記入する人

住宅ローンに限らず、借金を抱えている場合は各種ローンの審査に必ず通るとは限りません。借金が審査に影響するというより、借金の内容も重要となることを覚えておきましょう。

住宅ローンを申し込む際には、借金の額以外にも借りた目的や返済状況なども報告しなければいけません。

 仮に審査用紙に借金のことを書かなかったとしても、住宅ローンを組む際には個人信用情報機関に内容が載っているため、必ず不動産会社に漏れます。

むしろ、借金の状況を隠そうとした行為が印象を悪くするため、審査時にごまかすことはやめてください。

なお、自動車ローンや教育ローンのように目的がはっきりしている借金に比べ、クレジットカードや消費者金融からの借金は要注意です。

消費者金融から無計画に多額の借金をしていた場合は、金銭感覚がルーズであると判断され融資を断られる傾向にあります。

借金300万を自力で返済できない場合は債務整理を検討してみよう

裁判で使うガベル

債務整理をするメリット・デメリット

債務整理の中でも多く利用されているのが「任意整理」です。任意整理は将来かかる予定の利息カット等により、毎月の返済を減らす手続きとなります。

任意整理の他には「個人再生」や「自己破産」といった借金の減額や免責ができる方法もあり、問題解決には欠かせない手段と言っても過言ではありません。

ただし、債務整理はメリットばかりでなく、デメリットもいくつかあるため手続き前に把握しておく必要があります。

主なデメリット
  • ブラックリストに載る
  • 基本的に金融サービスの審査には一定期間通らない
  • 手続き次第では財産処分や職業制限がある

債務整理の代表的なデメリットは、金融事故を起こすことになるためブラックリストに載る点です。

ブラックリストに載っている間は、新しくクレジットカードを発行できなかったりローンを組めなかったりと、さまざまな制限により日常生活に支障をきたします。

 債務整理をすることで借金が減額あるいは免除され、返済負担が減る・取り立てなどから解放される点は大きなメリットと言えます。

しかし、クレジットカード発行やローン組みを考えている場合は、制限がかかってしまうことも踏まえたうえで手続きを進めるか否か検討しなければいけません。

債務整理をするか否かの判断基準は?

裁判所にある像

結論から言うと、債務整理をするか否かの判断基準として明確なものはありませんが、以下の点を意識して手続きを進めるか検討しましょう。

判断基準一例
  • 毎月返済しているのに借金が減らない
  • 3社以上から借入がある
  • すでに返済ができない

毎月借金を返済しているにも関わらず完済できない場合、利息が膨れ上がっている可能性が高いです。そのため、毎月利息ばかりを払い元金を減らせておらず完済が難しくなっています。

 3社以上からの借入がある場合は要注意です。借入件数が多くなるほど借り入れ状況の把握が難しくなり、返済と借入を繰り返す傾向が高くなります。

また、すでに返済できず滞納が続いている場合は、すぐに債務整理を検討しても良いと判断できる状況です。

債務整理は弁護士への依頼がおすすめ

書籍とノート

債務整理をする必要があるとしても、自分で進めるのではなく弁護士への依頼をおすすめします。その理由は、プロの目線から自分に必要な債務整理を提案してくれるからです。

 例えば、任意整理は必ず成立するとは限りません。任意整理はあくまでも金融会社との「和解」となるため、金融会社が了承することで初めて成立します。

しかし、自力で任意整理を進めるには、経験や知識不足などにより難しいです。弁護士など法律の専門家に依頼すると、交渉をはじめ手続きを一任できます。

相談料無料の事務所も少なくないため、自分のニーズに合った弁護士を探してみてください。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

費用で比較!安いおすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング

弁護士・司法書士に相談するなら、何度でも相談が無料だと、相談がしやすくて嬉しいですよね。

そこでここからは、債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所の中でも、何度でも相談が無料な事務所だけをピックアップして、費用が安い順にご紹介します。

費用の安さは、各事務所の着手金を比較して、そのほか相談のしやすさを比べられるように、

  • 相談・依頼の対象地域
  • 出張相談にかかる費用
  • 弁護士・司法書士事務所の営業日

の3つのポイントを比較しました。

ぜひ、弁護士・司法書士事務所選びの参考にしてみて下さいね。

はたの法務事務所

はたの法務事務所

費用のポイント

着手金 無料 基本報酬 1社2万円〜
減額報酬 10% 分割払い

※費用は公式サイト参照

はたの法務事務所は、着手金が無料です。過払い金があるかどうかの調査も、無料で行ってくれます。

手持ち金がなくても相談月の支払いからストップでき、費用は分割払いが可能と、現在手元にお金がなくて困っている方には、相談しやすい司法書士事務所です。

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 無料 土日対応 可(無料)

はたの法務事務所は、全国各地どこでも無料で出張相談してくれます。

メールでのお問い合わせは24時間OK。電話は女性・男性別に専用のダイヤルがあり、土日祝日も8時半〜21時の間受け付けています。

債務整理は、1社でも対応してくれますよ。
↓全国無料で出張対応可能↓
 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス弁護士事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い -

※費用は税込表示、1件につきの価格

東京ロータスに任意整理を依頼する場合、上記の費用のほかに、諸費用として1件につき5,500円(税込)がかかります

司法書士ではなく、弁護士に依頼しなければならない場合は、東京ロータス法律事務所がおすすめです。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
(要相談)
出張費用 - 土日対応

東京ロータス法律事務所では、メールや電話での相談も可能で、通話料は無料です。

全国からの相談に対応してくれるようですが、自己破産や個人再生を依頼する場合は、来所が必要になるため注意をしましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
↓全国対応可能↓
 

ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり法律事務所

費用のポイント

着手金 22,000円 基本報酬 22,000円
減額報酬 11% 分割払い

※費用は税込表示、1件につきの価格

ひばり(旧名村)法律事務所も、上記費用の他に、経費として1社5,500円(税込)がかかります。

↓全国対応可能↓

相談のポイント

無料相談
回数
何度でも 対象地域 全国
どこでも
出張費用 - 土日対応 不可

ひばり法律事務所は、全国各地どこからの相談・依頼にも対応しています。

まずは、相談予約フォームか電話で問い合わせてみましょう。電話の場合、土日祝日は定休日なので注意が必要です。

↓全国無料で出張対応可能↓

借金問題に関するよくある質問

借金問題の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所は?
東京ロータス法律事務所、ひばり(名村)法律事務所、はたの法務事務所、アース法律事務所、新大阪法務司法書士事務所、債務Ldayがおすすめです。経験豊富な弁護士や司法書士が借金問題の早期解決を手助けしてくれるため、ぜひ相談し見てください。
借金300万ができる主な理由は?
人それぞれですが、主な理由としてはギャンブル・買い物などの浪費・学費・生活費・減給などが挙げられます。贅沢することによるものだけでなく、生きるためや子どものためなど、さまざまな理由があるのです。
借金300万は自力で返済可能?
結論から言うと、自力での返済は可能です。その一つのラインとして、年収の3分の1を超えているか否かが判断基準となります。一般的に、年収の3分の1を超えた借金は、返済能力が伴っていないとして完済が難しいと言われています。
借金300万を自力で返す方法は?
収入を増やして支出を減らす、無駄遣いをしない、おまとめローンや借り換えをして金利を下げるなどの方法があります。単純に毎月の収支が変われば返済に回せるお金は増えるため、副業などをして稼ぐことを考えましょう。また、金利による利息を下げるために、おまとめや借り換えも有効です。
借金300万を自力で返済する際の注意点は?
利息はどれくらいかかるかを計算し、きちんと返済計画に対応できるかを把握しましょう。目先だけでなく先を見据え現実的な返済計画を立て、自力で返せるかをしっかりと考えることが重要です。
借金300万でも住宅ローンは組める?
借金があっても住宅ローンの審査に通る可能性はあります。しかし、収入に対して返済できる額であるかが重要です。一般的に年収に対する返済負担率は30%が目安とされているため、超えていると難しいかもしれません。
借金300万は自力で返済できない場合は債務整理を検討すべき?
どうしても返していけない場合、債務整理は一つの解決手段となります。借金を減額や免除できるメリットだけでなく、ブラックリストに掲載されるといったデメリットも踏まえたうえで検討しましょう。
債務整理をする際に弁護士への依頼がおすすめな理由は?
プロの目線から自分に必要な債務整理を提案してくれるため、依頼をおすすめします。債権者との交渉や必要な書類提出など、手続きをサポートしてくれるためスムーズに進む点も依頼するメリットです。

まとめ

この記事では、借金300万は自力で返せるかを解説し、知っておくべき返済方法や対策となる債務整理についても紹介しました。

収支のバランスを変える、おまとめローンや借り換えをするなど、さまざまな方法により自力で返すことは可能です。

どうしても返済が難しい場合は、弁護士に依頼し債務整理をすることも検討しましょう。

債務整理の際は、実績がある法律事務所に依頼することをおすすめします。
\相談は何回しても無料!!/
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事