無職でも借金できる?返せない場合のリスクや返済のコツも解説

借金を抱えていると不都合が多いため、一日でも早く解消したいと考える人は少なくありません。しかし、無職の場合は収入がないため、完済を目指すどころかお金を借り入れたり、借金を減らしたりすることが困難です。

生活に必要だとしても、「無職だからお金を借りられないのではないか」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、無職でもお金を借りられる可能性がある6つの方法を紹介し、知っておきたい債務整理についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

無職で借金が返済できない場合のリスクや返済のコツについても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

借金を減額したい方必見!

借金を減額できるか気になる方もいるかもしれません。借金を減額できるかどうかわからない場合は借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

借金減額シミュレーターでは借金が減らせるかどうかが無料でわかります。中でもおすすめなのが「弁護士法人・響」の借金減額診断です。

謝金減額診断_利用手順
響の借金減額診断のおすすめポイント
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ
  • 無料・匿名で診断可能
  • 運営元は実績のある弁護士事務所だから安心
お金をかけずに診断できるので、不安な方はぜひ一度試してみてくださいね。
\まずはどれくらい減額できるかチェック/

無職でも借金可能?借入できる可能性がある6つの方法

コインを見せる人

クレジットカードのキャッシングを利用

無職の場合は収入が見込めないため、何とかしてお金を作らなければいけません。その際、クレジットカードを所持している場合はキャッシングを活用してみましょう。

クレジットカードのキャッシングとは、通常利用のショッピング枠とは別に設けられた現金を引き出せるサービスです。利用枠内であれば、提携ATMや銀行などで手軽に利用できます。

 キャッシングは借り入れの際は審査不要となりますが、事前にキャッシング利用の審査には通過しておかなければいけません。

なお、キャッシング利用は金利がかかるため、借りた金額をそのまま返済すれば良い訳ではありません。主なクレジットカードのキャッシング利率を以下にまとめています。

カード名 利率(実質年率)
三井住友カード(※1) 15.0%~18.0%
JCBカード(※2) 15.0%~18.0%
楽天カード(※3) 18.0%
Orico Card THE POINT(※4) 15.0%~18.0%
ライフカード(※5) 13.505%~18.0%

それぞれで利率は異なるため、事前に確認しておきましょう。また、借り入れできる限度額も各社で違ってきます。

生命保険の契約者貸付制度を利用

現金

生命保険の契約者貸付とは、解約返戻金の一部を保険会社から借り入れできる制度です。保険の種類によっては、解約をする際に返戻金としてお金が戻ってくる商品があります。

 契約者貸付は解約をせずに借り入れできるため、無職でお金がない場合、借金返済に充てられる手段の一つです。

返戻金の額は組んでいるプランや商品により異なるため、人それぞれ借り入れできる金額には差が生じます。なお、利息も発生するため事前に把握しておきましょう。

解約不要な点のメリット

生命保険の契約者貸付は、本来解約した際に受け取れる返戻金を解約せずに借り入れできる制度です。主に、以下のメリットがあります。

主なメリット
  • 保障を継続して受けられる
  • 再加入の必要がないため保険料が変わらない

加入している保険を解約する訳ではないため、そのまま継続して保障を受けられる点は大きなメリットです。

また、保険は加入する際の年齢により保険料が変動します。一度解約をして再加入する際、以前よりも年齢が上がっていると保険料は高くなるため負担が大きくなるのです。

その点、契約者貸付は解約をせず利用できる制度となるため引き続き同じ保険料となります。

長期間に渡って借り入れをしている場合、仮に返済ができなければ保険が失効となる可能性もゼロではありません。

年金担保融資を利用

紙幣と封筒

年金担保融資とは、その名の通り年金を担保としてお金を借りられる制度です。要は、本来受け取る年金を借金返済用として借り入れする形となります。

年金から天引きされるため、借り入れた分を完済するまでは受取額が少なくなると理解しておきましょう。

年金は生活をするうえで重要なお金となるため、リスクを理解したうえで利用を検討してください。

不動産担保ローンを利用

不動産担保ローンとは、所有する不動産を担保にして現金を借り入れする制度です。不安視される審査についても、不動産が担保としてあるため、無職でも借り入れできる可能性があります。

審査に通過しやすいというメリットがある一方で、以下の注意点もあるため把握しておきましょう。

不動産担保ローンの注意点
  • 返済できなければ不動産は手放すことになる
  • 債務整理の際に不都合となる可能性がある

借り入れした分を返済できない場合は、不動産を担保にしているため手放すことなるかもしれません。

また、返済できない状況に陥ると、お金を貸している側は不動産を競売にかける可能性があるため財産を失うことになるのです。

つまり、債務整理の手続きをするとなった場合に、財産を所有していないとなれば処理が難しくなる可能性があります。

メリット・デメリットをきちんと理解したうえで、利用を検討しなければいけません。

質屋を利用する

ショップ

高級ブランドのバッグや財布、さらには時計などを所持している場合は、質屋に預けてお金を借りるという方法もあります。

 質屋は品物を預ける代わりに、現金を融資してもらえる店舗のことです。設定された期限までに元金と利息を合わせた金額を返済します。

融資を受けた金額を返済できれば預けた品物は手元に返ってくる点は、質屋のメリットです。また、仮に借り入れた分を返済できない場合は、品物を失うだけとなります。

家族・知人から借りる

無職で収入がない場合、自分の周囲の人にお金を借りるという方法もあります。家族・友人など、信頼できる人や親しい間柄の人に相談してみましょう。

その際、いくら関係性の深い間柄とはいえお金の切れ目は縁の切れ目と言えます。きちんと信用・信頼のうえでやり取りするため、借用書を作成しておくことがおすすめです。

口約束での貸し借りは後々トラブルに発展しかねないため、未然に防ぐため借用書は必須と認識しておいてください。

「無職でも借金できる」と謳う業者は危険

紙幣を見せる人

「無職でも借金できる」と謳う業者には、十分注意してください。いわゆる闇金の可能性があります。

貸金業者や銀行など、今では多くのカードローンサービスが提供されています。ただし、利用するにあたって審査に通過しなければいけないため、誰でも利用できるものではありません。

審査のチェックポイント
  • 安定した収入があるか
  • 過去の利用履歴
  • 他社からの借入状況

上記から、無職の場合は収入が見込めないため、安定した収入という点で基準をクリアできないでしょう。返済能力がないことは、貸す側からすると貸し倒れのリスクとなります。

無職で収入がないにも関わらず、「借入可能」と謳っている業者は、不当な金利で貸し付けをするなど、より借金が膨らむ危険性があるのです。

無職で借金が返済できない場合のリスクとは

悩む人

遅延損害金が発生する

貸金業者から借りているお金は、金利による利息がかかります。そのため、元金に利息分を合算した金額を返済しなければいけません。

多くの貸金業者で、遅延損害金は実質20.0%で設定されています。遅延損害金は1日返済が遅れるごとに加算され続けるため、完済までの期間が長いほど負担は大きくなるのです。

 たとえ1日でも返済が遅れると遅延損害金は発生するため、融資を受けている場合は十分注意を払う必要があります。

無職というお金がない状況でさらなる負担がかかることになるため、返済遅れは避けなければいけません。

ブラックリストに載る

男性の後ろ姿

期日までに借りていたお金を返済できない場合、滞納扱いとなります。滞納を繰り返していると信用情報機関に登録され、いわゆるブラックリストに載った状態となるのです。

ブラックリストに載ると社会的信用を著しく欠いていることになるため、私生活においてさまざまな不都合が生じます。

主な支障
  • 新たな借り入れができない
  • クレジットカードが作成できない
  • マイカー・マイホームなどの各種ローンが組めない
  • スマートフォンの分割購入ができない

お金が必要なときに借り入れができない、今のキャッシュレス化が進む現代においてクレジットカードが使えないなどは、生活するにあたって大きな支障と言えるでしょう。

また、信用がないことから各種ローンの審査落ちは濃厚です。身近なもので言うと、スマートフォンの分割購入もできない可能性があります。

財産を差し押さえられる

悩んでいる人

債務者が債権者に対して借金の返済をしない場合、裁判に発展する可能性があります。そして、裁判での判決に対して従わなければ、財産を差し押さえられることがあるのです。

差し押さえられるもの
  • 預貯金
  • 給与
  • 不動産
  • 自動車
  • 生命保険

価値あるものは失ってしまうため、生活するにあたって大きな打撃を受けることになります。

なお、すべてを差し押さえられる訳ではなく、66万円未満の現金や生活に欠かせない衣服・寝具・台所用具などは持っていかれることはありません。

連帯保証人に請求

融資を受けるために契約する際、連帯保証人を設定しています。仮に借り入れをした本人が返済不能となった場合、連帯保証人が代わりに返済しなければいけません

大抵は家族が連帯保証人となっている場合が多いです。つまり、自分のせいで家族に迷惑がかかってしまいます。

無職の人が借金を返すためのコツ

紙幣を見せる人

現実的な返済計画を立てる

きちんと借入した分を返すためには、現実的な返済計画を立てなければいけません。

つまり、今自分がいくら借りていて、いつまでにどれだけの金額を返さなければいけないかをきちんと把握する必要があります。

 借入状況については、契約書類を確認しましょう。なお、債権者に対して取引履歴を開示することも可能です。

複数の借入先がある場合も、一社ずつに開示請求をしてトータルの借入額を把握します。そのうえで、毎月どれだけ返済しなければいけないかを明確にしてください。

仕事を見つけて収入減を作る

紙幣

無職の状態では収入がないため、当然ながら借金の返済ができません。きちんと返せるよう、仕事を見つけて収入減を確保しましょう。

今ではお金を稼ぐための手段は多岐に渡り、正社員・契約社員・アルバイトなどの雇用形態にこだわることはありません。パソコンさえあれば、自宅でも気軽に稼げます。

おすすめの仕事
  • クラウドソーシング
  • 短期バイト

クラウドソーシングは企業案件をWeb上で受けることができ、かつ安定した収入が見込める仕事です。主に、データ入力やライティングといった業務があります。

また、日払いといった短期バイトもおすすめです。求人情報をチェックするとさまざまな仕事が掲載されているため、ぜひ目を通してみてください。

価値のある財産を売却する

所有する物のうち、価値がありそうな財産を売ってお金を作る方法も一つです。ブランド物のバッグ・財布・アクセサリーなどは高く売れる可能性があります。

今ではリサイクルショップも街中に多くあるため、比較的売却しやすいです。また、メルカリやヤフオクなど、ネット上で私物を売れるサービスも少なくありません。

ネットオークションは、気軽に売れるうえ自分の希望額で出品できるというメリットがあります。

無職で借金を返せない場合のNG行動

紙幣を見せる人

無職でお金がなく、借金の返済ができないと困っている場合、以下の行動を取ってはいけません

主なNG行動
  • 闇金からお金を借りる
  • 一攫千金を狙いギャンブル・投資をする
  • とりあえずキャッシングをする

闇金からお金を借りると、不当な金利によってみるみる元金は膨らんでいきます。その結果、返済ができず取り立てに遭うなど支障をきたすことしかありません。

法律内で貸し付けをしている業者ではないため、取り立ての方法も恐怖心を植え付けるものとなる可能性があります。精神的負担も大きいため利用は避けましょう。

また、ギャンブル・投資で一攫千金を狙い借金を完済するといった、甘い考えも持たないようにしましょう。むしろ、失敗に終わり借金増額となるリスクがあります。

無計画なキャッシングは、借金が膨らむだけに過ぎないため利用しない方が良いです。

無職で借金返済が苦しい場合は債務整理を検討しよう

現金

無職のため収入がなく、借金の返済が苦しい場合は債務整理の手続きをするという手段があります。債務整理の種類は、主に以下の3つです。

任意整理

任意整理は無職でも手続きが可能な場合があります。任意整理とは、債権者と債務者の交渉により借金を減額するものです。

そして、金利をカットするなどの手段によって元本のみを3年程度の分割で返済するという和解を結びます。

 現在無職でも、近い将来に仕事に就くなど収入の見込みがあれば利用できるケースがあるのです。

また、専業主婦や学生の場合は家族が返済に対して援助してくれるとなれば、手続きに進める可能性があります。

個人再生

書類に記入する人

個人再生は、基本的に無職の場合は利用することが難しいです。近い将来に収入を得られる見込みがあったとしても、現在が無職となれば厳しいでしょう。

個人再生は、裁判所に再生計画の認可決定を受け、大幅に減額してもらう手続きです。減額後の借金は約3年をかけて返済し、残りについては支払い義務がなくなります。

借金は5分の1程度に減額されるため、生活再建が見込めます。

自己破産

自己破産は、無職でも利用可能です。自己破産は借金の返済が不可能であると見込まれる人が、全額免除される手続きとなります。

 無職で収入がなければ返済不能と言えるため、判断にはよりますが適用される可能性はゼロではありません。

ただし、借金の理由が免責不許可事由に当てはまらないこと、非免責債権ではない借金であることなどが条件となります。

無職で借金の返済に困っているなら弁護士への相談がおすすめ

腕時計をした男性

借金問題に困っている場合は、弁護士への相談がおすすめです。弁護士に相談することで、主に以下のメリットがあります。

弁護士に相談するメリット
  • 債務整理の手続きを代行してもらえる
  • 債権者との交渉をしてくれる
  • 借金の減額が期待できる
  • 取り立てがストップする

債務整理の手続きは非常に複雑なため、自身で進めることは現実的ではありません。弁護士に相談することで、難しい手続きを代行してくれます。

 債権者との交渉もしてくれるため、借金の減額が期待できる点もメリットです。

また、弁護士に債務整理の依頼をした時点で受任通知が債権者に対して送付されます。受任通知が届くと債権者は法律により取り立てが禁止されるため、精神的苦痛から一旦解放されるのです。

弁護士は借金問題解決に向けて全面的にサポートしてくれるため、依頼者にとっては安心感も得られます。

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

この記事では、無職でも借金を返済する6つの方法を紹介し、対策となる債務整理についても解説しました。

無職でもクレジットカードのキャッシングや生命保険の契約者貸付制度、年金担保融資を利用するといった方法で、返済できる可能性があります。

どうしても返済が難しい場合は、債務整理を検討してみましょう。その際、手続きは大変複雑なため、弁護士への相談・依頼をおすすめします。

弁護士に依頼することで、手続きの代行・債権者との交渉・取り立てがストップするなどのメリットがあります。

記事内では無料相談を実施している弁護士・司法書士事務所を紹介したため、借金問題でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

\相談は何回しても無料!!/
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事