収入保障保険は必要ない?必要な人はこんな人!

収入保障保険は必要ない?必要な人はこんな人!

収入保障保険は一家の大黒柱に万が一のことがあった場合に、家族の生活費をサポートしてくれる心強い生命保険です。

読者
万が一のことは誰にでも起こり得ることなので、できるだけ備えておくためにも収入保障保険の必要性が知りたいです。

読者
私は以前、収入保障保険は必要ないという意見も耳にしたことがあるので、加入を迷っています。

ほけんのぜんぶ
そこで今回は、収入保障保険はどのような保障をしてくれるのか、メリットやデメリットなどを把握し、必要な人と必要でない人を考えていきましょう。
この記事でわかること
  • 収入保障保険は、被保険者に万が一のことがあった場合の子どもの教育費や家族の生活費をカバーするための保険です。
  • そのため、子どもがまだ小さい、配偶者が専業主婦(夫)である、自営業や個人事業主であるといったご家庭には加入するメリットの多い保険です。
  • 保険料が安く、ライフステージに応じた保障額になるように設計されているため、無駄なく保障を付けることができます。
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

この記事は5分程度で読めます。

収入保障保険は必要ない?

収入保障保険は、本当に必要ないものなのかを考えるにあたって、まずは収入保障保険とはどういった保険なのか、その特徴について詳しく確認していきましょう。

収入保障保険とは

収入保障保険とは?
収入保障保険とは、家計を支えている被保険者が死亡または高度障害状態に陥ったときに、家族が保険金を一時金ではなく、お給料のように毎月一定額ずつ受け取ることができる生命保険のことをいいます。

一度にまとまったお金を受け取るよりも、月々で受け取った方が計画的に使いやすいというメリットがあります。

 注意

とはいえ、保険金はもちろん一括で受け取ることもできますが、その場合の保険金額は年金で受け取る場合の総額よりも少なくなる点に注意が必要です。

収入保障保険の特徴

収入保障保険はどのような特徴があるのでしょうか?
主に以下の4つの特徴がありますので、それぞれについて確認していきましょう。

収入保障保険の特徴
  • 保険期間は一定
  • 経過年数に応じて保険金額が減少する
  • 保険金は年金形式で受け取る
  • 最低保証期間がある

それぞれについて解説します。

保障期間は一定期間

生命保険の保障期間には、一生涯の保障である「終身タイプ」と一定期間のみを保障する「定期タイプ」がありますが、収入保障保険は一定期間の保障に限定された「定期タイプ」の保険にあたります。

 保障期間の決め方

保障期間の決め方はふた通りあり、10年や20年といった一定期間を保障するものと、被保険者が55歳や60歳など一定の年齢に達するまで保障するものがあります。

経過年数に応じて保険金額が減少する

収入保障保険の主な役割として、被契約者に万が一のことがあった場合に、家族の生活費などを保障するということがあります。

 ポイント

一般的に、子どもが生まれてから大学を卒業し独立するまでが最もお金のかかる時期なので、この時期に被保険者の万が一に備えて十分な保障をつけておかなくてはなりません。

読者
しかし、その後もずっと大きな保障が必要となるわけではなく、子どもが大学を卒業した後は徐々に必要保障額は少なくなりますよね。

一般的な定期保険は、契約日から契約満了日まで一定金額が保障されていますが、収入保障保険は契約時が最も保障額が大きく、徐々に減額され満期時に0円となります。

ほけんのぜんぶ
収入保障保険は、ライフステージに合わせて保障額が変化していくので、合理的な保険といえます。

保険金は年金形式で受け取る

先にも少し触れましたが、収入保障保険は一度にまとまった保険金を受け取るのではなく、お給料のように年金形式で月々一定額を受け取るかたちが一般的です。

保険期間中に、被契約者に万が一のことがあった時点から満期日まで受け取ることができますが、契約日から期間が経過するほど受け取る年金額は少額になっていきます。

読者
保険金を一度にまとめて受け取ることもできますが、無駄遣いをしてしまう可能性もありますよね。

読者
また、あまりにも大金ですとどのように管理しておけばいいのか悩んでしまいます。

ほけんのぜんぶ
しかし、年金形式で受け取ることができれば、「今月はこのお金をやりくりする」ということがわかりやすいので、計画的に生活費として利用できるでしょう。

最低保証期間がある

収入保障保険は、契約日からの期間が経過するほど受け取れる年金額が少なくなっていくため、契約満了日付近に万が一のことがあった場合、「保険金をほとんど受け取れない」という心配が出てきます。

 ポイント

そのような可能性を考慮し、収入保障保険には「最低保証期間」が設けられています。

たとえば…

たとえば、35歳の男性が60歳満了の収入保障保険に加入し、最低保証期間を10年間、年金額10万円で契約したとします。

仮にこの男性が50歳で死亡した場合、残された家族は、残りの10年間に毎月10万円ずつの保険金を受け取ることができるのです。

ほけんのぜんぶ
なお、最低保証期間や年金額は保険商品によって異なるため、ご自身の安心できる商品を選ぶと良いでしょう。

収入保障保険が必要な人と必要ない人はこんな人!

収入保障保険とはどういった特徴を持った保険なのかがわかったところで、収入保障保険が必要な人と必要でない人をまとめてみました。

収入保障保険が必要な人 収入保障保険が必要ない人
・子どもがまだ小さい

・自営業や個人事業主

・賃貸物件に住んでいる

・配偶者が専業主婦()

・子どもがいなく共働き

・子どもがすでに大きい

・独身

・十分な蓄えがある

ではそれぞれのタイプの人について確認していきましょう。

収入保障保険が必要な人

まずは収入保障保険が必要な人から見ていきます。

ほけんのぜんぶ
いずれも、被契約者の収入が生活費のメインになっているケースが該当します。

子どもがまだ小さい

子どもがまだ小さいご家庭では、今後教育費をはじめお金が必要になる時期が続きます。

読者
子育て期に被契約者に万が一のことがあり収入がなくなってしまうと、教育費だけでなく家族の生活費もショートしてしまいますよね。

ほけんのぜんぶ
「何年間の保障があれば安心して生活していけるのか」を考慮して保障期間を決めると良いでしょう。

自営業や個人事業主

 ポイント

自営業や個人事業主、フリーランスの方が加入している公的年金制度は「国民年金」のみなので、万が一のことがあったときに受け取れる年金は国民年金の「遺族基礎年金」のみとなります。

一方で、会社員や公務員が加入している厚生年金であれば、「遺族基礎年金」にプラスして「遺族厚生年金」も受け取ることができます。

ほけんのぜんぶ
自営業などの方は「遺族厚生年金」にあたるものが受け取れないので、収入保障保険に加入して備えておくと安心です。
 注意

また、厚生年金では病気やけがで会社を休んだときに「傷病手当金」を受け取れるので、家族の生活費に充てることが可能ですが、国民年金にはこの傷病手当金に該当するものがありません。

こういったケースに備えるためにも収入保障保険が役立つでしょう。

賃貸物件に住んでいる

マイホームを購入し住宅ローンを組んでいる場合、ほとんどのケースで「団体信用生命保険(団信)」に加入するので、住宅ローン返済中に契約者に万が一のことがあった場合、住宅ローンの残債は支払いを免除され、家族が支払う必要はなくなります。

ほけんのぜんぶ
もちろん、そのまま家に住み続けることができます。

しかし、賃貸物件に住んでいるご家庭の場合は、今後も家賃を支払っていかなくてはなりません。

読者
家賃を毎月定期的に確保することは、残された家族には大きな負担となることが考えられますね。

配偶者が専業主婦(夫)

子どもが小さいご家庭の場合など、配偶者が専業主婦(夫)であるケースも多いですが、その場合被契約者に万が一のことがあると生活費がなくなってしまいます。

ほけんのぜんぶ
子どもが独立するまでの教育費と家族の生活費をカバーできるくらいの保障を付けておくと、安心して毎日の生活を送ることができますね。

収入保障保険が必要ない人

一方で、収入保障保険が必要ない人も見ていきましょう。被契約者の収入がなくなってしまっても、家族の生活費が足りなくなる心配がないケースが該当します。

子どもがいなく共働き

共働き夫婦で子どもがいなく、それぞれ経済的に自立している夫婦の場合、どちらかに万が一のことがあっても生活費が足りなくなるといったダメージは少ないと考えられます。

ほけんのぜんぶ
こういった形態のご家庭では、収入保障保険ではなく、医療保険やがん保険、または老後資金の準備のための個人年金保険などへの加入を優先すると良いでしょう。

子どもがすでに大きい

収入保障保険への加入を検討し始めた時期にすでに子どもが大きくなっており、独立まであと数年という場合には、収入保障保険への加入の必要性は低いといえます。

読者
子どもが独立すれば教育費などが不要になり、家族のための費用も徐々に少なくなっていきますよね。
 注意

ただし、配偶者が専業主婦(夫)で収入がない場合は、配偶者が公的年金を受給できるようになるまで収入保障保険で保障を付けておくという方法もあります。

独身

独身の方は、ご自身に万が一のことがあっても残された家族のことを心配する必要がないため、収入保障保険に加入する必要性はほぼないといっても良いでしょう。

 ポイント

独身の方はご、自身の医療保険やお葬式代としての終身保険といった商品での備えの方が優先されます。

ただし、独身であっても高齢の両親を扶養している、離婚した配偶者の子どもに養育費を支払っているといった場合は、収入保障保険への加入も必要になるかもしれません。

十分な蓄えがある

収入保障保険に加入せずとも、貯蓄やほかの保険商品などで十分な蓄えがあったり保障を付けてあったりする場合は、収入保障保険に加入する必要性は低いでしょう。

ほけんのぜんぶ
子どもが独立するまでの期間や、配偶者が公的年金を受給できるまでの期間を考慮し、生活費困らないだけの準備がすでにできていれば十分といえます。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

収入保障保険に加入するメリットとデメリットとは

ほけんのぜんぶ
収入保障保険への加入を検討する際には、メリットとデメリットについても知っておく必要がありますね。

以下に収入保障保険のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
・保険料が安い

・毎月計画的に生活費を使える

・保険の見直しの必要性があまりない

・中途解約しても解約金は受け取れない

・学資保険などまとまった資金の備えには不向き

では、メリット・デメリットについてしっかり確認しておきましょう。

メリット

収入保障保険のメリットは、保険料の安さと保険金の受け取りが年金形式であるといった点にあります。

保険料が安い

ほけんのぜんぶ
収入保障保険は、契約日から期間が経過するほど保険金の総受取金額が減少していくため、一般的な定期保険と比較して保険料が安いというメリットがあります。

読者
必要なときに必要なだけ保障が付けられるので、子育て世代にぴったりの保険といえますね。

また、収入保障保険は掛け捨て型なので、貯蓄タイプの生命保険よりも保険料が安く済むということもあります。

毎月計画的に生活費を使える

すでにご紹介している通り、収入保障保険は保険金をお給料のように年金形式で受け取れるため、月々の生活費として計画的に利用することができます。

 注意

仮に保険金を一括で受け取るとすると、まとまったお金をどのように貯めておくか、月々いくらなら使えるのかなど、すべてをご自身で考えていかなくてはなりません。

ほけんのぜんぶ
しっかり管理できる方なら問題ありませんが、やはり月々一定額を受け取った方が使いやすいですね。

保険の見直しの必要性があまりない

生命保険に加入すると、定期的に保障の見直しをする必要があり、一般的な定期保険に加入した場合は、更新時などに必要な保障額を検討しなくてはなりません。

さらに、定期保険は更新時に年齢に応じた保険料に再計算されるため、更新のたびに高額になっていくことがほとんどです。

 ポイント

しかし、収入保障保険は最初から必要保障額に応じた設計となっているため、大きな変化がない限りご自身で定期的に検討する必要はあまりないといえます。

ほけんのぜんぶ
更新がないので保険料がずっと変わらず一定というのもメリットです。

デメリット

収入保障保険にはさまざまなメリットがあることがわかりましたが、一方でデメリットもあります。

ほけんのぜんぶ
契約してからトラブルにならないように、ここで確認しておきましょう。

中途解約しても解約金は受け取れない

収入保障保険は掛け捨て型の生命保険なので貯蓄性がなく、中途解約をしても解約返戻金を受け取ることができないうえに、払い込んだ保険料が戻ってくるということもありません。

読者
しかし、その分保険料を安く抑えることができているということですね。

ほけんのぜんぶ
そのため、収入保障保険に加入する場合は貯蓄についてはほかの方法で備える必要があります。

学資保険などまとまった資金の備えには不向き

収入保障保険は原則年金形式での受け取りとなっていますが、一括での受け取りを選択することもできます。

 注意

しかし、総受取金額で比較すると、一括で受け取る場合は年金形式で受け取る場合の8割程度の金額になってしまう可能性があります。

なぜ受け取れる金額が少なくなるのでしょうか?
収入保障保険はを年金形式で受け取る場合は、残りの原資を保険会社が運用するため運用益を付けることが可能です。しかし、原資だけをまとめて受け取ってしまうと運用益分を考慮されないため、少なくなってしまうのです。

読者
せっかくの保険金が2割ほど減額されてしまうのは残念ですね。

ほけんのぜんぶ
とはいえ、子どもの大学進学時などまとまった資金が必要になることあるので、理想をいえば学資保険などで別に備えておけると安心です。

まとめ

収入保障保険は、被保険者に万が一のことがあった場合の子どもの教育費や家族の生活費をカバーするための保険です。

そのため、子どもがまだ小さい、配偶者が専業主婦(夫)である、自営業や個人事業主であるといったご家庭には加入するメリットの多い保険です。

保険料が安く、ライフステージに応じた保障額になるように設計されているため、無駄なく保障を付けることができます。

 

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!