学資保険を資料請求する際の注意点と選び方を徹底解説!

学資保険を資料請求する際の注意点と選び方を徹底解説!

読者
学資保険の内容を詳しく知りたいとき、資料請求をして自宅に送付してもらう方法があると知りました。

ほけんのぜんぶ
インターネットで確認することもできますが、じっくり検討したいときにはパンフレット等の資料が手元にあると便利ですよね。

目についた商品を次々資料請求するのもいいですが、資料請求をする際にはポイントや注意点がありますので、それらを抑えたうえで効率良くお得な資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

ここでは、学資保険の資料請求をする際のポイントや注意点をはじめ、メリット、学資保険の選び方などについてもご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 学資保険の資料請求をすると、手元にパンフレット等が届くため時間をかけてゆっくり検討することができます。
  • また、一括資料請求をすれば、一度の手続きで複数の学資保険の資料をまとめて依頼できるので便利です。
  • 資料請求をするとキャンペーンで豪華賞品をプレゼントしている保険会社もありますが、キャンペーンに惑わされず、学資保険の内容をしっかり確認することも大切です。
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

PR

ソニー生命の学資保険

おすすめの学資保険ランキング1位、ソニー生命の学資保険

学資保険の資料請求をするメリット

学資保険の資料請求をする方法には、主に以下のふたつの方法があります。

学資保険の資料請求方法
  • 保険会社に直接連絡をして送付依頼する方法
  • 「一括資料請求」で複数の保険会社からまとめて依頼する方法

保険会社から直接送付してもらう場合は、保険会社の公式サイトにアクセスし、「資料請求」や「パンフレット請求」といったボタンをクリックするだけでOKです。

ほけんのぜんぶ
一括資料請求する場合は、以下の一括資料請求サイトを利用すると便利で、無料で複数の保険会社の資料を一度に請求できることができます。
学資保険の無料資料請求は保険市場で!

では、学資保険の資料請求をするとどのようなメリットがあるのか、主な3つのメリットについてご紹介していきます。

1.一括資料請求なら一度に複数の商品を請求できる

 ポイント

インターネット上には、さまざまな「一括資料請求サイト」がありますが、ほとんどのサイトは無料で利用でき会員登録等を求められることもほぼありません。

たとえば以下のボタンをクリックすると、各保険会社で取り扱っている学資保険が一覧で表示され、学資保険名と商品概要が簡単に紹介されています。

ご自身が気になった学資保険の「資料請求」ボタンをクリックすると、資料の送付先を入力する画面が出ますので、名前や住所など必要事項を入力します。

学資保険の無料資料請求は保険市場で!

読者
保険会社一社一社に資料請求をするとなると送付先の入力だけでも大変ですが、一括資料請求サイトを利用すれば、一回入力するだけで複数の学資保険の資料送付依頼をすることができるんですね!

ほけんのぜんぶ
忙しい方にはもちろんのこと、ちょっと面倒くさがり屋の方にもおすすめです。

2.複数の学資保険を資料でゆっくり比較できる

学資保険のそれぞれの内容は、保険会社の公式サイトなどでも閲覧することができますが、複数の商品を一度に比較する場合はパンフレットなどの紙媒体の方が見やすいこともあります。

読者
紙媒体であれば、気になるところにマーカーでしるしをつけたり、付箋を貼っておいて後で保険会社の担当者に相談したりすることもできますしね。

ほけんのぜんぶ
また、手の届くところに置いておけば、パソコンやスマホでネットに接続しなくてもすぐに見られるというメリットもあります。

3.プレゼントがもらえることもある

学資保険の資料請求をすると、キャンペーンや特典などでプレゼントがもらえる商品もあります。

 ポイント

保険会社によって請求者全員に配布されるところと、抽選で配布されるところがあり、プレゼントをもらえる条件は保険会社ごとに異なります。

どのようなプレゼントがもらえるのか気になりますが、家電やベビーグッズ、食品など幅広いジャンルのものが用意されています。

ほけんのぜんぶ
ちなみに、キャンペーンは開催期間が決められているため、保険会社の公式サイトや一括資料請求サイトで確認してみましょう。
学資保険の無料資料請求は保険市場で!

学資保険の資料請求をする際のポイント

学資保険の資料請求をする際には、次のふたつのポイントを押さえたうえで申し込みましょう。

学資保険の資料を請求する際のポイント
  • 必要事項は正確に入力する
  • 複数の商品を選ぶ

ではそれぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

必要事項は正確に入力する

インターネットから学資保険の資料請求をする場合、申し込みフォームで名前や住所、生年月日などの必要事項を入力しますので、間違えないように入力しましょう。

 注意

特に、生年月日を間違えてしまうと保険料や満期受取金などの計算結果が異なってしまいます。

ほけんのぜんぶ

せっかく見積もりを取ってもらっても参考にならなくなってしまいますので、入力した後は必ず見直しをするようにしてください。

複数の商品を選ぶ

学資保険の一括資料請求サイトで依頼する場合、気になる商品はすべて選び送付依頼をしましょう。

サイトによっては最大〇件までといったように上限がある場合もありますが、学資保険の種類はそれほど多いわけではないので、希望通りの件数は送付依頼できることが多いです。

ほけんのぜんぶ
子どもに最適な学資保険を選ぶためには、複数の商品を比較検討することが大切なので、ぜひ気になる商品をできるだけ入手してください。
学資保険の無料資料請求は保険市場で!

学資保険の選び方ポイント

学資保険の資料請求をする際のポイントも大切ですが、学資保険自体の選び方のポイントも押さえておく必要があります。

納得のいく学資保険選びには、以下の5つのポイントを押さえて選ぶことをおすすめします。

学資保険の選び方ポイント
  • 「返戻率」を比較する
  • 「貯蓄」メインか「保障」メインかを明確にする
  • 加入タイミングは「できるだけ早く」がおすすめ
  • 「お祝い金」や「満期金」を受け取る時期 払込期間は慎重に検討する

では、ひとつずつ確認していきましょう。

1.「返戻率」を比較する

複数ある学資保険のなかからひとつを選び出す際には、「返戻率の高さ」を比較することが大切です。

返戻率とは?

返戻率とは、支払った保険料に対して、どのくらいの保険金等を受け取れるかを示すもので、以下の計算式で算出します。

返戻率(%)=受取保険金総額(満期保険金+お祝い金など)÷ 支払い保険料総額× 100

 ポイント

返戻率が100%を超えると、支払った保険料よりも多くの満期金等を受け取れることになります。

保険料や払込期間などを同じ条件にしてシミュレーションし、返戻率の高いものを選ぶと良いでしょう。

ほけんのぜんぶ
ただし、返戻率の高さだけに注目するのではなく、保障内容にもしっかりと目を通すようにしてください。

2.「貯蓄」メインか「保障」メインかを明確にする

学資保険には、教育資金の準備をメインとした貯蓄タイプのものと、子どもの医療保障などを充実させた保障メインのものとがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

学資保険のタイプ 内容
貯蓄メイン 教育資金を準備することを主な目的とした保険。保障メインのタイプより返戻率が高いので、効果的に教育資金を貯めることができる。

保障が全くないわけではなく、親に万が一のことがあった場合は、それ以降の保険料は免除となり満期保険金等も受け取れる。

保障メイン 学資保険の準備だけでなく、子どもの医療保障や親の万が一の場合の保障も充実している。

親に万が一のことがあった場合、育英年金や死亡保険金を受け取ることができる。

保障に重点が置かれるため返戻率は貯蓄メインのタイプより低い。

学資保険に加入する目的を、教育資金を貯めるために絞りたい方は、貯蓄メインの学資保険にすると返戻率が高く、より効果的に資金を貯めることができます。

ほけんのぜんぶ
子どもの医療保障はほかの方法でカバーしている方も、貯蓄メインの学資保険で良いでしょう。

一方、貯蓄とともに保障にも備えたい方は、保障メインの学資保険を選ぶと良いでしょう。

 注意

ただし、支払った保険料は貯蓄と保障の両方に使用するため、返戻率は低くなる点に注意が必要です。

学資保険の無料資料請求は保険市場で!

3.加入タイミングは「できるだけ早く」がおすすめ

学資保険に加入するタイミングはできるだけ早い方がおすすめです。

 ポイント

というのも、学資保険の保険料は契約者である親と被契約者である子どもの年齢によって異なり、年齢が若いほど安くなるためです。

子どもが生まれてから加入する方が多いですが、最近は妊娠中でも加入できる学資保険が増えていますので、保険料を安くしたい方は検討することをおすすめします。

ほけんのぜんぶ
保険会社によって、出産予定日の何日前から加入できるのかが決まっていますので、詳しくは確認してください。
 ポイント

ちなみに、妊娠中に加入するメリットには、契約者の万が一に備えられるということもあり、仮に妊娠中に契約者に万が一のことがあっても、満期保険金等は受け取ることができます。

読者
学資保険は一般的に小学校入学前までに加入するように設計されているようですが、保険料や万が一の保障のことを考えると、できるだけ早いタイミングで加入するとよさそうですね。

4.「お祝い金」や「満期金」を受け取る時期

学資保険では、お祝い金や満期保険金を受け取る時期を選べる商品が多う、受け取るタイミングには、たとえば以下のようなパターンがあります。

受け取るタイミング
  • 幼稚園や小学校、中学校、高校の各入学に合わせてお祝い金を受け取る
  • 準備にお金がかかる中学校や高校の入学に合わせてお祝い金を受け取る
  • お祝い金は受け取らず、大学入学のときに一括で満期保険金を受け取る など

読者
幼稚園から高校の各入学年度にお祝い金を受け取ると、入学準備や子どもへのプレゼント費用などに充てることができそうですね。
 注意

ただし、返戻率のことを考えると、お祝い金は受け取らずに大学入学年度に合わせて一括で満期保険金を受け取るパターンが最も返戻率が高くなります。

ほけんのぜんぶ
ご家庭の状況などを考慮し、最も効果的な受取タイミングを選びましょう。

5. 払込期間は慎重に検討する

学資保険の保険料を払い込む期間には、以下の方法があります。

学資保険の払込期間
  • 全期間払込:契約時から満期までの全期間を通して払い込む
  • 短期間払込:保険料を払う期間を短期間にし、払込を早期終了する
  • 一括払い、前期前納払い:契約時に保険料を一括して支払う

ほけんのぜんぶ
毎月無理のない保険料でコツコツと準備したいという方は、全期間払込を選ぶと良いでしょう。
 注意

返戻金を上げるためには、払込を早期に終了させる「短期間払込」の方法がおすすめですが、月々の保険料が割高になるため支払い負担は大きくなります。

読者
まとまった資金がある場合は、一括払いや前期前納払いで最初に納めてしまうとよさそうですね。
学資保険の無料資料請求は保険市場で!

学資保険の資料請求をする際の注意点

学資保険の資料請求をする際には、以下の点にご注意ください。

資料請求時の注意点
  • 学資保険についてのある程度の知識は必要
  • 後日電話がかかってくることがある
  • 自宅への訪問を勧められることもある
  • キャンペーンの内容に惑わされない

後に困ったことにならないように、それぞれの注意点について確認していきましょう。

学資保険についてのある程度の知識は必要

保険会社の資料は、初めての方でもわかりやすいように工夫して説明されていますが、やはり専門用語となると理解しづらいものもあります。

読者
「保険についてはほとんど知識がない」という場合だと、資料だけでは理解できない可能性があるということですね。

ほけんのぜんぶ
学資保険ではとくに、「返戻率」「解約返戻金」「元本割れ」といった言葉の意味は押さえておきたいので、ある程度の知識は必要といえます。

後日電話がかかってくることがある

資料請求をして一通り確認が済んだころ、保険会社から「送付させていただいた資料は届きましたか?」といった電話がかかってくることがあります。

届いてはいてもまだ検討中である場合、「まだ検討中です」と答えると思いますが、数日後また電話がかかってくることが多いです。

ほけんのぜんぶ
電話に出ないでいると何度もかかってくることがありますので、「ただいま検討していますので、決まりましたらこちらからお電話します。」と伝えておくと良いでしょう。
学資保険の無料資料請求は保険市場で!

自宅への訪問を勧められることもある

電話による営業だけにとどまらず、場合によっては「ご自宅に資料をお届けしますので、少しお話を・・・。」といったように、自宅への訪問を打診されることもあります。

 注意

特定の保険会社の営業の場合、その保険会社で取り扱っている学資保険のみの紹介となり、他の商品と比較することができなくなってしまいます。

また、学資保険の相談のはずがほかの家族の保険を勧められることもあります。

ほけんのぜんぶ
まずは資料で検討したい場合は、「資料だけいただいて検討させていただき、相談がありましたらこちらから連絡します。」といったように依頼すると良いですね。

個人情報を伝えていることを忘れない

学資保険の資料請求をする際に、住所・氏名といった個人情報を保険会社や一括資料請求サイトに伝えていることは常に忘れないでおきましょう。

 注意

もちろん、悪用されるといった危険性はないと思いますが、今後ダイレクトメールが届いたり勧誘の電話などがかかってきたりする可能性は否定できません。

ほけんのぜんぶ
資料請求は無料で利用できるというメリットがある反面、「個人情報を伝えている」という事実は意識しておく必要があるでしょう。

キャンペーンの内容に惑わされない

「学資保険の資料請求をするメリット」のところでもご紹介しましたように、資料請求をするとキャンペーンなどでプレゼントがもらえるところがあります。

読者
せっかくだから豪華なプレゼントが欲しい!

読者
このプレゼントが欲しいから資料請求しよう!

ほけんのぜんぶ
ついこのように思ってしまいがちですが、プレゼント狙いで学資保険の資料請求先を選ぶことはおすすめできません。

豪華なプレゼントは一見お得なようですが、なぜそのような高額なものをもらえるのか考えてみましょう。

 注意

本当に良い内容の学資保険であれば、豪華なプレゼントを付けなくても加入したくなるはずです。

もしかすると、豪華なプレゼントを付けなければ、加入者を集められないほど内容が不十分である可能性もあります。

また、プレゼントをもらったからといってその学資保険に加入しなくてはならないわけではないので、プレゼントの内容ではなく学資保険の保障内容をしっかりと検討することが大切です。

学資保険の無料資料請求は保険市場で!

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談窓口保険のぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どこの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

まとめ

学資保険の資料請求をすると、手元にパンフレット等が届くため時間をかけてゆっくり検討することができます。また、一括資料請求をすれば、一度の手続きで複数の学資保険の資料をまとめて依頼できるので便利です。

ただし、パンフレット等から必要な情報を読み取るためには、学資保険についての知識がある程度は必要とされることや、後日保険会社から電話や自宅訪問などの勧誘を受ける可能性があることには注意しましょう。

また、キャンペーンのプレゼント内容に惑わされることなく、学資保険の内容をしっかり確認することも大切です。

学資保険の無料資料請求は保険市場で!

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!