がん保険の通院保障は必要!?

がん保険の通院保障は必要!?

読者
最近は、男性・女性を問わず通院だけで治療を行うがん患者が増えていると聞きました。

ほけんのぜんぶ
今では、通院による放射線治療・投薬治療で治せる場合もあり、それに伴ってがん保険の保障のあり方や必要性も少しずつ変化してきています。

読者
一昔前は診断一時金や入院給付金が必要とされていましたが、最近では通院給付金を充実させた方がよさそうですね。

そこで今回は、がん保険の通院保障の必要性について、保障内容の詳細や診断一時金と通院給付金のどちらを重視するべきか等を解説していきます。

がん保険への加入を考えている人、またはがん保険に加入済みだが見直しを考えている人は、今回を機に通院保障の必要性について考えてみて下さい。

この記事でわかること
  • 現在のがん治療の実態とかかる費用
  • 通院給付金の内容
  • がん保険の注意点
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

がんの通院治療が増加している

最近のがん保険では、保障内容が充実したものが多く見られます。

がんと診断された際に給付される診断給付金、入院・通院した際の入院給付金や通院給付金

また、手術や放射線治療、抗がん剤治療などを受けた際には、それぞれ手術給付金、放射線治療給付金、抗がん剤治療給付金が給付されるなど、がん治療に関わる様々な治療費が特約等によってカバーされています。

ほけんのぜんぶ
実は、このようながん保険のタイプは比較的新しいものです。

従来のがん保険では、基本的に「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」の3つがメインとされ、通院などは保障の対象となっていないものが多くありました。

 昔は「がんは入院・手術で治すもの」だった

そのため、治療のための通院はあまり必要とされていませんでした。

しかし、最近は医療も進歩し、がんは入院・手術だけではなく通院によって治す方が増えてきています。

厚生労働省が発表している悪性新生物によって入院する患者の数は、平成8年には134.4千人、そこから途中増加はあるものの、平成29年には126.1千人に落ち着き、入院患者数は減っています(厚生労働省 平成29年患者調査の概況)。

入院患者数

平成8年 134.4千人
平成29年 126.1千人

一方の外来患者数はというと、平成8年では127.0千人だったところ、年を追うごとにその数は右肩上がりに増加していき、平成29年には183.6千人にまで増加。

外来患者数

平成8年 127.0千人
平成29年 183.6千人

この統計データが明らかにしているように、かつては入院で治療する方が多くいましたが、今では通院(外来)によって治療する傾向にあります※

※参考:
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/kanja.pdf

以上のことを踏まえると、今後のがん保険も、入院や手術に対する保障だけでなく、通院や外来で実施される治療に対する保障を手厚くしたものを選ぶと良いと言えるのではないでしょうか。

 通院保障がある昔の商品にも注意

従来のがん保険にも通院保障を備えた保険商品はありますが、入院後の通院でなければ給付金は支払われない場合もあるなど、通院給付金の支払い条件に注意が必要です。

ほけんのぜんぶ
何年も前にがん保険に加入して以降、保障内容を見直していなかったという人は、通院保障がどのような内容になっているのか一度見直してみることをおすすめします。

通院治療にかかる医療費はいくら必要?

近年のがん治療の傾向から、今後のがん保険では通院に対する保障がポイントになることはご理解いただけたでしょうか。

では、ここからは、通院によるがん治療に関してかかる医療費について説明していきます。

通院治療にかかる費用は、まずは診療代や薬代、検査代など、病院でのがん治療に対する治療費が挙げられます。

がんの通院治療 主な内容
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • 抗ホルモン剤治療

放射線治療の場合

放射線治療は、週のうち治療を行う日を決めて、何週間にも亘り計画的に継続して行うことがあります。

どのくらいの期間、どのくらいの回数治療を行うかは治療の目的やがんの症状の重さによって異なりますが、長期化する場合があります。

放射線治療の費用はどの程度かかりますか?
部位や症例さらには期間によって異なるため一概に言えませんが、3割負担で平均20~30万円ほど必要です。

出典:https://www.scchr.jp/book/manabi4/manabi4-4.html

抗がん剤治療・抗ホルモン剤治療の場合

抗がん剤治療、抗ホルモン剤治療も、治療期間は長くかかると考えた方が良いでしょう。

こちらは点滴や注射によって行われるケースが多く、治療を行う日と行わない日を組み合わせた日程を1~2週間ほどのスパンで繰り返しながら治療を実施します。

がんの症状や、本人の体調を考慮して治療の日程は変わりますが、投薬を行わない日もはさんで治療を続けるため、必要な治療期間は長期となる傾向にあります。

抗がん剤治療、抗ホルモン剤治療の費用はどの程度かかりますか?
女性に多い乳がんの場合だと、抗がん剤治療で平均4万円から20万円※1,2、抗ホルモン剤治療で平均3万円から14万円※2ほど必要になります。

※1…薬剤や頻度・期間によって異なります

※2…日本乳癌学会:患者さんのための乳癌診察ガイドライン

治療費以外にも通院費がかかる

がん治療に関わる医療費は、上記のような治療にかかる費用が多くを占めます。

ほけんのぜんぶ
しかし、そのほかにも、病院に行くための交通費なども通院治療には必要であることを忘れてはいけません。

通院によるがん治療は、数か月に及ぶこともあります。

毎日病院に通うわけではないとは言え、かかる交通費はなかなかの負担になります。

 宿泊費も考慮して

高度な治療を受ける場合には、相応の大きな病院にかかる必要があり、交通費に加えて宿泊費などもかかるためその分高額になる可能性も。

このような交通費に関しても、通院治療にかかる費用の一環として想定しておくべきです。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

がん保険の通院保障の内容

通院にかかる治療費を給付金でカバーしてくれるのが、がん保険の主契約に含まれる「通院給付金」。

通院給付金はどのような条件のもとで支払われるのでしょうか?
がん保険の通院給付金は、がんの治療を目的とした通院をした場合に、1日当たり所定の金額が支給されます。

給付金額はがん保険によって様々ですが、5,000円~10,000円の範囲が一般的でしょう。

ほけんのぜんぶ
ここで1つ注意していただきたいのが、給付金が支払われるがんの種類についてです。

がんには、大きく分けると悪性新生物と上皮内新生物の2種類があります。

悪性新生物と上皮内新生物
  • 悪性新生物…転移・再発などの危険性がある
  • 上皮内新生物…取り除いてしまえば、転移・浸潤の確率が低く、比較的軽いがんと判断されるケースが多い

そのため、がん保険でも上皮内新生物に対する保障を設けていない商品も存在します。

 注意

上皮内新生物の治療の場合には、支払われる給付金が少額、もしくは全く保障されないケースがあり、上皮内新生物と診断されても通院給付金などが給付されない可能性があります。

ほけんのぜんぶ
がん保険契約時に保障範囲をしっかり確認しておきましょう。

通院給付金の支払い条件

がん保険の通院給付金の支払い条件は、以下の2パターンがあります。

支払い条件
  • 入院後の通院に対して給付金が支給される
  • 入院は関係なく、通院全体を通して給付金が支給される

前者では、従来の入院に重きを置いたがん保険でよく見られる保障内容で、入院後1年以内の通院に対して給付金が支払われるなどの条件が設定されている内容もあります。

また、給付日数についても年間何日までといった上限が設けられている場合もあります。

後者では、初めから通院のみで治療を行う場合にも通院給付金が支払われます。

給付日数に上限が設けられていないケースが多く、所定の通院をした日数全てを合計して給付金が給付されます。

その他給付金

また、がん保険では、通院して放射線治療や抗がん剤治療などの投薬治療を受けた際には、通院給付金のほかに「放射線治療給付金」や「抗がん剤治療給付金」が給付される商品もあります。

ほけんのぜんぶ
このような治療そのものに対する給付金は、入院中に治療を受けた際にも給付金が支払われる商品が多いです

放射線治療給付金は、がん保険の種類によって給付のされ方が異なります。

 ポイント

放射線治療を1回するごとに所定の金額が支払われるものもあれば、治療の回数に関わらずひと月ごとに所定の金額が給付されるタイプもあるので知っておくと良いでしょう。

抗がん剤治療や抗ホルモン剤治療などの投薬治療に関しては、回数ではなく、ひと月あたりに所定の金額が支払われるケースが多く見られます。

抗がん剤治療も投薬治療も、悪性新生物なのか上皮内新生物なのかによって給付金額が異なる場合があるので、こちらも保障条件を確認しておく必要があります。

おすすめのがん保険商品: チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」 (2) おすすめのがん保険商品、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」をご紹介します。 チューリッヒ生命のがん保険は、以下のような方におすすめです。
こんな方におすすめ!
  • 治療を受けた月ごとに一定額が受取りたい!
  • 健康保険のきかない所定の自由診療もサポートを受けたい!
  • 必要な保障を選んで無駄なく合理的に備えたい!
月払保険料例
年齢 男性 女性
30歳 1,875円 1,655円
40歳 2,575円 2,030円
50歳 3,900円 2,410円
【保障内容】基準給付月額:10万円、ガン診断給付金:50万円、悪性新生物保険料払込免除、保障期間・保険料払込期間:終身(2020年10月1日)

募補01808-20201006

通院給付金と診断一時金、どちらを重視する?

ここまで説明してきた通り、現在は入院不要の通院だけでがん治療を行う人も増えており、通院保障が重視される傾向にあります。

一方で、診断一時金に重きを置いている従来型のがん保険もまだまだ多く販売され、人気を集めているのも事実。

読者
では、通院給付金と診断一時金は、どちらを重視した方が良いのでしょうか?

ほけんのぜんぶ
答えとしては、どちらが良いとは一概に言い切ることはできません

というのも、通院給付金も診断一時金も、給付金が支払われるタイミングが違うだけで、どちらもがんに対する備えである点は同じだからです。

たとえば、診断一時金として100万円まとめて支払われたとしても、その使い道は大体がこれからかかるがん治療費のカバーとなるはず。

通院給付金を重視したがん保険にしても、通院給付金の使い道はがん治療費となるでしょう。

 どちらが良いかは人それぞれの判断

最初に受け取る金額が大きく後の給付金額が少ないか、最初の診断給付金が小さく後に受け取る給付金額が充実しているかという違いで判断しますと、どちらが良いというのは判断が難しいのが正直なところです。

がん保険おススメサイトでも、診断一時金が多い商品が取り上げられているケースも多く見受けられます。

なお、がん保険の診断一時金はがんと診断されてからすぐに保険会社に給付金支払いの申し込みをすれば、早い段階で給付金が給付されます。

読者
そうなると、今後の治療に備えるための金銭的な余裕を作りやすいですよね。

一方、がん保険の通院給付金は通院したという記録が残ってからでなければ保険会社に請求ができません。

つまり、病院の窓口でお金を払った後から、給付金が給付されるのです。

読者
後で申請するとなると、ある程度貯蓄がない場合には支払いに苦労する可能性もありますね。

ほけんのぜんぶ
このように、給付金の給付のタイミングに違いがあるため、自分の貯蓄状況によってどちらを重視するのかを考えてみるのも良いでしょう。

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

通院保障を選ぶ際注意したいこと

通院保障を選ぶにあたって、注意すべきポイントを整理しましょう。

給付条件を確認

まずは、通院給付金が給付される条件の確認です。

通院給付金が保障対象とする「通院」とはどういったものを指すかは、商品によりルールが異なります。

読者
ただ単に、病院に行っただけで給付金を受け取れるとは限らないんですね。

たとえば、「がんによる入院からの退院後、1年以内の通院」などと定めている保険会社もあります。

「入院を条件」としている商品は多いので、チェックしたいポイントです。

ほけんのぜんぶ
入院をともなわず、通院だけで治療を受けるとき、保障されないことになってしまうからです。

給付期間・日数の制限

給付される期間や日数に制限があるかどうかも確かめたい点です。

がん保険では、医療保険とは異なり、入院給付金は日数無制限で給付されるのが一般的です。

ほけんのぜんぶ
がんの治療は非常に長期に渡ってしまうことがあるためです。
注意
  • 通院給付金も無制限だとありがたいのですが、通院については上限日数が定められていることも珍しくありません。
  • 医療保険の入院給付の上限と同様、60日・120日・180日などと決まっています。
  • また、給付の期間についても、1年以内などとしていることが多いようです。

入院後を給付条件とする場合で、退院後1年が経過したら、給付日数が上限に達していなくてもそれ以上は給付されないということです。

抗がん剤治療給付金の注意点

通院給付金のなかには、抗がん剤治療に特化した形で給付をするものもあります。

ほけんのぜんぶ
抗がん剤治療給付金は、抗がん剤治療を受けた月ごとに定額が給付される形が一般的です。

給付の上限がある場合も月数で設定されています。

注意
  • 確認したいのは、給付条件に通院があるかどうかです。
  • 抗がん剤は、飲み薬を処方されるケースもあり、たとえば3ヵ月ぶんを一度の通院で処方された場合、服薬は3ヵ月でも通院したのは一度だけなので、ひと月ぶんだけの給付になります。

放射線治療給付金の注意点

放射線治療に特化した給付金が出るがん保険もあります。

通院給付金と同様の形で保障する場合と、特に放射線治療給付という名目ではなく、手術給付金として保障される場合があります。

読者
放射線治療を手術の一種ととらえているわけですね。

そのため、手術給付金の対象に放射線治療が含まれていれば、放射線治療のための通院給付金はあえて必要ではないかもしれません。

特約の場合は更新に注意

通院保障などを特約で付加する場合、保障期間に注意しましょう。

ほけんのぜんぶ
終身タイプのがん保険であっても、特約は定期タイプである場合があります。

この場合、更新があるため、特約部分の保険料は上がっていきますし、契約可能年齢の上限に達すると特約部分が更新できないことがあります。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

無制限で保障されるがん保険の特徴と注意点

通院給付金はどのように給付される?

がん保険の通院給付金は、入院給付金と同様に、通院した日数に応じて1日あたりいくらという日額給付制が一般的です。

たとえば、日額1万円の契約で、通院日数が15日であったなら、1万円×15日=15万円が受け取れるということです。

がん保険の入院給付金は、給付金を受け取れる日数が「無制限」とされているのが一般的です。

ほけんのぜんぶ
60日や120日など、給付日数に上限が設けられてる医療保険とはここが違う点です。

これは、がんの治療が長引きがちであることを反映した保障だからですが、それでは、通院給付金についてはどうでしょうか。

これは保険商品によって異なっています。

 注意点

入院給付金の限度日数が無制限であっても、通院給付金には限度日数が設けられている場合があります。

一方、通院給付金についても無制限としている商品もあり、保険会社によって扱いが異なっているのが実情です。

なお、「放射線治療給付金」や「抗がん剤治療給付金」などの治療を受けたことを条件に支払われるタイプの給付金は、月単位で給付されることが多いため、限度日数についても「60ヵ月」など月単位で定められているのが通常です。

給付日数が「無制限」の場合の注意

通院給付金の給付日数を無制限としている保険であっても、よく条件を確認されることをおすすめします。

たとえば、ある保険では、「所定の日から365日以内の支払日数無制限」としており、所定の日とは、たとえばがんと診断された日や退院日などです。

 実質制限がないわけではない

この場合の「無制限」とは、所定の日から365日の範囲内では、受け取れる日数を定めないという意味であって、実質、最大限受け取れたとしても365日分の給付ということなのですから、文字通り、制限なく給付され続けるわけではありません。

逆に、限度日数が定められている通院給付金であっても、所定の手術や治療を受けた後の通院に限り無制限になるという商品もあります。

がん保険は、もともと商品によって保障内容の幅が大きい保険です。

なかでも、通院給付は比較的新しいタイプの保障であることもあって、一般的な形が定まっていません。

 給付の仕組み、今一度確認を

がん保険を検討するときは、「通院給付」「無制限」などの表面的な言葉だけで内容を理解した気にならずに、細かな支払い条件や給付の仕組みなども確認されることをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

まとめ

今回は、がん保険の通院保障に注目して解説をしてきました。

通院保障を重視するかどうかは、個人の状況や希望により最適な選び方は異なってきます。

そのため、通院保障が充実したがん保険が絶対的におすすめとは言い切れません。

しかし、がんはもう通院治療でも治る時代にきていることは、がん保険を選ぶ際に考慮しておくべきポイントであることは間違いないので、がん保険にすでに加入をしている場合でも、保障内容を今一度見直すことが大切です。

保障内容を忘れてしまったという場合には、保険代理店などの無料相談を利用して見直してみてはいかがでしょうか。

保険のプロは、最新の医療事情や保険商品にも精通しています。

もしあなたが今の時代に適切でないがん保険に入っている場合には、適したがん保険に加入をし直す手助けをしてくれるはずです。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!