女性保険はどこで差がでる?保障や仕組みを徹底比較

女性保険はどこで差がでる?保障や仕組みを徹底比較

女性保険は、女性特有の疾患に手厚い保障がついた医療保険が発展した形の保険です。

しかし、女性保険でも種類はいろいろあり、自分に合った保険を探すことはかなり難しいとも言えます。

このような環境の中で、自分に合った女性保険を探すポイントを解説しましょう。

女性保険といっても仕組みや保障内容は多種多様

女性保険は、通常の医療保険に女性特有の疾患に手厚く保障が付いた保険です。しかし、この女性保険も、医療保険と同様、さまざまな種類があります。

生存給付金や、保険を受け取らなかった場合に健康祝い金名目で受け取れる積み立て型、保険料の安い掛け捨て型、解約返戻金が受け取れ生涯保障を受けられる終身保険、掛け捨て型に多い定期保険などに分類されます

また、女性保険では、保障内容にも女性特有の疾患といっても、さまざまな適用範囲があるのです。女性特有の疾患に限らず、女性に多い病気やがんなどに対して広い範囲で保障のあるもの、先進医療特約のあるものなどが目白押しです。

それぞれの種類、内容によって、保険料にも大きな差が付いてきます。

女性保険とは

まず、なぜ女性保険に入る必要があるのかを見てみます。

通常の医療保険では、掛け捨て型が多く、保険料も安いために、多くの方が入っています。しかし、保険料が安いだけに、入院給付金や手術給付金は限られており、また、保障日数なども限られたものが多くなっているのです。

女性特有の疾患には、乳がん、子宮がん、子宮筋腫などの女性特有の疾患は、大部屋での入院は難しいこともあります。個室や女性専用の部屋になるため、割高になりやすく、長期にわたる入院の場合も多いのです。そのような時には通常の医療保険では保障が不足して自己負担額も多額になることもあり得ます。

それらを意識して、入院給付金や手術給付金を高額にしようとすれば、追加の高い保険料が必要になってしまいます。

女性特有の疾患に特化することで割安に

それに対して、女性保険の場合は、女性特有の疾患に限定して保障を手厚くすることで、医療保険に特約をつけるよりも割安で保障を受けることができる場合があります

また、女性保険にも多くの種類があり、保障範囲も女性がかかりやすいがんなども対象になるものや、終身保険と定期保険もあります。

終身と定期を比較

女性保険でも、終身保険と定期保険があります。基本的な差は、貯蓄性の保険か、掛け捨て型の保険かになりますが、女性保険に入る際には、その差を詳しく調べて自分に合った保険に入る必要があります。

女性保険の終身保険とは

終身保険は、言葉の通り生涯保障が続く保険のことで、一定期間の保険料払い込みが済めば、解約返戻金がもらえる貯蓄性のある保険です。すなわち、女性特有の疾患についての手厚い保障が、生涯受けられる保険を言います。また、死亡保険も付いてきます。

現代社会は、夫婦共稼ぎが増えており、少子高齢化傾向にあり、将来の老後についても年金制度も支給金額が削られる可能性が強く、支給年齢も引き上げられる傾向が強まっています。子供も少なくなり、高齢になっても充分な介護や治療が受けられる保障もないのです。

そのような老後を考えて、掛け捨て型にするよりも終身型の保険に入る方も多くなっています。

通常の医療保険では、掛け捨て型が多く、何か資金がいる事情が生じてきた時には対応がききません。それに対して、終身保険の場合には全部解約又は一部解約をして解約返戻金を受けとることができる場合もあります。子供の学費に充てたり、家族旅行に充てたりすることも可能です。

将来のための蓄えやライフイベントなどに対する支出への備えが可能なのが終身保険なのです。それに、女性特有の疾患にも備えられる特質が女性保険の終身保険と言えます。

終身保険の特性

終身保険には、保障が生涯受けられるという点以外にも覚えておくべき特性があります。

すなわち、

  • 保険料は一定額で変わらない
  • 保険料の払い込み期間が選べる
  • 解約返戻金を受けられる

という点です。

保険料は、保障内容を変えない限り変更にはなりませんので、若い時期に入れば、それだけ割安に貯蓄することができます。

保険料を支払う期間については、終身払いと言って生涯支払うものと、短期払いと言って期間を決めて保険料を払い、支払い終わると生涯保障が受けられるものがあるのです。

支払い期間も10年間、15年間、20年間などに期間が決まっている期間タイプと、60歳まで、65歳までと払い終える時期を決められる年齢タイプがあります。入る年齢やふところ具合によって選ぶことができるのです。

解約返戻金は、加入してから期間が長くなれば、返戻金額が上がっていくようになっており、期間タイプで支払い終わってから受け取る場合には支払った保険料よりも多くなることがあります。それ故に貯蓄性保険と言われるのです。部分解約も可能な場合があり、残りは生涯の保障にとっておくこともできるものもあります。

女性保険の定期保険とは

定期保険は、保険の適用期間を契約時に決めておき、契約満了時に返戻金のない、掛け捨て型の保険を言います。
期間は、短期のものでも15年程度、長期の場合には50年以上という場合もあります。外資系のネット生命保険会社によって普及し、現在ではあらゆる保険会社で商品があり、加入される方もいます。

定期保険の特性

定期保険には、加入時の保険料が一定で期間内は変わらないものと、次第に保険料が安くなっていくものがあります。ただし、医療保険や女性保険の場合は、保険料が変わらないタイプがほとんどになっています。

また、女性保険では、特約として生存給付金や健康祝い金をセットで販売するものもあります。終身保険の良い面と定期保険の良い面を組み合わせたタイプも増えており、生存給付金などを、将来のための蓄えとしたり、友人との海外旅行を楽しみに使用したりしている方も多いのです。

積立(貯蓄タイプ)と掛け捨てを比較

では、女性保険では、終身保険の積み立て型(貯蓄タイプ)と定期保険の掛け捨て型の、どちらが良いのでしょう。基本的には、入る方の個人的なニーズに見合った保険を選べば良いと言えますが、そのためには、それぞれの特徴や保険料を比較して判断する必要があります。

基本的には、将来保険料が戻ってくる積み立て型の終身保険の保険料は高く、逆に掛け捨て型の定期保険の場合には保険料は安いという特徴がありますが、それだけではありません。詳しく見てみることにします。

積み立て型と掛け捨て型の傾向の違い

1980年代前半までの日本の市場金利は高水準の時期もあり、1年物の定期預金でも8%程度まで上がった時期がありました。そのような高金利時代には、積み立て型の保険の利回りは高く、貯蓄型の生命保険が人気だったのです。

積み立て型の貯蓄であれば、強制的に貯金が積み上げられるため、知らない間に高い金融資産価値が生まれていました。

しかし、現代社会は、バブル崩壊以降、デフレ傾向が強まり、市場金利は超低金利時代になり、現在はマイナス金利となっています。定期預金の金利は0.01%程度となっており、積み立て型の貯蓄でも、利息の上乗せはほとんどないに等しい環境にあるのです。

積み立て型の保険の返戻金や生存給付金も、払い込み保険料に対して上回ってもその金額は極めて小さくなっているのが現実です。そのために、従来よりも掛け捨て型の保険が多くなっています

ところが、現代社会は、テレビやスマホのネット上には、ショッピングの宣伝で溢れ、しかも成人一人当たりのクレジットカード保有枚数は2.6枚とカード社会になっています。リボ払いであれば、簡単にその場で高額な商品も買えるようになっています。

このような購買に対する誘いに溢れた社会では、なかなか将来のための蓄えをすることは難しいのです。そのために、最近では、医療保険でも積み立て型の保険に人気が集まるようになっており、女性保険でも生存給付金などのボーナスのもらえる保険も増えているのです。

積み立て型と掛け捨て型の保険料の違い

積み立て型保険の保険料と、掛け捨て型の保険料を比べても、実質的には戻ってくる部分を除いた部分で比べた場合には、ほとんど差は少なくなっているのが現状です。

しかし、現代の、年金の将来の保障は期待できず、ショッピングによる散財の誘いも多い中で、将来に対する蓄えをしていく必要があります。そのために、強制的に積み立てることのできる積み立て型の保険が人気になっているのです。

将来に対する蓄えを作るとともに、将来的な女性特有の疾患や出産などに対しても備えられることができますよ。

女性保険の通常商品と少額短期保険を比較

女性保険には、積み立て型と掛け捨て型の通常の保険商品とは別に、少額短期保険もあります。この少額短期保険の女性保険と通常の女性保険ではどのように違うのでしょうか。

少額短期保険とは

最近保険事業として増えているものに、少額短期保険があります。これは、保険事業者が、一定の事業規模の範囲内で、保険金額が少額で、保険期間も1年以内の保障のみの保険商品事業をおこなうものです(保険事業者の登録も簡単にできます)。

したがって、女性保険に最近多い、生存給付金特約付きなどの積み立て型の保険ではなく、保障のみの掛け捨て型保険になります。しかし、保障金額に上限が設けられているため、保険料は安いものが多くなっているのです。

保険金額の上限として、死亡保険は300万円以下、医療保険は80万円以下の保険で、女性保険としておこなうこともできるようになっています。

女性保険は、通常型と少額短期保険とはどちらを選ぶ?

少額短期保険は、保障金額も小さく、掛け捨て型オンリーのため積み立てもできません。そのため、将来の先進医療を視野にその保障特約を希望したり、将来への貯えとして終身保険や生存給付金特約を付けるような比較的保険料が高い女性保険を希望する方には向いていません。

そのような場合には、通常の積み立て型の女性保険を選ぶべきでしょう。

一方で、将来の女性特有の疾患に不安があるので、女性保険に入りたいが、保険料は極力安くしたいという方であれば、少額短期保険で掛け捨て型に加入すればよいと言えます。少額とは言え、医療保障は80万円まで可能であり、通常の手術や体外受精などの不妊治療、出産などについては充分に対応がききます。

したがって、自分の女性保険に対するニーズが何であるのかをよく確認した上で、通常の女性保険か、少額短期保険の女性保険かを選べば良いでしょう。

迷ったら保険のプロに相談を!

女性保険は、今ではさまざまな保険会社から商品が提供されており、種類もさまざまにあります。いくら、自分にあった女性保険を選ぶと言っても、

  • 自分がどのような商品を望んでいるのか
  • 女性保険のそれぞれの特徴はどのような点にあるのか
  • 保険適用の範囲は充分か

などさまざまに比較検討をおこなう必要があります。

そのため、自分一人で最適な女性保険を選ぶことは非常に難しくなっているのです。最近では、保険に迷った方を対象に保険のプロが相談に乗ってくれる窓口もたくさん用意されています。

迷ったと思ったら、ぜひそのような保険のプロに相談するようにすれば、失敗はないでしょう。

自分に合った女性保険で幸せな将来を

女性保険は、現在ではさまざまな保険会社から商品が提供されています。終身保険のもの、定期保険のもの、少額短期保険のものなど、種類も豊富で、その保障内容もさまざまです。

その中から自分に合った女性保険を選ぶのはいろいろな面で比較が必要であり、何よりも自身が何を求めているのかを明確にする必要があります。

自分一人で悩まずに、保険のプロの方などに相談して、自分に合った女性保険に加入して、将来に対する不安を一掃して、幸せな将来を築いてください。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!