妊娠・出産に手厚く備えられる女性保険の魅力

妊娠・出産に手厚く備えられる女性保険の魅力

保険の加入を考えている女性の中でも、妊娠を一つのきっかけとする方は多いでしょう。

ほけんのぜんぶ
妊娠や出産に備えるには一般的な医療保険を使うのも手ですが、女性保険を活用するのがおすすめです。

というのも、医療保険ではカバーできない妊娠・出産のリスクを、女性保険ならカバーできることがあるからです。

読者
せっかく医療保険に入ったのに、私は保障の範囲外だった…

 

こんなことにならないために、女性保険で備えるという選択肢についても考えてみませんか?

今回は、妊娠や出産に備えられる女性保険のメリットや、妊娠に備えるための保険加入のタイミングについて解説します。

この記事を読むべき人
  • 女性保険が必要な理由を詳しく知りたい方
  • 女性保険に加入するならいつがベストか知りたい方
  • 女性保険でおすすめの保険を知りたい方
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

5分程度で読めます

ほけんのぜんぶ
妊娠中におすすめの「少額保険」についても紹介しているので、妊娠・出産に備えたい女性はぜひ参考にしてみて下さい。

妊娠や出産はトラブルも多い

女性にとって、出産は人生の中で最も大きなライフイベントと言えるものです。

読者
やはり万全の体制で出産に臨みたいです。

しかし、妊娠や出産はトラブルがつきもの。

皆さんの周りにも、妊娠中に入院が必要になり大変な思いをして子どもを産んだ方がいるのではないでしょうか?

実際、妊娠中や出産時には妊婦特有の病気にかかるケースは多く、定期的な通院だけで済むものから、母体の命が脅かされるような重大なものまで、病状も様々です。

よく知られているのは、下記のような病気や出産時の緊急手術が代表的でしょう。

妊娠・出産における疾病や手術
  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 吸引分娩
  • 切迫早産
  • 帝王切開

ほけんのぜんぶ
これらのような病気やトラブルは、どんな女性にも起こる可能性があります。

だからこそ、いつなにが起こっても対処できるように、妊娠時のトラブルに備えられる女性保険が人気を集めています。

    読者
    では、妊娠や出産に備えられる女性保険とは、いったいどのような保障内容なのでしょうか?

    細かく説明していきます。

    妊娠・出産にも備えられる女性保険とは

    女性保険とはそもそもどのような保険なのでしょうか?
    女性保険は、一般的な医療保険やがん保険が備えている保障内容に加え、女性特有の病気に対して手厚い保障を用意している保険です。

    たとえば、卵巣がんや子宮がんなどの女性特有のがんにかかって入院した時に、通常の入院給付金に加えて「女性入院給付金」が上乗せされて支給されます。

    また、女性特有の病気で手術を行った際には、「女性手術給付金」が追加で支給されるような保険商品もあります。

     ポイント

    この女性保険が指す「女性特有の病気」は、先ほど例に挙げた卵巣がんや子宮がんだけでなく、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、出産時の帝王切開なども対象です。(※)

    ※保険商品によって保障対象となる病気・症状は異なります。

    そのため、妊娠糖尿病による入院や、帝王切開手術を受けた際にも、上乗せ分の給付金が支給されます。

    ほけんのぜんぶ
    これが、女性保険が妊娠や出産に備えるための保険と言われる理由です。

    妊娠や出産の時期は、ただでさえ検診や赤ちゃんを育てる準備のためにお金がかかります。

    読者
    そんな時に、入院や手術でさらに金銭的負担が増えてしまうのはとても苦しいことです。

    特に母親は、妊娠中に病気にかかるという大きなショックの上に金銭的負担がのしかかるわけですから、その大変さは相当なものになるでしょう。

    そんな中で、少しでも金銭的負担が軽減されれば、母親のショックも多少は軽減されるはずです。

    ほけんのぜんぶ
    そんな時に、入院や手術でさらに金銭的負担が増えてしまうのは、母親や父親にとってはとても苦しいことでしょう。

    妊娠中のデリケートな時期は、多くの女性が自分の身に降りかかるリスクに対して不安を覚えるのも無理はありません。

    その不安を解消するために、女性保険が心強い支えとなるのです。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    医療保険でも十分か?

    先ほど女性保険のメリットとして挙げた妊娠・出産時の病気や手術ですが、実はこれらは通常の医療保険でも保障の対象となるケースが多いです。

    そのため、

    読者
    女性保険ではなく、医療保険に加入していれば問題ないのでは?

    と悩む方がよく見られます。

    医療保険は、女性保険のような上乗せ保障がない一方、保険料が女性保険よりも安く、金銭的な面で加入しやすいです。

    女性特有の病気や帝王切開手術などを行った場合には、普通の病気や手術のケースと同じ金額の給付金が支給され、上乗せ分がないというだけで基本的な保障自体はしっかり備えられています。

    また、女性特有の病気や帝王切開手術などは、医療保険だけでなく公的な医療制度の対象にもなっています。

    読者
    つまり、妊娠が原因となる病気や出産時の緊急手術については、国の健康保険で負担を抑えることが可能ということですね。

    ほけんのぜんぶ
    そのため、ある程度の金銭的な負担は発生するものの、非常に高額な負担を抱えるようなケースは避けられる可能性が大きいのです。

    このようなことを考えると、女性保険ではなく最低限の保障が備わった医療保険に加入をしておけば十分という意見も、間違ってはいないでしょう。

    しかし、女性保険には女性保険ならではのメリットもあり、一概に「医療保険で十分だ」と言い切ることはできません。

    女性保険が選ばれる理由【メリット】

    医療保険でも女性特有の病気や妊娠・出産時のトラブルを保障できるとはいうものの、女性保険に対するニーズは多く、保険会社も様々な女性保険を販売しています。

    女性保険には、上乗せ保障以外にも「女性保険だからこそのメリット」があり、それが女性保険のニーズを高めている要因でしょう。

    ほけんのぜんぶ
    特に妊娠や出産に注目してみると、2つの特別なメリットが挙げられます。

    自然分娩も保障する商品がある

    女性保険が選ばれる大きな理由として、「自然分娩も保障する保険商品がある」という点が挙げられます。

    ほけんのぜんぶ
    自然分娩は病気の扱いにならないため、公的な医療制度や民間の医療保険の対象にならないのが一般的です。

    そのため、自然分娩で子どもを産む場合には、自己負担する金額が大きくなってしまうケースがあります。

    しかし、女性保険では自然分娩も保障の対象としている保険商品があるのです。

     出産祝い金がある商品も!

    たとえば自然分娩で子どもを産んだ場合に「出産お祝い金」を支給してくれる保険商品などが挙げられます。

    もちろん、帝王切開などのトラブルに対する保障もしっかり備えられています。

    このように、出産に対しての保障範囲が広い点は、医療保険にはないメリットとして人気を集める一因となっています。

     注意

    ただし、すべての女性保険が自然分娩に対して給付金を備えているわけではないので、加入の際には注意が必要です。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    少額保険なら妊娠中でも申込みできる女性保険も

    さて、先ほど女性保険が選ばれる理由として、妊娠中でも比較的加入しやすいという理由をあげました。

    この妊娠中の加入について、女性保険には特におすすめの「少額保険」という保険商品があることをご存知ですか?

    少額保険とはどのような保険ですか?
    少額保険は、少額の保険金を扱う保険のことで、大抵の場合、保障期間が1年や2年など短いものが多く、「少額短期保険」とも呼ばれています。

    女性向けの少額保険では、まさに妊娠・出産の時期をターゲットにしたものが多く、そのため妊娠中に申込みできる期間が長く設定されている保険商品も見られます。

    ほけんのぜんぶ
    たとえば、妊娠後33週目まで加入が可能という保険商品もあり、加入の猶予が長いのです。
     注意

    ただし、少額保険は給付金が少額、なおかつ入院給付金は30日間しかでないなど、普通の保険よりも保障が充実していない場合が多い点に注意が必要です。

    また、少額保険の場合でも、いつでも加入できるわけではなく、一定の加入制限はかけられているケースがほとんどです。

    読者
    妊娠にしっかりと備えるためには、妊娠前から備えておくことが重要ということですね。

    ほけんのぜんぶ
    ご自身にとってどのような選択肢がベストか悩まれる時は、無料で相談可能な保険相談所で専門家の意見を聞くこともおすすめですよ!

    無料保険相談所おすすめ3選!

    読者
    保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
    読者
    自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
    ほけんのぜんぶ
    そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
    あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

    ほけんのぜんぶ

    おすすめの保険相談窓口保険のぜんぶ
    ほけんのぜんぶの特徴
    • 34社以上の取扱保険会社数
    • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
    • Webでの保険相談も可能
    • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
    • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
    • 資金力がある安定した企業
    1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
    読者
    取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
    取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
    ほけんのぜんぶ
    実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
    さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
    経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)
    取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
    主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン プレゼントあり
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    保険市場

    保険市場の特徴
    • 取扱保険会社が84社と業界最大
    • オンラインでの相談が可能
    • 業界老舗・東証一部上場企業
    2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
    読者
    仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
    取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
    主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン なし

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comの特徴
    • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
    • 電話での気軽に相談が可能
    • コールセンターの質が高い
    3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
    読者
    コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
    取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
    主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり
    オンライン保険相談 不可
    キャンペーン あり

    無料の保険相談所の種類と選び方

    無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
    保険相談所の種類
    • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
    • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
    • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
    • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
    読者
    店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
    ほけんのぜんぶ
    現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
    無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
    無料の保険相談所を選ぶポイント
    1. 担当者が専門知識を持っているか
    2. 取扱保険会社の数の多さ
    相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
     FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
    読者
    全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    どこの無料保険相談にするか迷ったら

    残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
    それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
    ほけんのぜんぶ
    どこの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    女性保険は妊娠前に加入するのがベスト

    ここまで説明してきた通り、妊娠・出産のトラブルに備えるには、女性保険がぴったりです。

    ほけんのぜんぶ
    もしあなたが妊娠や出産に不安を抱えている場合には、女性保険を検討することをおすすめします。

    ただし、ここで注意をしていただきたいのが、妊娠・出産に備えるには、妊娠してから考え始めるのでは遅いという点。

    本当にしっかり備えたいのであれば、妊娠前に加入をするのが最も安心です。

     注意

    先ほども説明しましたが、妊娠してからは多くの医療保険で加入期間が制限されたり、保障が適用されなかったりする場合があります。

    これは女性保険でも同様で、妊娠期間中のどんな時でも加入できるような保険商品はありません。

    読者
    妊娠に備えたいと思っていても、手遅れということもあり得るのですね。

    妊娠した後にぎりぎり保険に加入できたとしても、特定部位の不担保によって保障が十分に適用されない可能性が非常に高く、保険の価値が薄れてしまいます。

     ポイント

    充実した保険に加入するためにも、妊娠前から女性保険に加入する準備を始めておいた方が良いでしょう。

    ほけんのぜんぶ
    また、将来子どもを産みたいと考えている方は、20代の若いうちから女性保険に加入することを検討してみるのもおすすめです。

    その理由は、保険料の面にあります。

    女性保険は、若いうちであれば保険料は安く、月々の負担を抑えることができます。

     終身タイプは特におすすめ!

    特に保障が一生涯続く終身タイプの保険では、保険料はずっと一定のため、若いうちに入っておけばずっと安い保険料で加入し続けることができるのです。

    もし、妊娠に備えて将来的に女性保険に加入する意思があるという方は、金銭的負担を抑えるという意味で、早いうちに加入を考えてみてはいかがでしょうか?

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    女性保険は早めの検討がポイント

    女性保険は、女性特有の病気に対してしっかりと備えられるため、女性に人気の保険です。

    特に、健康上のリスクが心配になる妊娠時期には、女性保険の加入を検討する人が増える傾向にあります。

    ほけんのぜんぶ
    しかし、今回説明した通り、妊娠に備えるためには、妊娠前から女性保険に入っておくことがベストです。

    読者
    もっと早く入っておけば十分な保障が得られたのに…

    と後悔する前に、早め早めに検討するようにしましょう。

     加入するなら早めに!

    また、保障内容の面だけでなく、金銭的な負担の面でも、女性保険は早いうちに考えておくのがおすすめです。

    女性保険はどうしても保険料が高くなりがちですが、20代の若いうちであれば負担を抑えることができます。

    いずれ加入を考えるのであれば、保険料が安くお得なうちに考えてみるのも良い手です。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

     

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
    本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
    • 無料電話相談はこちらから
      tel:0120-20-8000
    • 無料訪問相談はこちらから
      無料訪問相談

      webからは24時間365日受付中!