口コミ評価が高い女性保険はどんな内容なの?

口コミ評価が高い女性保険はどんな内容なの?

皆さんは女性保険に加入するとなったら、どのような方法を選択するでしょうか?

かつては「生保レディ」と呼ばれていた、いわゆる「保険のおばちゃん」に代表される女性の営業担当と話しますか?それならば、女性同士話が盛り上がりそうですし、実体験の話もあるでしょうから、説得力が高そうですね。

それとも、インターネットを駆使して、「女性保険」について自分で調べ、申し込みまで済ませますか?今の時代クリック1つで、誰でも、簡単に保険の申し込みができ、仕事で忙しい人には面談の時間を作らなくても済むのでぴったりな申し込み方法ですね。

さて、その保険の申し込みにあたり、どうやって保険会社を選んでいますか?生命保険会社の名前を聞かれると、恐らく1社や2社は簡単に名前が出てくると思います。

では、その総数となるとどれくらいの数なんでしょうか。

日本には「生命保険協会」という生命保険事業の健全な発展と信頼性の維持を図ることを目的とする団体があるのですが、答えはそちらのHP(https://www.seiho.or.jp/)で確認できました。

なんと、平成31年4月の時点で国内にある生命保険会社は42社でした。
皆さんが、日頃スーパーで買い物する時に、42種類もある中から1つだけ商品を選ぶなんてことありますか?

いかに国内に多くの生命保険という商品が溢れているかが分かります。

選択肢が多いことは決して悪いことではありませんが、42社もの中から自分に相応しい女性保険を探すというのは至難の業です。

だからこそ参考にしたいのが、「口コミ」です。

口コミは、その商品や会社についてユーザーの意見を知ることができる貴重な情報源です。今回は、この口コミを活用して「どのような女性保険が人気なのか」を分析し、まとめていきたいと思います。

なお、この記事を読んでくださる貴方様に少しだけ自己紹介をします。

私は生命保険業界歴10年を超え、代理店とともに個人、法人問わず数多くの契約を成約に結び付けて参りました。

この業界に入る前は保険の素人だったので、最初から保険の知識があったわけではありません。だからこそ、保険に関する知識が浅い一般の方々の気持ちも十分理解しているつもりです。なるべく分かりやすい言葉で表現しますので、是非最後までお付き合いください。

保険選びで口コミ評価を気にする人は多い

女性保険に限らず、生命保険の加入にあたっては、申込書や告知書(健康状態を申告する書類)を記入したり、場合によっては健康診断の結果を紙ベースで提出したりと色々事務的な作業が必要です。

とはいえ、書類の通りに記入するだけなので、作業自体の難易度は決して高いものではありません。実は女性保険の契約で難しいとされるのは、その前の段階です。

そう、「どの女性保険を選ぶか」ということなんです。
では、世間ではどうやって女性保険を選んでいるのでしょうか?

その選び方の1つに、「口コミを参考にしている」という方が非常に多いのです。
なぜ口コミを参考にするのか、その理由を考えてみました。

①保険に対して苦手意識があるから

保険が得意っていう人、あまりいませんよね。

何せ、どの保険会社もパンフレットの表紙を見ると綺麗な写真だったり可愛いイラストがついていたりするんですが、開いてみると「字が小さい」「用語が漢字ばっかり」「専門用語が多い」という状態で、読んでいると眠たくなりそうです。

なので、よく分からないから人に教えてもらおうという気持ちになりがちです。
あと、リアルの世界では他人に「分からない」と思われたくないから分かったフリをしている人もいると思います。

口コミを読むのであれば、自分の知識のなさを他人に知られることがなくて良いですね。

②比較が大変だから

前述の通り、保険会社は42社あります。

比較しようにも全ての保険会社のパンフレットを取り寄せるというのは、時間も手間もかかるうえに、あまり現実的ではありません。

では、どうやって候補を絞ろうかとなった時に使えるのが、口コミというわけです。

口コミで良い評価がたくさんついている保険会社をピックアップし、悪い評価があるものや、良い口コミが投稿されているけれどそもそも口コミ件数が少ない保険会社を除外していけば、自ずと数は絞られます。

③他人の保険の話を聞く機会がないから

友人、知人同士で、お互い加入している生命保険の話をしたことがありますか?

「がん保険に加入しているよ~」とか、「この間学資保険に入って~」みたいな話をすることはあるかもしれませんが、具体的に「保険料が○○円で、亡くなった時の保障が△△円で~」といった会話は、したことがないと思います。

保険料や保障金額の話は家計に関わる話でもありますから、顔見知りには話しにくい面もあるのでしょう。
その点顔が見えない口コミは、実際の加入内容や保険料を書いてくれるので、「世間ではこんな保険に入っているんだなあ」というイメージがしやすいのです。

④保険代理店に相談すると、押し売りされそうだから

最近、保険の見直しや加入に関する広告を当たり前のように見ます。

ひと昔前までなら、こんなにたくさんの保険の広告を見ることはなかったと思います。

保険は一度加入したら代理店に任せっきりという人が多かったのに、今は節約志向の人が増えたために「保険を見直すことで、月々の固定費を削減する」という意識が強くなっています。

ですから、保険の相談窓口もショッピングモールに出店していたり、アンケートに答えたら粗品をくれたりするなど、だいぶ身近な存在になりました。

でも、やはり「保険のプロに相談すると、そのまま契約まで進んでしまうのでは?」と心配になりますよね。

その点口コミなら読むだけだし、そのまま契約させられるという危険はないわけですから、ユーザーにとっては使いやすいと言えましょう。

これら4つが、女性保険を選ぶ際に口コミを参考にしている理由だと思います。
どうでしょう、思い当たる点はありませんか?

口コミ評価を参考にするメリット

では、女性保険を選ぶ際に口コミを参考にすることで、どんなメリットが生まれるのでしょうか?

①人気の保険会社だけではなく、商品名やプランまで分かる

女性保険の口コミをみると、「■■社の☆☆☆」という商品名が分かるだけではなく、保険期間が10年だとか終身だとか、そのような細かいことまで分かります。

どのような保障を、どのくらいの期間契約して、どんな特約をつけるのか、これらを全て決めてようやく「女性保険を契約した」と言えるのです。

保険会社のHPの内容と口コミを比べてみると、HPではおすすめしているけど、意外とこのプランは人気がないんだなということも分かったりします。

②同じ女性が書いた口コミだからこそ説得力がある

女性保険といっても、専業主婦が加入する女性保険と、仕事をしている女性が加入する女性保険はプランが異なります。

特に仕事をしている女性ならば、働けなくなった場合の収入保障が必要になります。夫婦で住宅ローンを組んでいるのであれば、死亡した場合ローンの残額はどうするのか、場合によっては保険金で賄えるものもありますから、それも決めなければなりません。

口コミを読むと「専業主婦はこういう女性保険に入らなくちゃいけないんだな」「働いてる人は、こういう女性保険に加入しているんだな」ということを知ることができます。

また、「病気になったけど女性保険に加入していたおかげでこんなに良いことがあった!」というような口コミを見れば、女性特有の病気のリスクを再確認することができます。

同じ立場の女性の口コミは、女性保険を選ぶ際一つの判断材料になります。

この2つが、女性保険を選ぶ際に口コミを参考にするメリットだと思います。

口コミ評価の注意点

口コミを活用して女性保険を選ぶことは、決して悪いことではありません。
しかし、メリットの裏には必ずデメリットが存在するものです。
デメリットも確認しておきましょう。

①レビューに書かれている女性保険が自分にピッタリとは限らない

女性保険は毎月数千円、内容によっては1万円近くのお金を支払うものです。
レビューで毎月8,000円の保険料が人気と書いてあったからといって、自分も8,000円の女性保険に入ろうとか、そんな考え方はしてはいけません。

保険は加入することも大事ですが、長く加入し続けることも大事です。
いくら人気があるように見えても、支払いに無理があるような女性保険を選ぶのはNGです。

②良い口コミのみを掲載している危険性がある

通販業界で実際にある話ですが、ネット上での評判を良くするために、出品者がお金を払って購入者に良い口コミを書いてもらう、なんてことがあります。
いわゆるサクラです。

保険会社は、契約者に対して「良い口コミを書いてください」とお願いすることはありませんが、それ以外の保険関連サイトの口コミがサクラである可能性も捨て切れません。

悪い情報が極端に少なく、良い情報ばかりが掲載されているサイトはそのような危険性がありますので、偏った情報を鵜呑みにしないよう気をつけてください。

③言葉が不足している場合がある

女性保険は女性への保障が手厚いものの、全ての病気を保障してくれるわけではありません。

保険金が支払われない場合を「免責」というのですが、口コミの場合、免責のことを書かず保険金が支払われる例ばかりが挙げられるので、何でも病気になれば保険金が受け取れるのだと勘違いしやすくなります。

口コミ評価の高い女性保険によくある傾向?

では、その口コミで話題の女性保険には、どんな特徴があるのでしょうか?

積立タイプで定期的にお金がもらえるもの

掛け捨てより少し保険料が高くなりますが、3年、5年といった節目にボーナス(生存給付金、お祝い金等言い方はそれぞれ)がもらえる女性保険が人気です。

銀行に貯金していてもなかなかお金が増えないので、その分を女性保険にまわしたら保障もしてくれるし、お金も増えるし・・・ということで支持を集めています。

女性特有の病気になった場合、保険金が上乗せされるもの

子宮がん等女性特有の病気になった時、元々の契約している保障に加えて+αの金額がもらえるようなタイプが人気です。

女性保険だけではなく、通常の医療保険に女性特約等をつけても同様の保障が得られます。

定期よりも終身が人気

女性は妊娠すると保険に加入しにくくなる可能性もあり、若いうちに終身タイプの保険に加入しておこうという考えから、終身が人気のようです。

勿論、定期保険にもメリットはあります。

ただ、これから妊娠、出産を考えているという人は、妊娠から出産までの病気のリスクに備えて女性保険に1つ入っておくのがベストですね。

自動車保険や火災保険のような損害保険はリーズナブルなものが人気ですが、女性保険はライフプランによって好みが様々に分かれるせいか、安いものが人気という結果にはなりませんでした。

最後は自分で女性保険を選ぶことが重要

さて、女性保険の選び方、どんなプランが人気なのかが分かったところで、自分がどんな女性保険に加入したいか少しイメージできましたか?

大切なのはそのイメージを、FPや保険のプロのアドバイスを受けて具体化することです。
プロに相談するというと大それたことのように思われるかもしれませんが、決して怖いこと、難しいことではありません。

Q:相談したら、契約するまで帰してもらえないのでは?
A:そんなことはありません。圧力募集という法律で禁止されている行為です。

Q:無料相談といって、本当は高いお金を取られるのでは?
A:相談、見積もりは何度でも無料です。

Q:子連れで相談に行きにくい
A:キッズスペースを設置してあるお店に行ったり、担当者が自宅まで来てくれるサービスがあったりしますので、子連れでも相談できます。

プロのアドバイスを受けて自らも保険に関する知識を蓄え、最終的には自分の意思で自分が入る女性保険を選びましょう。

まとめ:女性保険選びは、まず口コミから!

数多くの女性の体験談、成功例、失敗例を知るには、口コミが最適です。
リアルでは知られていない女性保険のあれこれを知り、自分だったらどういう女性保険に入りたいかを思い描きましょう。

たくさんの口コミの情報を整理したり、必要な情報とそうでない情報を取捨選択したりするのは大変かもしれませんが、自分の人生、将来のことを考える良い機会ととらえましょう。

そして、ある程度ビジョンが描けた後、プロに相談してください。
女性保険を独断で選ぶことは間違えたり、勘違いしたりとリスクも高いので、おすすめしません。

まとめ:口コミの情報に惑わされない

口コミの情報は参考資料にすぎません。
口コミで良いと評価されていても、ご自身がその女性保険に加入した時に良いと思うかどうかは定かではありません。

契約前にプロに相談し、間違いがないか、自分にぴったりかどうかを確認してもらいましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
どうか皆様が納得のいく女性保険選びができますように。

おすすめの無料保険相談窓口

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!