就職活動から就職までにかかる費用の相場と内訳

就職活動から就職までにかかる費用の相場と内訳

就職活動に必要なお金はどれくらいか知っていますか。費用の相場や内訳に焦点を当て、詳しく説明していきます。就職活動を控えた学生は必見です。お金の準備の仕方や計画的に貯める方法なども紹介するので、最後まで読んで将来の就職活動に備えましょう。

就職活動でかかる費用の相場と内訳

就職活動は意外にもお金がかかります。大学生の大半がアルバイトで生活費や交際費を賄っていますが、就職活動中はアルバイトの時間が制限されるので計画的に貯金をすることが大切になります。

そこで、就職活動にはどれくらいの費用が必要なのかを事前にチェックしておきましょう。費用の相場と内訳を併せて紹介します。

就職活動の費用相場

就職活動をする学生を対象に支援サービスを運営するサポーターズによると、就職活動にかかる費用の全国平均は約16万円です。関東在住の学生は約13万円、地方は約18万で居住地によって費用に差が出ることが分かっています。選考は東京などの都市部で行われることが多いので、地方の学生の方が交通費や宿泊費がかさむ傾向があります。

もちろん、選考を受けるところが地元の企業であればその分費用は抑えられますが、お金を気にして将来の選択肢が狭くなるのはできるだけ避けましょう。就職活動にかかる平均費用は16~18万円ですが、多めに準備しておく方が金銭面を気にせず集中できます。

就職活動を終えた学生が実際に大変だったことを聞かれて、自己分析・エントリーシートの負担を抑えて、就職活動の費用を賄うのがつらかったと答えました(就職活動支援サービス「サポーターズ」)。それくらい就職活動にかかる費用は、大学生にとって大きな負担だということが分かります。

続いて、就職活動の費用の内訳を詳しくて見てみましょう。

就職活動の費用内訳

平均で16~18万円の費用が必要な就職活動ですが、費用の内訳はリクルートスーツなどの衣料費、面接地までにかかる交通費、遠方に就職を希望するなら宿泊費の大きく3つに分けられます。それぞれが費用全体に占める割合を分かりやすくグラフにすると、次のようになります。

グラフから交通費が一番大きな割合を占めていることが分かります。それぞれの金額の内訳は、衣料費が約5万円、交通費は約10万円、宿泊費が約3万円です。詳しくいきましょう。

リクルートスーツなどの衣料費

面接を受けるためにはスーツやネクタイ、シャツ、靴下・ストッキングなどをすべてそろえる必要があります。他にも靴やカバン、時計なども準備しなければいけません。一式用意すると、大学生にとってかなり痛手の出費になります。

就職活動が活発な時期になると毎日スーツを着る生活になるので、替えのシャツや靴下・ストッキングも必要です。男性は約5万円、女性は約4万円の費用が衣料関係にかかることを頭に入れておきましょう。

面接地までにかかる交通費

面接地までにかかる交通費は、選考場所や居住地によって異なりますが平均で約10万円の費用が発生します。毎日面接を受ける時期には、首都圏など交通網が発達しているところでも交通費がかさみます。地方だと飛行機や新幹線などを利用する可能性が高いため、かなりの額になるので事前にしっかりとした準備が必要です。

交通費が用意できずに面接をあきらめた就活生もいたので、自分の将来の選択肢を狭めないためにも計画的な貯金が大切です。

遠方に就職を希望するなら宿泊費

選考場所が遠方だと、朝早い面接のために前入りをしたり、連日企業との約束があったりするとホテルを取る必要があります。都市部から離れている学生にとって、宿泊費は重くのしかかります。交通費のことを考えると、いっそ宿泊した方が費用を安く抑えられることもあるので、ケースバイケースで判断をする就活生が多いです。

入社までにかかる費用の相場と内訳

続いては、入社までにかかる費用の相場と内訳を見ていきましょう。働く企業や業種、職種などによって金額は上下するので、あくまでも参考までにチェックしてください。

入社までにかかる費用の相場

入社までにかかる費用の相場は、約15万円だと言われています。就職を機に1人暮らしをするとより多くの資金が必要になります。

就活生の多くは7月までに就職活動を終えるので、そこからは自由な時間が手に入ります。7月から大学を卒業する3月までの約9か月の間に、アルバイトなどをしながら費用を賄うことが大切です。

就職活動を終了してから卒業までの期間は、卒業論文を提出したり、残りの単位を取得したり、友人と卒業旅行に行ったりなど実はいろいろ忙しいです。残りの学生生活を存分に楽しむ時間でもありますが、社会に出る前の大切な準備期間でもあります。入社までに必要な費用を知って、逆算して計画的にお金を準備することをおすすめします。

入社までにかかる費用の内訳

入社までにかかる費用の内訳は人によって違いが大きいので、具体的に説明するのが難しいですが、次のような費用が発生する可能性があります。

  • 都市部への引っ越し費用
  • 研修や検定などの交通費
  • 身の回りの物(時計、カバンなど)

この他にも職業柄必要な費用があるかもしれませんが、今回はこの3つについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

都市部への引っ越し費用

地方出身で春からは都市部に引っ越す場合は、ある程度まとまったお金が必要です。会社によっては家を借りるための初期費用をサポートするところもありますが、家具や生活必需品などを準備するお金は最低限準備しておきましょう。少なくても10万円は用意することをおすすめします。

会社から金銭支援がまったくない場合は、家の契約代金なども含めて50万円ほど必要になります。敷金・礼金は物件によって異なりますが、家賃を2.3か月分まとめて支払うと考えておきましょう。

通勤距離が長くなるなどの理由で1人暮らしをするのはやむを得ませんが、ただ1人暮らしをしたい人は就職してからにしましょう。金銭的に余裕がある状態の方が、より良い物件をえらべます。変に妥協せずにすむので、タイミングを考えて引っ越しをしましょう。

研修や検定などの交通費

入社前に研修があったり、資格取得のための検定を受験したりする場合は、交通費が必要です。後で会社から支給されることもありますが、2~3万円は手元にあると安心です。1回の出費が少なくても研修や検定の回数が多いと、学生にとって大きな負担になります。後々困らないためにも、計画的に資金を準備しておきましょう。

身の回りの物(時計、カバンなど)

就職活動に使ったスーツや時計を入社後に使う人もいますが、せっかくの社会人デビューなので身の回りの物を新調する人が多いです。お金がかかっても社会人として恥ずかしくない物を準備するには、ある程度の資金が必要です。

多くの就活生が、入社前に買いそろえる身の回りの物は次のようなものがあります。

  • スーツ
  • 財布
  • 時計
  • カバン
  • 靴やパンプス
  • シャツやブラウス
  • 名刺入れ
  • ネクタイ
  • ボールペン

身の回りの物を準備するために必要なお金は、どこまで買いそろえるかによって大きく異なります。できるだけ費用を抑えたいなら、就職活動中に使う時計やカバンなどを入社後も使うといいでしょう。就職活動だけでなく、入社してからも使える物を購入するのがポイントです。

入社後にかかる費用の相場と内訳

社会人として費用がかかるのは入社前までだけではありません。入社後もある程度のお金が必要になるので、計画的な準備が大切です。

入社後にかかる費用の相場と内訳についての情報をお伝えします。

入社後にかかる費用の相場

会社に入社してからの費用は少なくとも5~10万円ほど用意しておきましょう。入社するまでに費用を抑えると入社後にその分が必要になる可能性が高いです。お金がないときは後回しにしがちですが、会社にかかる費用は将来的にはいつか必要になります。社会で仕事をすると学生のころより金銭的に余裕が生まれるので、初期投資だと考えて資金を使うといいでしょう。

次に、入社後にかかる費用の内訳を見ていきましょう。

入社後にかかる費用の内訳

入社後にかかる費用は、入社前よりも人によって千差万別になります。そうした中で共通して必要なのは、夏用のスーツ用品にかかるお金です。スーツを1、2着くらい購入すると5~10万円ほど必要なので、準備を忘れないようにしましょう。

入社して少しするとボーナスが支給される会社が多いです。先輩社員よりもらえる金額は少ないですが、ある程度まとまったお金をもらえます。必要な物の金額にもよりますが、ボーナス額以内の出費であれば特に貯金をしなくても賄えるので、その辺も考慮して資金計画を立てましょう。

どのタイミングで保険に加入すべきか

1人の大人として社会に出るにあたって、保険の加入が大切になります。保険についてあまり知識がない就活生が多いですが、どのタイミングで加入すべきでしょうか。

新入社員が保険に加入するのに適したポイントを3つ紹介します。今回は、入社時、ボーナス後、1年目が入ってきたときの3つにフォーカスして見ていきます。

入社時

入社してすぐは、保険の勧誘を受ける機会がとても多いです。このタイミングで保険を契約すれば、自分で保険契約のための準備をする必要がありません。複数社の勧誘を受けることが多いので、手軽に他社比較ができるのが大きなメリットです。

また、入社時は保険について何もわかっていない新社会人に説明するという気持ちで保険会社も来ているので丁寧な説明を受けられます。疑問や不安も気軽に担当者に聞けるので、入社時に保険に加入する人が多いです。

ボーナス後(貯金がたまってから)

ボーナスが支給された後や仕事を続けてある程度貯金が貯まってから保険の手続きをする人もいます。貯蓄性が高い保険に加入する場合は、まとまったお金を準備する必要があります。

保険はいろいろな種類がありますが、若いうちは医療保険やがん保険に加入する人は少ない傾向です。どちらも自分の体にもしものことが行ったときに保険金が受け取れる保険なので、健康に自信がある新入社員はあまり加入しません。一方、養老保険や定期保険など将来の資金を増やす機能がある保険が人気を集めています。より多くのリターンを目指すなら、契約時にまとまったお金を準備することがポイントになります。

1年目が入ってきたとき

会社に入ってから1年間は保険のことを考えずに働いて、次の4月に新入社員が入ってきたタイミングで加入する方法もあります。保険会社が新入社員との契約を目的に勧誘にくるので、それを狙って契約すると効率が良いです。

社会に出て右も左も分からない中、自分が契約した保険について何も知らない状況は大人としてあまり良くありません。ある程度の知識を得てから、将来を見据えて自分に適した保険を選べる時期に契約すると保険料の無駄がないのでおすすめです。

就職するのにもお金がかかる!早めの準備が鍵

ここまでの説明で、就職活動を不自由なくするには早めにお金を準備することが大切だと分かりました。最後になりましたが、就職活動の資金を早めに準備するコツを3つ紹介します。今回紹介するのは、バイトをたくさんする、節約して貯金する、先輩に参考書などをもらっておく、の3つです。それでは順番に見ていきましょう。

アルバイトをたくさんする

就職活動にかかる費用を見越して、普段より多めにアルバイトをしてお金を貯めるのが大切です。大学3年生になるとインターンシップなど就職に影響する活動が開始されます。そうしたイベントが入ってくるとアルバイトができる時間が限られてくるので、それ以前にたくさん働いておきましょう。交際費にすべて使うのではなく、計画的に貯金をすると将来困りません。

節約して貯金する

普段から節約を心がけて貯金しておきましょう。就職活動中も1日に複数の面接を入れたり、徒歩圏内の異動は電車に乗らずに歩いたりなどできるだけお金がかからないように工夫することがポイントです。

先輩に参考書などをもらっておく

就職活動を終えた先輩に参考書などをもらっておくと、書籍代が抑えられるのでおすすめです。就職活動に関する本は毎年新しいものが出版されますが、内容はそれほど大きく変更されないことが多いです。掲載されている情報は新しくなっていますが、古いものでも気にならない人は先輩などに譲ってもらいましょう。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!