おすすめの資産運用を徹底比較!自分にあった運用方法を見つけよう

おすすめの資産運用を徹底比較!自分にあった運用方法を見つけよう

資産運用を始めるとなった場合、どのような手法で運用していくかは非常に大事な問題です。

昨今は、伝統的な株や債券、投資信託等以外にも多様な運用手段がありますので、自身が想定するリスクやリターン、資金が必要になるタイミング等を踏まえて、適切な資産運用手法を選択していくことが重要です。

今回はさまざまな資産運用の種類や方法を比較しながら紹介しますので、自分にマッチした方法を選択する上での参考としてみてください。

資産運用の種類・方法を比較

冒頭でも触れましたが、現在は多種多様な資産運用手法があります。この章ではまず資産運用全般の種類や、比較の仕方について簡単にまとめてみました。

まず、資産運用を比較する上でポイントとなるのは次の4点です。

  • リスク
  • リターン
  • 投資資金(ロット)
  • 満期の有無とその長さ

この4点に着目しながら資産運用方法を比較・分類し、自分にあった構造を持っている商品を選択するのが良いでしょう。

リスクというのは「価格変動の不確実性」を指し、大きく損益が変化する商品はリスクが高い、逆は低い、となります。またリターンは「得られる収益の大きさ」で実際にはリスクがある以上収益の高さが確定しない商品もあるので、厳密には「収益の期待値」と捉えて考えていくことなります。

よく探せば割安・割高商品はあるものの、基本的にリスクとリターンは緩やかな比例の関係にあり、リスクの高い資産運用方法はリターンも高い(またはその逆)と言う関係性が成り立っています。

一般でよく想定される商品で比較すると、海外の株式はリスク・リターンが高く、ついで国内株式(細分化すると企業によってリスク・リターンの高さは様々ですが)、FX、不動産、投資信託(アクティブ>パッシブ)、債券、定期預金、国債といった順序でリスク・リターンが高くなります。(厳密には銘柄によって多少の前後はありますので、あくまで簡単な比較です)

続いてリスク・リターンのみに注目して比較の軸から忘れがちなのが投資資金(ロット)です。資産運用の手法の中には、大きな投資資金でしか取り組むことのできない資産運用方法もあります。

初期投資額がこの投資資金の最低単位に満たない場合は、その資産運用方法はすぐには選択できないということになりますので、これもまた見落とさずに比較しておく必要があります。

一般的な投資手法で最も必要最低資金が大きいのは不動産でしょう。一般的に数千万円、ローンを活用しても数百万円〜一千万円程度はないと投資を始められません。ついで株式は銘柄にもよりますが、数万円〜数十万円ないと購入できる銘柄が限定されます(そして少額で購入できる株はややリスクの高い銘柄であることが多いです)。

債券やクラウドファンディングあたりですと1万円〜10万円程度が購入単位となっていることが多いです。必要な投資資金(ロット)が小さいのが、保険での投資、FX、定期預金、国債などで、保険は積立ではあるものの、1ショット1万円前後でも取り組むことが可能で、定期預金に至っては特段ロットの制約がありません。

最後に、満期の有無も実は資産運用方法を検討する上では重要なファクターです。資産運用の目的によっては、将来のいずれかのタイミングで現金化することが必須となります。例えば教育資金であれば、子供が高校や大学に入学するタイミングには現金化して支払いに当てる必要があるでしょう。

資産運用のやり方の中には、満期があり現金化される時期が決まっている定期預金や債券、保険のような商品と、満期が定まっておらず一定のコストを支払えば自分の自由なタイミングで現金化が可能、もしくは半永続的に投資し続けることも可能な株式、FX、一般的な投資信託などがあります。

資産運用商品を選択する上では、現金化タイミングが定まっているのか、またそれはどの程度先であるかも重要なファクターとなるのです。

AI(ロボアドバイザー)の資産運用を比較

なかなか特定の商品に投資するのはハードル高い、またリスクがきになるし運用商品の勉強をする時間もない、という方も多いかと思いますが、現在はそういった方のためにAIでの運用サービスを行なっている機関が増えてきています。

これは自身の運用の方針を定めれば、その方針従って、サービスが活用しているAIが自身の判断でさまざまな商品に投資をしてくれます。

こちらはまだ近年普及してきた資産運用手段ですので、長期的な運用成績や機関ごとの比較については未知数ではあるものの、基本的に分散投資を基本としてくれますので、資産の保有者は何もしなくてもリスク分散が図られることになります。

運用全体をAIに任せることとはなるものの、現在発展中の新たな資産運用手段として一考の余地ありです。

また、多くのサービスがスマホ一つで運用状況を気軽にチェックしたり、方針を変えたりできるようになっています。これまで資産運用というと少なくともPCを用いて行う必要がある印象も強かったですが、AIを活用した運用では、スマホだけで完結する手軽さもポイントです。

資産運用を利回り・金利で比較

さて、資産運用を評価する上では、リスク・リターンで評価することが重要です。基本的にはリスクとリターンは比例関係にあることから「リターンが高いほどリスクも高い」とみなすことができます。

さて、このリターンを考える場合ですが、初心者ですと異なる資産のリターンを正当に評価することが難しいです。債券や預金などは「利回り・金利」でリターンが表現されますが、株などは値上がり幅や配当収益で表現されるなど、尺度が商品によって異なるからです。

そこでこの章では商品ごとのリターンを、各商品のリターンを「利回り・金利」に置き換えて比較してみましょう。

最も金利が低い資産運用方法は「普通預金」で、これは現在0.001%です。また、同様に銀行等金融機関で利用できる「定期預金」ですと、現在は0.05-0.10%程度のものが多いです。このあたりは世の中の金利が上がれば上がっていくはずですが、近年はずっと非常に低位に抑えられています。

次に金利が低い商品は国債、ついで債券となります。国債は現在3年・5年・10年いずれも0.05%(個人向け国債の場合)です。ただし10年は変動になりますので、将来金利が上がれば利回りも上昇します。また、個人向けの債券は0.1%程度〜1%程度になります。

また、いわゆる貯蓄性保険はこのあたりの利率になります。例えば20年で返戻率115%程度の学資保険ですと、年あたりの利率は複利換算で0.5%〜0.6%程度になります。

つづいて、デリバティブなどをもちいてリスクを伴いながら高利率を実現する「仕組み債」という商品があります。債券ながら為替に連動したり、株価に連動したりとタイプは様々ですが、概ね1〜3%程度の利回りとなるものが多いようです。

その上はいわゆるリスク性の資産運用方法になります。例えば不動産投資は概ね実質利回りが3%〜4%程度が中央値です。これは(家賃収入ー管理諸費用)/物件価格×100で計算します。売却する場合はこれにキャピタルゲイン・ロス(不動産価格自体の上下)が加わるわけですが、すぐに売却しないのであれば、この実質利回りをまず参考にしましょう。

株式についても株の値上がり・値下がりも銘柄選別の上では考えていきたいところですが、債券と比較する場合は「中立=変わらない」仮定で評価するのが公平です。

その場合ポイントとなるのは配当で、配当/株価で計算される「配当利回り」が債券等と比較する場合の正当な尺度となります。これは銘柄によって様々なのですが、概ね3〜5%程度になるようです。

銀行での資産運用を比較

資産運用というとどうしても、証券会社を通じた需要の獲得をイメージしがちではありますが、あくまで多くの方にとって資産の置き所のメインは「銀行」という方が多いかと思います。

忘れてはならないのは、銀行に預ける、という選択も立派な資産運用手段と言えます。日本においては銀行の安全性が国を挙げて保持されておりますので最も安全な資産運用手段として引き続き銀行は重要な役割を果たしていると言えます。

さて、そのような銀行ですが、実は一口に銀行といっても、普通預金以外にもさまざまな資産運用手段があります。ここでは銀行での資産運用手段について一通り紹介します。

まずいうまでもなく最も基本は「普通預金」です。いつでも預けられる、下ろせるという普通預金の重要度は、たとえ他の資産運用手段を活用するとしても、引き続き高いものと思われます。利率は近年は大抵0.001%となります。1金融機関あたり1000万円までは預金保険機構により保護されており、極めて安全性の高い資産形成手段と言えます。

ついで普通預金同様の安全性ながら「期間」を銀行に委ねることにより追加利回りを得るのが定期預金です。安全性は普通預金となんら変わりませんが、一定期間引き出せない、引き出すと実質ゼロ金利になるというところがポイントです。

利率は0.05-0.10%程度ですが、まれに地方の金融機関が奨励金利などで新規資金については0.1%-の高い利率を設定することがあります。

こちらについても預金が保護されるのは同様ですので、安全資産でも少しでも高い利率を目指す場合は、地方の金融機関も積極的に活用しましょう。

そのほか満期タイミングや金利水準が金融機関の都合で変化することがある仕組み預金もあります。こちらは大抵期間が長くなるときに金利水準が上がりますが、満期までの期間が不確実であることにより高い利率を設定しているものです。

また、外貨預金も銀行での重要な運用手段です。現在は1万円以下などかなり小ロットでの運用も可能になっています。利率は通過によりますが、高金利通貨ですと1%以上の金利も見られます。一方で、手数料の高さや柔軟性を鑑みると思うように収益を上げるのは難しく、同じ為替リスクを取るならばより柔軟性高く、手数料も低いFXを活用するのも一案です。

そのほか付随的なサービスにはなりますが大手金融機関では投資信託の委託販売を行なっています。取り扱う銘柄は金融機関によりますが、証券口座を有していない場合には、銀行を活用して投資信託運用をするのも一考です。

資産運用におすすめの保険を比較

さて、資産運用手段として忘れがちなのが保険、特に生命保険の活用です。現在はさまざまな商品性の生命保険が存在しますが、その中の一部は、ほかの運用手段と比較してもリスク・リターンの観点から魅力的な商品がございます。

具体的には下記のような生命保険商品が、資産運用に一役かってくれます。

  • 低解約返戻金型終身保険
  • 利率変動型保険
  • 外貨建保険
  • 変額保険
  • 学資保険

低解約返戻金型終身保険とは、一定の間、解約返戻金が低い期間がある、言い換えると当面の期間は元本割れが大きくなってしまう可能性がある商品です。一方で一定期間を経過すると予定利率が大幅にアップして高い利回りが期待できるものもあります。。定期預金以上に「確実な余剰資金」で加入することで実質的な利回りの獲得が見込めます。

利率変動型保険は、変動国債同様に、利率が物価水準に合わせて上がります。世の中の物価・金利上昇が起こったときに自動的に利回りが高くなりますので、インフレリスクを意識した運用におすすめです。

外貨建保険は、その名の通り外貨にて運用されている商品です。為替リスク=円高により収益低下・損失発生のリスクはありますが、円安時には高い利回りが期待できます。また、海外の金利はほとんどの地域において日本より高いので、たとえ為替変動での損益影響がなかったとしても、高い利回りが期待できる場合があります。

変額保険は、保険会社の運用成績によって保険金や解約返戻金が変化する商品です。生保会社の運用のプロフェッショナルが運用するので安心感あり、また最低補償額は決まっていることが多いものの、運用によるリスクがある点は留意が必要です。

保険会社によっては運用セクターを選択できたり、またほかの保険金支払いの安全性が高い商品と組み合わせて運用することも可能です。

また、最後に学資保険ですが、こちらは子供がいる家庭にしか適用できませんが、教育資金の資産形成として非常に有力です。

あらかじめ返戻金が固定されているにもかかわらず、加入時期通算で10%以上の利回りが見込める商品も多く、非常に魅力的な商品です。教育資金を貯めたい場合は、ぜひ活用しましょう。

多様な資産運用手段から自身にあった商品を選択しよう

ここまで紹介した通り、現在においては多様な資産運用手段が存在し、庶民の資産運用に対するハードルも以前より下がっています。

運用の機会にあふれている昨今ですから、銀行だけに頼ることなく、自分の目的に合った最適な資産運用手段を選択し、リスク・リターンや現金化タイミングなどを上手くコントロールしましょう。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!