資産運用に保険はおすすめ?それぞれの保険商品(生命保険など)の特徴を比較

資産運用に保険はおすすめ?それぞれの保険商品(生命保険など)の特徴を比較

貯蓄ではほとんど利息がつかない低金利な昨今、資産運用で少しでも資産を増やそうとしている方、実際に資産運用を行なっている方は多いです。

読者
資産運用というと、株・投資信託と言った有価証券や不動産の運用などが一般的ですよね。

ほけんのぜんぶ
実は、皆さんが「いざという時」のために加入している保険を活用した資産運用の方法もあります。

読者
しかし、保険での資産運用をするための勉強をする暇もないし、敷居が高そうです。。

このように敬遠している方におすすめです。

この記事でわかること
  • 保険で資産運用ができる理屈と良し悪し
  • 資産運用が可能な保険の種類と確認すべきポイント
  • 貯蓄性の高い保険のメリットとデメリット
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

この記事は5分程度で読めます。

そもそもなぜ保険で資産運用ができるのか?

まず、保険で資産運用ができる理由について説明します。

読者
保険というものは本来、将来資金が必要となる事象に対する備えとして加入するものですよね。

例えば、火災保険ならば家屋が被災した時の修繕や再建築費用、自動車保険であれば自動車修理や怪我をした人の治療費などと言った具合です。

また、生命保険においては、「伝統的な生命保険」である、亡くなった遺族に支払われる死亡保険(終身保険)に加え、子供の教育資金の積立としての学資保険、大病の治療費を賄う医療保険等々があります。

ほけんのぜんぶ
このうち、生命保険として販売されているいくつかの中には「貯蓄性」を伴う保険商品が多数存在します。

伝統的な死亡保険(終身保険)にも原始的な形でその機能は備わっていて、支払った保険料よりも戻ってくるお金の方が大きくなるものもあります。

一方で、伝統的な死亡保険(終身保険)は、被保険者にもしものことがあったタイミングでなければ保険金が支払われないため、支払いタイミングと収益率に大きな不確実性が伴います。

 ポイント

この死亡保険(終身保険)をさらに「貯蓄目的」にブラッシュアップさせたものが、昨今「資産運用として」活用されうる貯蓄性保険となっております。

現在は多種多様な貯蓄性に優れた保険が販売されており、一定程度の運用益を期待できる商品も多いです。

読者
それらの保険を活用することで資産運用として利用することが可能な場合があるんですね。

また、これらに特約として傷病時・死亡時の保障をつけたり、保険の受け取り方を調整したりすることができるものもあります。

ほけんのぜんぶ
このように、投資性と保障の両面を満たすことができるのが保険での資産運用の特徴です。

資産運用に利用できる保険の種類

続いては、資産運用を保険で行う上で選択肢となり得る保険商品の種類を紹介します。

現在は資産運用に利用できる保険が多種多様あり、それぞれに異なる特徴があります。

ほけんのぜんぶ
自身のニーズを見極めそれにあった特性の保険に加入するのがポイントです。

低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険とはどのような保険ですか?
これは伝統的な生命保険をアレンジしたもので、終身保険としても活用できる一方、一定期間経過後は解約が可能となるというものです。

保険を活用した資産運用商品としては特にメジャーなものになります。

 ポイント

保険料を支払っている期間中、保険会社およびその子会社の資産運用会社等が保険料を運用してくれるため、長期間経過後に解約すれば解約返戻金が総支払い保険料より高くなる場合があります。

返戻金は解約時期ごとに初めから固定されており、一定期間後から返戻率が大きくなるものもありますし、一定の範囲内で、運用成績によって返戻率が変動するものもあります。

ほけんのぜんぶ
基本的には変動性を伴うものの方が「リスクがあるがうまくいけばより収益が高くなる」チャンスがあります。

養老保険

養老保険とはどのような保険ですか?
養老保険は、低解約返戻金型終身保険がさらに進化したもので一定期間の「満期」が付与されているものになります。

満期が来るまでにもしものことがあった場合は当初契約の保険金が満額支払われ、満期まで元気に過ごせた場合には一定の返戻率の元、支払った保険料よりも大きな金額が保険金として戻ってきます。

 ポイント

養老保険は、定期預金のような性質でありながら、返戻率分の収益が得られる資産運用としての機能を有しています。

養老保険も、返戻率が初めから固定されているものと変動するものがあります。

低解約返戻金型終身保険より中途解約時の返戻が不利になる場合がありますが、きちんと満期まで加入した場合には、同じ年数で低解約返戻金型終身保険を途中解約するよりも、養老保険の方が有利な内容になっていることが多いです。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

学資保険

学資保険は、子供の大学入学や高校入学に合わせて保険金が降りる仕組みになっているのが基本です。

ほとんどの学資保険は、保険料の支払い額よりも保険金が高くなるように設定されています。

ほけんのぜんぶ
学資保険は、その保険金を大学や高校の入学金や学費に充てられるようになっています。

確実に学費に当てたいというその性質上、保険金が固定されているものが好まれるため、返戻率はあらかじめ決められていることが多いです。

返戻率も110%程度が見込めるものもあり、子育て世代の方にとっては貯蓄性の保険として有力な選択肢です。

個人年金保険

個人年金保険とはどのような保険ですか?
個人年金保険は一定期間保険料を支払ったあと、決まった年齢(60歳以上か65歳以上が多い)から一定期間にわたり年金形式で毎年一定額の保険金を受け取る仕組みの保険です。

その名の通り、厚生年金や国民年金を補完する仕組みとして利用することが多いです。

ほけんのぜんぶ
支払う保険料より多くの保険金が受け取れるものもありますが、中には元本割れリスクがあるものもあります。

また、返戻率が運用成績に変化するだけでなく、投資信託のように投資する商品やセクターなどを固定しているものもあり、ある程度自分の判断で資産運用を行うことができます。

以上のように、さまざまな保険商品がありますが、保障の内容・保険金の支払われ方に主な差異があります。

保険の資産運用では、自分が「いつ・どんな時に、どんなスケジュールで保険金が返って来てほしいか」を検討尺度にして保険商品を選択することになります。

どのタイプの保険がご自身に合っているのか、また生命保険を利用しての投資について無料の保険相談所でプロに相談するのも一つの手です。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

貯蓄性の高い貯蓄型生命保険のメリットとデメリット

ここからは、貯蓄性が高い生命保険のメリットとメリットをご紹介して参ります。

まずはメリットです。

貯蓄型生命保険のメリット

1.保障を確保しながら資金準備ができる

保険の第一の目的である保障を得ながら、満期金や解約返戻金が払い込んだ保険料額を上回る額になる可能性があるため、資金づくりの用途に使うことができます。

 ポイント

保険の利率は、積極的な投資をした場合ほどではありませんが、預貯金に比べれば高利率なので、有利にお金を貯められます。

教育資金や老後資金として利用する人が多いですが、満期のない終身保険などで準備した場合、他の手段(預貯金など)で資金が準備できた場合は、解約返戻金を受け取らずに据え置くことで、さらに増やしていくことも可能です。

2.貯金が苦手な人でも貯めやすい

通常、生命保険を契約すると、口座引き落としやカード払いの形で保険料払込を行うことが多いでしょう。

そのため、あまり意識することなく、毎月の収入の一部が自然と積み立てられていきます。

読者
預貯金のように簡単に引き出すことができないため、うっかり使ってしまうリスクが低いのもメリットですね。

ほけんのぜんぶ
結果、自分でコツコツ貯金するのは苦手という人でも、保険を利用することでお金を貯めやすい仕組みづくりができます。

3.契約者貸付制度が利用できる

契約者貸付制度とはどのような制度ですか?
契約者貸付とは、その時点の解約返戻金の範囲で、保険会社からお金を借り入れることができる制度です。

ほけんのぜんぶ
基本的に、貯蓄型の保険にだけ備わっている機能です。

カードローンなどに比べて低金利で借りることができるので、どうしてもお金が必要になったときに利用できます。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

貯蓄型生命保険のデメリット

1.保険料が高め

貯蓄型生命保険は、掛け捨てタイプの保険に比べて、保険料は高めになってしまいます。

同じ保険金額であっても、掛け捨て型の数倍の保険料になってしまうこともあります。

 注意

契約者から払い込まれた保険料は、保障(保険金)を準備するために使われますが、貯蓄型の保険はそれに加えて貯蓄にも回されるため、同じ保障を確保するには余分にお金が必要になるためです。

そのため、月々の保険料負担が増してしまうというデメリットがあります。

2.途中解約のリスクが大きい

やむをえず、保険を解約してしまったらどうなるでしょうか。

 注意

払い込んだ保険料が解約返戻金として戻ってきますが、契約後間もない場合など、解約の時期によっては、払込保険料額を下回る額しか受け取ることができません。

つまり、「元本割れ」の状態になり、損をしてしまいます。

商品によっては、保険料払込期間中の解約は必ず元本割れします。

そのため、貯蓄型生命保険は、基本的には途中解約しないことを前提に契約すべきですが、万一解約してしまった場合、そのリスクが大きいと言えます。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険で資産運用をするメリット・デメリット

つづいて、保険で資産運用することのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

まずは保険の資産運用のメリットですが、まとめると以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 保障と組み合わせることで保険・資産運用両方の目的を一気に充足できる
  • あらかじめ収益率が確定しているもの・元本がある程度守られるものがある
  • 実際の運用はプロが行うので投資未経験者でも安心
  • 自動的に積立投資方式を行うことでリスク分散が図られるかつ継続しやすい

まず1点目ですが、先にも紹介した通り、多くの保険は死亡時・傷病時など様々な特約と組み合わせることができる商品が多くなっています。

ほけんのぜんぶ
自分に必要な特約を組み合わせることで、保険と資産運用の機能を一気に保険商品で賄うことができます。

商品性にもよりますが、特に学資保険や養老保険などを中心に、返戻率が確定しているものもあります。

また、変動性を伴うものの中でも、ある程度元本が固定されていて、プラスアルファの部分は運用成績で変動するといった形式のものもあります。

読者
収益の変動リスクが抑えられているのですね。

安全に長期間資産運用を行いたいという方には特に適しているといえるでしょう。

 投資の知識がなくても安心

また、実際の運用は保険会社や傘下の資産運用会社のプロフェッショナルが行いますので、他の資産運用と異なり、自身は投資の知識が何もなくても安心しているようすることができます。

最後の4点目、積立式になっているのも利点です。

毎月もしくは毎年強制的に保険料が引き落とされていますので、継続していつのまにか運用資産を拡大させることができます。

ほけんのぜんぶ
一般の資産運用で言うところのドルコスト平均法が内在されているので、自動的に収益の変動リスクが抑えられています。
ご自身が資産運用に生命保険の利用を検討しているけれど、どの保険を選ぼうか悩んでいる方は一度無料でプロに相談できる相談所を利用してみるのも一つの手です。

読者
調べる時間も惜しいですし、お金のプロに自分に合った保険を提示してもらえるほうが時短で有意義ですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談窓口保険のぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どこの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

デメリット

もちろん、生命保険で資産運用をすることについてもメリットだけでなく、デメリットも存在します。

大きく分けると以下のようになります。

デメリット
  • 運用商品の選択肢は少ない
  • 他の投資と比較すると収益率は下がる
  • 一気に多額を投資することはできない

1点目ですが、保険はあくまで「保険」であり、何かに備えるための商品です。

従って、「そのようなリスクやお金の入用に備えるか」に応じて多様な商品が存在します。

 注意

普通の資産運用では重要な選択肢になる「どのような資産に投資するか」「どれくらいリスクテイクするか」といったポイントについてはあまり選択肢は多くありません。

一部の年金保険などを除けば運用資産はほとんど選べませんし、リスクの高さと返戻率にも選択肢は多くありません。

ほけんのぜんぶ
特に「安全性」の高い商品が多いため、ハイリスク投資を保険での資産運用で実現するのは困難です。

また、保険商品はさまざまな特約が付いていたり、元本確保性が高い、プロフェッショナルが運用するといった要素により、返戻率はあまり高くならないことがあります。

例えば、20年で18%程度以上の返戻率がある学資保険があるとした場合、おそらく保険としては比較的高返戻率に属するかと思いますが、これは年率換算すると1%を下回ります。
株の期待収益率はもちろん、投資信託や比較的リスクの低い債券でもこれを上回ることは可能です。

また、積立投資ができることの裏返しにはなりますが、一気に多額を投資に回すことができません。

リスクは高くなりますが、当初から一気に有価証券に運用した場合のほうが高い収益を狙える可能性が高まります。

ほけんのぜんぶ
こうしてみると、保険を資産運用として使う場合の「デメリット」も、保険が安全性重視であることに起因しています。

読者
大きなリスクを取って多額な金額を投資するには、保険商品は不向きと言えるかもしれませんね。

保険で資産運用を始める前に必ず確認すべきポイント

保険での資産運用を始める上では闇雲に商品を選んで投資を始めてしまうのは危険です。

 注意

保険によっては一定期間お金を引き出せない場合もありますし、元本の確保の強度や返戻率もバラバラです。

保険での資産運用を始める前にいくつかの点を確認し明確にしておきましょう。

返戻率とは何ですか?
返戻率とは受け取り保険金を総支払い保険料で割ったものを指し、「返戻率が高いほど儲かる」ことを表す数値となり、一般的にはパーセンテージで表現されます。

たとえば、返戻率110%は、保険料の総支払額より10%多く保険金が返ってくることを意味します。

保険での資産運用を始める前に確認しておきたいポイントは以下の通りです。

確認すべきポイント
  • いつ資金が返ってくるか
  • 元本確保をどの程度求めるか
  • 学資保険は活用できるか
  • 年金方式で年次・月次の返戻がいいか
  • 保険加入時に合わせて付与したい保障は何か

これらを明確にしておけば、自分に適した保険商品とどのような特約を付与するべきかがはっきりします。

ほけんのぜんぶ
あらかじめ上記のポイントを決めた上で、それに適した貯蓄性保険に加入することが重要です。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

本当に自分に合った保険を選ぶなら専門家に相談

現代の貯蓄性の保険商品は数多くの生保会社からさまざまな種類の商品が販売されています。

「どのようなタイプの保険商品を選べばいいか」は自力でもある程度目処がつきますが、さらに

読者
どの保険会社の商品を選べば良いでしょうか?

読者
そこにどのような特約を付与させるのが最適でしょうか?

ほけんのぜんぶ
こういった選択まで自力で決定するのは非常に困難です。

保険の種類や特約の内容・特約の量によりお得な商品を販売している保険会社もさまざまなので、保険によほど詳しいという人でなければ、一度専門家に相談することをお勧めします。

生命保険会社はたいていライフプランナーなどの名称でそれぞれのニーズに適した保険をチョイスしてくれるサービスを行なっています。

もし加入する保険会社を決めているならば、こうしたサービスを利用するのもいいでしょう。

 公平性を求めるなら無料保険相談を!

一方で、こうしたサービスは当然自社の保険しかすすめてこないので、そもそも生命保険会社間の良し悪しを比較して最適な保険を決めていきたいという場合は、公平に保険を判断してくれる専門家に委ねるのがいいでしょう。

全てを自身の判断で決めてしまうのは危険です。

ほけんのぜんぶ
すくなくとも保険会社のライフプランナーとはしっかり打ち合わせた上で、自分にあった保険商品を選ぶようにしましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

まとめ

保険商品を活用した資産運用はすでにかなり普及しており、選択肢も多岐に渡って来ています。

投資信託や自身で有価証券投資をする場合と異なり、運用する有価証券・セクターなどの選択肢は少なく、またハイリスク投資を行うのには不向きといえます。一方で自身にあった保障内容や元本の確保有無、資金が返ってくるタイミングについてはさまざまな選択・カスタマイズが可能なのがポイントです。

せっかくなので自身に必要な保障をも保険に付与することで、保障機能と資産運用を一つの保険でまかなってしまうのがトータルでは効率的と言えます。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!