1. HOME
  2. ご検討のお客様
  3. がんに備える保険

がんに備える

がんに備える

がんは不治の病と呼ばれていた時代もあり、なんとなく「なると怖い病気」と考えてしまいます。しかし、今やがんの発見方法も次々に開発され、早期発見だったりステージが進行していなければ、治る見込みも高くなりました。

芸能人の方々でも、胃がんで早期発見であれば早々に仕事復帰されている方も見かけるようになりましたね。とはいえ、亡くなる方もいるのも事実。二人に一人はかかると言われているがん。まずはがんにならない為の『予防』と、がんに早く気付く『検診』や『セルフチェック』を心がけましょう。そして、“もしも”がんになった時、なかなか平常心ではいられないですが、安心して治療をうけられるようにするため保険で備えるのもがんに対する一つの施策です。

がん保険

がんの治療費は大きく3つにかかります。①手術、②ホルモン剤等の抗がん剤、③放射線治療。入院は?と思うかもしれませんが、入院して3つのどれかの治療を受けるかどうかなので、まずは3つの保障が含まれているかどうかが肝心です。

また、以前は上皮内新生物は治療を行えば転移・再発の可能性がとても低い為、悪性新生物だけどがんとはみなされず、保障の対象になりませんでした。しかし初期の状態のがんはまずは上皮内の組織に発生する可能性があるので、最近のがん保険は、保障額を低くしながらも、上皮内新生物も保障対象とするがん保険が増えてきました。

がん保険は医療保険に比べて安価で、手厚い保障が受けられます。なぜなら「がんに限定している」からです。他の病気になった時は保障の対象になりません。
がんに対して心配が大きい人や、自営業や働き盛りの人は、がんの際に手厚い保障があるがん保険が必要かもしれません。

医療保険

医療保険は、病気・ケガで入院等をした時に保障がお受け取り頂ける保険です。主たる保障内容では、病気を限定していないので、ガンで治療を目的として入院した時も保障の対象になります。さらに、特にがんが心配だという人にとっては、医療保険にがんの保障を手厚くする特約を付加することができます。

入院日数はがんができた部位によって様々ですが、繰り返しの入院にも備えられるように入院日数無制限の保障になったり、がんと診断された時に一時金保障や抗がん剤治療や通院保障がつけられるものもあります。
他の病気も心配だから、まずは手軽に保障を増やしたいと言う人は医療保険に特約付加するのがお手軽です。

  • 無料電話相談はこちらから

    tel:0120-20-8000 tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから

    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!