1. HOME
  2. ご検討のお客様
  3. お子様のいるご家庭にお勧めの保険

お子様のいるご家庭に
お勧めの保険

お子様のいるご家庭におすすめの保険

お子様が生まれて幸せが増えると、責任も増えます。「自分が死んだ後の事は知らない」では済まされません。残された家族の生活費や住居費用、そして子供の教育費用。収入が見込める期間、もしくは最低でも子供が独立するまでの期間は保障を備えておきましょう。

それらを賄えるくらいの貯蓄がない人はなおさら保険で準備するのがおススメです。全部の保障があれば安心ですが、その分保険料も大きくなるもの。マネープランをたてながら検討することをおススメします。
医療保険やがん保険については独身でも夫婦でもお伝えしてきたので、ここでは割愛します。

学資保険

「子どもが生まれたら学資保険」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。「保険を考えてみませんか」という質問にはたじろぐ人もいますが、「学資保険を考えてみませんか」と聞かれると振り向く人が結構います。それくらい日本人に染みついている保険ですね。『払った分より増えたお金がもらえる』と思っているからかもしれませんが、もはやそれはバブル期のお宝保険の時代です。このマイナス金利時代にそんなには増えません。

では、なぜ「子どもが生まれたら学資保険」と言われるのか。学資保険は他の保険と違って特殊で、契約者である親に万が一のことがあった時にそれ以降の保険料の払い込みが免除され、お子様が大学入学時などの決められた時期に契約時に決めた金額が支払われるというものです。被保険者はお子様ですが、お子様が亡くなった場合はそれまでの払込保険料の相当額が親に支払われ、契約が終了します。要するに、親に万が一のことがあった時にお子様の教育費用を確保するというものです。親に万が一のことがあってもなくても、お金がかかる時期にタイミングよくお金をもらえた方が良いと言う方には学資保険がおススメです。

生命保険

お子様が生まれた時に、真っ先に検討すべき保険は学資保険ではなく、生命保険です。お子様の教育費ももちろん大事ですが、親に万が一のことがあった時に生活できなければ将来の教育のことは後回しになります。まずは、万が一の時でも残された家族が生活できる保障を検討・備えた上で、学資保険や積立を検討するべきです。

毎月一定額を貯金に回すことが一番お金が貯まりやすい方法で、貯蓄を真っ先に考えてしまいますが、それは将来的に安定した収入があるという前提で成り立ちます。万が一の時はその前提が崩れてしまうので、そのリスクヘッジの為に先に保障となる生命保険が大事になります。この場合、保障をもつべき期間・金額を知った上で定期保険や収入保障で準備しましょう。

その上で、学資保険代わりに積立として終身保険で中長期的な資産形成に役立てます。学資保険と違うところは、親に万が一のことがあった時には、死亡保険金が受け取れるので、学資保険よりは大きな金額を受け取ることができます。保険会社によって差異はありますが、保険料を全て払い込んだとされる金額に対し、学資保険は1.1~1.2倍程度で、終身保険は1.4倍程度の金額になります。

また金額の受取り時期は、学資保険は契約時に決められた子供の年齢が達する時に対し、終身保険は万が一の時が起きた時です。万が一の保険金の額と保険金が受け取れるタイミングによっては終身保険がおススメとなることもあります。

就業不能保険

独身世帯でもご夫婦世帯でもお伝えしましたが、お子様がいるご家庭こそ、この保障はより強く考える必要があります。病気やケガで働けなくなった時、配偶者はお子様の世話に加えて、あなたの看病や介護ものしかかってきます。配偶者もお仕事をセーブしたり、もしかしたら退職せざるを得ないかもしれません。その時に収入は…治療費は…生活費は…?と考えると、収入・支出でのマイナス面が独身や夫婦だけの世帯以上に大きくなります。

働けなくなった時が実は一番家族にはダメージが大きいかもしれません。
就業不能保険で単体である保険もあれば、先にあげた生命保険の中の収入保障保険に特約を付加することで、就業不能に備えることもできます。

  • 無料電話相談はこちらから

    tel:0120-20-8000 tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから

    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!