ほけんのぜんぶ

  • フリーコール 0120-20-8000 受付時間:午前10:00 〜午後7:00 日曜・祝日を除く月〜土曜日(年末年始・指定休業日を除く)
  1. HOME
  2. ご検討のお客様
  3. 万が一に備える保険

万が一に備える

万が一に備える

万が一の場合…起きる可能性は低いですが、起きてしまった時の損失は計り知れません。万が一の事が起きて困るのが、今まで一定に得られていた収入が途絶えてしまうこと。残されたご家族の生活費やお子様の教育費、住宅ローンなど…、大切なご家族を失った上に、さらに不安要素が重なります。

そこで、少しでも不安や負担を軽減するためにも、万が一の備えは重要です。ただ、注意していただきたいのが、リスクへの備え方は様々で、たとえ家族構成が同じだったとしても、世帯ごとに準備する内容が異なります。
具体的な保障額は、万が一の時に受け取れる公的保障制度や、保障を持つべき期間を計算した上で決めましょう。

生命保険

大事なご家族がお亡くなりになることで生じるリスクに備えるには、まず生命保険を準備しましょう。
終身保険は、低解約返戻金があるので、保障を持ちながらの将来に向けた資産形成にも使えます。ただ、終身保険は万が一の時の生活費に充てるような保障が欲しい人には保障が少ないので、そういった人には定期保険や収入保障などの、解約返戻金をなくして保障が大きい生命保険をおススメします。

就業不能保険

収入が途絶えてしまうのは、死亡だけではなく、ケガや病気で働けなくなった時も同様です。これを経済的死亡と呼びます。そのような時の為に備えるのが就業不能保険です。

保険金をお受け取りいただく為の要件や保障内容は、保険会社によって様々です。どこまで守るべきなのか、金額はいくら必要なのか、いつまでの期間を守るべきか、それは受け取れる社会保障や世帯の家計状況、家族構成によって様々です。時には実家が近いかどうか、実家に頼れるかどうかも絡んできます。しっかりと見極めて保障を備えましょう。

  • 無料電話相談はこちらから

    tel:0120-20-8000 tel:0120-20-8000
  • お問合せはこちらから

    お問合せ

    webからは24時間365日受付中!