持病があっても申し込める引受基準緩和型保険のメリットとデメリット

持病があっても入れる引受基準緩和型保険のメリットとデメリット

「持病があっても申込可能の保険」などといった保険商品の広告を見たことのある人もいるのではないでしょうか。

読者
一般的に、持病があったり健康状態に不安のある人は保険に加入しにくいと言われていますよね。

ほけんのぜんぶ
そんな方のために、通常よりも加入しやすいとされる保険が引受基準緩和型保険です。

どういう仕組みの保険なのか、デメリットや注意点はないのかなど、引受基準緩和型保険の特徴を見ていきましょう。

この記事を読むべき人
  • 持病があっても申し込める保険の選び方やメリット・デメリットを把握しておきたい方
  • 引受基準緩和型以外に持病があっても申し込める保険を知っておきたい方
  • 引受基準緩和型の保険に加入する歳の注意点を事前に知っておきたい方
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

この記事は約5分程度で読めます。

持病があっても申し込める引受基準緩和型とは?

「引受基準緩和型」の保険とはどのような保険を指すのでしょうか?
「引受基準緩和型」の保険とは、「限定告知型」ともいい、一言で言えば「申込可能な基準がゆるやかな保険」のことです。

生命保険に「入れない」場合とは

通常、ほとんどの生命保険には告知・審査というプロセスがあります。

保険に加入したいと申し込んだ人は、保険会社から、健康状態などに関するいくつかの質問をされ、それに答えなくてはなりません。

ほけんのぜんぶ
これを告知と呼びます。

保険会社によって告知の内容は異なりますが、おおむね、以下のような項目が質問されます。

告知の内容
  • どんな職業に就いているか
  • 現在、入院中・治療中ではないか
  • 検査を勧められていないか
  • 過去数年以内に病気にかかったことがないか(「既往歴」といいます)
  • 身体に障害などがないか
  • 妊娠していないか(女性のみ)

これらの質問への回答によっては、希望した保険に入れないこと(「謝絶」といいます)があります。

 そもそも生命保険の仕組みとは…

生命保険は加入者全員から保険料を集めておき、加入者のなかで亡くなったり病気になった人がいた場合に、保険金として渡すという相互扶助のシステムです。

この仕組みを成り立たせるため、保険会社は、加入者のうちどれくらいの人が亡くなったり病気になったりするのか、統計などから確率を計算し、受け取る保険料などを決めています。

加入者のなかに、他の加入者に比べて極端に事故に遭いやすいような危険な職業に就いていたり、すでに健康状態が悪い人がいると、この確率計算に影響を及ぼし、保険の仕組みを成り立たせることが難しくなることがあります。

ほけんのぜんぶ
これを防ぐために、保険会社は、一定以上にリスクが高いと考えられる人は、保険に加入できないというルールを設けています

一般の保険に入れなかった人も「入りやすい」保険

健康状態に不安のある人は、告知の結果、保険に入れない可能性があります。

しかし、そういう人ほど、保険には入っておきたいと考えるのも理解できます。

かといって、告知にウソをついたり、不正確な答え方をしてはいけません。

ウソの告知をしたらどうなりますか?
ウソの告知で加入して後にそのことが明らかになった場合、保険契約が解除されるなどした結果、保障を受けられないことになります。

ほけんのぜんぶ
これを告知義務違反と呼びます。

読者
それでは、持病があるなどする人は二度と保険に入れないのでしょうか?

ほけんのぜんぶ
それを解決するのが、引受基準緩和型保険です。
 引受基準緩和型とは

引受基準緩和型とは、この基準が緩和されている=ゆるやかになっていて、リスクが高めの人でも、一般の保険より加入しやすいという保険をいいます。

告知で聞かれる項目が限られているため、限定告知型とも呼ばれます。

つまり、通常であれば、「持病がある」「以前に病気にかかったことがある」などの理由で、告知の結果謝絶となっていた人でも、引受基準緩和型保険であれば加入できる可能性が高いのです。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

持病や既往歴がある人が申し込める保険は他にもある

健康状態に不安がある人でも申し込める保険は、引受基準緩和型だけが唯一の選択肢ではありません。

引受基準緩和型以外の保険
  • 一般の保険を「条件付き」にすることで契約する方法
  • 無告知型
  • 無選択型

条件付きの保険

持病や既往歴がある人は一般の保険には加入できない可能性がありますが、少個別に条件を付けるしことで保険会社が認めれば加入することができます。

一般の保険に加入できないのは、持病があるなど、その人が持つリスクが保険契約に影響するからでした。

ほけんのぜんぶ
契約内容に条件を付けてリスクを調整することで、加入にあたっての問題をなくそうという考え方です。
具体的な「条件」
  • 割増保険料
  • 特定部位・疾病不担保
  • 削減期間

これらについて順を追って見ていきましょう。

割増保険料

ほかの加入者よりも、高めの保険料を払い込む約束で加入します。

保険料は、病気や死亡などにより保険金が支払われる確率にもとづいて決まっています。

読者
リスクが高めの人は少し高めの保険料を払うことで、加入者全体としては平等になりますね。

特定部位・疾病不担保

特定の部位にかかわる内容や特定の病気については保障しない、という条件のもとで加入します。

たとえば、過去に胃潰瘍にかかった経験があるため一般の保険に入れない、という場合に、胃を「部位不担保」にして加入するなどです。

 注意

この場合、本来は入院したら給付金が受け取れるという保険であっても、その入院の理由が胃の病気であったなら、給付金は支払われません。

ほけんのぜんぶ
その代わり、胃以外の病気やケガなどの入院には、通常通り保障されるという契約になっているのです。

胃の病気になったことがあるという既往歴が加入を妨げている理由なので、胃を保障外とすることで入れなかった理由をなくすという方法です。

削減期間

加入後一定期間は保障されないか、保障が少なくなるという条件で加入します。

たとえば、本来は入院すると日額1万円が給付されるという保険で、加入後1年間は給付金額が半額になるなどです。

読者
リスクが高めの人の保障内容を少し抑えることで、全体としては平等になりますね。

無告知型・無選択型の生命保険

無告知型・無選択型の保険とは、引受基準緩和型よりも加入の基準がゆるやかな保険のことです。

基本的に告知がなく、「現在、入院中である」など一部の例外を除いては、申し込めば加入することができます。

ほけんのぜんぶ
人を選ばずに加入できるので「無選択型」とも呼ばれます。

条件付きの契約や、引受基準緩和保険でも加入できなかった人でも加入できますが、保険料は割高で、保障内容も限定される点に注意が必要です。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

引受基準緩和型保険のメリットとデメリット

引受基準緩和型の保険のメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

メリットだけではなくデメリットも正しく知っておきましょう。

メリット

引受基準緩和型保険のメリットは、既往歴などがあって一般の保険には加入できなかった人でも加入し、保障を受けられるということです。

保障内容は一般の保険加入と同じではありませんが、保険に未加入でまったく保障がないのとは大きく異なります。

 ポイント

特に、リスクのある人が一般の保険に加入するために「特定部位・疾病不担保」で契約する方法があることをお伝えしましたが、緩和型保険は、加入できさえすれば、既往歴のある部位・疾病でも保障されます。(※場合によって不担保の契約になることもあります)

ほけんのぜんぶ
住宅ローン加入や節税、相続対策など、保険に加入する必要があるのに加入できなかった人にとっては、メリットのある選択肢だと言えるでしょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

デメリット

引受基準緩和型保険にデメリットはあるでしょうか。

大きく、次の3つがデメリットと言えるでしょう。

デメリット
  • 保険料が割高(1.5倍~2倍程度)
  • 保障の削減期間がある(1年間は保障が半額)
  • 選べる特約が限られるなど、保障内容に制限あ

これらについて1つずつ見てまいりましょう。

保険料が割高

一般の保険に比べると、保険料は割高です。

保険会社によりますが、近い保障内容の一般の保険商品と比べて1.5倍~2倍程度の保険料になることが多いようです。

保障の削減期間がある

引受基準緩和型保険は、条件付き契約における「削減期間」の仕組みがあらかじめ組み込まれた保険と言えます。

削減期間として、加入後1年間は保障額が半額になることが多いです。

選べる特約が限られるなど、保障内容に制限あり

保障内容も一般の保険に比べると限定されます。

設定できる保険金額の上限も一般の保険より低めであったり、付加できる特約が緩和型では限られているなど、手厚い保障を受けたいという希望はかなわないこともあります。

ほけんのぜんぶ
以上が代表的なデメリットですが、加えて注意したい点もあります。
 注意

引受基準緩和型保険は告知項目を限定することで入りやすくなっていますが、そのぶん告知に含まれない項目や個別の事情は考慮せず、保険料を高めに設定し、保障内容を限定して提供されている商品だということです。

つまり、最初から引受基準緩和型保険を選ぶのではなく、一般の保険に条件付きで加入したほうが、割増保険料を考慮したとしても保険料が安く、充実した保障を受けられる可能性があるということです。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

引受基準緩和型保険の選び方と注意点

引受基準緩和型保険を考える前に

保険に入りたいけど「持病がある」「既往歴がある」という方は、一般の保険に加入するのが難しいのは事実です。

だからといって、引受基準緩和型保険から考え始めるのはちょっと待ってください。

ほけんのぜんぶ
まずは、一般の保険で申し込めるものが本当にないのか、あたってみましょう。
 ポイント

持病や既往歴はリスクとみなされる可能性がありますが、それを判断するのは保険会社です。

一般の方は勝手に「自分は保険に入れないだろう」と思い込んでしまうのではなく、まずは保険会社や保険相談サービスに相談してみることをおすすめします。

審査の基準は保険会社によっても異なりますから、ある保険会社で謝絶となっても、別の保険会社では加入できたというケースは実は珍しくありません。

引受基準緩和型保険に加入するときに考えるべきポイントは?

一般の保険に加入できないか相談することも含めて、引受基準緩和型保険を検討するにあたって注意したいのは、「なんのために保険に入りたいか」ということです。

読者
持病などを理由に保険に入れないかもしれない、と考えると、「保険に入ること」自体が目的になってしまいかねませんね。

ほけんのぜんぶ
しかし、大切なのは、保険加入によって保障を受けることであるはずです。

どんな保障を得たいのか、自分の希望を整理して考えてみましょう。

よく比較べきこと
  • 自分が望む保障内容
  • 実際に受けられる(引受基準緩和型保険の)保障内容
  • 保険料

「保険料が高くても、希望に近い保障が受けられる」
「保障は希望に近いが、保険料が高すぎて負担に感じる」
「保険料は払える額だが、保障内容に満足がいかない」

など、いろいろ感じることがあるはずです。

 ポイント

引受基準緩和型保険を選ぶときのポイントは、保険料と、希望に合った保障内容とのバランスを見極めることだと言えるでしょう。

「定期タイプが主流」「削減期間がある」といった特徴も、商品によっては例外があります

加入してから、「こんなはずではなかった」とならないよう、保障内容については、よく理解しておくことも大切です。

ほけんのぜんぶ
複数の商品を比較検討するためには、保険相談サービスファイナンシャルプランナーから情報提供を受けつつ、アドバイスを受けるのも良い方法でしょう。

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

まとめ

引受基準緩和型保険についてお伝えしました。

引受基準緩和型保険とは、保険加入の審査比準をゆるやかにしたものをいいます。

「持病がある」「既往歴がある」など、一般の保険では加入が難しかった人も、引受基準緩和型保険なら入りやすくなっています。

読者
申し込みの際の、告知項目が限定されているんでしたね。

一般の保険加入が難しい人には、他にも「条件付きの契約」を検討する方法があります。

また、引受基準緩和型保険よりもさらに基準がゆるやかな無選択型保険という選択肢もあり、基本的にどんな人でも加入できる保険です。

引受基準緩和型保険は、加入がしやすい反面、次のようなデメリットもあります。

デメリット
  • 保険料が割高(1.5倍~2倍程度)
  • 保障の削減期間がある(1年間は保障が半額)
  • 選べる特約が限られるなど、保障内容に制限あり

また、引受基準緩和型保険に加入するよりも一般の保険に条件付きで加入したほうがいい場合もあります。

ほけんのぜんぶ
持病や既往歴がある人が保険加入を考えたときは、まずは保険会社や保険相談サービスに相談し、幅広い選択肢を探ることをおすすめします。

特に、引受基準緩和型保険は保険料はどうしても高めになってしまいます。

負担のない額で払い続けられるか、そのうえで、自分が希望する保障を得られるかはじっくり検討しましょう。

そのためには、保険に入ることを目的にせずに、なんのために保険に加入するのか、どんな保障があればいいのか、自分の目的や希望を整理して考えておくことが大切です。

引受基準緩和型保険は、商品によって違いもありますから、よく理解しておくとともに、細かな点の情報提供を受ける意味でも、保険相談サービスファイナンシャルプランナーのアドバイスを取り入れるのが良いでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

 

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!