潰瘍性大腸炎(IBD)で生命保険に加入する際の種類と保障内容

激しい腹痛などに悩まされる潰瘍性大腸炎

慢性化して長期に渡って付き合わざるを得なかったり、重症化すると大腸がんのリスクになるとも言われている病気です。

読者
もし潰瘍性大腸炎になってしまったら、医療保険などの給付は受け取れるのでしょうか?

読者
また、かかってから新たに保険加入することはできるのでしょうか?

潰瘍性大腸炎でも入りやすい保険や、公的保険で使える制度など、潰瘍性大腸炎と保険についての情報を整理しました。

この記事を読むべき人
  • 潰瘍性大腸炎になってからでも入れる保険があるか知りたい方
  • 潰瘍性大腸炎の場合に受けられる保障を把握したい方
  • 潰瘍性大腸炎になった時に受けられる公的医療保険制度を知っておきたい方
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

この記事は5分程度で読めます。

潰瘍性大腸炎( IBD)でも生命保険に加入できる時代に

保険に加入する際の必須の手続き「告知」とは?

潰瘍性大腸炎(IBD)と診断されている人は、今まで、保険に加入するのが難しいとされてきました。

保険加入時には審査が行われるため、申し込んだ人すべてが加入できるとは限りません。

 保険への加入は審査と告知が必要

審査は、告知という手続きが基本になります。

保険会社や商品によっては、医師による診察や面接士による面接が行われることもあります。

告知は、健康状態などに関するいくつかの質問項目について、回答をするというプロセスです。

内容は保険会社によって異なりますが、例を挙げると以下のような内容です。

告知内容
  • 現在、入院中・治療中ではないか
  • 検査を勧められていないか
  • 過去数年以内に病気にかかったことがないか(「既往歴」といいます)

なんらかの病気で治療中である人は、その内容についてさらに詳しい情報が必要になる場合もあります。

    さらに詳細の告知内容
    • 診断日と治療期間
    • 治療内容
    • 服薬している薬剤名
    • 現在の状態 医療機関名

    これらの情報をもとに加入できるかどうかの判断が行われ、残念ながら加入できないという結果になることもあります。

    ほけんのぜんぶ
    これを謝絶といいます。
     保険会社は公平を保たなければならない

    保険は、加入者全員のリスクを統計的に見積もって、払い込まれる保険料と支払う保険金のバランスを取っています。

    そのため、リスクが高い=ほかの人よりも保険金を受け取ることになる可能性が高い人が加入するとこのバランスが崩れ、加入者間の公平性が保てなかったり、保険商品として成り立たなくなるおそれがあります。

    読者
    謝絶が起こるのはやむをえないことだと言えますね。。

    潰瘍性大腸炎(IBD)であることも、かつては保険会社としては高リスクと判断される材料でしたが、現在は潰瘍性大腸炎(IBD)の治療方法が進歩するなどして、以前ほどリスクが高いとはみなされなくなりつつあります。

    そのため、加入できる判断になることも多くなっていると言われています。

    もしも告知で潰瘍性大腸炎を隠していた場合は?

    とはいえ、謝絶になってしまう可能性もあります。

    そこで、潰瘍性大腸炎(IBD)と診断されたことを告知で話さなくていいのでは?と思う方もおられるかもしれませんが、それは避けるべきです。

    告知で事実と異なる内容を告げたり質問されたことを回答しなかった場合どうなりますか?
    加入できたとしても、後で告知が正しく行われなかったことが明らかになれば、保険の給付金などは受け取れません

    なおかつ、保険契約が解除されてしまい、それまで払い込んだ保険料も返金されないことが普通です。

    ほけんのぜんぶ
    これを「告知義務違反」と呼びます。

    保険加入の際の重要なルールですので、告知は必ず正しく行いましょう。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)
     こちらの記事も読まれています

    潰瘍性大腸炎( IBD)でも入れる保険の種類

    保険に入りやすくなったとはいえ、健康な方とまったく同じ保険に加入するのは難しい場合があります。

    潰瘍性大腸炎でも入れる保険とは、次のようなタイプの保険になるでしょう。

    引受基準緩和型保険

    引受基準緩和型保険とはどのような保険ですか?
    引受基準緩和型保険とは、一般の保険よりも告知項目が少なく、そのため健康状態に不安のある人でも加入しやすい保険です。

    告知項目が限られているので、限定告知型ともいいます。

    加入はしやすいのですが、保障内容については、例えば以下のように保障も限定されたものになっています。

    限定される保障内容
    • 加入後1年間は給付金額が半額になるなどの保障削減期間がある
    • 一般の保険には付加できる一部の特約が選べない

    ほけんのぜんぶ
    また、保険料も、一般の保険に比べると割高であるのが特徴です。

    無選択型保険

    無選択型保険とはどのような保険ですか?
    無選択型保険は、引受基準緩和型保険よりもさらに限定した告知項目だけの保険です。

    「現在、入院中である」などの例外を除いて、ほとんどの場合は加入できるため、人を選ばず加入できる保険という意味で、無選択型保険と呼ばれています。

     ポイント

    引受基準緩和型保険でも加入できなかった人にはありがたい保険と言えますが、引受基準緩和型保険とは異なり、加入時点ですでにかかっている病気(既往症)については保障されないなどの特徴があります。

    ほけんのぜんぶ
    さらに、引受基準緩和型保険よりも保険料が高めの水準になっています。

    条件付き加入

    一般の保険に、条件を付けて契約するという方法もあります。

    引受基準緩和型保険のように、

    • 保険料を割り増しで支払う
    • 保障削減期間を設ける

    というものや、特定の部位や疾病については保障の対象から外す不担保という条件を付けるなどです。

    潰瘍性大腸炎( IBD)の保険の主な保障

    読者
    では、潰瘍性大腸炎の人がすでに保険に加入している場合はどのような保障を受けられるでしょうか。

    保障のタイプごとに見ていきましょう。

    入院給付金

    多くの医療保険は入院給付金を中心とした保障になっているため、入院して治療を受けることになれば、入院給付金が受け取れます

    入院給付金は、入院日数に応じて日額給付が受けられる形式が一般的です。

    例えば…
    日額1万円のプランで、10日間入院した場合は1万円×10日=10万円が受け取れます。

    保険商品によっては、日帰り入院でも1日とカウントする場合や、5日以内の入院は日数にかかわらず5日分として一時金が支払われると形のものもあります。

     注意

    入院給付金は限度日数が設けられており、契約内容によって60日や120日などと決められています。

    ほけんのぜんぶ
    限度日数を超える分は給付されませんので、長期入院になる場合は注意が必要です。

    通院給付金

    最近の医療保険は、入院をともなわない外来(通院)の治療にも給付金が支払われるものがあります。

    そうした保障がある保険に加入していれば、通院した場合も給付金が受け取れます

     注意

    入院給付金と同じく通院日数に応じて日額給付が受けられる形が多いですが、「入院をして、退院後の通院した場合」に限っている商品もあります。

    手術給付金

    潰瘍性大腸炎の治療は内科的なもの(投薬)が主流ではありますが、状態によっては外科治療(手術)が必要になる場合もあります。

    ほけんのぜんぶ
    手術を受けた場合、それが医療保険の手術給付金の対象となるものであれば給付金が支払われます。

    手術給付金は、入院給付金などの日額のもととなる基本保険金額に、手術の程度に応じた倍率を掛けたものになります。

    例えば…
    例えば基本保険金額が1万円で、倍率20倍の手術を受けたら、1万円×20=20万円を受け取るといった形です。

    就業不能保障・所得補償

    就業不能保険や所得補償保険に加入している場合、治療のために仕事を休んだ場合は、保険金を受け取れる可能性があります

    基本的には、入院に限らず通院や自宅療養を含め、仕事ができなかったことを条件として、条件にあてはまった日数×契約した保障額が支払われます。

    ほけんのぜんぶ
    商品によりますが条件は比較的厳しく、「安静にしながらであれば軽作業が可能」くらいの状態では支払われないことが多いようです。

    難病特約

    一部の保険商品では、所定の疾病と診断された場合に給付金が受け取れるものもあります。

    所定の疾病とは?
    所定の疾病は、国が指定する難病とされるもののなかで、保険会社が給付対象と認めているものです。
     ポイント

    ある保険会社では、「難病の患者に対する医療等に関する法律」によって「特定疾患治療研究事業」の対象となる56の疾患について、診断された人に給付金を支払うとしています。

    ほけんのぜんぶ
    潰瘍性大腸炎はこの56疾患に含まれています
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

    無料保険相談所おすすめ3選!

    読者
    保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
    読者
    自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
    ほけんのぜんぶ
    そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
    あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

    ほけんのぜんぶ

    おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
    ほけんのぜんぶの特徴
    • 34社以上の取扱保険会社数
    • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
    • Webでの保険相談も可能
    • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
    • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
    • 資金力がある安定した企業
    1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
    読者
    取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
    取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
    ほけんのぜんぶ
    実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
    さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
    経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)
    取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
    主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン プレゼントあり
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

    保険市場

    保険市場の特徴
    • 取扱保険会社が84社と業界最大
    • オンラインでの相談が可能
    • 業界老舗・東証一部上場企業
    2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
    読者
    仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
    取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
    主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン なし

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comの特徴
    • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
    • 電話での気軽に相談が可能
    • コールセンターの質が高い
    3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
    読者
    コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
    取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
    主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり
    オンライン保険相談 不可
    キャンペーン あり

    無料の保険相談所の種類と選び方

    無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
    保険相談所の種類
    • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
    • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
    • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
    • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
    読者
    店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
    ほけんのぜんぶ
    現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
    無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
    無料の保険相談所を選ぶポイント
    1. 担当者が専門知識を持っているか
    2. 取扱保険会社の数の多さ
    相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
     FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
    読者
    全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

    どこの無料保険相談にするか迷ったら

    残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
    それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
    ほけんのぜんぶ
    どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
    おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

    潰瘍性大腸炎( IBD)で受けられる公的保険制度

    潰瘍性大腸炎の方が受けられる公的保険制度には以下のものがあります。

    公的医療保険制度
    • 難病法に基づく医療費助成制度
    • 傷病手当金
    • 障害基礎年金

    ではそれぞれの制度について詳しく解説していきます。

    難病法に基づく医療費助成制度

    潰瘍性大腸炎は、厚生労働省が定めている「指定難病」のひとつなので、「難病法に基づく医療費助成制度」の対象になります。

    【助成の対象者】

    潰瘍性大腸炎すべての方が制度の対象になるわけではなく、重症度(※1)が中等度または重度の患者方のみが対象です。

    ほけんのぜんぶ
    ただし、軽症であっても長期間の高額医療の治療が必要な場合(※2)は、制度の対象になることがあります。

    ※1:厚生労働省が定める「臨床的重症度分類」にしたがって医師が評価
    ※2:1か月の医療費が33,330円超の月が年間3月以上ある場合

    【助成の概要】

    難病法に基づく医療費助成では、医療費の自己負担割合は2割なので通常の3割よりも負担が少なく、また、所得によって自己負担上限額が異なります。

     ポイント

    自己負担上限額と医療費の2割に該当する金額を比較して、自己負担上限額の方が高額になる場合は医療費の2割が負担額となります。

    なお、医療費の2割のほうが自己負担上限額よりも高額な場合は、差額分が支払われます。

    ほけんのぜんぶ
    申請先はお住いの都道府県または指定都市で、審査を受けて通れば医療受給者証が発行されます。

    傷病手当金

    会社員や公務員の方などが加入している健康保険からは、傷病手当金を受け取ることができます。

    潰瘍性大腸炎のために休職した場合、休職初日から連続して3日間の後、4日目以降の休職日に対して支給されます。支給期間は最大1年6か月です。

     注意

    ただし、休職中に有給休暇を含めて給与等が支払われている場合には、傷病手当金を受け取ることはできません。

    また、国民健康保険には傷病手当金に該当する制度がないため給付を受けることができません。

    障害年金

    潰瘍性大腸炎は障害年金の支給対象となっているため、国民年金や厚生年金に加入しており支給要件を満たしていれば、支給を受けることができます。

    受給するには以下の3つの条件を満たしている必要があります。

    条件
    • 初診日:障害の原因となった病気やケガの診断を受けた日に、国民年金や厚生年金に加入していたか
    • 保険料納付:一定以上の年金保険料を納めているか
    • 障害認定日:厚生労働省が定めた「障害の基準」を満たしているか

    ほけんのぜんぶ
    障害厚生年金は障害等級が3級でも支給されますが、障害基礎年金は2級に該当しなければ支給されません。

    潰瘍性大腸炎( IBD)とは

    潰瘍性大腸炎とはどのような病気なのか、基本的な情報をまとめました。

    どんな病気?

    潰瘍性大腸炎は、大腸の内側の粘膜部分に潰瘍びらんといった炎症が生じる病気です。

    主な症状
    • 腹痛
    • 下痢
    • 発熱
    • 頻脈
    • 潰瘍に穿孔(穴が開くこと)に至る
    • 血便が続くことによる貧血
    • 栄養の吸収が難しくなるため体重が減少する

    また、大腸がんのリスクになるという研究もあります。

    原因は?

    腸内細菌のはたらきや、自己免疫反応が関係していると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません

    炎症性腸疾患のうち、ウイルス感染など原因がはっきりしたもの特異性、そうでないものを非特異性といい、潰瘍性大腸炎はクローン病と並んで非特異性に分類される炎症性腸疾患の代表的なものです。

    ほけんのぜんぶ
    炎症性腸炎全般を指してIBDと呼んでいます。

    どんな人がなるの?

    男性で20~24歳、女性では25~29歳が発症のピークとされていますが、若年から高齢者まで年齢にかかわらずなることがある病気です。

    男女比には偏りはなく、日本には約17万人程度の患者がいると言われています。

    治療法は?

    薬物療法が中心で、多くの場合は薬で症状をコントロールすることが可能です。

    寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃を繰り返し、慢性化するケースもあります。

     注意

    状態が悪化した場合は、大腸全摘の手術を行うこともあります。

    従来は、大腸全的を行うと人工肛門を設置していましたが、近年は人工肛門は一時的な処置として、小腸で便をためる回腸嚢をつくって肛門につなぐことで、人工肛門をなくし、健康な人と変わらない生活を送れるようになっています。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

    まとめ

    潰瘍性大腸炎と保険についての情報を整理しました。

    潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患の一種で、日本には約17万人の患者がいるとされており、潰瘍性大腸炎にかかっている人は一般の保険には加入しにくくなります。

    保障を考えるうえでは、公的保障がどれくらい受けられるか、公的保障では足りない部分をどう補うかといった考え方が大切です。

    また、保険加入の審査基準は保険会社によって異なりますから、保険に加入しにくい立場の人は、保険の商品情報に詳しいアドバイザーの意見を聞きながら、比較検討していくことをおすすめします。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門のFPに相談する
    (無料)

     

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
    本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
    • 無料電話相談はこちらから
      tel:0120-20-8000
    • 無料訪問相談はこちらから
      無料訪問相談

      webからは24時間365日受付中!