ほけんのぜんぶ

  • フリーコール 0120-20-8000 受付時間:午前10:00 〜午後7:00 日曜・祝日を除く月〜土曜日(年末年始・指定休業日を除く)
  1. HOME
  2. ご検討のお客様
  3. 病気やけがに備える保険

病気やけがに備える

病気やけがに備える

病気やけがになると出費がかさみ、家計に負担がかかります。
入院給付金額の日額の目安は収入によって変わります。1ヶ月に高額な医療費がかかってしまった場合、高額療養費制度が適用されると、年収が多い人ほど高額療養費制度の上限額が上がります。

病気にかかったりケガをしやすくなるのは高齢になってからですが、若い内の方が健康で割安な保険に入りやすく、かつ保険料も安いので、元気に年齢が若い時に病気やケガの備えは持っておいた方が良いでしょう。

医療保険

医療保険は、病気やケガで入院・手術をした時に保険金をお受け取りいただけるものです。
入院日額は年収にもよりますが、会社勤めの方なら健康保険の付加給付制度もあるので日額5,000円くらい、自営業や個人事業主の方は入院となるとお休みせざるを得なくなるので、日額1万円あっても良いかと思います。

国の高額療養費制度もあり、最近では手術保障を抑えて保険料を安くできる医療保険も出てきています。
厚生労働省による平成26年(2014)「患者調査」では、平均の入院日数は31.9日で平成2年の同じ調査では44.9日で13日短くなっています。一方で、傷病別では脳血管疾患は104日など三大疾病は長期化する傾向にもあります。様々な病気やケガに対する入院保障日数は平均入院日数をカバーできる60日程度で、三大疾病や生活習慣病の入院には長く保障されるような持ち方をするのがおススメです。

がん保険

昔はがんは不治の病と呼ばれ、亡くなった時の死亡保険金で治療費をまかなっていました。しかし、今やがんの発見方法も次々に開発され、早期発見だったりステージが進行していなければ、治る見込みも高くなりました。そうすると、気になるのは死亡保障ではなく、治療方法がどれだけ保障されるか。

医療保険はどの保険会社でも主契約はおよそ「入院日額○円」で共通していますが、がん保険は保険会社によってその内容が全く異なります。医療保険と似たように入院・通院1日○円と日額保障もあれば、一時金に重点を置くタイプもあったり、入院の有無を問わず治療に対する保障に重点を置くタイプなど様々です。
がんの治療現場はどんどん変わり、それに合わせて保険も形を変えていきます。がん保険を選ぶのが難しくなったのは、がんは死ぬ病気ではなくなり、様々な治療法が出てきた証拠です。治療に励めるような保障内容を選べると良いですね。

就業不能保険

働き盛りの時に、病気やケガで入院や治療に支出が増えることも懸念ですが、もっと怖いのは病気やケガが原因で働けなくなることです。社会保険に加入している会社勤務の人なら、病気やケガで会社を休んだ時は傷病手当金が支給されます。これらの保障は1年6ヶ月と期間が限定されています。重病の方なら、もっと長期間の療養を余儀無くされることもあります。就業不能保険は、病気やけがで所定の働けない状態が続いた場合の治療費や生活費を保障する保険です。一定期間経過後に月々保障を、あらかじめ定めた保険期間終了まで受けられます。

治療の選択肢を広げたくても、生活費を圧迫しては選べません。いざという時の生活費も確保することが重要です。

  • 無料電話相談はこちらから

    tel:0120-20-8000 tel:0120-20-8000
  • お問合せはこちらから

    お問合せ

    webからは24時間365日受付中!