女性保険に生存給付金特約を付けるべきか

女性保険に生存給付金特約を付けるべきか

女性保険でもらえる生存給付金とは?

現代社会は、働き方改革などで女性の就業率が上がり、ストレスの多い社会になりつつあり、女性特有の疾患も多くなっています。そのような環境の中で、女性保険が注目されており、特に生存給付金特約付きの保険も多くなっているのです。

これらに興味を持たれる方も多いので、女性保険で生存給付金のもらえる保険について解説します。

女性保険の生存給付金とは

皆さん、女性保険をご存じでしょうか。通常の医療保険に、乳がんや子宮頸がんといった女性特有の疾患(病気)に対して手厚い保障特約を付けた保険のことです。もちろん、医療保険であり、一般的な病気やケガについても保障が付いています。

女性特有の疾患としては、乳がん、子宮がん(子宮頸がん)、子宮筋腫、子宮内膜症、乳房障害や、妊娠時の子宮外妊娠、前期破水などがあります。女性保険によって、適用される疾患に差があり、事前によく確認しておくことが必要です。

女性保険に付いてくる生存給付金とは

女性保険に生存給付金特約の付いた保険があります。通常の医療保険などでは、病気になった時やケガなどで入院した時に、かかった医療費の補填として保険金(入院給付、手術給付など)が支払われ、掛け捨てになっているケースが多いです。

それに対して、生存給付金特約付き女性保険があります。この生存給付金は、契約をしてから一定期間、条件を満たした時にボーナスやお祝い金という形で契約した保険会社からお金の給付が受けられるものです。

純粋に生存していればもらえるタイプや、入院などで給付を受けていなければもらえるタイプなどがあります。

生存給付金特約付き女性保険は積み立て保険に似ている

もちろん、生存給付金特約が付いた女性保険は、通常の掛け捨ての医療保険や女性保険よりも保険料はかなり高くなります。すなわち、ボーナスといっても、そのお金は自分の支払った保険料から出ているのです。

しかし、現代のマイナス金利時代においては、銀行預金ではほとんど利息が付かなくなっています。また、株式投資、FXや仮想通貨などの投資では情報のない素人では損失が生じることも珍しくありません。

それに対して、生存給付金特約付きの女性保険であれば、生きていれば、確実にお金が戻ってくるとともに、大きな病気やケガをした場合の保障が受けられるのです。

すなわち、積み立て預金をしているのと同じで、それに病気やケガの保障が付いていると見ることができます。

生存給付金以外のボーナスが付いてくる女性保険もある

純粋に生存していれば給付金がもらえる生存給付金以外で、ボーナスがもらえる女性保険は、ほかにもあります。

例えば、

  • がんにかからなかった場合にボーナスが出るもの
  • 一定期間給付を受けない場合にボーナスが出るもの

など、健康などの条件を満たしている場合のみ、健康祝い金の名目でボーナスが出る女性保険もあるのです。

このように、女性保険では、ボーナス的に給付金が受け取れる保険があり、旅行に利用したり、大きなショッピングに利用したりということも可能ですし、将来の蓄えとして利用することも可能です。

生存給付金はいつもらえるの?

生存給付金のもらえる時期はいつになるのでしょうか。本来、保険の給付金は何かあった(病気になった、ケガをした)時に、請求するものですが、生存給付金は何もない時にもらえる給付金だけに、いつもらえるのかちょっと不安ですね。

一般的には3年や5年ごとに生存している時に支払われますが、入院や手術による給付がなかった場合に限られるタイプもあります。また、生存給付金は、定期的にもらえるタイプもありますが、満期を迎えた場合にもらえるタイプもあります。もらえる時期は千差万別です。

でも、安心してください。生存給付金の支給の時期は、基本的に保険会社の契約内容によって違ってきますが、支払期日の1~2カ月前になると保険会社から支払いの案内の連絡がくるようになっています。

連絡の際には、受け取りのための請求書類や記入方法の説明書が付いてきますので、その請求書類を提出すれば、5日~1週間くらいで生存給付金が払い込まれます。

なお、引き出さずにいる場合には、預り金として利息が付きます。

生存給付金のメリット

女性保険の生存給付金は、通常の医療保険とどう違い、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

掛け捨ての女性保険(医療保険)は、病気にならなければ、お金を受け取る事ができません。しかし、生存給付金特約付きの女性保険であれば、病気にかからなければ、あるいは生存していれば、一定期間ごとに受け取れるお金があります。

生存給付金特約における利息メリット

例えば、3年後に生存給付金50,000円が受けられる特約を付けた場合の月々の保険料増加分が1,390円とします。その場合、

年間特約保険料 1,390円×12カ月=16,680円
3年間の保険料 16,680円×3年=50,040円

となります。すなわち、3年後に50,000円の保険料が受け取れるとすれば、3年間の利息として40円が付いてきます。

単利で見て、年間13円の利息であれば、金利は、

13円÷16.680円=0.077%

となります。現在の預金金利が定期預金でも0.01%であることを考えれば、それより大きいのです。

実際には、その期間中に病気やケガで入院した時には入院給付金が支払われますので、リスクに備えた保険である上に、定期預金をするよりも高い利回りの利息が付く計算になります。

実際には、「生存給付金+定期保険」の形になるため、支払保険料のほうが多くはなるものの、掛け捨て保険の場合には、定期保険部分のみになり、支払保険料はすべて戻ってきませんので、メリットと考えることができます。

生存給付金はいつでも受け取れる

生存給付金は、給付期日以降であれば、いつでも受け取れる権利があり、預金代わりに貯めておくこともできます。銀行預金と変わらない利率で運用しているのと同じです。

友だちとの旅行でお金が必要になったという場合に、引き出して使うこともできます。また、そのまま残して、将来への蓄えとすることもできるのです。

強制的に貯金ができる

生存給付金特約付き女性保険であれば、病気やケガに備えた保険としてだけでなく、将来に備えて貯蓄が知らない間にできることになります。強制的に貯蓄する定期積立金と同じ効果が得られるのです。

現代の消費社会は、テレビもインターネットも、あらゆる商品の宣伝で溢れています。消費に対する誘惑が多く、特に女性に向けては、ファッション衣料・宝飾品、健康サプリメント、ゲームアプリなどあらゆる誘いの手が伸びてきます。

しかも、株式会社JBCの「クレジットカードに関する総合調査/2018年度版調査レポート」の調査によると、一人あたりのクレジットカードの保有枚数は平均3.2枚という報告もあり、手数料率の高いリボ払いでの購入も多くなっています。知らない間に、手元のお金はなくなっていくのです。

それらによって、生活は派手になっても財布や預金残高はほとんどないという方も増えています。厚生年金などの年金も将来的にどうなるかわからない中で、将来に対する不安は大きくなっているのです。将来に対して備えをするためにも、強制的に貯蓄ができる方法を考えておく必要があると言えるでしょう。

その意味で、生存給付金特約付きの貯蓄型の女性保険に加入しておくことは、将来の生活を潤す助けにもなります。

生存給付金の注意点

生存給付金特約付きの女性保険のメリットは大きいのですが、デメリットとまでは言わなくても注意しておかなければならない点もあります。

ベースとなる医療保障が充実していること

いくらボーナスがもらえるといっても、ベースとなる医療保障の面で入院給付金や手術給付金などの給付額が少なく、会社を休むことによる保障もないという保険もあります。それでは、いざという時の備えとしての保険の意味がありません。これでは本末転倒です。

まず、医療保障そのものが充実しているか、入院した時、手術をした時に、他の保険と比べて充分な給付が受けられるかを確認しておく必要があります。

自分のかかる可能性のある女性疾患に対応していること

また、女性保険が対応しているといっても、いろいろな疾病があります。基本的に、ご両親やその家系を見れば、がんになりやすい、肥満傾向のある家系である、肺・気管支系統が家系的に弱いなどの傾向がわかります。また、もともと胃腸が弱い、血管系の病気になりやすいなどの傾向もあります。

そのような家系的な傾向、自身の弱い部分の女性特有の疾病に対して充分な保障が受けられるのかなどを確認しておくことも必要です。

生存給付金は課税対象か?

保険給付金、特に満期給付金などの場合には、給付金に対して税金がかかってくることがあります。せっかくボーナスがもらえるのに、税金が引かれたり、後で税金支払いが生じたりするのであれば、嬉しさも半減です。

したがって、そのようなデメリットがないように事前に調べておく必要があるのです。手術給付金や入院給付金などの実際の保険目的の給付の場合には、すべて非課税になります。しかし、生存給付金の場合には、保険目的以外での給付になるため、課税対象となってしまいます。

課税対象になる給付金とは

生存給付金が課税対象になるといっても、
「生存給付金-払込保険料」
の差額が課税対象になります。そのため、実際にプラスになった場合のみ、課税対象として税金がかかってきます。

生存給付金の金額は、よほど大きくない限り、利息となる部分はそれほど大きいとは言えません。現在のマイナス金利時代の利息ですから、1%もあるわけではありません。50万円の生存給付金でも、課税対象になるのは数百円単位です。それに対する課税ですから、税額は数十円単位なのです。

したがって、よほど大きな生存給付金を受け取るのでなければ、課税といってもそれほど気にする必要はありません。

生存給付金のデメリットに気をつける

生存給付金を貯蓄型の女性保険としてみた場合、デメリットとして考えておかなければならないのは、運用利回りに乏しく、長期間お金が固定されてしまうという点です。

これは、それぞれの人の考え方にもよります。すなわち、株式投資やその他の投資で充分に資金運用ができるという方にとっては、確かに長期間資金を眠らせてしまうため、デメリットと言えるかもしれません。その場合には、掛け捨ての女性保険を考えればよいのです。

しかし、資金運用は怖くてできない、手元にお金があれば、すぐにショッピングに回してしまうという方にとっては、将来に向けてお金を貯めておけるだけにデメリットになるわけではありません。

女性保険に生存給付金特約を付けるべきか

女性保険に生存給付金特約を付けた時に、受け取れる生存給付金の利息はわずかなものです。つける意味があるのかどうか悩ましいと思われる方も多いかもしれません。確かに、株式投資やFXで大きな利回りを得る自信のある方にとっては、掛け捨ての女性保険に入ったほうが良いかもしれません。

しかし、株式投資にしてもFX、仮想通貨で儲けているのは一部の方です。しかも、いつも儲かるとは限らないのです。

その分、預金しておこうと考える方もおられます。しかし、現代の消費社会の中では、テレビでもネットでもショッピングで、健康サプリメントや美容サプリメント、さらにファッション品など、散財へのお誘いはさまざまあります。

知らない間に、クレジットカードを使って購入してしまうということも多いのです。しかも、それらによる健康効果は、人それぞれで、必ず効果が得られるというものではありません。

しかも、現代は、働く女性も多くなり、一般的な病気だけでなく、ストレスや疲れからくる疾病も多くなっています。女性の場合は、女性特有の疾患があるだけに、余計にストレス、疲れから病気を発症してしまうリスクも大きいのです。

それらを考えると、どうしても病気やケガに対する備えが必要になりますし、同時に少しでもお金が貯まっていく貯蓄も必要になります。それに対応したのが、生存給付金特約付きの女性保険と言えます。

将来の生活面に対する不安のある方には、生存給付金特約付きの女性保険をおすすめします。

女性にうれしい生存給付金で楽しい人生を(まとめ)

女性保険は、女性特有の疾患をしっかりとカバーしてくれる保険です。そこに生存給付金特約が付いた女性保険が発売されており、一定の条件を満たせば定期的に生存給付金を受け取ることが可能です。女性の将来に対する不安を軽減してくれる保険とも言えます。

将来に対する備えや定期的に旅行などをしたいという女性の方は、生存給付金特約付きの女性保険を検討してみるといいですよ。

おすすめの無料保険相談窓口

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!