女性保険の年代別おすすめの選び方【医療・がん】

女性保険の年代別おすすめの選び方【医療・がん】

生命保険の中でも、女性特有の疾病に備えた医療保険やがん保険があり、女性にとってこれらに備えることは非常に重要となってきます。

ほけんのぜんぶ
最近では、女性特有の疾病に備えた医療保険やがん保険が数多くの保険会社から販売されています。

読者
テレビCMで女性の病気のリスクを知り、何か準備しておきたいなと考えていました。

がん保険には、月額数百円で最低限の保障を得られるものから、女性特有のがんに手厚い保障が受けられる商品まで幅広く販売されています。

女性は、一般的に男性と比べて下に記載するとおり若いうちから病気のリスクが高いのが特徴ですので、女性特有の疾病や特徴を正しく理解し、必要か不要か考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読むべき人
  • 女性向けの医療保険、がん保険の保障内容を知りたい・興味がある方
  • 30代、40代、50代それぞれに備えるべき女性のがん保険、保障内容を知りたい方
  • 医療保険かがん保険か、掛け捨て型と貯蓄型、定期型と終身型、どれが良いのか迷っている方
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

女性保険とは?

そもそも女性保険とはどういった保険なのでしょうか?
女性保険として販売されている医療保険は、一般の医療保険に女性特有の病気の保障を上乗せしたものです。

基本的な性質は医療保険ですので、入院や手術をしたときに入院日数や手術の程度に応じて給付金が受け取れます。

 女性保険の特徴

女性特有の病気でなくても、基本の給付金は受け取ることができますが、女性特有の病気による入院の場合、給付金額が上乗せされるのが一般的な女性保険の特徴です。

ほけんのぜんぶ
上乗せの内容・程度は商品・プランによって異なります。

また、ここでいう「女性特有の病気」とは、子宮や卵巣など女性特有の器官の病気のほか、女性に多い疾病なども含んでいます。

また、がんは、乳がんや子宮がんだけでなく、全般的に対象に含まれることが多いです。

 注意

ただし、どんな病気が対象になるかは、保険会社ごとに約款で決められていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

一般的には、以下のようなものが対象です。

女性保険の保障の対象
  • バセドウ病(甲状腺の病気)など女性に多い病気
  • 子宮、卵巣、女性器、乳房などの疾患
  • 妊娠・分娩に関連する疾患や帝王切開 など

女性保険は、医療保険+女性向けの保障をセットにした形で販売されているものもありますが、女性向けの保障部分を特約(オプション)として後から付加できる場合もあります(「女性疾病(医療)特約」などと呼ばれます)。

その場合は、同じ保険会社の医療保険や死亡保険にプラスする形で加入します。

女性保険への加入は必要?

女性向けの保険である女性保険にわざわざ加入する必要性はあるのでしょうか?

実際に女性がかかりやすい疾病やがんについて詳しく見ていきましょう。

女性がかかりやすい疾病

女性保険の対象になっている女性特有の疾病としては、乳がんや子宮がん、婦人科系の病気が挙げられていますが、実際には女性はどのような病気にかかっているのでしょうか。

厚生労働省の統計(平成29年患者調査)から受療率の高い病気(疾病中分類)を見てみましょう。

受療率とは?
受療率とは、調査時点において、その疾病で治療を受けている人の割合を、10万人あたりの数値として推計したものです。

もとの統計では、歯科治療や検査なども含んでいるため、これらは除いた形で多い順に並べてみました。

女性が罹患している疾病順位
  1. 高血圧性疾患
  2. 脊椎障害(脊椎症を含む)
  3. 関節症
  4. その他の内分泌,栄養及び代謝疾患
  5. 骨折
  6. 統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害
  7. 糖尿病
  8. その他の眼及び付属器の疾患
  9. その他の損傷及びその他の外因の影響
  10. その他の消化器系の疾患

しかし、かかる病気は年代によって傾向が変わるため、年代別に、ベスト3にあたるものを見てみましょう(ただし、同様に歯科と検査は除いて集計しています)。

20代女性

  1. 正常妊娠・産じょくの管理
  2. その他の皮膚及び皮下組織の疾患
  3. その他の妊娠,分娩及び産じょく

30代女性

  1. 正常妊娠・産じょくの管理
  2. 乳房及びその他の女性生殖器の疾患
  3. その他の妊娠,分娩及び産じょく

40代女性

  1. その他の損傷及びその他の外因の影響
  2. 乳房及びその他の女性生殖器の疾患
  3. 良性新生物及びその他の新生物

50代女性

  1. 高血圧性疾患
  2. 統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害
  3. その他の内分泌,栄養及び代謝疾患

60代女性

  1. 高血圧性疾患
  2. その他の内分泌,栄養及び代謝疾患
  3. 関節症

読者
20~30代は妊娠・出産関連が多いですが、40代になるとがん(悪性新生物)が増え、50代以降は高血圧が問題になってきているのがわかりますね。

実際に女性が入院している理由

ここからは、医療保険の保障対象になる「入院」に注目してみましょう。

先ほど見た受療率の統計とは別に、同じ調査から推計退院患者数を見てみます。

推計退院患者数とは?
推計退院患者数とは調査時点に退院した患者、つまり、それまで入院していた患者を指します。

ほけんのぜんぶ
この数を、傷病別に見てみることで、どんな理由で入院していた人が多かったのかが見えてきます。

年代別に多いものから5つを並べた結果が以下になります。

20代

  1. 単胎自然分娩
  2. その他の妊娠,分娩及び産じょく
  3. 流産
  4. その他の消化器系の疾患
  5. 良性新生物及びその他の新生物

30代

  1. 単胎自然分娩
  2. その他の妊娠,分娩及び産じょく
  3. 良性新生物及びその他の新生物
  4. 流産
  5. 乳房及びその他の女性生殖器の疾患

40代

  1. 良性新生物及びその他の新生物
  2. その他の消化器系の疾患
  3. 乳房の悪性新生物
  4. 乳房及びその他の女性生殖器の疾患
  5. その他の妊娠,分娩及び産じょく

50代

  1. その他の消化器系の疾患
  2. その他の悪性新生物
  3. 良性新生物及びその他の新生物
  4. 乳房の悪性新生物
  5. 骨折

60代

  1. その他の消化器系の疾患
  2. その他の悪性新生物
  3. 骨折
  4. 白内障
  5. 乳房の悪性新生物

やはり40代以降はがんで入院する人が多く、なかでも乳がんが多いことが特徴的です。

読者
50代以降は乳がん以外の「その他の悪性新新生物」も目につきますね。

このように、女性の入院理由は、消化器系の病気や、骨折など外傷に由来するものなど、必ずしも女性特有の疾病ばかりではありません。

ほけんのぜんぶ
しかし、女性特有の病気が、ある程度以上の割合を占めていることもまた確かなことが分かります。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

女性特有の病気に備える女性保険【医療保険編】

女性保険の中にも、他の生命保険と同じく「医療保険」と「がん保険」がありあすが、まずは医療保険ににスポットを当ててみましょう。

女性向けの医療保険とがん保険の違いは何ですか?
女性向けのがん保険と、女性向けの医療保険の違いは、一般的なものと同じく、がんだけが対象になるか、病気全般とケガも含めて対象になるかです。

ですので、がんに限らず、病気やケガで医療費がかかることに備えておきたい、なかでも女性特有の病気が心配だというときは、女性向け医療保険が合っています。

 保険料が割高になる

しかし、女性向け医療保険は、一般の医療保険に女性向け保障を上乗せしたものですので、一般の医療保険と比べると保険料が高めです。

女性向けがん保険は、対象をがんに絞ることで保険料も抑えられていますので、なるべく保険料負担を避けつつ女性特有の疾患に備えたい場合は女性向けがん保険が向いていると言えます。

ほけんのぜんぶ
女性特有の疾患のなかでは、やはりがんが比較的大きなボリュームを占め、かかったときの医療費負担も大きいからです。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

女性特有のがんに備える女性保険【がん保険編】

それでは、次に女性向けのがん保険について見ていきましょう。

女性特有のがんにそなえたがん保険とは?
女性用のがん保険とは、子宮頸がん卵巣がん乳がんなどに手厚く備えるためのがん保険です。

これらの女性特有のがんは、たとえ年齢が若くても、普通のがんよりも罹患するリスクが高いという点が特徴。

 乳がんの罹患率

上皮内がんを含む乳がんの罹患率(対人口10万人)は、20~24歳では24という低い数字ながらも、25歳~29歳では330と一気に増加しています*。
*国立がん研究センターの統計情報「地域がん登録全国合計によるがん罹患データ(2014年)」による

子宮がんも同様で、20代後半から罹患率は急増し、どちらのがんも、ピークを迎えるのは40代~50代の年齢となっています。

ほけんのぜんぶ
一方、肺や大腸がんだと、20代のうちの罹患率は比較的低いです。

つまり、一般的ながんと比べると、女性特有のがんは若い年齢から罹患するリスクが高く、早いうちに手厚い保障を用意しておくことが重要と言えるでしょう。(※)

※参考データ:国立がん研究センター「地域がん登録全国合計によるがん罹患データ(2014年)」
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html#incidence4pref
女性向けのがん保険は、主に以下の2種類のタイプが販売されています。
女性向けのがん保険のタイプ
  • 最初から女性向けとして用意されている「女性向けプラン
  • 通常のがん保険に特約を付加する「女性向けがん保険特約

どちらの場合も、女性特有のがんと診断された際に診断給付金や入院給付金、通院給付金などが通常のがんの給付金に上乗せして支払われることになります。

ほけんのぜんぶ
以上のことから、女性特有のがんは罹患する確率が高いため、なるべく早めにがん保険で備えておくことがベストといえるでしょう。

読者
とは言え、早い段階でがん保険に加入して様々な特約を付けた高い保険料を払い続けるのは金銭的に負担が大きいです。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

人気が高い女性のがん保険は掛け捨て?

読者
女性が女性特有のがんに特化したがん保険に加入する際、人気のある商品にはどのような特徴があるのでしょうか。

まず、人気が高くおすすめできる支払い方法から見ていきましょう。

がん保険の保険料の支払方法には、以下の2種類があります。

支払方法
  • 掛け捨て型…払い込んだ保険料が返ってこない
  • 貯蓄型…保険を解約した時に払い込んだ保険料のうち一部が解約返戻金として戻ってくる

貯蓄型のがん保険は将来お金が戻ってくる積立のメリットがある一方、その分保険料が高額に設定されています。

一方の掛け捨て型のがん保険は、保険料が戻ってくることはありませんが、保険料が安いにもかかわらず大きな保障を得ることできるがん保険も多いです。

読者
費用対効果を重視してがん保険に加入をするのなら、掛け捨て型の保険がおすすめそうですね。

ほけんのぜんぶ
ほかにも、がんは医療の進歩が目覚ましい分野ですので、掛け捨てにすると見直しがしやすいというメリットもあります。

終身タイプと定期タイプ

掛け捨て型のがん保険は、さらに以下の2種類に分けることができます。

保障期間
  • 保障が一生涯続く「終身型」
  • 保険の契約期間が一定期間の「定期型」

終身型のがん保険は、保険料もずっと一定であることから、若いうちに入れば高齢での加入に比べて保険料を安く抑えることが可能です。

一方、定期型のがん保険は、1年、5年、10年などの期間で契約が終了します。

 定期型は保険料が高額になっていく

契約の満期を迎えると、契約更新をすることで再びがん保険に加入することができますが、その際には年齢などによって保険料が再設定され、同じ保障内容で更新すると保険料が高額になっていきます。

ほけんのぜんぶ
終身型と定期型のどちらが適しているかというのは、金銭面と保障内容の2つから考えてみるのがポイントです。

保障面を考慮して比較する

保障面で終身型と定期型を比較してみましょう。

終身型のがん保険は一生涯保障が続きますが、定期型の保障期間は限定的になります。

 加入年齢に制限がある

さらに、定期型の場合は加入年齢に制限があるため、年齢上限を超えてしまうと、がん保険を更新することもできなくなってしまいます。

ほけんのぜんぶ
もし、あなたが高齢になってからもずっとがん保障をかけておきたいと考えているなら、終身タイプを選んだ方が良いです。

一方、子どもを産むまで、もしくは出産してある程度大きくなるまでの特定期間だけリスクに備えておけば十分と思う女性は、定期タイプに加入すると良いでしょう。

ちなみに終身タイプの医療保険は、がんの治療も保障の対象になっています。

つまり、自分がどれだけの期間がんの保障を手厚く保障させたいのかによって終身か定期かは変わってきます。

おすすめのがん保険商品: チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」 (2) おすすめのがん保険商品、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」をご紹介します。 チューリッヒ生命のがん保険は、以下のような方におすすめです。
こんな方におすすめ!
  • 治療を受けた月ごとに一定額が受取りたい!
  • 健康保険のきかない所定の自由診療もサポートを受けたい!
  • 必要な保障を選んで無駄なく合理的に備えたい!
月払保険料例
年齢 男性 女性
30歳 1,875円 1,655円
40歳 2,575円 2,030円
50歳 3,900円 2,410円
【保障内容】基準給付月額:10万円、ガン診断給付金:50万円、悪性新生物保険料払込免除、保障期間・保険料払込期間:終身(2020年10月1日)

募補01808-20201006

30代の女性におすすめのがん保険

年代別に見た際に最も効率が良いがん保険や保障はどのようなものかを見てみましょう。

まず、30代におすすめの女性用がん保険です。

30代の女性に適したがん保険
まだ何もがん保険に加入していない方も多いと思いますので、診断給付金や入院給付金、通院給付金などが備わった終身型のがん保険を検討してみましょう。

30代というと、まだ子どもが小さい、もしくはこれから家族が増えるといった方も多く、養育費を貯めておきたい中で高い保険料を支払い続けるのは、家計にとって負担となってしまいます。

 選択のポイント

そこで、女性向けのがん保険の中でも、基本的な保障だけを取りそろえたがん保険を選んでみることをおすすめします。

がん保険には、基本的な保障内容のほかに、複数回診断給付金や緩和療養特約など、様々な特約を付加することができます。

どれも、がんの治療にとっては非常に心強いものですが、金銭的にあまり余裕のない時には必ずしも付加する必要はありません

ほけんのぜんぶ
家計の状況に合わせて、保障と保険料のバランスをとることポイントです。

また、最近では「ミニ保険」といったような、月額たった数百円で必要最小限のがん保険に加入することができる女性向け保険商品も販売されています。

医療保険に加入している女性は、ミニ保険で保障を上乗せしても良いでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

40代の女性におすすめの「複数回診断給付金」「保険料払込免除特約」

ほけんのぜんぶ
40代の女性は、女性特有のがん罹患リスクが高くなってくる年代です。

その一方で、私生活では子育てにも仕事にも大きな力を注ぐ時期と言えるでしょう。

子どもは中学生や高校生になり、これから受験などを迎えるため、金銭的にも精神的にもサポートしてあげる必要があります。

40代女性に適したがん保険

40代の女性は、万が一自分ががんに罹患した時、なるべく手厚い保障のがん保険があった方が良いでしょう。

また、50代以降は保険料も割高になってくるので、今のうちに終身タイプのがん保険を契約しておくのも選択のうちの1つです。

家計を考慮しながら、なるべく女性向けのがんに対して充実した保障を付けていくことをおすすめします。

また、ぜひ検討しておきたい特約として、「複数回診断給付金特約」と「保険料払込免除特約」があります。

複数回診断給付金特約とは

複数回診断給付金特約は、がんと診断されてから所定の期間がたった後に再度がんと診断された場合に、一定の診断給付金が支払われる特約です。

読者
つまり、がんの再発に備えられるのですね。

40代以降のがん罹患リスクが高まる年齢では、一般的に再発のリスクも同じように高い傾向があります。

がんが再発したとなると、医療費の負担も大きいものになってしまいます。

そのような負担を軽減させるためにも、再発に備えた複数回診断給付金特約は、がん保険を契約する上でぜひつけておきたい特約です。

保険料払い込免除特約

がんと診断され、所定の条件を満たした場合に、以降の保険料の払い込みが不要になるという特約です。

読者
万が一がんに罹患し、治療が長期化した場合に、保険料の払い込みが免除されるというのは金銭的に非常に助かりそうです。

ほけんのぜんぶ
免除された保険料も治療に充てることができるという点で、安心感は大きくなるのではないでしょうか。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

50代の女性におすすめの「先進医療特約」

50代の女性は、40代と同様に女性特有のがん罹患リスクが比較的高い年代です。

 50代から新規加入は若い方と比べて保険料が高額に

このような理由もあり、50代になってからがん保険に加入しようとすると、若い方に比べると保険料がかなり高額になってしまいます。

そのため、保障を手厚くした場合、毎月の保険料はなかなか大きな負担になってしまいがちです。

50代の女性に適したがん保険

保険料の無理がない範囲で必要な分だけ保障を準備するのが良いでしょう。

がん保険の保障の中でも検討すべきは、「先進医療特約」となります。

先進医療特約とは?
健康保険制度が適用されない高度な医療技術を用いて治療した際、全額自己負担の医療費を保障してくれる特約です。

先進医療は、治療効果の実績を厚生労働省に認められた技術で、がんの治療にも多く用いられています。

※厚生労働省先進医療の概要について:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html

しかし、技術料が非常に高価で、医療費として何百万円もかかってしまうことがあります。

ほけんのぜんぶ
いくら貯蓄があったとしても、高額な医療費を負担するのは非常に苦しいでしょう。

読者
でも、実際にがんに罹患して治療の選択肢として挙がった時に、お金が原因で諦めるのはやりきれない気持ちになりそう…

少額の保険料負担で高額な医療費を保障(※一定の通算限度額があります。)してくれる先進医療特約は評判の良い特約で、がん保険に付帯することもあります。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

まとめ

今回説明した通り、女性特有のがんは若いうちから罹患リスクが高いため、独身女性でもなるべく早いうちに女性向けのがん保険に入っておくことがベストと言えるでしょう。

 ポイント

がん保険はあくまでリスクに備えた商品であり、若い時に申し込みを行うことで高齢の方に比べると少ない保険料で契約できるので、日常生活に支障のない範囲内で加入できます。

読者
がんに罹患すると、手術や通院治療によって以前に比べて働くことが困難になったり、収入が途絶えたり、減少する可能性が高いですよね。

ほけんのぜんぶ
そんな時にがん保険に加入しておけば、まとまった保険金を受け取ることもできるため、経済的な心配をせずに治療に集中することも可能です。

現在、死亡保険や医療保険に加入している人も女性向けのがんに備えた保障内容かは分からないので、一度保険のプロに確認してもらうことをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!