生命保険の基本と押さえておくべき保障内容を解説

生命保険とは?種類や必要性をわかりやすく解説します

就職や結婚・出産など、人生の大きな節目に何かと加入をすすめられる「生命保険」。

読者
自分に万が一のことがあっても、残された家族が経済的に困らないために契約しています。

読者
私も一応加入はしているのですが、商品をちゃんと理解できているかは自信がありません

 

そこで、今回は「生命保険とは何か?」という点に注目して、中学生でも理解できるよう分かりやすく解説します。

ただ加入するだけでは十分とは言えず、収入や家族構成などを考慮して、過不足なく設定した保険でないと意味がありません。

ほけんのぜんぶ
生命保険に加入すると どんな保障が受けられ、どんなリスクに備えられるかをしっかりと理解していきましょう。
この記事でわかること
  • 生命保険の基本的な仕組み
  • 生命保険と各種保険との違い
  • 生命保険のメリットとデメリット
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

この記事は5分程度で読めます。

【PR】おすすめの生命保険商品

ほけんのぜんぶ
記事の本文の前に少し、今人気の生命保険の特徴をご紹介させていただきます!

記事をお読み頂き、いざ保険契約をとお考えの方は、是非ご活用ください!

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」 (1)

チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX

ここがポイント

ポイント1
お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
ポイント2
健康な方は保険料が割引になります!
ポイント3
保険金額と保険期間が自由に選べます!
『保険金額1,000万円・10年更新』の場合の月払保険料例
年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

※非喫煙優良体型の場合(2020年10月1日)

『保険金額1,000万円・65歳満了』の場合の月払保険料例
年齢 男性 女性
30歳 2,010円 1,650円
35歳 2,340円 1,910円
40歳 2,810円 2,160円
50歳 4,010円 2,850円

※非喫煙優良体型の場合(2020年10月1日)

募補01808-20201006

生命保険とは

生命保険は、毎日の生活の中における病気やけが、介護などの経済的負担や、自分にもしものことがあった場合に残された家族の生活を守るために備えておく手段のひとつです。

読者
生命保険は家族が安心して生活していくために欠かせないものでもあると思いますが、どのくらいの方が生命保険に加入しているのでしょうか。

読者
また、経済的な備えとしては生命保険のほかにも貯蓄という方法がありますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

ほけんのぜんぶ
まずは、生命保険の概要について確認していきましょう。

生命保険加入率は男女ともに80%超

生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」によると、生命保険加入率は男性で81.1%、女性で82.9%で、男女ともに80%以上にのぼっていることがわかります。

<生命保険加入率>

男性

81.1%

女性

82.9%

年代別に見てみると、20歳代は男女ともに加入率は60%弱ですが、30歳代になると82%を超え、40歳代で90%前後となり加入率はピークを迎えています。

ほけんのぜんぶ
40歳代は子どもがまだ小さい家庭が多く、ご自身に万が一のことがあった場合の備えについて十分に検討していることがうかがえます。

【参考:生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」】
https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html

生命保険と貯蓄の違い

読者
日々の生活で起こりえる経済的な損失を補うものとしては、生命保険だけでなく「貯蓄」という選択肢もありますよね。

ほけんのぜんぶ
中には「貯金をしておけば大丈夫!」と思う方もいると思いますが、生命保険と貯蓄では「備えに対する形態」が全く違うのです。

「貯蓄は三角、保険は四角」という言葉を聞いたことはありませんか?

ここがポイント!

貯金は通常、毎月(毎年)コツコツと積み立てていくものなので、右肩上がりの三角形になりますね。

しかし、災害や事故といった万が一のケースは、十分な貯蓄ができてから起きるとは限りません。

まだ十分な貯蓄がない段階で万が一のことが起きてしまうと、保障が全く足りないということもあり得ます。

一方、生命保険は保険期間の開始から終了まで一定した保障を受けることができるので、形としてはどっしりと安定した四角形になります。

読者
四角形の保障があれば、貯蓄の少ない若い世代でもいつでも高額な保障を受けることができますね。

ほけんのぜんぶ
とはいえ、どんな場合も生命保険が貯蓄より優れているというわけではありません。両方をバランスよく組み合わせて備えることが理想的ですね。

「主契約」と「特約」で成り立っている

生命保険は、「主契約」と「特約」のふたつから成り立っています。

ここがポイント!
  • 主契約…生命保険の基本となる保障で、単体でも契約することができます。
  • 特約…個々のニーズに合わせて主契約で不足している保障を個別に付けることができる契約で、単体では契約できず主契約に付帯する形で契約します。

そのため、主契約が満期日を迎えたり、解約したりしたときは、特約も同時に満期や解約となり、契約はそこで終了します。

ほけんのぜんぶ
主契約には、後程ご紹介する「終身保険」、「定期保険」、「学資保険」などがあり、特約には「入院特約」、「定期保険特約」などさまざまなものがあります。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

生命保険の仕組みと必要性

生命保険とは、互いが助けあう”相互扶助”という仕組みで成り立っています。

保険契約者全員が保険料を出し合うことで、病気やケガで死亡した人に対して支払われる保険金が用意されるのです。

この仕組みをわかりやすくご説明しましょう。

大勢の人がお金を出し合うことで保険金が準備できる仕組みとは?

人が亡くなると、以下のようなお金が必要です。

必要となるお金
  • 残された家族の生活費
  • 葬式費用

ほけんのぜんぶ
お子さんがいる場合は教育費も必要ですし、返済すべきローンが残っている場合があるかもしれません。

仮に、ある人が亡くなったときに、残された家族には3000万円が必要だとしましょう。

この家族はもしもに備えて3000万円を準備しておかなくてはいけませんが、毎月、貯蓄に回せるのは2万円くらいしかないとしたら、どうなるでしょうか。

読者
月に2万円ずつの貯蓄ですと、年間では24万円ですね。

読者
これでは3000万円を貯めるのに100年以上かかってしまいますから、これは事実上不可能だと言えますね。

もしも、かなり頑張って月に10万円、年間で120万円を貯蓄できたとしても、3000万円貯まるのは25年後です。

あまり現実的ではありませんね。

ほけんのぜんぶ
そこで、大勢の人が集まって、お互いを助け合うことにしてはどうでしょうか。

たくさんの家族が、それぞれ月に2万円を出し合って、全家族が出したお金を貯めておくのです。

相互扶助の仕組み

1000組の家族がいれば、ひと月だけで2000万円が集まるため、この仕組みを25年間続ければ60億ものお金になる計算です。

そして、この25年間のうちに、不幸にも大黒柱が亡くなってしまった家族に対して、集めたお金から3000万円を支払います。

人はいつか亡くなりますが、たいていはもっと歳をとってからです。

1000組の家族がいても、その中から25年間のうちに亡くなる人が出る確率はそう高くないので、みんなから集めたお金は足りるでしょう。

これが、相互扶助による生命保険の基本的な仕組みです。

ほけんのぜんぶ
実際には、保険会社は一定期間に何人の人が亡くなるか、統計などから確率をもとめ、お金が足りるように保険料を設定しています。

保険の必要性とは?

読者
こうした生命保険は、本当に必要なのでしょうか?

もしもの場合に必要なお金が、すでに手元にあるという場合は保険を準備する必要はないとも言えますが、なかなかそれだけの貯蓄がある人はいないでしょう。

 注意

もちろん遺族年金など、公的な社会保険制度から用意できる部分もあります。

しかし、必要な額は家庭によって異なり、すべてを社会保険でまかなえるとは限りません。

ほけんのぜんぶ
そうすると、やはり社会保険で不足するは、民間の保険で準備するのが得策でしょう。

解説したとおり、多額のお金を貯蓄で準備するのは時間がかかりますし、起こるかどうかわからない出来事に備えるお金は、保険で対応するのが適していると言えます。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

生命保険の保障内容

生命保険とは何かという基本的な部分がわかったところで、ここからは、生命保険の保障内容について種類別に詳しく見ていきましょう。

生命保険の3種類(死亡保険、生存保険、生死混合保険)の特徴は全く異なります。

ほけんのぜんぶ
保険に加入する際にはそれらの違いをよく把握し、自分の目的に合った生命保険を選ぶようにしましょう。

死亡保険

被保険者が死亡もしくは度障害状態になった場合に、保険金が支払われる死亡保険は、保険期間によってさらに2種類に分類することができます。

死亡保険の種類2つ
  • 終身保険
  • 定期保険

終身保険

終身保険は、死亡保障が一生涯続く保険です。

保障期間が長い分保険料も比較的高額ですが、保障期間のうちは保険料が上がることはありません

終身保険を途中で解約したらどうなりますか?
終身保険は、途中で解約した場合に今まで払い込んだ保険料のうち一定の割合が「解約返戻金」という形で手元に戻ってきます。

ほけんのぜんぶ
被保険者が亡くなるまで保障が続くため、家族にお金を残してあげたいという人に向いています。
 解約返戻金は他にも使いみちが

もし死亡保障が必要なくなった時には、解約して解約返戻金を老後資金に利用するなど、ライフプランに合わせて柔軟に活用できる点が終身保険のポイントです。

定期保険

定期保険は、一定の期間のみ保障が続く生命保険です。

たとえば、10年間、20年間などの期間が定められ、この期間を過ぎると「契約更新」という形で再度生命保険を契約します。

 注意点

保険料は比較的安めですが、同じ保障内容で契約更新をすれば、保険料が段々上がっていきます。

また、保険料は「掛け捨て」なので、貯蓄効果はありません。

ほけんのぜんぶ
手ごろな保険料で、家族のために万が一のリスクに備えたい人に向いています。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

生存保険

生存保険とは、被契約者が保険契約期間の満了まで生存していた場合に保険金が支払われる保険です。

生存保険の主な種類
  • 個人年金保険
  • 学資保険(こども保険)

個人年金保険は、被契約者があらかじめ決めた年齢になった時から、年金を受け取ることができる保険です。

そして、学資保険は、教育資金準備のための保険で、保険期間の満了を迎えたら保険金が支払われます。

ほけんのぜんぶ
この2つの保険のように、生存保険は将来のための貯蓄が主な目的です。死亡保障の機能はほとんどありません。

生死混合保険

生死混合保険は、主に養老保険が挙げられ、保険料が終身保険などよりも高く設定されています。

 養老保険が適した人

しかし、その分養老保険は死亡保障機能も貯蓄性も優れているため、死亡保障を確保しつつ、しっかり定まった将来の目的に向けて貯蓄したいという人に適した保険であると言えます。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

生命保険と医療保険との違い

ここまで説明してきたとおり、生命保険とは、人の生命が脅かされた際の経済的な負担を軽減することを目的とした保険です。

読者
医療保険も同じようなものでしょうか?

ほけんのぜんぶ
厳密に言うと医療保険は生命保険とは違う種類に分類されます。
医療保険とはどのような保険ですか?
医療保険は、被保険者が病気やケガのために入院や手術などをした際、治療のためにかかる費用を保障することを主な目的とする保険です。

その保障は、あくまで入院や治療に対してを主目的としていますので、ここが生命保険とは違う点です。

 保障内容によっては医療保険に死亡保険金がない

医療保険は主に治療に対しての保険の為、被保険者が死亡した際の保障はない場合が多いですが、特約で死亡保障を付加できることもあります。中には、死亡保障付きの医療保険もありますが、生命保険と比較すると保険金が少額となる場合が多い傾向にあります。

このように、医療保険は生命保険とは異なった特徴を持っています。

読者
生命保険に加入するだけでは治療や入院にかかる費用などは保障対象外になることがあるということですね。

ほけんのぜんぶ
そのため、死亡リスクだけでなく病気のリスクにも備えたいという場合には、生命保険とは別に医療保険に加入するという選び方があります
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

掛け捨て型と貯蓄型の違いとメリット・デメリット

生命保険には、一般的に掛け捨て型と呼ばれているものと、貯蓄型と呼ばれているものがあります。

掛け捨て型・貯蓄型の保険
  • 掛け捨て型の保険…ほとんどの定期保険
  • 貯蓄型の保険…終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険

掛け捨て型のメリット・デメリット

掛け捨て型の保険は、保険期間が終了したり(「満期」になる、といいます)、途中で解約したりした場合、今まで払い込んだお金が戻ってきません

読者
今まで払ってきたお金が戻ってこないのは損に思えてしまいます。

ほけんのぜんぶ
それまで払ってきた保険料は保障のために支払ったお金ですから、保険期間中は保障があったと考えれば、全く損ということはありません。

掛け捨て型の保険には次のようなメリットがあります。

掛け捨て型のメリット
  • (貯蓄型に比べて)保険料が安い

保険金額や、加入する人の年齢などが同じ条件であっても、保険料を比べると、掛け捨て型のほうが圧倒的に安くなります。

保険料を抑えつつ保障が必要な場合は、掛け捨て型が有力な選択肢でしょう。

デメリットは、まさしく掛け捨ての性質どおり、

掛け捨て型のデメリット
  • 契約終了後にお金が戻ってこない

ということになります。

ほけんのぜんぶ
ただ、これはデメリットというよりは、保険の性質の違いと考えたほうがいいかもしれません。

貯蓄型のメリット・デメリット

貯蓄型の保険は、満期を迎えたり、途中解約したりした場合に、それまで払い込んだ保険料の一部や、それを超える額が満期金解約返戻金として戻ってくる可能性があります。

読者
どれくらいのお金が解約返戻金として戻ってくるのですか?
どれくらい戻ってくるかは、商品によって異なるほか、契約から満期または解約までの期間によって変わります。

ほけんのぜんぶ
十分な期間を置けば、それまでに払い込んだ総額より多い額が受け取れる事もあるため、貯蓄がわりに利用できます。

貯蓄型のメリットをまとめると次のようになります。

貯蓄型のメリット
  • 契約終了時にお金が戻ってくる(お金が増えて受け取れることも)

保険料を自動引き落としやカード払いなどにしておくことで、自分でコツコツ貯金するのが苦手な人でも、知らないうちにお金が貯まっています。

読者
しかも、その間にもしものことがあったときの保障も得られるんですね。

一方、貯蓄型保険には、次のようなデメリットがあります。

貯蓄型のデメリット
  • (掛け捨て型に比べて)保険料が高い
  • 早期に解約すると損をすることもある

掛け捨て型の保険料は、すべて「保障」のための料金です。

 貯蓄型の保険料が割高になる理由

貯蓄型保険の保険料はその一部を貯蓄(解約返戻金)に回す必要があるため、「保障のための料金+貯蓄のためのお金」ということになり、保険料は高くなってしまいます。

また、契約後、早期に解約すると、十分にお金が貯まっておらず、そこから保険会社の経費などが差し引かれるため、貯蓄型であっても戻ってくるお金がないか、ごくわずかになってしまう場合があります。

 支払った金額>戻るお金=元本割れ

それまでに払い込んだ額よりも、少ない額しか戻ってこないことを「元本割れ」の状態になると言います。

貯蓄型保険を利用するときは、この点に注意する必要があります。

もしもどちらの保険に加入するか悩んでいる方は、保険やライフプランニングの専門家であるFPに無料で相談できる保険相談所を利用すると、最適な保険を選ぶことができますよ。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

生命保険のメリットとデメリットとは?

ここまでの説明で、生命保険はどんな保障内容を持つのか分かっていただけたかと思います。

生命保険には、万が一の備えと、積立の目的で加入をする方がほとんどです。

読者
でも、万が一のための備えや貯蓄なら、わざわざ生命保険に入らずに自分で貯蓄しておけば良いのでは?

ほけんのぜんぶ
確かに貯蓄も万が一の備えになりますが、大きな金額を準備するにあたっては、生命保険は貯蓄よりも適していると言えるメリットがあるのです。

では、生命保険とは貯蓄と比べてどのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

また、生命保険のデメリットについても紹介していくので、メリット・デメリットを考慮しながら、自分で貯蓄するのと生命保険に加入するのと、どちらが良いかを考えてみてください。

メリット

生命保険のメリットとして、主に以下が挙げられます。

生命保険のメリット
  • 払込期間に関係なく保険金が受け取れる
  • ライフプランに合わせた保障が受けられる
  • 税金対策になる

順を追ってみていきましょう。

払込期間に関係なく保険金が受け取れる

生命保険は、万が一のリスクヘッジをできる点が最大のメリットです。

万が一の備えには自分で貯蓄をするという方法もありますが、生命保険は保険期間開始時から高額な保障を得ることができます。

ほけんのぜんぶ
一方、自分で貯蓄する場合には、生命保険に匹敵する金額を用意しようと思うと、長年かけてお金を貯めなければなりません。

大きな金額をすぐに用意できるかどうかという点が、貯蓄が生命保険とは異なるポイントです。

その点を考えると、万が一に備えるには、貯蓄より生命保険に加入をした方が安心です。

ライフプランに合わせた保障が受けられる

たとえば、結婚や出産など一般的に家族が増えた時には生活費や養育費も増加するため、保険金額も高く設定する必要があります。

 過不足のない保障を選ぼう

このような場合は、子供が独立するまでといった一定期間だけを定期保険を活用して保障を手厚くしておけば、過不足なくリスクに備えることができます。

一方、貯蓄の場合には、生命保険とは異なり、万が一の備えを増やしたいと思ってもすぐに対応することは難しいでしょう。

ほけんのぜんぶ
このように、生命保険はライフプランに柔軟に対応できるというメリットがあるのです。

税金対策になる

生命保険に加入していると、所得税住民税、そして相続税の控除を受けることもできます。

生命保険で節税できる項目
  • 住民税
  • 所得税
  • 相続税
住民税と所得税

まず住民税と所得税の控除ですが、「生命保険料控除」という制度がポイントになります。

生命保険料控除とは?
所得税と住民税の課税対象となる所得金額から、自分が支払った生命保険料のうち一定の金額を差し引くことができるのです。
課税対象となる金額が減るため、結果として所得税と住民税の税額も小さくなります。
相続税

一方、相続税については、生命保険金の非課税枠を利用することで税負担の軽減が可能です。

生命保険の被保険者が死亡した場合、死亡保険金は被保険者以外が相続します。

ほけんのぜんぶ
相続する死亡保険金には相続税が課税されます。
死亡保険金が非課税となる対象
500万円×法定相続人の数の範囲内

このように、生命保険は所得税や住民税、相続税の税金対策が可能というメリットを持っています。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)
 こちらの記事も読まれています

デメリット

次に、生命保険のデメリットとして以下の3つが挙げられます。

生命保険のデメリット
  • 早期解約をした場合は損
  • 保険料が毎月かかる
  • インフレリスクがある

順を追ってみていきましょう。

早期解約をした場合は損

生命保険のうち、終身保険や養老保険のような貯蓄性のある保険は、途中で保険を解約した場合には解約返戻金が手元に戻ってきます。

 注意点

ただし、解約返戻金は自分が払い込んだ保険料の、全額が返ってくるとは限りません

生命保険に契約してから早期で解約をすると、解約返戻金はないか、払った保険料に対して非常に少ない割合になってしまうのが一般的です。

特に人気の高い低解約返戻金型の終身保険は保険料払込期間中の解約返戻率を抑えることで保険料を安くしているので、途中で解約してしまうと元本割れしてしまうので注意しましょう。

読者
貯蓄性のある商品に加入する場合は、早期解約の場合に解約返戻金が少ないケースが多いというデメリットを念頭に置きます。

ほけんのぜんぶ
早期解約をしないよう、無理のない範囲で加入することが重要ですね。

保険料が毎月かかる

当然のことではありますが、生命保険とは毎月一定の金額を保険料として納めなければならないものです。

働き始めの若い人や子供のいる家庭では、保険料の支払いは多少負担に感じることもあるでしょう。

 支払い方の工夫も可能

保険の商品によりますが、支払い方法は月払いだけでなく、半年毎・一年毎に支払う方法などもあるので、ご自身の生活に合わせて選ぶと良いでしょう。

インフレリスクがある

一度生命保険に加入すると、保険期間中は基本的に保険金額は変わりません。

そのため、万が一インフレデフレなどが起きた場合、貨幣価値が変わり、契約していた保険金額では保障として十分ではなくなってしまう可能性も考えられます。

貨幣価値に大きな影響を与えるほどの急激なインフレは、現在の日本では考えづらいですが、可能性はゼロではありません。

ほけんのぜんぶ
定期的に保険の契約内容を見直すと良いでしょう。
メリット 払込期間に関係なく保険金が受け取れる
ライフプランに合わせた保障が受けられる
税金対策ができる
デメリット 早期解約をした場合は損
定期的に保険料がかかる
インフレリスクがある

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どちらの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

まとめ

生命保険とは、死亡または高度障害という万が一のリスクへの備えや貯蓄を目的とした保険です。

条件を満たしていれば契約した保険金額をすぐに受け取ることができるため、万が一の場合に備えるには、自分でお金を貯蓄するよりも適していると言えます。

また、生命保険は死亡保障目的の死亡保険と、貯蓄目的の生存保険、そして2つの目的を兼ね備えた生死混合保険に分けることができます。

それぞれで特徴が異なるため、生命保険に加入を検討する際には、自分がどのような目的で保険に加入するのかきちんと考えることが大切です。

さらに、年齢やライフステージによって必要な保険金額や保障内容は変化していくため、定期的に加入中の保険は見直していく必要があります。

「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所などを利用して、一度自分の保障を整理してみてはいかがでしょうか。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門のFPに相談する
(無料)

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!