あなたに適した生命保険の選び方を解説

保険の選び方は目的が重要!賢い生命保険の選び方

読者
生命保険に加入しようと思って保険を探してみても、保険の種類が多すぎて正直よくわかりません。

ほけんのぜんぶ
生命保険には、大きく分けて「万が一のリスクに備える死亡保障」と「貯蓄」の2つの目的があります。

性別や年代、家族構成によって加入すべき生命保険は全く異なります。

自分に適した生命保険に加入しなければ、せっかく保険料を支払っても保障を得る意味はなくなってしまうため、生命保険の選び方は非常に重要です。

そこで、今回は生命保険の加入を検討している方に向けて、ケース別に分けた生命保険の選び方を解説していきます。

この記事を読むべき人
  • 独身・既婚・女性・持病がある場合などケース別で違う選び方を知りたい人
  • 年代別の適切な選び方を把握したい人
  • 保険を契約する場所の選び方を知りたい人
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

この記事は5分前後で読めます。

ほけんのぜんぶ
生命保険の選び方のポイントは、「どんな目的で」「いつまで」保障が必要なのかをしっかり考えることです。

この記事を読んで生命保険の選び方をマスターし、自分に適した生命保険に加入しましょう。

あなたにとって生命保険はなぜ必要?目的を定めよう

保険の目的は、リスクを経済的にカバーすること

私たちは生きていくうえで、さまざまなリスクに取り囲まれています。

いつ病気やケガをするかわかりませんし、突然の事故や災害に巻き込まれることもあります。

ほけんのぜんぶ
暮らしを守るためには、そうしたリスクへの備えが必要です。
 ポイント

日頃の健康管理や病気の予防、防災対策といった、リスクを遠ざけるような備えをしておく一方で、もしも、そうしたリスクが現実となってしまった場合に、必要になるお金を準備しておく必要もあります。

例えば…
病気で入院・手術をした→医療費が必要
不幸にも亡くなった→残された家族の生活費が必要 など

お金を準備するというと、まずは貯蓄が思い浮かびますが、このようにまだ起こっていないこと・今後起こるかどうかわからないことに対して貯蓄をしておくというのは、実は非効率なやり方だと言えます。

 死亡に備えるには貯金では非現実的

たとえば、一家の大黒柱が亡くなったときのために「残された家族の生活費」を準備しておこうとすると、必要額は数千万円にも及ぶことがあります。

それだけの額を貯蓄するには時間もかかりますし、ふだんの生活を続けながら行うのは現実的ではありません。

読者
貯蓄をしている途中でもしものことがあれば、備えが不足したままその時を迎えてしまいますね。。

ほけんのぜんぶ
そこで役立つのが保険です。

生命保険に加入していれば、条件を満たした場合に契約通りの保険金を受け取れます。

このように、いつか起こるかもしれないリスクに経済的に準備をしておくことが保険の目的です。

自分にはどんなリスクがあるのか?を考える

読者
保険でカバーすべきリスクにはどのようなものがあるでしょうか?

以下のようなことが考えられます。

亡くなる ・葬式費用
・遺族の生活費
・住宅ローンなどの返済
・残された子どもの教育費など
病気やケガ ・入院費
・通院費
・薬などの費用
・リハビリの費用
・療養のため働けない間の生活費
子どもが生まれる ・子どもの教育費用
・子どもの養育費
・子どもの医療費
老後を迎える ・リタイア後の生活費
・高齢になってからの医療費
・介護の費用

読者
「子どもが生まれる」といったおめでたいことも、お金が必要になるという意味ではリスクになってしまいますね。。
 ポイント

ここで重要なことは、亡くなることや老後を迎えるといった、誰にでも訪れることであっても、詳しく見ていくと、リスクの程度は人によって違うということです。

独身の人であれば、亡くなったとしても遺族の生活費は必要はありませんし、家族がいたとして、それが配偶者だけなのか、子どもが1人なのか2人なのかによって、必要な額は大きく異なってきます。

ほけんのぜんぶ
保険は、保障内容によって保険料が変わります。不必要な保障をつけていても、ムダな保険料を支払うだけです。

読者
保険は、入っておかないとリスクに備えられませんが、入りすぎてもいけないということですね。

そのため、自分にはどんなリスクがあり、それがどの程度なのかをよく考えることが大切なのです。

リスクの違いは人それぞれですが、年代や性別、立場によってある程度の傾向があります。

タイプ別に、特徴を見ていきましょう。

【年代別】20代、30代、40代、50代の選び方

まずは、年代別に保険選びのポイントを見てみましょう。

基本的には、配偶者や子どもがいるかといったライフスタイルから考えるべきですが、年代ごとにおよその傾向があるため、考えるヒントとして頭に入れておきましょう。

20代の選び方

読者
まだ20代で未婚・子どももいないですし、保険の必要性は薄い年代ですよね?

しかし、貯蓄額がまだ十分でない人が多いため、病気やケガなどで働けなくなったときのリスクが大きいとも言えます。

この年代は、養っている人がいないなら死亡保障の必要はなく、医療保険などで自分自身の生活を守ることを考えましょう。

ほけんのぜんぶ
保険料は安い年代ですので、保険料の変わらない終身タイプの保険に20代のうちに入っておくのもひとつの方法です。
特に、女性特有の疾病は、20代から罹患率が高いものもありますので、気になる方はFPをはじめとする専門家に相談すると良いでしょう。
女性特有の疾病についての詳細はこちらを、新卒で新たに生命保険への加入を検討している方はこちらをご覧ください。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

 

30代の選び方

30代は、結婚する、子どもが生まれる、マイホームを持つ、といったライフステージ上の変化が訪れる人が多い年代です。

家族のための死亡保障が必要になる一方で、子どもの教育資金やマイホームのための貯蓄・住宅ローン返済などのお金が必要になります。

 注意

死亡保障にお金をかけすぎて、貯蓄ができなくなっては本末転倒です。

提案

積立型の保険でお子さんの教育資金を準備しつつ、保険料が割安な掛け捨て型の保険で死亡保障を充実させるなど、性質の違う保険商品を組み合わせて活用することも検討してみましょう。

働けなくなったときのための医療保険、就業不能保険の必要性も高まる時期です。

ほけんのぜんぶ
あれもこれもとなると保険料だけがかさんでしまいますので、自身の家計状況に合わせた最適なプランニングが大切です。

将来必要な資金や不安があるならば、無料で専門家に相談できる相談所の利用も一つの手です。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

 

40代の選び方

40代は、新しく保険に加入するというより、30代のときの保険を見直し、今後のライフスタイルに沿ったものにしていく時期と言えます。

ほけんのぜんぶ
死亡保障の必要性は徐々に低くなり、自身の老後に向けた資金準備の比重が高くなります。

生活が落ち着いてきている人は、老後に向けて個人年金保険などを考えるのもおすすめです。

また、この頃から、がんの罹患率が高くなり始めますので、がん保障について検討してもいいでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

 

50代の選び方

50代は、目前に迫った老後の資金準備を真剣に考えたい年代です。

提案

  • 病気やケガに備えた医療保険や、介護に備える介護保険
  • 個人年金保険

ほけんのぜんぶ
手持ち資金に余裕がある人は、変額年金や外貨建て保険のような投資性のある保険を考えてもいいでしょう。

老後の健康や、要介護状態にならないかが心配であれば、終身型の医療保険介護保険を考えるのもひとつです。

 

女性の場合の選び方

女性は、結婚や出産などのライフプランに応じて必要な保障が変わるため、保険の選び方がその分複雑になります。

ほけんのぜんぶ
女性特有の病気にかかるリスクもあり、保険を選ぶ際は様々な特約を考慮した上で選ぶ必要があるでしょう。
年代別だと例えば…
  • 20代や30代の場合…出産リスクに備えた保障
  • 40代・50代…婦人科系のがんに備えた保障など

したがって、女性の生命保険の選び方における重要ポイントは、保険の選び方をライフプランに応じて変えていき、自分が今どんな状況にあるのかを冷静に考えたうえで選ぶことです。

これを踏まえたうえで、細かいパターンに分けて保険の選び方を考えていきましょう。

①独身女性は特有の病気リスクに備える

独身女性の場合は、先ほど説明した独身の方の選び方と同様に、保険に加入する目的としては、働けなくなるリスク将来の貯蓄です。

 将来出産を望む方は…

ただし、将来出産を望む場合には、子宮頸がんなどの女性特有の病気に備えておくのも良いでしょう。

そのため、選び方としては医療保険の特約に注意する点がポイントになります。

女性は、20代や30代でも入院を伴う病気のリスクが男性よりも高く、医療費が生じやすいです。

ほけんのぜんぶ
このことから、女性保険など手厚い保障が受けられる商品もおすすめです。

②母子(父子)家庭の場合は「掛け捨て」で負担を抑える

母子家庭の女性の保険の選び方は、経済的な負担も考えて、まずは最低限の保障を確保することを考えるのがおすすめです。

母子家庭におすすめの生命保険
  • 死亡保険
  • 就業不能保険

ほけんのぜんぶ
「生活の維持」と「万が一の際の子どもの養育費確保」を目的に、上記生命保険を考えてみてください。

また、金銭的な観点から、終身よりも少ない保険料で入れる定期タイプを選ぶという選び方も検討すると良いでしょう。

③妊婦さんの場合は手厚い医療保障が必要

妊婦さんの場合の選び方は、やはり妊娠・出産の保障がついているものを選ぶことがポイントです。

妊娠中の病気・ケガのリスク、出産時の死亡ケースや手術の保障などがついた医療保険が販売されているので、ぜひ検討してみてください。

 妊娠中の場合は注意を

ただし、妊娠何か月によって保障に条件がついてしまうといったケースもあるので、保険への加入は妊娠前に検討することをおすすめします。

④共働きは子供の有無で保障内容は変わる

共働きの場合は、先ほど説明した既婚者の場合と同様、子どもがいるかいないかによって生命保険の選び方が変わります。

子どもがいる場合には、自分の収入がなくなることによって家庭や子供の養育費に大きな影響を与えるかどうかが選び方のポイントになるでしょう。

共働きの場合
  • 死亡保険
  • 医療保険

もし大きなダメージを与えそうであれば、ある程度の保険金をかけた上記生命保険の加入を検討してみてください。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

独身者の場合

独身者の場合は、ご自身に万が一のことがあった場合に残される家族がいるわけではないので、遺族の今後の生活費や養育費などに備える必要がありません。

備えるべき保障としては、ご自身に対するものが中心となり、具体的には次の3つの保障あります。

独身者が備えるべき保障
  • 病気やけが
  • 就労不能
  • 死亡

それぞれの保障について詳しく確認していきましょう。

病気やけがへの備え

病気やけがは、既婚・独身に関わらずどなたの身にも起こり得るものです。

読者
しかし、公的医療保険では自己負担が原則3割になるので、それほど高額な医療費がかかることはなさそうにも思います。

また、「高額療養費制度」を利用すれば、1か月の医療費の上限が一定額を超えた場合にその分が払い戻しされます。

ほけんのぜんぶ
しかし、一度は立て替え払いをする必要があり、入院や手術となるとまとまったお金が必要になるので、やはり生命保険で備えておくと安心ですね。

独身者におすすめなのは、「医療保険」と「がん保険」です。

医療保険

医療保険とは?
医療保険は、疾病やけがで入院する場合に「入院給付金」が、手術を受ける場合に「手術給付金」が受け取れる保険です。

また、保障内容により、通院する場合にも「通院給付金」が受け取れる商品もあります。

保障期間は一生涯の「終身タイプ」と一定期間限定の「定期タイプ」があり、また保険料は「掛け捨てタイプ」と「貯蓄タイプ」があります。

ほけんのぜんぶ
差額ベッド代など、公的医療保険では支給対象外となるものもカバーできるので、いざというときに頼りになります。

がん保険

がん保険とは?
がん保険とは、がん保障に特化した保険で、がんに関するさまざまな保障を付けることができます。
がん保険の主な保障内容は以下のとおりです。
がん保険の主な保障
  • がんと診断されたときに受け取れる「がん診断一時金」
  • 入院した場合に受け取れる「入院給付金」
  • 先進医療を受けた場合に受け取れる「がん先進医療特約」 など

読者
ここに文章

ほけんのぜんぶ
もし「保険料がもったいない」と思う場合には、医療保険に「がん特約」を付ける方法もあります。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

就労不能になった場合の備え

読者
病気やけがで就労不能になった場合、休業すると収入が途絶えてしまいますよね。
会社員や公務員が受け取れる「傷病手当金」
  • 会社員や公務員など公的医療保険に加入している方は、「傷病手当金」を受け取ることができます。
  • 支給額は給料の約3分の2になってしまいます。
  • さらに、支給期間は最長1年6か月に限られています。

また、自営業や個人事業主などの場合は傷病手当金といった制度がないため、ご自身で備えておく必要があります。

ほけんのぜんぶ
そこで活用していただきたいのが、「所得補償保険」と「就業不能保険」です。

所得補償保険

所得補償保険とは?
病気やけがで働けなくなり、収入が減額してしまったときに不足する分を補償してくれる保険で、主に損害保険会社が取り扱っています。

保険金は被保険者の収入により設定し、実際にもらっていた収入が上限となります。

注意点
なお、契約により、うつ病といった精神疾患や、無免許運転や酒気帯び運転でけがをした場合は補償対象外となることがあります。

就業不能保険

就業不能保険とは?
所得補償保険と同様に、病気やけがで働けなくなり収入が減ってしまった場合に、不足分を保障してくれる保険です。

所得補償保険は損害保険会社が主に取り扱っているものですが、就業不能保険は主に生命保険会社が取り扱っているもので、保障目的や内容はほぼ同じようなものとなっています。

死亡時への備え

独身の方の場合、万が一の場合でも遺族にお金を残す必要がないため、死亡時に数百万円といった給付金が下りる保障を付けておければ十分でしょう。

ほけんのぜんぶ
お葬式代やお墓の購入資金、遺品整理費用などを合わせて100~300万円前後のお金を準備しておきましょう。

たとえば、終身保険に加入して一生涯の保障を得つつ、万が一のときに数百万円の保険金が受け取れるといったかたちなどもあります。

「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

持病がある方の選び方

最後に、持病がある方の保険の選び方です。

生命保険は、加入にあたって健康状態の条件が設定されているため、持病がある場合には加入できる生命保険の幅が狭くなってしまいます。

 注意

最近では、持病や病歴のある方向けの生命保険が用意されていることも多いですが、その分保障内容などに条件が設けられていることがあるため、選び方には注意が必要です。

持病がある方に向いている生命保険は、主に3種類あります。

通常の生命保険

1つ目は、一定の条件が付与された通常の生命保険です。

保険料が割増、持病に関連する疾病は保障対象外、または、保障内容にいくつかの条件が設けられているものです。

条件が設けられているものの、通常の生命保険と同じものに加入できるため、選び方としてはまず条件付きで通常の生命保険に入れないか探すことをおすすめします。

引受基準緩和型・限定告知型の生命保険

2つ目は、「引受基準緩和型・限定告知型」の生命保険です。

この生命保険の特徴は、生命保険加入の際の告知において、健康状態の告知条件が緩くなっていることです。

読者
それで持病や病歴があっても申し込みができる可能性が大きいのですね。

持病の悪化・再発が保障の対象となっているなど、保障内容はしっかり手厚いのが嬉しいポイントです。

ほけんのぜんぶ
しかし、その分保険料はやや割高です。

選び方としては、通常の生命保険に入れなかった際の対応手段として、引受基準緩和型・限定告知型の生命保険を選ぶと良いでしょう。

無告知型・無選択型の生命保険

3つ目は、「無告知型・無選択型」の生命保険です。

これは、生命保険加入時の告知条件が設定されていないタイプになります。

読者
つまり、持病がある方でも加入することが可能なんですね。

しかし、その分支払う保険料はかなり高額に設定されており、持病に対する保障についても厳しい条件が設定されていることがあります。

 注意

さらには、生命保険に加入しているのに保険金が下りないというケースもあるのが難点です。

ほけんのぜんぶ
無告知で生命保険に加入できるのは非常に助かりますが、その一方で大きなデメリットがあるということを忘れないでおきましょう。

持病がある方は加入できる生命保険をまずは見つけ、その中から自分に合う保険を選びましょう。

ご自身で探すのは大変だ、時間がないという方は、無料で専門家に相談できる保険相談所の利用もおすすめです。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

 

新卒の方の選び方

読者
「社会人になったらきちんと保険に入っておくもの」と言われるのですが実際どうなのでしょうか?

ほけんのぜんぶ
実際、就職を機に保険に加入する人は多くいますが、「なんとなく」「そういうものだから」とよく考えずに保険を選ぶのはおすすめできません。

保険には目的意識を持って加入しましょう。

新卒の方が検討したい保険加入として、次のようなものが挙げられます。

貯蓄が少ないなか、医療リスクに備える医療保険

働き始めたばかりの新社会人にとって、いちばん心配なのは、予期せぬケガや病気のことではないでしょうか。

この年代は、死亡保障よりも医療リスクに目を向けるべきです。

働き始めたばかりでまだ貯蓄が十分でないため、思いがけず医療費などが必要になってしまった場合の不安が大きいからです。

 ポイント

ある程度貯蓄があれば、貯蓄から医療費などをまかなうことができますが、十分な額の貯蓄ができるまでの期間は、医療保険で備えておいたほうが安心でしょう。

煙草を吸わないことや、体重のバランスが良いことなどを理由に保険料が安くなる健康体割引のある保険であれば、若くて健康に自信のあるこの世代は安価に保障が準備できます

ほけんのぜんぶ
最近のトレンドとして、健康診断の結果に応じて保険料が割り引かれる健康増進型保険などが人気です。

加入者に医療相談サービスや健康管理アプリなどが提供される商品も販売されています。

読者
健康マネジメントの一環として保険に加入するという考え方もアリですね!

葬式費用のための死亡保険

一般的に、新卒では、配偶者もおらず、養う人がいないことが多いことから、死亡保障の必要性は高くありません。

読者
しかし、まだ貯蓄額も十分でないため、もしものときに使えるお金がないのも事実です。
 ポイント

もし、手元のお金が十分でなく、もしものときに親など遺族に迷惑をかけたくないと考えるのであれば、葬式費用などに200~300万円程度の保険金が受け取れる死亡保険に加入するという選択肢があります。

ほけんのぜんぶ
新卒の年代で、死亡保険金が少額であれば、保険料も安価で済みますので、一考の余地があります。

貯蓄代わりに保険を活用

働いて収入を得られるようになったら、貯蓄を始めましょう。

 貯蓄の習慣を!

学生の頃とは違い、収入をすべて使うのではなく、将来のために蓄えておく習慣をつけることがとても大事です。

ほけんのぜんぶ
コツコツ貯めていく自信がない……という人は、保険を利用するのもひとつの方法です。

終身保険や積立保険などの貯蓄型保険に加入し、自動引き落としで保険料を払い込むことで、意識しなくてもお金が貯まる仕組みを構築できます。

会社の保障制度をチェックして過不足のない保険加入を

勤務先によっては、会社を通じて加入できる割安な「団体保険」が用意されていることもあります。

また、従業員数の多い企業では健康保険に独自の給付があったり、会社独自の保障制度がある場合も。

 きちんと把握しておこう

団体保険のほうが一般に割安ですし、独自の保障制度がある場合に民間の保険に加入すると保障のムダが生じることもあります。

ほけんのぜんぶ
会社の制度や公的保険の仕組みなどを理解したうえで、不足するぶんを補うように保険に加入するのが大切です。

既婚者で子供あり・夫婦のみの場合

次に、既婚者の保険の選び方を考えてみましょう。

ほけんのぜんぶ
既婚者の場合、子どもがいるかいないかによって、生命保険の選び方が全く変わります。

というのも、やはり子どもにかかる養育費が保険の選び方に大きな影響を与えるためです。

 ポイント

子どもの養育には莫大なお金がかかるため、親としては万が一のために養育費として使えるお金を残せる保険を選ぶ必要があります。

それを踏まえた上で、まずは既婚者で子どもがいる場合の生命保険の選び方を見ていきましょう。

①子どもがいる家庭は死亡・収入・養育に備える

結婚していて子どもがいる場合、生命保険の選び方として「子どものための資金」を考えることがポイントになります。

加入の主な目的
  • 万が一のリスクに備えること
  • 働けなくなるリスクに備えること
  • 子どものために貯蓄すること

これらの目的から生命保険の選び方を考えると、以下の生命保険がおすすめといえるでしょう。

 子どもがいる家庭におすすめの生命保険

  • 死亡保険
  • 定期保険
  • 就業不能保険
  • 学資保険

まず、自分が万が一死亡した際に、遺された家族に生活資金を残すことができる死亡保険が向いています。

ほけんのぜんぶ
その際、子どものための養育費を考えて死亡保険金額を設定することがおすすめします。

また、将来子どもが独立した後には、あまり大きな死亡保障はいらなくなるため、保険の種類を定期保険などにして、保険内容を見直しやすくしておくという選び方もあるでしょう。

読者
病気がケガで働けなくなってしまうのも不安です。

家庭を養っている場合には、病気やケガで働けなくなり、収入が途絶えると家計に大打撃を与えてしまいます。

そのリスクを防ぐためにも、医療保険就業不能保険で働けない期間の生活費を確保することを検討しておくと良いです。

\簡単30秒診断!/
教育資金シミュレーター

最後に、子どもの教育資金ための貯蓄の方法の一つとして「学資保険」があります。

ほけんのぜんぶ
学資保険に加入することで、所定のタイミングで積み立てた保険料の中から学資金が支払われます。

万が一親が死亡しても学資保険の保障は続いていくので、子どもがいる場合の生命保険の選び方として、学資保険も候補の1つとしてみることをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

②結婚して夫婦のみの場合は積立型がおすすめ

既婚者で夫婦のみの場合の生命保険の選び方では、あまりお互いの死亡リスクには重きを置く必要がないでしょう。

どちらかが死亡しても、残された方は自分で働いてお金を稼げば良いため、「残された者にお金を残す」というのはそこまで重要にはならないはずです。

加入の主な目的
  • 働けなくなるリスクに備える
  • お互いの老後のための貯蓄

これらの目的には、以下の生命保険が向いているといえます。

 夫婦のみの家庭におすすめの生命保険

  • 就業不能保険
  • 個人年金保険
  • 養老保険

ほけんのぜんぶ
ただし、妻が専業主婦の場合は死亡保障でお金を残してあげることが重要の場合もあるでしょう。

選び方のポイントとして、これからのライフプランに合わせて保険の見直しができるように、医療保険などは定期保険タイプにしておくなど、保険期間に目を向けてみると良いでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

無料保険相談所おすすめ3選!

読者
保険を選ぶポイントなどは分かったのですが、いざ商品を調べると数が多くてややこしいですね。
読者
自分や家族にピッタリの商品を専門知識がある人に提案してもらいたいのですが…
ほけんのぜんぶ
そんな時に頼りになるのが、無料の保険相談所です。
あなたや大切なご家族に最適な保険を全力で選び、サポートする無料の保険相談所のおすすめ3選をご紹介いたします。

ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談窓口保険のぜんぶ
ほけんのぜんぶの特徴
  • 34社以上の取扱保険会社数
  • 相談員のFP資格取得率が100%(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)
  • Webでの保険相談も可能
  • 訪問エリアは全国どこでも対応(※離島以外)
  • 無料保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  • 資金力がある安定した企業
1つ目に自信をもっておすすめする無料保険相談所は、当社「ほけんのぜんぶ」です。
読者
取扱保険会社数が34社以上あるというのは凄いですね!
取扱保険会社数が多いと、生命保険から損害保険、医療保険など広範囲に渡って一度にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら選ぶことが出来ます。
ほけんのぜんぶ
実は、相談員のFP資格取得率が100%というのもよく驚いて頂きます。
さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や仕事や育児等で忙しく外出が困難な方にも最適なオンライン保険相談も実施中。
経済悪化で更に気になる今後の資産形成や運用についても、今のうちに相談して対策をしておきましょう。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)
取り扱い保険会社数 合計:34社 生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン プレゼントあり
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

保険市場

保険市場の特徴
  • 取扱保険会社が84社と業界最大
  • オンラインでの相談が可能
  • 業界老舗・東証一部上場企業
2つ目のおすすめの無料保険相談、「保険市場」は協力店舗数が578店舗あり、1995年設立の老舗です。 さらに、店舗や訪問にも時間を取れないという方のためのオンラインでの相談が人気です!
読者
仕事で時間が取りづらい業種なので、オンラインだと本当に便利です。
取り扱い保険会社数 合計:84社 生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 面談後にもらえるキャンペーンの商品が豊富
  • 電話での気軽に相談が可能
  • コールセンターの質が高い
3つ目のおすすめの無料保険相談所は、「無料保険相談.com」です。 とにかく丁寧な対応が評判のため、時間がないけれど電話ですぐに相談がしたい!といった時などにも最適です。
読者
コールセンターの方の対応って結構重要ですよね。
取り扱い保険会社数 合計:19 生命保険:14社 損害保険:5社
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 不可
キャンペーン あり

無料の保険相談所の種類と選び方

無料の保険相談所には、以下の4種類があります。
保険相談所の種類
  • 店舗型…店舗に自ら出向いて相談できる
  • 訪問型…自宅や会社、喫茶店等指定の場所に担当者が来てくれて相談できる
  • Web面談型…自宅等のインターネットを介して相談できる
  • 電話相談型…自宅等の電話で相談できる
読者
店舗型は、よくCMやショッピングセンターで見かける相談所のことですね。
ほけんのぜんぶ
現在は、自宅で気軽に無料で相談が可能なWebや電話での相談が大人気です。
無料の保険相談所も数多くありますが、選ぶポイントは主に2つ。
無料の保険相談所を選ぶポイント
  1. 担当者が専門知識を持っているか
  2. 取扱保険会社の数の多さ
相談員の質を判断するポイントの1つとして、「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格所持者か否かが判断材料になります。
 FP(ファイナンシャルプランナー)とは 保険はもちろんのこと、教育資金や年金制度をはじめ、家計にかかわる金融や不動産、住宅ローン、税制といった幅広い知識を持っています。
読者
全ての保険相談所の担当者がFP資格持ちとは限らないんですね。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

どこの無料保険相談にするか迷ったら

残念ながら、相談員はこちらから選べるとは限りません。
それならば、相談員の100%がFP(当社から訪問する入社1年以上のプランナー対象)で、取扱保険会社数も32社以上ある「ほけんのぜんぶ」で一度相談をしてみるのも一つの手段です。
ほけんのぜんぶ
どこの保険相談所も何度相談しても無料ですので、迷っている間に相談してみるのが得策です。
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

【まとめ】生命保険の選び方は目的によって変わる

今回説明してきた通り、生命保険の選び方は「どんな目的で保険に加入するのか」という点が重要なポイントになります。

年齢や家族構成、その人が考えている人生プランによって、生命保険の選び方は異なってきます。

生命保険の選び方を誤ると、必要のない保障にお金を払うことになります。

そのようなことを避けるためにも、今の自分はどのような目的で生命保険が必要なのかをしっかり考えたうえで、生命保険を選ぶようにしましょう。

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • 無料電話相談はこちらから
    tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから
    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!