医療保険は定期的な見直しが必要!おすすめのタイミングとポイントを解説

医療保険は定期的な見直しが必要!おすすめのタイミングとポイントを解説

読者
医療保険に契約していますが保障内容を覚えていません。環境が変わったので見直しが必要な気がしています。

読者
医療保険が家計の1割を占めていることが分かりました。もっと保険料を安くする方法はないでしょうか?

ほけんのぜんぶ
この記事を読めば、医療保険の見直しの必要性・タイミング・ポイントが分かりますよ!
今回は、医療保険の見直しの必要性や、見直しのタイミング・見直し時のチェックすべきポイントについて徹底解説。
この記事でわかること
  • 医療保険の見直しをする必要性
  • 保険の見直しをいつするべきか
  • 医療保険の見直し時の選び方
  • 医療保険のおすすめ商品の比較、人気ランキング
ご自身やご家族にとって最適な保険選びをしたい方は、専門知識を持った「ほけんのぜんぶ」のプロに無料でご相談を! 無料保険相談おすすめランキング1位の「ほけんのぜんぶ」
\オンライン・訪問どちらも可能/
専門家に保険相談
(無料)

5分程度で読めますので、ぜひご一読ください。

まずは、医療保険の見直しをする必要性について解説していきます。

医療保険の見直しが必要な理由

医療保険の見直しをおすすめする理由は、次の通りです。

医療保険の見直しをおすすめする理由
  • ライフステージに合わせた医療保険が必要なため
  • リスクに合わせた医療保険が必要なため
  • 医療保険の保険料を節約できる可能性があるため
  • 社会の変化や医療の進化に合わせた医療保険が必要なため

    医療保険はなぜ見直しをする必要があるのか、4つの理由について順番に解説していきます。

    ライフステージに合わせた医療保険が必要なため

    医療保険は、結婚や出産、独立など人生におけるライフステージに合わせて保障内容の見直しをしなければ十分な保障が得られない可能性があります。

    例えば、ライフステージによって医療保険の役割は以下のように変化していきます。

     ライフステージ別医療保険の役割

    • 独身の場合…自分の健康リスクに対する保障
    • 結婚して子供が生まれた場合…自分の体だけでなく家族全員の健康リスクに対する保障
    • 子供が独立した場合…高齢になるにつれ心疾患やがんになる可能性が高まるので、こうした病気になったときに対応できる保障
     契約当初とは状況が変わっていることも…

    このように、医療保険の加入時は保障内容が最適であったとしても、ライフステージが変化すると医療保険に求める役割は変わりますので、既に不要となっているような保障が適応されてしまっている場合もあります。

    ほけんのぜんぶ
    医療保険は定期的に見直しをしなければ適切な保障が受けられない可能性があるのです。

    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    リスクに合わせた医療保険が必要なため

    自分のリスクに合わせた保障内容になっているかを確認するために、医療保険の見直しが必要です。

    読者
    たくさんの人から医療保険はおすすめだと紹介されて入ったのですが、保障のことまでしっかり考えていませんでした。

    読者
    丁寧な対応をしてくれたので断りにくく、ほぼおまかせで医療保険の契約をしてしまったので、保障のことはサッパリです。

    このように、保険をよく比較せずに医療保険を契約した人はこの機会に必ず見直しをしましょう。

     損をすることも…

    保険会社に保険料を支払って加入していても、万が一のときに十分な保障が受けられないため損をする可能性があります。

    ほけんのぜんぶ
    自分が生きていくうえで起こりうるリスクに備えるためにも、医療保険の見直しは非常に重要なのです。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    医療保険の保険料を節約できる可能性があるため

    医療保険の見直しをすると保険料が低くなり、節約につながる可能性があります。

     医療保険の見直しが節約につながる理由

    なぜなら、以前は必要だった医療保険の保障が不要になっていることがあるからです。

    また、契約内容をよく比較しないまま、必要以上の保障がある医療保険を契約した可能性も考えられます。

    ほけんのぜんぶ
    医療保険の見直しをして必要な保障を考え直すことで、毎月の保険料を節約できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

    社会の変化や医療の進化に合わせた医療保険が必要なため

    社会情勢や医療技術は、日々変化しつづけています。

     当初は十分だった保障も社会の変化によっては…

    したがって、その変化に対応する医療保険に加入していなければ、十分な保障が受けられなかったり、新しい治療方法を受けられなかったりする可能性があるのです。

    医療技術は毎日少しずつ進歩していますが、医療保険に影響を与えるほどの技術発展は1年~2年単位になると言われています。

    医療技術の変化によって医療保険の内容がどのように変わるかは、ケースバイケースです。

     例えば…

    見直し以前の医療保険では先進医療に分類されていた治療法が除外されていたり、医療保険を適用できる先進的な治療方法が増えていたりなどの変化が考えられます。

    ほけんのぜんぶ
    医療保険に加入すると契約を更新したり、見直しをしない限り、新しい保障内容は適用されません。したがって、定期的に医療保険の見直しをする必要があるのです。
    \オンライン・訪問どちらも可能/
    専門家に保険相談
    (無料)

    医療保険の見直し・再加入のタイミングはいつがベスト?

    医療保険の見直しや再加入の必要性が分かっても、どのタイミングで実施すればいいか分からない人も多いでしょう。

    そこで、医療保険の見直しや再加入をする場合に、おすすめのタイミングを紹介します。

    医療保険見直し・再加入おすすめのタイミング
    • 収入額や支出額が大きく変わったとき
    • ライフステージが変わるとき
    • 医療保険を更新するとき
    • 経済状況や医療保険の制度などが大きく変わったとき

      結婚したり、子供が生まれたりなどライフステージが変わるタイミングは、特に収入額や支出額が大きく変動します。

      世帯主の医療保障を手厚くしたり、他の保険との兼ね合いを考えて最適な医療保険を考えたりするといいでしょう。

      その他、既契約の医療保険の契約を更新するタイミングや医療保険の保障内容が変わる時期も契約の見直しにおすすめです。

       2020年新型コロナウイルス流行に伴い…

      また、現在は特に経済状況が大きく変わってきています。手厚く保障したい部分の保障が十分であるか、今一度見直すべきタイミングとも言えるでしょう。

      ほけんのぜんぶ
      医療保険の見直しをいつするべきか事前に考えながら、ベストなタイミングを逃さないようにしていきましょう。
      \オンライン・訪問どちらも可能/
      専門家に保険相談
      (無料)

      医療保険の選び方のポイント

      医療保険の見直しをして、新しい医療保険を選ぶときは次のようなポイントをチェックする選び方がおすすめです。

      医療保険の選び方のポイント
      • 掛け捨て型か積立型か
      • 入院保障はいつから出るか
      • 1回の入院の保障日数は何日か
      • 先進医療保障は適用されるか

        何も考えずに医療保険の見直しをするのは、なかなか大変です。

        今回ご紹介する医療保険の選び方のポイントをしっかり押さえて、自分に合った医療保険を探すことをおすすめします。

        掛け捨て型か積立型か

        医療保険の保険料を払い込む方法には、以下の2種類があります。

        保険料の払い込み方法
        • 掛け捨て型
        • 積立型
         2つの払い込み方法によって何が違うのか

        掛け捨て型の医療保険…保険料が安いですが、原則、解約返戻金や満期金が発生しません。

        積立型の医療保険…保険料が高いですが、貯蓄性があるため解約返戻金や満期金が受け取れる場合があります。

        医療保険の見直しをする場合は、まず、既契約が掛け捨て型と積立型のどちらなのか確認する必要があります。

        ほけんのぜんぶ
        保険料を押さえて必要な保障を得るか保障を得ながら貯蓄もするかを考えましょう!

        入院保障はいつから出るか

         医療保険の適応条件が違う…

        医療保険によって、入院保障が適用される条件に違いがあります。

        医療技術の発展や社会情勢の変化に合わせて、医療保障の入院保障は短期入院に対応しているものが増えてきています。

         具体的には…

        日帰り入院でも医療保険の保障が受けられたり、1泊2日の入院治療で給付金などが支払われたりすることがあります。

        以前の医療保険は、入院日数が5日以上にならないと入院保障が適用されないものも多くありました。

        ほけんのぜんぶ
        医療保険の見直しをする場合は、いつから入院保障が出るか確認することをおすすめします。

        1回の入院の保障日数は何日か

        医療保険の見直しをするときは、1回の入院につき保障期間がどれくらいか契約内容をチェックしましょう。

        先に触れた通り、医療保険の入院保障は短期入院に対応したものが増えています。

         以前の保障日数との違い…

        そのため、以前は1回の入院につき保障日数が120日型の医療保険がほとんどでしたが、新しい医療保険は60日型が多くなっています。

        医療技術が発展したとは言え、生活習慣病など病気の治療は長期入院が必要になります。

        ほけんのぜんぶ
        もしものときに備えて、医療保険に特約を付帯して入院保障を延長する方法もおすすめです。

        先進医療保障は適用されるか

        医療保険の基本保障には、入院保障、手術保障があり、一般的なケガや病気に対する保障が得られます。

         医療保険の基本保障の注意点…

        しかし、病気の状態によっては、数百万円の治療費を払って先進医療を受ける必要性も出てきます。
        先進医療は公的医療保険の適用範囲外なので、自己負担でお金を用意しなければいけません。

        こうしたリスクに対応できるのが医療保険に付帯できる先進医療特約です。

        特約を付帯すると、その分、医療保険の料金が高くなるので注意が必要です。

        ほけんのぜんぶ
        ほとんどの医療保険で先進医療特約を付帯できるので、必要性をよく検討した上で契約するか考えましょう。
        \オンライン・訪問どちらも可能/
        専門家に保険相談
        (無料)

        医療保険再契約後の保険料を抑えるためのコツ

         医療保険の再契約時の注意点…

        医療保険の再契約をすると、どうしても保険料が高くなりやすいです。

        なぜなら、医療保険は年齢が高くなるほど高い保険料が設定されているからです。

        そうは言っても、家計を考えてできるだけ医療保険の保険料を抑えたいと考える人が多いでしょう。

        ほけんのぜんぶ
        再契約後の保険料を抑えるためには、必要な保障の見直しをするのがコツです!

        契約している医療保険の保障内容をきちんと確認したことがある人は、それほど多くないでしょう。

        医療保険の多くは、幅広いリスクに対応するためたくさんの保障が付いています。

        しかし、場合によっては医療保険の保障内容が必要以上になってしまっている可能性もあるのです。

         再契約後の保険料を抑えるために…

        家族構成やライフステージ、他の保険商品などとの兼ね合いを考えて、本当に必要な医療保険の保障内容を見直してみましょう。

        例えば、十分な貯金があり、他の保険にも加入しているのに、高額な入院一時金が受け取れる医療保障は必要でしょうか。

        再契約後の保険料を抑えるために、まず、必要な保障の見直しをするといいでしょう。

        \オンライン・訪問どちらも可能/
        専門家に保険相談
        (無料)

        医療保険の見直し時に必ず確認すべき注意点

        最後に、医療保険の見直しをする場合に確認するべきポイントを4つご紹介します。

        医療保険の見直しをする場合は、次のような注意点を確認することが大切です。

        医療保険の見直し時の注意点
        • 解約返戻金は発生するか
        • 年齢に応じて保険料がいくら上がるか
        • 健康状態は良好か
        • 既契約の医療保険では本当に不十分なのか

          医療保険の見直しをするときの4つの注意点について、順番に内容を詳しく解説していきます。

          解約返戻金は発生するか

           ポイント

          定期型ではなく、貯蓄性がある医療保険に加入している場合は、解約返戻金がいつ発生するか確認することがポイントです。

          解約返戻金とはそもそも何ですか?
          貯蓄型の保険を解約したときに受け取ることができるお金です。

          私たちが払い込んだ保険料は、保険会社が経費などを差し引いた後、資産運用されて増えていきます。

          そのため、契約後十分な期間を置いてから解約すると、今までに払い込んだ総額よりも多い額の解約返戻金を受け取れる場合があります。

          この性質を利用して、貯蓄型の保険は、保障のみならず、資金準備に使うことができるのです。

           注意点…

          解約返戻金は契約してからある程度の期間が経過しなければ、まったく発生しなかったり、払込保険料よりも少なかったりします。

          すでに契約している医療保険の解約時期を考えずに見直しをすると、損をする可能性があるのできちんと確認しておきましょう。

          ほけんのぜんぶ
          解約返戻金が発生する時期がよく分からない場合は、生命保険会社の担当者に相談すると詳細な内容を教えてもらえます。

          年齢に応じて保険料がいくら上がるか

          医療保険は契約時の年齢に応じて、保険料が設定されます。

          医療保険の見直しをして保険契約を変更すると、基本的には以前よりも保険料の金額がアップします。

          なぜなら、医療保険などの生命保険は、年齢が上がるほど高い保険料が設定されているからです。

          したがって、30代と40代を比較すると40代の方が保険料は高くなりますし、50代と60代なら50代の方が保険料金はお得になります。

          年齢に応じて保険料がどれくらい上がるかは、医療保険を取り扱う生命保険会社によって違いがあります。

          ほけんのぜんぶ
          医療保険の見直しをする場合は、契約時の年齢が適用されることと、保険料の価格設定は生命保険会社によって異なることを忘れないようしましょう。

          健康状態は良好か

          医療保険の見直しをして新たに加入をする場合は、そのときの健康状態が良好でなければ診査に通らないので注意が必要です。

           すぐに解約するのは危険…

          したがって、加入したい医療保険が見つかった場合でも既契約をすぐに解約するのは危険です。

          ほけんのぜんぶ
          新しい医療保険の診査に通過し契約が成立した後保険がスタートしてから、既契約の解約手続きをすることをおすすめします。

          既契約の医療保険では本当に不十分なのか

          医療保険の定期的な見直しはもちろん大切ですが、既契約でも保障内容が充実していれば無理やり変える必要はありません。

          「医療保険の見直し=既契約の解約・新契約の申し込み」というわけではないのです。

          ほけんのぜんぶ
          既契約の医療保険に特約を付帯して保障を手厚くする方法もあります。

          医療保険の見直しにはいろいろな選択肢があるので、自分に合った保障が得られる最適な方法を考えてみるといいでしょう。

          \オンライン・訪問どちらも可能/
          専門家に保険相談
          (無料)

          まとめ

          いかがでしたでしょうか。この記事では、そもそもなぜ医療保険は見直しをしなければいけないのか、見直しをするときの注意点はどこかなどについて詳しく解説させていただきました。

          医療保険はお伝えしました通り、定期的に保障内容の見直しが必要な保険商品です。

          加入する医療保険を自分だけではなかなか選べないといった場合は、生命保険会社の担当者やファイナンシャルプランナー(FP)などに相談する方法もおすすめです!

          ほけんのぜんぶでは無料訪問相談オンライン保険相談で、FPが保険のお悩みを聞かせていただいておりますので、ご興味ございましたら是非ご利用ください!

          この機会に、医療保険の保障内容の見直しをしてみましょう。

          \オンライン・訪問どちらも可能/
          専門家に保険相談
          (無料)

          監修者
          弁護士 石原 一樹
          2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

          医療保険関連記事

           

          本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
          保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
          本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
          本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
          また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
          • 無料電話相談はこちらから
            tel:0120-20-8000
          • 無料訪問相談はこちらから
            無料訪問相談

            webからは24時間365日受付中!