1. HOME
  2. 保険の基礎知識一覧
  3. 保険の種類

保険の種類

生きていく中で起きたら困るトラブルや事故といった「もしも」の時の為に備えるのが保険です。
一言に『保険』と言っても、様々な種類があります。
保険は大きく分けると「ヒト」にかける『生命保険』、「モノ」にかける『損害保険』、そしてそれらの中間に位置する『医療保険』、この3つがあります。今回は、『医療保険』と『生命保険』に属する保険の種類をお伝えします。

医療保険

医療保険

医療保険は、病気やケガで入院・手術をした時に保険金をお受け取りいただけます。

ここではまず各社共通となる保険の名称から特徴をお伝えします。

終身医療保険

終身医療保険とは、「身が終わるまで」の医療保険という言葉のとおり、一生涯続けられる医療保険のことをさします。
ご契約後、保険料は一生が上がらず、保障内容も変わりません。
「保障が一生涯続く・保障が変わらない・保険料が変わらない」という点は最初の医療保険を検討される人にとって分かりやすいので、人気があります。

【特徴】
加入時から保険料は上がらない
保険料の払込満了後も一生涯保障(保険料払込期間が有期の場合)
保障内容が変わらない。ある年齢で下がったりしない。

⇒まず何か医療保険を持ちたいと考える人や
老後を見据えて、抑えられた保険料で老後も医療保険を持ちたい人におススメのタイプ

定期医療保険

保障の“期間が定められている”医療保険を定期医療保険と呼びます。同額保障の場合、終身医療保険に比べて安い保険料で持つことができます。もしくは、同じ保険料なら終身医療保険に比べて、定期医療保険は良い保障を持つことができます。

反面、更新ごとに保険料は高くなり、保険料が高くなって家計を圧迫したり、ある年齢になると更新ができず保障がなくなってしまう保険商品もあります。更新の時期が近づくたびにその医療保険を持つ目的を考えることをおススメします。

【特徴】
保障内容が同じなら、保険料は終身医療保険に比べて割安。
保険料が同等なら、保障内容は終身医療保険に比べて良くなる。
更新時に保険料が上がる懸念
ある年齢で保障が終わるものもある。(終身に切り替えられるタイプもあり)

⇒保障内容が良かったり、保険料が抑えられているので、働き盛りの時期に保障を上乗せしたい人におススメ
もしくは、とにかく抑えた保険料で医療保険を持ちたい方におススメ

女性向け医療保険

女性向け医療保険は、終身or定期医療保険に特約として女性疾病保障をさらに上乗せしたものがそう呼ばれます。『女性向け』という名前からか、この特約をつけてないと女性特有の病気は保障の対象外と思われがちですが、先に紹介した終身or定期医療保険でも、女性特有の病気も保障の対象に含まれています。
医療保険の保険料を同じ内容で男女比較すると、若年層では女性の方が医療保険の保険料が高いのです。その理由の一つとして、若年層の女性は女性特有の疾病にかかりやすいということがあげられます。働き盛りの時期にかかりやすいということは、入院・手術の可能性も高いということに繋がります。基本保障の入院日額を上げるより、かかりやすい病気に対象を絞って少ない保険料で保障を上乗せすることができるのです。

【特徴】
女性疾病の特約を付加することで女性向け医療保険になる
女性特有の病気に対して保障を上乗せできる
特約付加で上乗せしている保障なら、後から外して保険料を下げることも可能。(後から付け足しはできません。)

⇒女性疾病の時には手厚い保障がほしいと考える女性におススメ

引受基準緩和型医療保険

引受基準緩和型医療保険とは、保険会社が保険契約を引き受ける時の基準を緩和した=保険加入時の健康告知を緩くした医療保険です。過去に病気をしたり現在通院中の人は、入院・手術をする可能性が健康な人に比べて高くなるので、なかなか保険に加入できないものでした(よく保険に入るなら健康な時に…と聞きますよね)。しかし、そのような人ほど保険の重要性を認識していて、保険を考えるのです。

このような健康上の理由で保険加入をあきらめていた方でも加入しやすくなった医療保険が、引受基準緩和型医療保険です。通常の医療保険に比べて保険料が高かったり、契約後最初の1年間は保障が50%になったりと条件はありますが、過去の病気や持病が原因となっても保障の対象になるのが何よりも心強いですね。

【特徴】
健康に関する告知項目を少なくした・緩くした医療保険
通常の医療保険よりも保険料は割高
契約後最初の1年間は保障が50%になることが多い
保険金の支払い事由が過去にかかった病気(既往症)や持病が原因でも保障の対象となる

番外編:特定疾病一時給付保険

『医療保険』と聞くと「入院した時に1日あたり○○円の給付金が受け取れる」という保障内容を思い浮かべる人が多いと思いますが、近頃は大きな病気に対してもっとまとまった安心をという形の保険も出てきています。
それが、『特定疾病一時給付保険』というものです。

保険会社によって対象となる疾病は異なりますが、主に『生活習慣病』と呼ばれる疾病で所定の支払事由に該当した場合、数十万などまとまった一時金を受け取ることができます。一時金は繰り返しお受け取りいただけます(回数制限が設定されている場合もあります)。販売している保険会社は限られていますが、疾病を特定している分、保険料は安くなります。

【特徴】
特定の疾病で、所定の状態になった時にまとまった一時金が受け取れる
通常の医療保険よりも保険料は割安
保険会社によって要件は様々
ケガの保障はなし

⇒かかりやすい生活習慣病に絞って大きな保障を持ちたいと考える人におススメ

がん保険

がん保険

がん保険は、がんという病気に特化した保険で、がんの場合に医療保険よりも手厚い保障があります。数ある病気の中でも保険に病気名がついているのは『がん』のみです。なぜ、がんのみを保障する保険があるのか。それは、がんは治療に長い時間を要するからです。医療保険はどの保険会社でも主契約は「入院日額○円」で共通していますが、がん保険は保険会社によってその内容が全く異なります。各社特徴がありますので、見比べてみると面白いでしょう(ちょっと大変かもしれませんが)。

医療保険と似たように入院・通院1日○円と日額保障もあれば、使い道の自由度が高い一時金に重点を置くタイプ、入院の有無を問わず治療に対する保障に重点を置くタイプなど様々です。

がんの治療現場はどんどん変わり、それに合わせて保険も形を変えていきます。がん保険を選ぶのが難しくなったのは、がんは死ぬ病気ではなくなり、様々な治療法が出てきた証拠です。治療に励めるような保障内容を選べると良いですね。

生命保険

生命保険

生命保険は、ヒトにかける保険で、人間の死亡または生存で生じる損失を保障するものです。死亡時に保険金が支払われるタイプは「死亡保険」と呼び、生存時に保険金が支払われるタイプを「年金保険」と呼びます。

貯蓄性のある死亡保険は、年金保険として利用することも可能なので、両方の目的をもって加入することもあります。
また、今は外貨で積み立てたり、変額保険といった投資性のある生命保険も出てきています。
保険は人生で2番目に高い買い物と言われていますが、生命保険によるところが大きいでしょう。
生命保険の加入を考える際は、①保険をもつ目的、②必要保障額、③必要な期間という3点に応じて適切に選びましょう。
その為に、簡単に仕組みをお伝えします。保険の形を覚えると、仕組みを理解しやすくなります。

基本編:定期保険

基本編:定期保険

定期保険は、保障期間が定められている死亡保険です。定期保険の特徴は“保障重視”です。解約した時に戻ってくる解約返戻金は無いか、あってもごく僅かに設定されています。保険期間の終了時に支払われるお金=満期金はありませんし、その後に万が一のことが起きても、保障を受け取ることはできません。

その分、保険期間内に万が一の時があった場合は保険金が大きく設定されています。

【特徴】
保障の大きさに対し、保険料が割安
保険期間が限定
解約返戻金はほぼ無い

⇒期間限定で大きな保障を備えておきたい人におススメ

基本編:終身保険

基本編:終身保険

終身保険は、解約しない限り保障を一生涯保有できるもので、死亡時には保険金が受け取れます。また、解約返戻金があるので、保障を持ちながら“貯蓄性”もあるというのが特徴です。貯蓄性がある分、定期保険に比べると保険料は高くなります。終身保険と定期保険で同じ保険金額を設定した時、30代男性の場合では保険料が約7.5倍になります。保障を重要視すると割高になります。

最近の傾向としては、保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑える『低解約返戻金型』が主流になっています。保険料払込期間終了後は、解約返戻金が払込保険料の総額を超え、徐々に増えていきます。教育費や老後など中長期かけての資産形成も兼ねることができるので、「多少なりとも保障を持ちながら貯蓄もしたい」という難しいニーズを叶えてくれる保険になっています。最近では、日本円より増えやすい外国の通貨を積立につかう『外貨建て終身保険』というのも出てきています(為替リスクはありますよ)。

【特徴】
一生涯の保障をもつことができる
解約返戻金を利用して貯蓄も備えられる
保障としてみると、保険料は割高

⇒お葬式費用や身辺整理のため最低限の保障を切れることなく持ちたい人、
 掛け捨てはとにかくイヤだという人
 保障をもちつつ、将来の使用目的が決まっているイベントに向けて貯蓄したい人におススメ

基本編:年金保険

年金保険とは、老後の生活に向けて保険会社にお金を入れ、払込期間満了後は一定期間もしくは終身で保険金を一定額もしくは一括で受け取れる保険です。保険料払込期間中に亡くなった場合は既に払込んだ保険料に相当する額を保険金をして受け取れます。老後の資金を、保険会社で積み立てていくようなものです。貯金でも良いという人もいると思います。保険にするメリットは自分が払い込んだ保険料よりはいくらか増えた金額が受け取れる点です(今や必ずしも増えるわけではない)。

定期保険や終身保険のように大きな保障はありません。かつては、円で払い、円で積み立て、円で払い戻されるタイプがどの保険会社にも大概ありましたが、マイナス金利のあおりを受け、円建て年金保険を販売停止にした保険会社も少なくありません。利率も下がっているので、どうしても自分では貯められない人なら頼っても良いと思います。

ただ、死亡時の保障としての役割が低い分、申込時の健康告知が不要もしくは緩和されているのは大きな特徴です。終身保険と同様に、外貨建て年金保険や変額年金保険(変額保険は後述)と積立方法の種類も増えています。大きな病気をしていて終身保険に入れないという若年層が、老後費用の積立などの資産形成に年金保険を利用するのはとてもおススメ。

【特徴】
老後に受け取る年金を保険で貯める仕組み
生存時のリスクを保障するものなので、死亡時の大きな保障は求められない
加入時の健康告知がないか、もしくは緩和されている

応用編:収入保障保険

収入保障保険は、定期保険の応用型で、万が一の時の保障を天国からのお給料のように保険期間終了まで毎月定額の保険金を受け取る仕組みの保険です。定期保険の場合、何歳で亡くなっても同一の保険金額がお受け取りいただきますが、収入保障保険の場合は、お亡くなりになる年齢が後になるほど受け取れる保険金の総額が少なくなります。

小さいお子様がいるご家庭では大きな保障は必要ですが、お子様が大きくなったときに必要保障額は同じでしょうか。お子様が大きくになるにつれて、必要保障額は少しずつ減っていくのです。年齢を重ねるにつれて保障の総額が徐々に少なくなり、その分保険料を抑えられるのがこの収入保障保険です。今では、定期保険に代わって収入保障保険を持つ傾向が非常に高いです。

【特徴】
万が一の保険金を一定額毎月受け取ることができる(一括でも可能)
保険金の総額は残りの保険期間に応じて変動
解約返戻金はなし
更新はなし。保険期間を最初に定める。
定期保険より保険料を抑えられる。

応用編:変額保険

変額保険は『保険金・解約返戻金が自分が指図した運用結果によって変動する』という投資性のある保険です。基本的な仕組みは解約返戻金のある死亡・年金保険と同様です。有期型・終身型いずれもあります。保険として一番肝心な保障=死亡保険金額は最低保障が定められています。契約者が自分で投資先のファンドを組み合わせて選ぶという投資信託や確定拠出年金の仕組みを保険に取り入れたようなものです。ただ、この投資は元本割れの可能性もあり、自己責任の原則に基づいたリスク性の高い保険です。リスクがある分、プラスが生じた時は他の保険より大きく影響します。

投資が苦手と感じる人は敬遠しがちです。少しでも解約返戻金や保険金が増える可能性があるなら…と考えるのであれば変額保険を選んでも良いかもしれません。

【特徴】
契約者が自分で投資先のファンドを組み合わせて選び、死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金の額が運用に応じて変動
保険の中ではリスクが最も高いタイプ
投資先は保険会社によって様々。組み合わせ方も異なる。
変額終身保険・定期保険は健康告知があるが、変額年金保険は健康告知が無いか緩和されている。仕組みは基本形に準ずることが多い。

介護保険・就業不能保険

介護保険・就業不能保険

介護保険は、病気やケガなどで介護状態になった時に備える保険です。公的介護保険ももちろん社会保障としてありますが、公的介護保険制度は40歳~64歳の場合は介護状態になった時の原因が特定されており、原因を特定せずに制度を全て利用できるのは65歳以上と限られています。

そのため、公的介護保険でカバーできない年齢や原因を補うために介護保険はあります。最近では、就業不能保険で介護状態に備えることができます。所定の状態に該当した時に、収入保障保険のように毎月一定の保険金を受け取るタイプもあれば、一時金がお受け取りいただけるタイプもあります。就業不能の一番のポイントは保険金額もさることながら、〝所定の状態”の該当範囲です。保険会社によって異なるので、“所定の状態”は何なのかをしっかり見極めた上で決めましょう。

学資保険

学資保険

学資保険は、主に子供の教育資金の積立を目的とした保険で、子どもが小さい時に加入し、大学入学前など決まった時期に払い戻しが受けられます。契約者に万が一の際にはその後の保険料が免除され、保険金は子どもの大学入学時など、契約時に決まった時期の受取になります。

保障は「親に万が一のことがあった場合に、子どもの教育資金が残せる」というもの。近頃では、終身保険の方が死亡保障が大きく貯蓄性もあることから、終身保険を学資保険のように教育資金積立の保険として利用する人も増えています。今でも「子どもが生まれたらまず学資保険」という風潮があるので、お問い合わせは多くあります。

  • 無料電話相談はこちらから

    tel:0120-20-8000 tel:0120-20-8000
  • 無料訪問相談はこちらから

    無料訪問相談

    webからは24時間365日受付中!