任意整理後いつから住宅ローンが組める?審査に通るポイントとは

任意整理後に気になるのが「住宅ローン」です。

「任意整理したけど住宅ローンを組みたい」「住宅ローンが気になって任意整理をためらっている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、任意整理後いつから住宅ローンが組めるのかを解説。住宅ローン返済中の任意整理についても紹介しています。

任意整理後に住宅ローンを組むポイントもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。
借金を減額したい方必見!

借金を減額できるか気になる方もいるかもしれません。借金を減額できるかどうかわからない場合は借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

借金減額シミュレーターでは借金が減らせるかどうかが無料でわかります。中でもおすすめなのが「弁護士法人・響」の借金減額診断です。

謝金減額診断_利用手順
響の借金減額診断のおすすめポイント
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ
  • 無料・匿名で診断可能
  • 運営元は実績のある弁護士事務所だから安心
お金をかけずに診断できるので、不安な方はぜひ一度試してみてくださいね。
\まずはどれくらい減額できるかチェック/

任意整理すると、一定期間住宅ローンが組めなくなります

任意整理すると、個人信用情報機関に事故情報が登録。事故情報が解除されるまで新たにお金が借りられません。

事故情報が登録されるのは、債務整理をしたり借金を延滞したりした場合です。

事故情報が登録されるとできなくなること
  • ローンを組む
  • クレジットカードの使用・作成
  • 融資を受ける
  • キャッシング
  • 分割払い

クレジットカードや住宅ローンに申し込む際には、必ず個人の信用情報がチェックされます。信用情報で審査されるのは、返済能力の有無です。

クレジットカードや住宅ローンは借金。金融機関は貸し倒れのリスクを防ぐため、返済能力を見極める必要があります。

信用情報に事故情報がある=返済能力が無い

と判断されるため、事故情報があると金融機関からお金が借りられなくなります。そのため、任意整理すると住宅ローンも組めません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

任意整理後、住宅ローンが組めるのはいつから?

任意整理すると、一定期間住宅ローンが組めなくなります。

ただし、住宅ローンが組めないのは事故情報が登録されている期間のみです。事故情報が解除されると、任意整理後でも住宅ローンが組めます。

ここでは、任意整理後、住宅ローンがいつから組めるのかを解説していきます。

1住宅ローンが組めるのは約5年後

任意整理後、住宅ローンが組めるのは約5年後です。

 任意整理後、事故情報が登録される期間は約5年間です。

そのため、任意整理から5年間は住宅ローンを組んだりクレジットカードを作ったり新たにお金が借りられません。

しかし、任意整理から約5年を経過すれば事故情報は解除。これまで通りお金を借りることができます。

事故情報が原因で金融機関の審査に落ちなくなるため、任意整理後でも約5年が経過すれば住宅ローンが組めます。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2正確な期間は金融機関によって異なる

任意整理後、住宅ローンが組めるようになる期間は約5年でした。

 しかし、正確な期間は金融機関によって異なるので注意が必要です。

金融機関は「全国銀行個人信用情報センター」「日本信用情報機構」「CIC」3つの信用情報機関のいずれかに加盟しています。

住宅ローンの審査をする際には、加盟している信用情報機関に登録されている情報をチェック。住宅ローンの利用可否を判断します。

 実は信用情報機関によって、任意整理後に事故情報が解除される「5年間」の定義はさまざまです。

そのため、金融機関がどの信用情報機関に加盟しているかで、いつから住宅ローンを組めるのかが変わってきます。
信用情報機関(加盟している主な金融機関) ブラックリスト登録期間
全国銀行個人信用情報センター(銀行) 5年間(代位弁済が行われてから)
日本信用情報機構(消費者金融・クレジットカード会社) 5年間(手続きを開始してから)
CIC(クレジットカード会社・消費者金融・銀行) 5年間(完済してから)

自分が事故情報に登録されているか知るには、開示請求がおすすめです。

開示請求とは

信用情報機関に登録されている個人情報を教えてもらう手続きのこと

開示請求すれば、事故情報が残っているか確認できます。

開示請求には「全国銀行個人信用情報センター」「日本信用情報機構」「CIC」全ての信用情報機関が対応しています。手続きはネットや電話から可能です。

任意整理後、約5年が経過したら開示請求して事故情報が消えているか調べてみましょう。

事故情報が消えていれば、安心して住宅ローンの審査に申し込めます。

事故情報が残っている場合は、住宅ローンの審査に通らない可能性が高いので、事故情報が消えるまで期間を空けて申し込んでみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

住宅ローンの返済中に任意整理するとどうなる?

任意整理を検討している方の中には「すでに住宅ローンを利用している」という方も多いのではないでしょうか。

借金は無くしても住宅は手放したくないものです。

そこで、任意整理すると今ある住宅ローンがどうなるのかを解説していきます。

住宅を残したまま借金整理する方法も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1任意整理しても住宅は残る

住宅ローンの返済中に、他の借金を任意整理しても住宅は残ります

すでに審査を通過している住宅ローンがある場合、任意整理しても一切影響はありません。これまでと変わらず自宅に住めます。

事故情報が確認されるのは、住宅ローンの審査段階です。

任意整理前に住宅ローンを組んで返済しているのであれば、自宅を手放す必要はありません。安心して任意整理しましょう。

↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

2住宅を残したまま借金整理するなら個人再生もおすすめ

住宅を残したまま、債務整理する方法は任意整理だけではありません。住宅を失わず借金を減らしたい方には「個人再生」もおすすめです。

個人再生とは
裁判を通して借金を大幅に減額できる手続きのことです。

同じ債務整理ですが任意整理に比べて、借金をバッサリ減額できます。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

個人再生で減額できる借金

今ある借金 個人再生後の借金
100万円以上500万円以下の場合 100万円
500万円を超え1,500万円以下の場合 借金総額の5分の1
1,500万円を超え3,000万円以下の場合 300万円
3,000万円を超え5,000万円以下の場合 借金総額の10分の1

任意整理で減額できる借金は、将来発生する利息が基本です。

利息のカットだけでは返済の目処がたたない、、

という方は個人再生を検討しましょう。

個人再生であれば、任意整理同様に住宅を手放す必要はありません。

「借金が高額+住宅ローンがある」という方は、ぜひ個人再生も視野に入れてみてください。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

任意整理後に住宅ローンを組む3つのポイント

任意整理後、住宅ローンの審査に通るには重要なポイントがあります。

 ポイントを知っておくだけで、任意整理後に住宅ローンが組める確率は大幅に上がります。

そこで、任意整理後に住宅ローンを組む3つのポイントを紹介していきます。任意整理後に住宅ローンを申し込む方は、ぜひ参考にしてみてください。

1事故情報を残さない

任意整理後に住宅ローンを組む1つめのポイントは、事故情報を残さないことです。

 事故情報があると、住宅ローンの審査には通りません。任意整理後、約5年間は事故情報が登録されます。

住宅ローンの審査には、最低でも任意整理から5年が経過して申し込みましょう。

とくに気をつけたいのが任意整理以外で事故情報に登録されるケースです。事故情報に登録される原因は任意整理以外にもあります。

事故情報に登録されるケース
  • 携帯代金を2〜3ヶ月以上滞納した場合
  • 借金の延滞が何度も続いている場合
  • クレジットカードの返済が2〜3ヶ月以上遅れた場合
  • ローンの返済が2〜3ヶ月以上遅れた場合
  • 債務整理(個人再生・自己破産・任意整理)した場合
  • 奨学金の返済を3ヶ月以上滞納した場合

どんな理由であれば、事故情報が登録されている限り住宅ローンは組めません。

住宅ローンを組むのであれば、事故情報が登録されていないことが大前提です。

信用情報機関に開示請求したり、支払いをきちんと管理したりして、住宅ローンへ申し込む前に対処しましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

2任意整理した金融機関を避ける

任意整理後に住宅ローンを組む2つめのポイントは、任意整理した金融機関を避けることです。

任意整理して5年間は事故時情報が登録されるため、住宅ローンの審査には通りません。

 しかし、5年が経過して事故情報が解除された後も、任意整理した金融機関の審査には通らないことがほとんどです。

その理由は?

金融機関の社内データに任意整理履歴が残っている可能性が高いからです。

住宅ローンを申し込む際は、任意整理していない金融機関を選びましょう

例えば、A銀行のクレジットカードを任意整理したのであれば、A銀行以外の住宅ローンへ申し込んでください。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓

金融機関選びで気をつけたい!消費者金融の系列銀行

消費者金融 系列銀行
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
プロミス 三井住友銀行グループ
SMBCモビット SMBCグループ
ノーローン 新生銀行グループ

一部の消費者金融は銀行系列となっています。

そのため、消費者金融のカードを任意整理すると、系列銀行の住宅ローン審査に通ることも難しくなります。

例えば、プロミスに対して任意整理した場合、三井住友銀行で住宅ローンを組むことはほぼ困難です。

住宅ローンを組む際は、ぜひ任意整理に関係がない金融機関を選んでみてください。

3多重申し込みしない

任意整理後に住宅ローンを組む3つめのポイントは、多重申し込みしないことです。

多重申し込みとは

一度に複数の住宅ローンへ申し込みこと

住宅ローンの申し込み履歴は、信用情報機関に登録されています。

多重申し込みをすると、住宅ローンの審査に複数落ちていると判断されやすく、信用度が下がります。

複数申し込んだ方が、住宅ローンの審査に通ると考える方もいるかもしれませんが、全くの逆です。

  • 地方銀行
  • フラット35

など、比較的審査が甘い金融機関に絞って申し込んでみてください。

住宅ローンの審査で落ちた履歴は6ヶ月残ります。多重申し込み履歴や住宅ローンの審査に落ちた履歴はマイナス審査の対象です。

もし審査に落ちてしまった場合は、6ヶ月以上期間を空けて再度申し込むことがおすすめです。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

ここまで、任意整理と住宅ローンについて解説してきました。

任意整理しても約5年が経過すれば、住宅ローンは組めます。任意整理後に住宅ローンを組む際は、以下3つのポイントに気をつけましょう。

  1. 事故情報を残さない
  2. 任意整理した金融機関を避ける
  3. 多重申し込みしない

任意整理や住宅ローンについて、不安なことがある方は弁護士に相談してみてください。

弁護士への相談は無料でできます。専門家に尋ねることで疑問がスッキリ。次の一歩が踏み出せます。

ぜひこの記事を参考に、任意整理後に安心して住宅ローンを組んでみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事