借金滞納 裁判

「最初は返せる範囲で少しだけ…」とできた借金が、いつのまにか生活の負担になり支払い期日を過ぎていたということもあると思います。

借金返済を滞納すると、電話や郵便での督促がきたり、最終的には裁判にまでなってしまうことがあります。借金を滞納したままにしておくことは状態を悪化させることになりとても危険です。

実際にどのくらいの期間でどのような督促をされるのか、裁判所から通知が来たらどうなるのかを紹介します。
借金を減額したい方必見!

借金を減額できるか気になる方もいるかもしれません。借金を減額できるかどうかわからない場合は借金減額診断を使ってみるといいでしょう。

借金減額シミュレーターでは借金が減らせるかどうかが無料でわかります。中でもおすすめなのが「弁護士法人・響」の借金減額診断です。

謝金減額診断_利用手順
響の借金減額診断のおすすめポイント
  • 3つの簡単な質問に答えるだけ
  • 無料・匿名で診断可能
  • 運営元は実績のある弁護士事務所だから安心
お金をかけずに診断できるので、不安な方はぜひ一度試してみてくださいね。
\まずはどれくらい減額できるかチェック/

借金督促を無視・放置すると裁判所から呼び出しがかかる

借金催促を無視・放置すると裁判へ

払えない借金の督促を長期間無視し続けると、どのようなことが起きるのでしょうか?
借金を返済せず無視・放置を続けると、まず借入先から督促の連絡がきます。

はじめのうちは電話や郵便で来ることが多いですが、これらを無視していると裁判や差し押さえをされる可能性が出てきます。できるだけ早く対応することが一番ですが、払う余裕がない場合後回しにしてしまうこともあるでしょう。

借金の返済が滞っている方は、今すぐ裁判所の通知が来ていないかチェックしてください。

裁判所が呼び出しをする時期

実際に借金を滞納してから裁判所に呼び出されるまでどのくらい期間があるのでしょうか。

裁判所からの呼び出しは、電話や郵便などの督促を大幅に放置した場合に行われます。

裁判所から呼び出しがかかる滞納日数
一般的には滞納から2、3か月たつと通知がくると言われています。

電話や郵便での督促のあとに、一括請求の督促状が届きます。督促状には、支払いの督促と支払いがない場合は法的手段を取るといったことが記載してあることが多いです。

督促状が届いても支払いを行わなかった場合、次の段階へ進み裁判所から通知がくるということになります。

\借金減らせるか無料診断(全国)/

裁判所からの通知は無視NG!差し押さえの可能性も

無視し続けていると、差し押さえ対象になり差し押さえが始まってしまいます。

差し押さえとは
裁判所が強制的に給料や財産を徴収すること

裁判所からの通知は以下のようなものがあります。

  • 支払督促申立書:債権者が裁判所に申立しお金を回収するための法的手段
  • 訴状:債権者があなたに対して訴訟を提起したもの

これらを放置すると勝手に裁判に進み、欠席したとしても裁判がおこなわれてしまいます勤務先に電話がかかってくる可能性もあります。

そのため裁判所からの通知が来たらなるべくはやく開封し、なんらかの対応をとりましょう。

実際に裁判所から通知が来たら不安になりますが、放置はNGです。

無視や放置をせずに、相手に対してアクションを起こすことが大切になってきます。
\借金減らせるか無料診断(全国)/

借金を滞納してから裁判までの流れ

借金滞納で裁判になるまで

借金の支払い期日を過ぎて督促の通知が届き、裁判になってしまうまでの流れはおおまかに決まっています。

今自分がどの状況に置かれており、どう対処するか確認することが大切になってきます。

  1. 電話や郵便で督促がくる
  2. 一括請求の手紙がくる
  3. カードローンや金融機関からの借入れの場合❝代位弁済❞が起こる
  4. ついに裁判!放置すると敗訴確定

1電話や郵便で督促がくる

通常通り返済を続けていれば連絡がくることはありませんが、借金滞納してしまった場合、まずは電話や郵便によって督促が行われます。

ここで連絡を無視せずに何日までにいくら払えるかなどを相談することをおすすめします。

2一括請求の手紙が届く

借金滞納で来る通知督促を無視して2~3か月たつと、債権者から一括請求を求める請求書が届きます。手紙は投函でなく本人手渡しで、特殊な封筒なので来たらすぐにわかります。

内容証明郵便という名目で届き、未払いの借金の利息や遅延損害金をまとめて一括で支払うように記載があります。

さらに、期日までに支払われない場合は訴訟や強制執行をするといったことも一緒に記されているケースが多いです。

この時点で信用情報に登録されブラックリストに載り、新しい借入れやローンを組むことができなくなってしまいます。

ただし、請求がきた時点で高額になっている場合が多いので、ここで督促に応じることが難しくなってきます。

\借金減らせるか無料診断(全国)/

3カードローンや金融機関からの借入れの場合❝代位弁済❞が起こる

借金滞納は弁護士に相談

代位弁済とは
債務者が借金を返済できなくなった時に保険会社などが代わりに支払うこと

代位弁済になった場合は、債権者から保険会社に返済義務が移るため、今度は保険会社に返済していくことになります。

返済する相手が変わっただけのことで金額が減ったり猶予できるわけではありません

保険会社ではなく、知人や親せきなどの保証人や連帯責務者が弁済する【第三者弁済】というものもあります。

第三者弁済にはいくつかの規定があります。債務者の意思に反しているときなどは第三者弁済はおこなえません。

4ついに裁判!放置すると敗訴確定

これらをすべて放置、無視していくといよいよ裁判進んでしまいます。

支払督促申立書や訴状が届き、裁判所から呼び出しがかかりますこれらを無視すると敗訴が確定します。

その場合、訴訟内容に間違いがあったり時効になっているものがあっても訴訟の通りに判決が下されます。

裁判所からの手紙が来た場合は内容を確認し、異議申し立てや答弁書を提出しましょう。
\借金減らせるか無料診断(全国)/

借金放置で裁判まで進んでしまったら

借金裁判になってしまったら

督促や一括請求の連絡を無視し、実際に裁判になってしまったら、以下のようなものを請求され支払いは多額になることがあります。

  • 借金の一括返済
  • 利息
  • 延滞金
  • 慰謝料

裁判を起こされてしまった場合の手段として債務整理という方法もありますが、債務整理する場合は裁判所から連絡が来てからではなく早めに行うのがおすすめです。

債務整理とは?早めに弁護士に相談

債務整理=自己破産ではありません

債務整理とは?
借金問題を法的解決する方法を債務整理といいます。

債務整理は主に以下の4種類です。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金返請求
\無料で弁護士に相談/

任意整理

任意整理とは

任意整理とは
弁護士と債権者が話し合いをし利息カットや分割払いにしてもらうことで負担を軽減する方法

生活できる程度の返済プランにしてもらえるよう、相手とうまく話し合う必要があります。

裁判はなく、債務の減額の幅はさほど大きくありませんがリスクも低いといえます。

たとえ裁判が終わり判決後であっても、任意整理することは可能ですので弁護士に相談してみましょう。

個人再生

個人再生とは

個人再生とは
利息カット+借金の減給した額を3~5年の分割払いにしてもらう制度

借金の額によって減らせる額が違います。元の借金額を大幅に減らし、さらに分割にすることができます。

こちらは裁判手続きですが自己破産のように財産を手放したり、一定期間就けない職業がでてくるといったことはありません。

個人再生は長期間の支払いになりますが、負担が大きく減る方法です。

官報に住所・氏名が記載される、ブラックリストに載る、保証人が要る場合影響が出るなどのデメリットもあります。

官報とは国が発行する国家の公告文書のことで、一般の人はあまり見ることはないでしょう。
\無料で弁護士に相談/

自己破産

自己破産とは

自己破産とは
裁判所の下、全ての債務を免除してもらう手続き

現在の資産や今後の収入などをふまえ、借金完済が不可能とされた状態で、裁判官が「支払い不能」と判断した場合のみ自己破産できます。

すべての借金を免除することができ、その後督促が行われることもありません

ただし自己破産は以下のようなデメリットもあります。

  • 価値のある資産は手放すことになる
  • 自己破産手続き中は職業や資格に制限がもうけらる
  • 自己破産の事実が戸籍に残り結婚相手にも影響を及ぼす
  • 携帯電話の分割契約ができない

また自己破産の場合も官報に住所・氏名が載ります。

過払い金返請求

過払い金とは

過払い金
払いすぎた利息のこと

借金をするには返済と一緒に利息を払う必要がありますが、利息には「利息制限法」という法律で金額によってかかる利息が決まっています。

法律で決まっているにもかかわらず、過払い金が発生している可能性の理由として、過去に「利息制限法」には罰則がなかったことです。過去にキャッシングなどをした場合過払い金が発生している可能性があります。

弁護士に依頼することで、過去に気付かぬまま払い過ぎていた金額を取り戻すことができます。借金の返済中にも過払い金は請求することは可能です。

過払い金の請求にデメリットはあまりなく、確認してみることをおすすめします。

借金滞納して裁判になる前に弁護士に相談を

借金での裁判問題は弁護士に相談これらの債務整理を自分一人でやるのは、正しい知識と工程が必要になり大変難しいです。周りになかなか相談しづらいことでもあるので法律のプロに相談して対処しましょう。

債務手続きを債務者に代わってできるのは弁護士だけです!

債権者や裁判所との手続きを行うには専門的な知識が必要になります。借金滞納で裁判になって困っている方も弁護士が間に入ることでスムーズに解決可能でしょう。

弁護士事務所によっては無料相談を受け付けています。自分の借金状況を一旦整理し、不安を解消することが借金解決への第一歩になるので、ぜひ活用しましょう。

\無料で弁護士に相談/

個人信用情報機関の情報はどうなる?

借金滞納したら官報にのる?

時効援用をした場合でも、信用情報に載った延滞の記録が残ったままというケースがあります。信用機関は複数ありそれぞれ取り扱いが異なるため、すべての機関から情報が消えるとは言い切れないのです。

今後、ローンを組みたいなどの際に信用情報に事故情報が残ったままだったということもあり得ます。

 数か所から借入れをしている場合などは注意が必要です。

借金を踏み倒すことは、実際にはほぼ不可能というくらい難しいです。
\借金減らせるか無料診断(全国)/

 

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

2ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

3はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

4アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

5新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

6債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

ここまで、借金を滞納してしまったあとの流れを説明しました。最終的には、裁判など法律の問題になってくるので複雑でわからないことが多いと思います。

借金をしてしまったら期日までに返済し完済することが理想ですが、つい滞納してしまった借金は無視・放置をするのではなく、問題が大きくなる前に弁護士に相談し解決しましょう。

いざ借金放置を無視してしまい、裁判所から通知が来るなど怖いイメージで不安になりがちですが無視や放置はせず正しい選択をすることが大切です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事