自己破産手続きにかかる期間は?免責決定・復権までは長い?

借金をチャラにできる救済制度「自己破産」。

自己破産を検討している方の中には「手続きにかかる期間を知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自己破産手続きにかかる期間を徹底解説免責決定までの期間はもちろん、法テラスに依頼した場合の期間復権までの期間もまとめています。

自己破産を少しでも迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自己破産で免責決定までの期間は、6ヵ月〜12ヵ月程度です。

免責決定とは

裁判所に自己破産が認められ借金の返済義務が免除されること

自己破産するには、まず弁護士に相談。裁判所に申し立てを行い、免責を認めてもらうのが大まかな流れです。

弁護士へ相談してから、免責決定までが6〜12ヵ月程度と考えてください。

さらに細かく見ていくと、自己破産にかかる期間は、大きく2つに分類できます。

  1. 弁護士に相談して裁判所に自己破産申請するまでの期間
  2. 裁判所が免責決定するまでの期間

それぞれにかかる期間は、以下の通りです。

弁護士相談から裁判所へ申請 2〜6ヵ月程度
裁判所へ申請から免責決定 3〜6ヵ月程度
\無料で弁護士に相談/

弁護士相談から裁判所へ申請までの期間

まず、弁護士に相談してから裁判所へ自己破産を申請するまでの期間は、2〜6ヵ月程度です。

自己破産するには、裁判所へ申し立てを行う必要があります。破産申請書を作成するにあたっては、膨大な書類が必要です。

自己破産に必要な書類
  • 住民票
  • 収入の証明・源泉徴収票
  • 預貯金通帳のコピー
  • 車検証・登録事項証明書のコピー
  • 保険証券のコピー
  • 退職金に関する証明書
  • 不動産の登記簿謄本
  • 不動産の評価に関する書類
  • 車の評価に関する書類
  • 賃貸借契約書・居住証明書
  • 公共料金の領収書
  • 税金の種類・額・滞納期間がわかる書面

弁護士との面談や書類の準備に時間がかかるため、裁判所へ自己破産申請するまでには、早くても2ヵ月程度かかります。

少しで自己破産にかかる期間を短縮したい方は、書類の準備をスムーズにすることが大切です。

 書類の準備に時間がかかるほど、自己破産手続き完了までの期間も長引いてしまいます。中には、裁判所へ申請するまでに6ヵ月以上かかる方もいます。
\無料で弁護士に相談/

裁判所が免責決定するまでの期間

裁判所へ自己破産を申し立てた後、裁判所が免責決定するまでの期間は3〜6ヵ月程度です。

裁判所が免責決定するまでの期間は、自己破産手続きの種類によって異なります。

自己破産には、大きく2つの種類があります。

管財事件 破産者に財産がある場合の手続き
同時廃止事件 破産者に財産がない場合の手続き

自己破産を申請すると、裁判所が債務者の状況を確認。財産の有無に応じて、どちらの事件として手続きを進めるか判断します。

自己破産における財産の定義とは
時価20万円以上のものです。

自宅・車・預貯金など時価20万円を超える財産があれば管財事件として扱われます。

「管財事件」「同時廃止事件」どちらで手続きが進むかによって、免責決定までの期間は変わってきます。

自己破産の手続き別でかかる期間は以下の通りです。

管財事件 4〜9ヵ月程度
同時廃止事件 2〜3ヵ月程度

同時廃止事件に比べて、管財事件の方が免責決定までの期間は長くなります。

その理由は?

自己破産が管財事件として扱われると、財産の調査・管理・処分など必要な手続きが増えるからです。

弁護士へ相談してから、自己破産の免責決定までの期間は

  • 管財事件→5ヵ月〜1年3ヵ月程度
  • 同時廃止事件→4〜6ヵ月程度

を目安に考えておくと良いでしょう。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

法テラスに依頼した場合の期間は長い?

自己破産は弁護士に依頼するのが一般的です。

しかし、自己破産を弁護士に依頼するには費用がかかります。どうしても弁護士費用が払えない時に活用したいのが「法テラス」です。

法テラスとは

国が設立した法律トラブルの支援期間のこと

法テラスでは、低所得者・経済困窮者向けに自己破産費用の建て替えを行なっています。

 収入など特定の条件を満たせば「建て替え制度」を利用可能。手元にお金が無くても、自己破産手続きが行えます。

法テラスに自己破産を依頼した場合の期間は、7ヵ月〜13ヵ月程度です。

法テラスの制度を利用するには、どうしても審査や面談が必要です。

そのため、最初から弁護士に依頼した場合に比べて、自己破産にかかる期間は1〜2ヵ月程度長くなります。

自己破産で法テラスの利用を検討している方は、早めの行動を心がけましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産で口座凍結される期間

自己破産手続きを開始すると、銀行口座が凍結されることがあります。

銀行口座が凍結される期間は、約2ヵ月程度です。

 ただし、自己破産で銀行口座が凍結されるのは、銀行から借入があった場合に限ります。

自己破産手続きを開始すると、借入がある銀行口座のみが凍結されます。

口座が凍結される期間は2ヵ月程度ですので、その期間は入出金など一切できません。

弁護士に相談して、口座が凍結される前に預貯金を引き出すなど、必要な対策を行いましょう。

口座凍結が解消されれば、普段通り銀行口座を使用できます。また、借入がない銀行口座は自己破産手続き中であっても問題なく利用可能です。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産から復権までの期間

自己破産から復権までの期間は、3〜6ヵ月程度です。

自己破産における復権とは?
自己破産手続き中の職業制限が解除され仕事に就けるようになることです。

自己破産手続き中は、一部の職業に制限がかかります。

自己破産手続き中に働けなくなる職業(一例)
  • 士業(弁護士、税理士など)
  • 公正取引委員会
  • 会社役員
  • 警備員
  • 貸金業者
  • 生命保険募集人
  • 廃棄物処理業
  • 教育委員会

ただし、自己破産で職業制限がかかるのは、手続き期間中のみです。免責が確定すれば、職業制限は解除され復権。これまで通り自由に働けます。

平均して復権までの期間は3〜6ヵ月程度です。あくまで復権までの期間に、一部職業で働けないだけであり、資格が剥奪されることもありません。

\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

自己破産手続きでブラックリストに登録される期間

自己破産手続きでブラックリストに登録される期間は、5〜10年程度です。

自己破産手続きすると、必ずブラックリストに登録されます。

ブラックリストに登録されている期間は、新たにお金が借りられません。

自己破産手続きでブラックリストに登録される期間は5〜10年程度。自己破産後ブラックリスト解除までの期間は、信用情報機関によって異なります。

信用情報機関(主な加盟金融機関) ブラックリスト登録期間
JICC(消費者金融・クレジットカード会社) 5年
CIC(信販会社・クレジットカード会社) 5年
KSC(銀行) 10年
 ブラックリストに登録されている期間は、新たな借入ができないため、クレジットカードやローンの審査に通りません。

ブラックリストに登録されているかどうか調べるには、信用情報機関の情報開示を利用しましょう。

情報開示とは

信用情報機関に申し込むことで、加盟している金融機関(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度のことです

自己破産後に情報開示を行い事故情報がなければ、これまで通りお金が借りられます。

情報開示はネットや郵便で簡単に行えますので、ぜひ覚えておきましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒でわかる!!/
借金減額シミュレーター
(無料)

【相談無料】債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

1サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
おすすめポイント
  • 初期費用0円
  • 月600件以上の実績あり
  • 全国からの無料相談受付

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、365日24時間相談を受け付けている法律事務所です。事務所は東京にありますが、全国からの相談を受け付けています。

借金問題の相談実績は月600件以上。十分な相談実績があるため、安心して任せることができます。

サンク総合法律事務所の初期費用は0円です。費用を分割して支払うことも可能なので、今手元にお金がないと不安な方も相談しやすいでしょう。

経験豊富な弁護士やスタッフがサポートしてくれるので、まずは相談してみましょう。
↓24時間365日受付↓
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対象地域 全国
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 24時間365日(メール)
任意整理
費用(税込)
着手金:1件55,000円
報酬金:1件11,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
↓24時間365日受付↓

2東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
おすすめポイント
  • 弁護士では珍しく何度でも相談無料
  • 全国対応可能(土日も対応可能)
  • 借金減額3万件以上の実績数

東京ロータス法律事務所は、土日・全国対応の弁護士事務所です。

借金問題や債務整理に関して、多くの実績があります。経験が豊富なぶん、ノウハウや知識も十分。一人ひとりの悩みを親身に聞き、適切な解決方法を提案します。

相談は何度でも無料。悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

スタッフ
実績数は、債務整理・借金相談で3万件を誇ります。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:10:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1件22,000円
報酬金:1件22,000円
減額報酬:11%
過払い金報酬:回収額の22%
無料相談 可能
 

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)弁護士事務所
おすすめポイント
  • 女性専用相談窓口あり
  • 匿名での相談可能
  • 弁護士歴25年、年間1500件から2000件の債務整理相談実績

ひばり(旧名村)法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士事務所です。

ひばり法律事務所の特徴は、女性専用の相談窓口を設けていること。経験豊富な弁護士が、女性目線で優しく対応してくれます

相談も何度でも無料。全国からの依頼に対応しているので、地方在住者でも安心して利用できます。

スタッフ
弁護士事務所は相談有料のケースが多い中、こちらも相談無料なのでおすすめです。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:10:00〜18:00
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%
無料相談 可能
 

4はたの法務事務所

はたの法務事務所
おすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこからの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所の大きな特徴は、

  • 着手金が0円
  • 分割払いOK
  • 過払い調査無料
と債務者にとても優しい料金設計になっているところ。

相談も完全無料。借金や過払い金がある方に、とてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安い上に、分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね。
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求など
対応時間 無料相談ダイヤル:平日8時半~21時半、土日祝日8時半~21時
WEB相談受付時間:24時間365日
任意整理
費用
着手金:0円
報酬金:1社20,000円〜
減額報酬:10%
過払金報酬:回収額の20%
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用が必要)
無料相談 可能
※公式サイト参照
 

5アース法律事務所

アース法律事務所
おすすめポイント
  • 元裁判官の運営する弁護士事務所
  • 全国対応可能
  • 債務整理手続きをする上で制限のない弁護士事務所

アース法律事務所は、東京都港区に拠点を構える弁護士事務所です。全国からの依頼にも対応しています。

アース法律事務所の特徴は、元裁判官の弁護士が在籍していること。はじめから、弁護士が直接相談に乗ってくれます。

相談は初回無料。過払い金請求や任意整理の実績も、いうことありません。

スタッフ
元裁判官の弁護士が在籍している法律事務所はなかなかありません。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産など
対応時間 10:00〜19:00(土日祝含む)
任意整理
費用(税込)
着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:11%相当額
無料相談 可能
 

6新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所
おすすめポイント
  • 業界でも低水準の料金設定
  • 分割払い可能
  • 着手金11,000円〜(税込)

新大阪法務司法書士事務所は、大阪に所在する司法書士事務所です。

借金問題に関しては、過払い金返還請求や任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、相談内容から最善の解決策を提案しています。また、業界でも低水準のリーズナブルな料金も大きな魅力。
※公式サイトの文言によります。

料金は分割払い可能など、いま手元にお金のない人でも依頼しやすい司法書士事務所です。

スタッフ
着手金が比較的、低料金なのは嬉しいですね。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 過払い金返還請求、任意整理、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜19:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
 

7債務Lady

債務Lady
おすすめポイント
  • 女性スタッフが対応
  • 分割・事後払いOK
  • 相談無料、フリーダイヤルで通話料0円

債務Ladyは、新大阪法務司法書士事務所が運営する、女性専門の借金に関する無料相談窓口です。

債務Ladyでは、借金相談に女性スタッフが無料で対応。過払い金返還請求・任意整理・自己破産・個人再生から、借金解決の方法を提案してくれます。

スタッフ
フリーダイヤルなら通話料も0円ですので、気軽に相談してみてください。
↓全国対応可能↓
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産など
対応時間 平日:9:00〜21:00
土:9:00〜12:00
任意整理
費用(税込)
着手金:11,000円~
報酬金:11,000円~
過払い基本報酬:33,000円
過払い成功報酬:過払額の22%
※訴訟の場合は過払額の27.5%
無料相談 可能
↓全国対応可能↓

まとめ

ここまで、自己破産にかかる期間をまとめてきました。

自己破産にかかる期間は、以下の通りです。

項目 期間
免責決定 6〜12ヵ月
同時廃止事件の場合 4〜6ヵ月程度
管財事件の場合 5〜15ヵ月程度
復権 3〜6ヵ月程度
口座凍結 2ヵ月程度
ブラックリスト 5〜10年程度

自己破産が完了するまでには、それなりに期間がかかります。

少しでも自己破産の期間を短くするには、まず弁護士に相談。スムーズに準備に取りかかることが大切です。

ぜひこの記事を参考に、自己破産手続きを検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事